<   2011年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

アグレッシブ・リスニング その3

日本人に最適の英語学習法 (13)

        アグレッシブ・リスニング その3


「SIMうんちく」は、このところ「アグレッシブ・リスニング」
 というテーマでお話しています。


 ちょっと前回の復習をしましょう。

 アグレッシブ・リスニングとは、
 英語を聞く時の態度として、ただ漫然と聞き流すような聞き方ではなく、
 積極的にいわば「攻撃的に」英語と向かい合う姿勢、でしたね。

 例文を見てみましょう。


 ------------------------------------------------------
 
   I want to go to see a movie next week.

 ------------------------------------------------------


 I want to go … という英語を聴いたら、すかさず
 「いったいどこに行きたいんだろう?」と
 積極的に期待(Anticipation)することが大切でしたね。


「期待」があるからこそ、次に来る言葉に意識が集中します。

 そして、次の … to see a movie (映画を見に)を聴くことで
 その期待が満たされます。

 ただし、「期待」ができるためには前提条件がある、
 ということでした。

 それが「保持」(retention リテンション)です。
「保持」がなければ「期待」することはできません。


「保持」とは、I want to go … を聴いたときに、
これを頭の中にしっかり記憶してから、続く言葉、
to see a movie … next week.
を聴く、ということでしたね。


 この保持がしっかりなされない場合、
「今のは何という内容だったのだろう?」と、元の英文に返って
 意味を確認するために「返り読み」になってしまいます。

 そうではなくて、英語をセンスグループごとに、

  I want to go (私は行きたい) …

  to see a movie (映画を見に) …

  next week.(来週)

という具合に、その都度しっかり保持しておくから、
前に戻ることなく、全文を聴き終わった瞬間にすべての内容が
理解できるようになる、というわけですね。

 ただし、ここで注意すべき点がある、というお話でした。



 …前回は、ここまでです。

 今日は、ここから(↓)



 注意すべき点とは何かと言いますと?

 それは、「聴き終わった後、頭の中で日本語の語順に
 組み替えて理解してはいけない」ということです。


 日本人はどうしても「私は来週映画を見に行きたい」という
「日本語の思考法」で理解しないと、どこか腑に落ちない
 気がするものです。

 でも、それでは事実上「返り読み」になってしまいます。


 あくまで「私は行きたい → 映画を見に → 来週」という風に、
 その都度、センスグループごとに英語の語順で保持し、
 そのまま一方通行で input するのが秘訣です。

 このように見てくると、「期待」と「保持」は必ず
 ワンセットになっていることが判ります。


「保持」するから「期待」することができるのです。

 結局、リスニングの秘訣は、センスグループごとに内容を
「保持」しながら、次の展開を「期待」しつつ英語を聴く、
 つまり「アグレッシブ・リスニング」(Aggressive Listening)
にあり、これが英米人のような「英語の思考法」を
身につける上で決め手になります。


