<   2013年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

SIM方式の英文法 その14

~ 形の上では区別できない形容詞句と副詞句  ~


さてこれまで、何回かに分けて、形容詞句と副詞句について説明してきました。

この副詞句と形容詞句は、同じように「前置詞+名詞」でできています。

このような外形から共に「前置詞句」と呼ばれます。

この外形上全く同じ形をしている前置詞句が、ある時は形容詞句で、ある時は
副詞句として使われています。

その区別はいったいどういう風にしてつけるのでしょう?



では、ここで問題です。

in my pocket は前置詞句ですが、これは形容詞句でしょうか、それとも副詞句
でしょうか?

…皆さん、答はわかりましたか。




実は、このままでは、まだ形容詞句でも副詞句でもありません。 (^_^;)

これが文の中で使われて初めて、それが決まるんですね。

例をあげましょう。


------------------------------------------------------------
 
    I have a card in my pocket.

------------------------------------------------------------


さっそく訳してみましょう。

I have a card(私はカードを持っている)…in my pocket.(ポケットの中に)

この場合は、「ポケットの中に」と訳をしますので副詞句になります。

そして、これを「ポケットの中に」と副詞句としての訳ができるのは、I have
a card が「私はカードを持っている」と訳されるからです。

つまり、「カードを持っている」だから、「ポケットの中に」という訳が規定さ
れてくるわけですね。



しかしこれが、It is a card in my pocket.だったらどうでしょう。

この場合、「ポケットの中の」と訳される形容詞句になります。

これが形容詞句であると判断できるのは、It is a card が「それはカードです」
と訳されるからです。



つまり、前置詞句が名詞を説明するために使われていたら形容詞句で、動詞や
形容詞、副詞、または文全体を説明するために用いられていたら副詞句です。


------------------------------------------------------------------ 
  
   形容詞句 ⇒ 名詞を修飾

   副詞句  ⇒ 動詞、形容詞、副詞、または文全体を修飾

------------------------------------------------------------------



ここまでで重要な事は、外見上、全く同じ形をしている前置詞句が、はたして
副詞句なのか形容詞句なのか判断ができるのは、その前の語句の意味がわかっ
ているからだ、ということです。

ということは、英文を文頭から訳さなければ、その前置詞句が、副詞句か
形容詞句かはわからない、ということなんです。

ですから、学校で教わる「返り読み」のように、文の後部にある前置詞句から
先に正しい訳をする事はまず不可能というわけです。

ここにも学校英語の矛盾があります。

今回の例のような中学程度の簡単な文ならまだよいのですが、これがもう少し
長い複雑な文になると、この学校英語の矛盾がはっきりと現れてきますね。



            …この続きはまた来週…

      
                   …お楽しみに! (^o^)/
[PR]
by danueno | 2013-10-15 14:55

SIM方式の英文法 その49

● SIMのスピーキング力UP法 その4 ●

       

今日は「SIMのスピーキング力UP法」の4です。


これまで、スピーキング力UP訓練法のひとつとして、

「日本語語順組み替え法」をご紹介しています。



この方法は、スピーキングの訓練に有効ですが、誤解して欲しくないのは、

英語で話す時にいつも、頭の中でいちいち日本語の語順を組み替えて話す

のではない、ということです。


これは、あくまで、「英語の語順に慣れる」ために、その前段階として

学習の初期に試みると良いと思われる方法です。


ですから、「英語の語順」である程度、発想ができる人には、この訓練は

必要ないと言えます。



ところで、今日お話ししたいことは、この「日本語語順組み替え法」が、

英作文にも効果的だ、ということです。

「英語の思考法」に則った訓練ですから、それも当然とえいば当然なの

ですが…


たとえば、次のような例題があるとします。



●下記の和文を英訳しなさい。
----------------------------------------------------------------

  世界で、交通事故は15歳から19歳の死因のトップであり、そして

  青年の死因の第2位です。

----------------------------------------------------------------


この文章は、今日のトピックにも出てくるものですが…。


これを英訳する時の注意として、何よりも先に、主語S+述語動詞Vを

探さなければいけません。

さあて、では実際に「日本語語順組み替え法」を使いながら、英訳して

みましょう。

組み替えた日本語を書く必要はありません。

頭の中でチャッチャッと組み替えながら、英作文してみてください。


まず、主語は何でしょうか?


…はい、当然「交通事故」ですよね。


次に、述語動詞を含む述部です。

その交通事故が何なのか、どういうことになっているのかを見ると…

「死因のトップである」ということですよね。



頭の中で、「交通事故は死因のトップである」と瞬間的に認識して

答を書き始めます。



------------------------------------------------------

 Traffic mishaps are the leading cause of death

------------------------------------------------------

          ※交通事故 = Traffic mishaps

           死因 =  cause of death



ここで、先ほどの和文の例題から、すでに答として書いた部分、

「交通事故は」「死因のトップであり」を横線で消すと、スッキリ

しますよ。

下記「------------」が横棒で消した時のイメージです。


----------------------------------------------------------------

  世界で、----------- 15歳から19歳の --------------、そして
  青年の死因の第2位です。

----------------------------------------------------------------


では、今書いた Traffic mishaps are the leading cause of death に

続く部分を、上記から選び取ります。


そうすると、the leading cause of death を修飾する形容詞句、

「15歳から19歳の」しかありえませんので、こうなります。


----------------------------------------------------------------

  Traffic mishaps are the leading cause of death

 of 15-to-19-year olds

----------------------------------------------------------------


「世界で」を、この後にくっつけちゃいましょう。


----------------------------------------------------------------

  Traffic mishaps are the leading cause of death

 of 15-to-19-year olds worldwide 

----------------------------------------------------------------



和文の例題から、すでに答を書いた部分を消しましょう。


----------------------------------------------------------------

  -----、----------- ------------------ ------------、そして
  青年の死因の第2位です。

----------------------------------------------------------------


ここから、文章後半の述部を探します。

当然、「第2位です」…ですから、こうなります。


--------------------------------------------------------

  and the second leading cause of death

--------------------------------------------------------


それを修飾する形容詞句、「青年の」をくっつけると、

こうなります。


--------------------------------------------------------

 and the second leading cause of death for adolescents.

--------------------------------------------------------

              ※青年 = adolescents
          


いかがでしょうか?

今書いた答の全文を見てみましょう。


--------------------------------------------------------

  Traffic mishaps are the leading cause of death

 of 15-to-19-year olds worldwide

 and the second leading cause of death for adolescents.

--------------------------------------------------------



このように、まずS+Vを探して答を書き、次に、それを修飾する

句や節をくっつけるという考え方ですね。

これだと、英作文も楽にできます。


そして、このことは結果的に、例題の和文を頭の中で、瞬間的に

「日本語組み替え方式」に従って組み替えた事に相当するんです。



<例題>
----------------------------------------------------------------

  世界で、交通事故は15歳から19歳の死因のトップであり、そして


  青年の死因の第2位です。

----------------------------------------------------------------


           ↓ ↓ ↓

<語順組み替え>
----------------------------------------------------------------

  交通事故は死因のトップです

  15歳から19歳の、世界で

  そして死因の第2位です、青年の。

----------------------------------------------------------------


そして、上記の訳を見ると、これはSIM訳になっているんですね。

まあ、…当然ではあるのですが。


そうすると、「日本語語順組み替え法」とは、和文をSIM訳に置き換える

ことだとも言えます。


このように、「日本語語順組み替え法」の考え方は、いろんな局面で

生かすことができるんですね。



              …この続きは、また次回のお楽しみ!
[PR]
by danueno | 2013-10-15 14:17