<   2010年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

余命一年の少女、ヴィクトリア

 先日、「心臓病と闘う少女 ヴィクトリア」という番組を見ました。

 心臓移植手術で一命をとりとめたスウェーデンの少女の話です。

 手術後に発した少女のひとことが、非常に印象的でした。



 ヴィクトリア・ラーションは、心臓の左心室がほとんど

 欠落している状態で産まれました。


 数回の心臓手術を受ける事で命を繋ぎとめていたのですが、

 8歳の時、病状が悪化。 唇の色が紫がかり、普通に歩いていても

 息を切らすことが多くなったのです。


 医師から「心臓移植をしない限り余命は一年」と宣告され、

 ヴィクトリアの両親は直ちに心臓バンクに登録。

 しかし、子どもの心臓が見つかる可能性は極めて低く、

 半年が過ぎてもドナーは現れませんでした。


 ところが、余命1年と宣告された日から343日目、

 待ちに待ったドナーが現れました。


 さっそく心臓移植手術が始まり、大成功のうちに終わりました。

 しかし、手術の後、驚くべき回復を見せたヴィクトリアは、

 喜ぶ両親に意外な言葉を語ったのです。


  「誰かが私のために死んだのね」


 幼いヴィクトリアは、見知らぬドナーから授かった命の尊さを、

 誰よりも理解していたのでした。



 ところで、番組を見ていた私は、少女のひとこときいて、

 あることを連想しました。


 それは私の愛読書である聖書の一節です。

 そこには、イエス・キリストがこの世に来てくださったのは、

 人類の罪の贖いの代価として、ご自分のいのちを与えるためである、

 と書いてあります。


 神の御子が、あなたのために死なれました。

 ですから、信じる者は、罪のもたらす滅びから免れ、

 永遠のいのちが与えられます…と。




     Just as the Son of Man did not come to be served,

  but to serve, and to give his life as a ransom for many.

      BIBLE(Matthew 20:28)


 〔人の子が来たのが、仕えられるためではなく、かえって仕える
ためであり、また、多くの人のための、贖いの代価として、
自分のいのちを与えるためであるのと同じです。〕

             聖書 (マタイ伝 20章28節)
[PR]
by danueno | 2010-06-02 14:42 | 編集後記

「SIMの英文法」その43

          スピーキング力UP法 その4
     

  
 今日は「SIMのスピーキング力UP法」の4です。

 これまで、スピーキング力UP訓練法のひとつとして、

「日本語語順組み替え法」をご紹介しています。


 この方法は、スピーキングの訓練に有効ですが、

 誤解して欲しくないのは、英語で話す時にいつも、頭の中で

 いちいち「日本語の語順」を組み替えて話すのではない、

 ということです。


 これは、あくまで「英語の語順に慣れる」ために、

 その前段階として学習の初期に試みると良い、と思われる方法です。


 ですから、「英語の語順」である程度、発想ができる人には、

 この訓練は必要ないと言えます。



 ところで、今日お話ししたいことは、この「日本語語順組み替え法」が、

 英作文にも効果的だ、ということです。


「英語の思考法」に則った訓練ですから、それも当然といえば

 当然なのですが…。


 たとえば、次のような例題があるとします。



 ●下記の和文を英訳しなさい。

 ----------------------------------------------------------------

  世界で、交通事故は15歳から19歳の死因のトップであり、そして

  青年の死因の第2位です。

 ----------------------------------------------------------------


 これを英訳する時の注意として、何よりも先に、主語S+述語動詞V

 を探さなければいけません。


 では実際に「日本語語順組み替え法」を使いながら、英訳して

 みましょう。


 組み替えた日本語を書く必要はありません。

 頭の中でサッサッと組み替えながら、英作文してみてください。


 まず、主語は何でしょうか?