 最初は、「期待」も「保持」もなかなか難しいでしょうが、
 少しずつでもこれらを意識しながら実行するうち
 次第に慣れてきますよ。


 この続きは、また来週。

 
       …お楽しみに!   
[PR]
by danueno | 2011-09-28 16:25 | SIMうんちく

「人生の空しさは神様を受け入れるためのポケット」

 「空の空」という言葉から語り始める書物があります。

 こんな感じです…。

-----------------------------------------------------

  空の空。伝道者は言う。空の空。すべては空。
  日の下で、どんなに労苦しても、それが人に
  何の益になろう。

------------------------------------------------------


 何とこれは、深い人生のむなしさを感じさせる言葉では
 ないでしょうか。

 仏教では「色即是空」という言葉がありますので、
 仏教系の書物かと思いがちですが、そうではありません。

 これは聖書の中の「伝道者の書」という書物の一節です。


 伝道者の書は、ソロモン王によって書かれました。
 ちょっと続きを読んでみましょう。


 ---------------------------------------------------------

伝道者である私は、エルサレムでイスラエルの王であった。
私は、天の下で行なわれるいっさいの事について、
知恵を用いて、一心に尋ね、探り出そうとした。

私は、日の下で行なわれたすべてのわざを見たが、
なんと、すべてがむなしいことよ。風を追うようなものだ。

---------------------------------------------------------


 以前にもご紹介しましたが、ソロモン王はこの世の
 ありとあらゆるものを手に入れることができた人物です。

 大金、数え切れない女性、快楽、神殿建設の大事業、
 ビッグビジネス、貿易、豪邸、宮殿、大庭園、あらゆる食物、
 地位、名誉、栄光、知恵…。


 しかし、それらのものをどれほど多く手に入れても、
 ソロモン王は心の中のむなしさを解消することができなかった
 のです。

 結論として、ソロモン王は次のように述べています。


 --------------------------------------------------------

  結局のところ、もうすべてが聞かされていることだ。
神を恐れよ。神の命令を守れ。
これが人間にとってすべてである。

             (伝道者の書 12章13節)

--------------------------------------------------------


 ソロモン王は、結局、「神様に出会うことである」、
 と結論づけたのです。


 17世紀フランスの哲学者パスカルは、
「人間の心の中には神のかたちをした空洞(God-shaped vacuum)
があるので、神様を求めなければ、空しさは消え去らない」
 と言いました。

 私達の心にある空洞は、神様によってしか埋まらない、
 ということです。


 ですから、「人生の空しさは神様を受け入れるためのポケット」
 とも言うことができるでしょう。

 このポケットが大きければ大きいほど、
 その人は神様に近いのです。
 


      "Vanity of vanities," says the Preacher;
"Vanity of vanities, all is vanity." What profit has
  a man from all his laborIn which he toils under
  the sun?
             BIBLE(Proverbs 1:2,3) 
  

 〔空の空。伝道者は言う。空の空。すべては空。
  日の下で、どんなに労苦しても、それが人に
  何の益になろう。〕
             聖書(伝道者の書 1章2,3節)
[PR]
by danueno | 2011-09-28 16:25 | 編集後記

アグレッシブ・リスニング その2

日本人に最適の英語学習法 (12)

         アグレッシブ・リスニング その2


「SIMうんちく」は、このところ「日本人に最適の英語習得法」
 というテーマでお話しています。


 ちょっと前回の復習をしましょう。
 前回は、「アグレッシブ・リスニング」でした。


 アグレッシブ・リスニングとは何かというと、
 英語を聞く時の態度として、ただ漫然と聞き流すような聞き方ではなく、
 積極的にいわば「攻撃的に」英語と向かい合う姿勢、でしたね。

 

 例文です。覚えてますか?


 ------------------------------------------------------
 
   I want to go to see a movie next week.

 ------------------------------------------------------


 I want to go … という英語を聴いたら、すかさず
 「いったいどこに行きたいんだろう?」と
 積極的に期待(Anticipation)することが大切でしたね。


 日本語は最初に付帯する情報を言って、最後に結論(述語動詞)が
 来ます。

 しかし、英語は最初に結論があります。

 そして、センスグループごとに次々と、これに付帯する情報を
 付け加えていくのです。


 ですから、I want to go(僕は行きたい) … の時点で、
 不足している情報、「いったいどこに行きたいんだろう?」の
 充足を求めて、次々と「期待」しながら聴き進むことが
 ポイントになります。

 つまり、「期待」が先にあるからこそ、次に来る言葉に
 意識が集中するわけですね。


 そして、次の … to see a movie (映画を見に)を聴くことで
 期待が満たされます。

 また、「期待」と「充足」を意識するからこそ、
 センスグループごとの情報がバチッと頭に入ってくるのです。


 このように、センスグループごとに意識的に、次の展開を
「期待」する習慣を身に付けるようにします。

 そうすることによって、英語への集中力が高まり、いっそう速く、
 そして正確に英語が理解できるようになるんですね。

 
 ただし、「期待」ができるためには前提条件があります。


 
  …ここまでが、前回の復習です。

  今日は、ここからです



 それは何かというと、「保持」(retention リテンション)
 することです。

「保持」がなければ「期待」することはできません。


「保持」とは、I want to go … を聴いたときに、これを頭の中に
 しっかり記憶してから、続く言葉、to see a movie … next week.
 を聴く、ということです。