 もちろん、「交通事故」ですね。


 次に、述語動詞を含む述部です。

 その交通事故が何なのか、どういうことになっているのかを見ると…

「死因のトップである」ということですよね。


 頭の中で、「交通事故は死因のトップである」と瞬間的に認識して

 答を書き始めます。



 ------------------------------------------------------

   Traffic mishaps are the leading cause of death …

 ------------------------------------------------------

          ※交通事故 = Traffic mishaps

           死因 =  cause of death



 ここで、先ほどの和文の例題から、すでに答として書いた部分、

「交通事故は」「死因のトップであり」を横線で消すと、

スッキリします。


 下記、破線 ------------ が横棒で消した時のイメージです。


 ----------------------------------------------------------------

  世界で、----------- 15歳から19歳の --------------、そして
 
  青年の死因の第2位です。

 ----------------------------------------------------------------


 では、今書いた Traffic mishaps are the leading cause of death

 に続く部分を、上記から選び取ります。


 そうすると、the leading cause of death を修飾する形容詞句、

「15 歳から19歳の」しかありえませんので、こうなります。


 ----------------------------------------------------------------

    Traffic mishaps are the leading cause of death

  of 15-to-19-year olds …

 ----------------------------------------------------------------


「世界で」を、この後に付けましょう。


 ----------------------------------------------------------------

     Traffic mishaps are the leading cause of death

  of 15-to-19-year olds worldwide 

----------------------------------------------------------------



和文の例題から、すでに答を書いた部分を消しましょう。



----------------------------------------------------------------

  -----、----------- ------------------ ------------、そして
  青年の死因の第2位です。

----------------------------------------------------------------


ここから、文章後半の述部を探します。

当然、「第2位です」ですから、こうなります。


 --------------------------------------------------------

  and the second leading cause of death

 --------------------------------------------------------


 それを修飾する形容詞句、「青年の」をくっつけると、

 こうなります。


 --------------------------------------------------------

  and the second leading cause of death for adolescents.

 --------------------------------------------------------

              ※青年 = adolescents
          


 いかがでしょうか?

 今書いた答の全文を見てみましょう。


 --------------------------------------------------------

   Traffic mishaps are the leading cause of death

  of 15-to-19-year olds worldwide and the second leading

cause of death for adolescents.

--------------------------------------------------------


 このように、まずS+Vを探して答を書き、次に、

 それを修飾する句や節をくっつけるという考え方ですね。

 これだと、英作文も楽にできます。


 そして、このことは結果的に、例題の和文を頭の中で、

 瞬間的に「日本語組み替え方式」に従って組み替えた事に

 相当するのです。


 そのあたりを、ちょっと見てみましょう。



 <例題>
 ----------------------------------------------------------------

  世界で、交通事故は15歳から19歳の死因のトップであり、そして


  青年の死因の第2位です。

 ----------------------------------------------------------------


               ↓ ↓ ↓

 <語順組み替え>
 ----------------------------------------------------------------

  交通事故は死因のトップです

  15歳から19歳の、世界で

  そして死因の第2位です、青年の。

 ----------------------------------------------------------------


 そして、上記の訳を見ると、これはSIM訳になっているんですね。

 それは、まあ、当然ではあるのですが。


 こうなると、「日本語語順組み替え法」とは、和文をSIM訳に

 置き換えることだ、とも言えます。


 このように、「日本語語順組み替え法」の考え方は、いろんな局面で

 生かすことができるのですね。



   

          
     …この続きは、また次回!

  


    …お楽しみに! 
[PR]
by danueno | 2010-06-02 14:41 | SIMうんちく

No.343 オリジナル英文

----------------------------------------
Astronauts to Aquanauts; NASA Conducts Experiments on Sea Floor
----------------------------------------
Canadian Space Agency astronaut Chris Hadfield has spent most of the past two weeks about 19 meters below the waves off the Florida coast.

He is leading a two-week NASA mission aboard the Aquarius Underwater Laboratory, which is run by the U.S. National Oceanic and Atmospheric Administration.

Hadfield's team includes a NASA astronaut, an undersea engineer and a scientist.

They live inside Aquarius, and they run experiments in the lab and explore the blue depths outside the porthole windows.

"When I was working outside here over the last couple of weeks, I would suddenly notice where I am while I'm working.

I'm busy working on some part of a space suit design, and then an angel fish goes by or a ray scuttles across the bottom of the ocean, and it reminds me of the comfort level I've gotten to and the amazing difference of where I am."

Hadfield is on the sea floor inside the Aquarius underwater habitat's 122 square meters of living and working space.

It is anchored next to a coral reef, five and a half kilometers off Key Largo in the Florida Keys.

But even on the ocean floor, Aquarius is visible on the World Wide Web.

Commander Hadfield can be seen via webcam on NASA's web site.

He stands in a narrow white room with stainless steel equipment as he speaks to reporters using something that looks akin to a cordless phone.

It is the round window that looks out into the pale blue water that provides the biggest clue to Hadfield's whereabouts.

The view might be serene, but the undersea environment is potentially deadly to humans, just as space is.

Hadfield would know.

He has completed two spacewalks in his 18 years as an astronaut, and he says there are similarities between working in space and in the sea.

"They are remarkably similar.

You are wearing gear to protect you from an environment that would kill you.

Every breath is amplified so you sound like Darth Vader when you're out walking around out there."

By the time the 14-day mission wraps Monday, the crew will have conducted a total of 52 so-called "space walks" in the sea.

At the end of the mission they will ascend to the water's surface over the course of about 16 hours, at a rate of roughly one meter per hour, so their bodies can adjust to the changes in pressure.

Suzanne Presto, VOA News, Washington
[PR]
by danueno | 2010-06-02 14:36 | オリジナル英文

No.343 SIM音読用英文

----------------------------------------
Astronauts to Aquanauts; NASA Conducts Experiments on Sea Floor
----------------------------------------
Canadian Space Agency astronaut Chris Hadfield

has spent most of the past two weeks

about 19 meters below the waves

off the Florida coast.


He is leading a two-week NASA mission

aboard the Aquarius Underwater Laboratory,

which is run by the U.S. National Oceanic and Atmospheric
Administration.


Hadfield's team includes a NASA astronaut,

an undersea engineer and a scientist.


They live inside Aquarius,

and they run experiments in the lab

and explore the blue depths

outside the porthole windows.


"When I was working outside here

over the last couple of weeks,

I would suddenly notice where I am

while I'm working.


I'm busy working on some part of a space suit design,

and then an angel fish goes by

or a ray scuttles across the bottom of the ocean,

and it reminds me

of the comfort level I've gotten to

and the amazing difference of where I am."


Hadfield is on the sea floor

inside the Aquarius underwater habitat's 122 square meters
of living and working space.


It is anchored next to a coral reef,

five and a half kilometers off Key Largo

in the Florida Keys.


But even on the ocean floor,

Aquarius is visible on the World Wide Web.


Commander Hadfield can be seen

via webcam on NASA's web site.


He stands in a narrow white room

with stainless steel equipment

as he speaks to reporters

using something that looks akin to a cordless phone.


It is the round window

that looks out into the pale blue water

that provides the biggest clue

to Hadfield's whereabouts.


The view might be serene,

but the undersea environment is potentially deadly to humans,

just as space is.


Hadfield would know.


He has completed two spacewalks

in his 18 years as an astronaut,

and he says there are similarities

between working in space and in the sea.


"They are remarkably similar.


You are wearing gear

to protect you from an environment

that would kill you.


Every breath is amplified

so you sound like Darth Vader

when you're out walking around out there."


By the time the 14-day mission wraps Monday,

the crew will have conducted a total of 52 so-called "space walks"

in the sea.


At the end of the mission

they will ascend to the water's surface

over the course of about 16 hours,

at a rate of roughly one meter per hour,

so their bodies can adjust

to the changes in pressure.


Suzanne Presto, VOA News, Washington
[PR]
by danueno | 2010-06-02 14:34 | SIM音読用英文