 なぜなら、この保持がしっかりなされない場合、
「今のは何という内容だったのだろう?」と、元の英文に返って
 意味を確認しなくてはならないからです。

 それでは結局、「返り読み」になってしまいます。


 そうではなくて、英語をセンスグループごとに、

  I want to go (私は行きたい) …

  to see a movie (映画を見に) …

  next week.(来週)という具合に、

 その都度しっかり保持しておくから、前に戻ることなく、
 全文を聴き終わった瞬間にすべての内容が理解できるようになる、
 というわけですね。


 ただし、ここで注意すべき点があります。


 …それは、何かと言いますと?

 そのことについては、また来週お話ししましょう。

 
        …お楽しみに! 
[PR]
by danueno | 2011-09-21 12:39 | SIMうんちく

「処女から生まれた人?」

 9月18日の朝日新聞「よみたい古典」というコーナーに、
 大変に興味深い記事が載っていました。

「聖書をどのように読むか」というアンケートに対して、
 多くの人が様々の意見を書いておられました。

 その中には、たとえば、
「奇跡の記述にこだわらない方が良い」
 という意見がありました。


 処女マリアからイエス・キリストが生まれたり、
 病人をいやしたり、死者を生き返らせたり、
 何より自身が処刑後に復活したという記述は、
 現代人には受け入れがたいものでしょう。

 だから、奇跡をはぶいて聖書を読めば、
 理性的にも納得できる「人生の教訓」が書かれた良書、
 ということにでもなるのでしょうか。


 おっしゃった方の気持ちは解らないではないのですが、
 キリスト者である私からすれば、残念ながらこの意見は、
「的はずれ」と言わざるを得ません。

 なぜなら人間が、神であるイエス・キリストを、
「人間のレベル」に引き降ろしていくら理解しようとしても、
 理解できるわけがないからです。


 神様の存在は、人間が考えても解るものではありません。
 解らないから神なのです。

 人間のちっぽけな理性で把握できるような神様なら、
 そんなものは本当の神様ではない、ということですね。


 人間の頭ではとうてい理解できない存在、
 ピンと来ない存在、考えてもわからない存在、そこから、
「信仰」という魂の飛翔が生まれます。

 私達は、理解できるものを「信じる」とは言わないのです。


 結論を言いますと、
 聖書は「奇跡の記述」があるから素晴らしいのです。

 イエス・キリストはなぜあのような奇跡がおできになったのか。
 それはイエス・キリストが神だからです。


 処女マリアから生まれ、病人を癒し、死者を生き返らせ、
 ご自身が死からよみがえることが出来た理由は、
 イエス・キリストが神であることの証拠です。

 人間ではなく神様だから、何でもおできになるのです。
 全知全能の神様にとって、奇跡とは普通のことなのです。

 これは理屈に合っているのではないでしょうか?



   Do not believe me unless I do the works of my Father.
 But if I do them, even though you do not believe me,
 believe the works, that you may know and understand that
 the Father is in me, and I in the Father.

               BIBLE(John 10:37) 
  

 〔もしわたしが、わたしの父のみわざを行なっていないのなら、
  わたしを信じないでいなさい。しかし、もし行なっているなら、
たといわたしの言うことが信じられなくても、わざを信用しな
さい。それは、父がわたしにおられ、わたしが父にいることを、
あなたがたが悟り、また知るためです。〕

               聖書(ヨハネ伝 10章37節)
[PR]
by danueno | 2011-09-21 12:38 | 編集後記

日本人に最適の英語学習法  その11

           アグレッシブ・リスニング


「SIMうんちく」は、このところ「日本人に最適の英語習得法」
 というテーマでお話しています。


 ちょっと前回の復習をしましょう。

 前回は、「語順の問題」とリスニング、その2でした。

 内容は、私たち日本人にとって、英語で最も難しいのは、
「動詞が最初に来る事だ」ということでした。


 英語の文章の根幹は、まず「S+Vありき」です。

 ところが日本語は、述語動詞Vが最後に来て結論になります。

 たいていは、SとVがグーンと離れて文章の最後にあります。

 私たち日本人は、このような日本語の特性に慣れているので、
 英語を聞く時も、最後まで待ってしまう習慣がある、
 ということでしたね。

 
 実は、これが、リスニングの場合の大きな障害になるんです。

 つまり、リスニングの場合は、音声が次々と消えてしまい、
「返り読み」ができないから、ということですね。

 その結果、わけが分からなくなり、パニックになってしまうのです。


 ですから、それを矯正するために、S+Vをまずバシッと捉えて、
 意味のまとまりであるセンスグループごとに、「英語の語順」で
 理解しなければならない、ということでした。


 ところがここで、おろそかにできないひとつのポイントがある、
 ということでした。

 それが、アグレッシブ・リスニング(Aggressive Listening)
 なのです。



 …ここまでが、前回の復習です。

 今日は、ここからです。



 アグレッシブ・リスニングとは何かというと、
 英語を聞く時の態度として、ただ漫然と聞き流すような聞き方ではなく、
 積極的にいわば「攻撃的に、積極的に」英語と向かい合う姿勢です。
 

 例をあげて具体的に説明してみましょう。
 判りやすいように、あえて簡単な例文にしました。


  ------------------------------------------------------
 
    I want to go to see a movie next week.

  ------------------------------------------------------


 リスニングでは、まず、I want to go … 
 という英語を聴いたら、すかさず
「いったいどこに行きたいんだろう?」と
 積極的に期待(Anticipation)することが大切なんです。

 英文をダラーッと最後まで聴いてから、意味を考えているのでは、
 日本語特有の「返り読み」のクセが抜けません。


 日本語は最初に付帯する情報を言って、最後に結論(述語動詞)が
 来ます。

「私は来週、映画を見に行きたい」という具合です。

 しかし、英語は違います。


  --------------------------------------------------------- 

    I want to go … to see a movie … next week.

  ---------------------------------------------------------


 このように、英語では最初に結論があります。

 そして、センスグループごとに次々と、これに付帯する情報を
 付け加えていくのです。

 ですから、I want to go(僕は行きたい) … の時点で、
 不足している情報、「いったいどこに行きたいんだろう?」の
 充足を求めて、次々と「期待」しながら聴き進むこと
 がポイントになります。


 つまり、「期待」が先にあるからこそ、次に来る言葉に
 意識が集中するわけです。


 そして、次の … to see a movie (映画を見に)を聴くことで
 期待が満たされます。

 また、「期待」と「充足」を意識するからこそ、
 センスグループごとの情報がバチッと頭に入ってくるのです。


 このようにSIM同時通訳方式では、文頭から英語の語順で、
 センスグループごとに理解していきますが、その時、意識的に
 次の展開を「期待」する習慣を身に付けるようにします。


 そうすることによって、英語への集中力が高まり、いっそう速く、
 そして正確に英語が理解できるようになるんですね。

 
 ただし、「期待」ができるためには前提条件があります。


 それは何かというと…。



 そのことについては、また来週お話ししましょう。

 
  …お楽しみに! 
[PR]
by danueno | 2011-09-14 17:10 | 編集後記

「究極の自由」

 人は「自由」にあこがれます。

 自分の住みたい場所に住み、したい仕事をし、好きな人と暮らし、
 生きたいように生きる、それが保証される国に住めることは
 確かに有り難いことです。


 それで私達は、さらなる自由を求めます。

 自分の心の命じるままに食べ、飲み、寝て、起きる生活、
 何でも欲しい物が買えて、行きたい場所に行ける生活ができたら
 さぞや幸せだろうと想像します。

 つまり人間は、もっと自由で、さらに伸び伸びと、
 より束縛されない、そんな「究極の自由」を心のどこかで
 切実に求めているのではないでしょうか。


 ところが人間とは不思議なもので、好きなことを好きなように
 したとしても、それで本当に自由になるとは限らないのです。

 かつての賢王ソロモンはこう書きました。


----------------------------------------------------------------

  私は事業を拡張し、邸宅を建て、ぶどう畑を設け、
庭と園を造り、そこにあらゆる種類の果樹を植えた。

私はまた、銀や金、それに王たちや諸州の宝も集めた。
私は男女の歌うたいをつくり、人の子らの快楽である
多くのそばめを手に入れた。

私は、私の目の欲するものは何でも拒まず、心のおもむくままに、
あらゆる楽しみをした。

しかし、私が手がけたあらゆる事業と、そのために私が骨折った
労苦とを振り返ってみると、なんと、すべてがむなしいことよ。

風を追うようなものだ。

           聖書(伝道者の書 2章4節から11節)

 ------------------------------------------------------------------ 


 ソロモン王は、聖書に出てくるすべての王様の中で、最も賢く、
 しかも富と権勢を誇った王様でした。

 欲しい物は何でも手に入れることが出来ました。
 しかし彼は、それらの営みを「なんと、すべてがむなしいことよ。」
 と述懐したのです。「風を追うようなものだ」と…。
 

 結局、人は自由になろうと努力すればするほど、
 自分が自分の奴隷であることを思い知るのです。

 人間は、どこまでも欲しがって飽くことを知らない欲望という名の
「罪の性質」の奴隷なのです


 聖書は「究極の自由」について、こう語っています。


-------------------------------------------------------------

  もし子があなたがたを自由にするなら、あなたがたは
ほんとうに自由なのです。
             ヨハネ伝 8章36節

-------------------------------------------------------------


「子」とは、御子イエス・キリストです。

 私達が自分の欲を中心とした生活を改め、
 イエス様を中心とした生活に進む時に、私達は本当の自由、
「究極の自由」を手に入れることができます。



  So if the Son sets you free, you will be free indeed.

               BIBLE(John 8:36) 
  

  〔もし子があなたがたを自由にするなら、あなたがたは
ほんとうに自由なのです。〕

               聖書(ヨハネ伝 8章36節)
[PR]
by danueno | 2011-09-14 17:09 | 編集後記

日本人に最適の英語学習法  その10

         「語順の問題」とリスニング(2)
  

「SIMうんちく」は、このところ「日本人に最適の英語習得法」
 というテーマでお話しています。


ちょっと前回の復習をしましょう。

 前回は、そもそもリスニングにおいて「語順の問題」がなぜ、
 これほど重要なのか、ということでした。

 それは、日本語と英語の根本的な差異による、というお話
 でしたね。


 そして、日本人がなぜ、これほどまでに英語を聴き取るのが
 困難なのか、その理由も「語順の問題」に帰結する、
 ということでした。


 たとえば、5文型を見ても、すべての文型がまず、
 主語(S)+述語動詞(V)ではじまります。

 つまり、英米人の発想の根本は、S+Vなのですね。

 そして、この部分の意味内容が、それから後の語句を決定する力を
 持っている、ということです。


 このことに関して、ジャック・ハルペンさんの例をあげました。

 彼が日本語で最も難しかったのは、「動詞が最後に来る事だ」と
 いうことでした。




 …ここまでが、前回の復習です。

 今日は、ここからです。


 ハルペンさんにとって、日本語で最も難しかったのは、
「動詞が最後に来る事だ」ということならば、
 私たち日本人はどうなるのでしょうか。


 私たち日本人にとって、最も難しいことは、その反対、
 ということにはならないでしょうか。

 つまり、私たちにとって、英語で最も難しいのは、
「動詞が最初に来る事だ」ということです。


 英語の文章の根幹は、5文型を見ても分かるとおり、
 主語Sと述語動詞Vが直結しています。

 まず「S+Vありき」ということですね。


 ところが日本語は、述語動詞Vが最後に来て結論になります。

 たいていは、SとVがグーンと離れて、文章の最後にある。


 私たち日本人は、このような日本語の特性に慣れているので、
 英語を聞く時も「最後まで待ってしまう」、という習慣があります。

 
 そして英文を最後まで聞いてから、やおら文頭に戻ろうとしますが、
 リスニングの場合は、音声が次々と消えてしまい、
「返り読み」ができません。

 その結果、わけが分からなくなり、パニックになってしまうのです。


 ですから、それを矯正するために、S+Vをまずバシッと捉えて、
 意味のまとまりであるセンスグループごとに、「英語の語順」で
 理解しなければならない、というわけですね。


 ところがここで、上記の注意と共に、おろそかにできないひとつの
 ポイントがあるんです。

 それは何かと言いますと…。

 英語を聞く時の態度として、ただ漫然と聞き流すような聞き方では、
 リスニング力は絶対に伸びない、ということです。

 そのように受け身で英語を聞くのではなく、積極的にいわば
「攻撃的、かつ積極的に」英語と向かい合う姿勢が大切です。

 
 これを、アグレッシブ・リスニング(Aggressive Listening)と
 呼びます。

 アグレッシブ・リスニングとはいったい何でしょうか?



  …そのことについては、また来週お話しします。

  

                  …お楽しみに!
[PR]
by danueno | 2011-09-08 10:03 | SIMうんちく

「試供品のいのち」  

 試供品マニアという言葉があるそうです。

 試供品、つまり無料のサンプル品ですが、これを収集し利用する
 マニアの方が世の中にはおられるのですね。

 試供品.comとか、その手のサイトが沢山あって、
 サイトをのぞいてみると、紙おむつや粉ミルクなどのベビー用品、
 化粧品サンプル、健康食品など、多種多様な試供品が存在します。


 かく言う当研究所にも試供品があって、
 リスニング教材「スーパーエルマー」の試聴サンプルを
 無料で提供しています。

 内容は、教材の学習理論を詳しく説明した80頁にわたる本に、
 私がレクチャーしたCDが付いています。

 この本を読み、試聴CDを聴くだけで、
 英語学習はどの方向に向かってやるべきか(「返り読みしない」)
 効果的な学習法などについての非常に有益な知識を得ることが
 出来ます。

 ところが、この試供品だけで根本的な英語力UPを果たそうとしても
 それは無理な話です。

 もちろん、「試聴サンプルだけでスコアが上がった」
 という報告はありますが、一般的にはやはり、本教材を買って
 いただかないと、本当の力は付きません。



 このことは、聖書の世界に通じると思いました。

 私達は、人間のいのちが、限りあるものと知っています。

 それで空しい思いになったり、永遠のいのちにあこがれて、
 不老不死の薬を開発しようとします。

 ところが聖書には、永遠のいのちを得る方法が書いてあるのです。
 イエス・キリストを信じる信仰による、永遠のいのちです。


 つまり、人間のいのちは限りある試供品のようなものですが、
 聖書は、それを永遠化することが出来ると、しかもタダであると、
 それはそれは凄いことを語っているのです。

 なぜタダなのか、それはイエス様が十字架にかかって、
 本来払うべき罪の債務を、私達のかわりに支払ってくださったから
 なのです。



    For God so loved the world that he gave his one and
  only Son, that whoever believes in him shall not perish
  but have eternal life.
               BIBLE(John 3:16)   

  〔神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、
   世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして
滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。〕

               聖書(ヨハネ伝 3章16節)

  ※「世を愛された」とは、世にある私たち人間を愛された
    という意味です。
[PR]
by danueno | 2011-09-08 10:01 | 編集後記