<   2009年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

バウンティ号の叛乱

「バウンティ号の叛乱」という映画があります。

 私も名前だけは知っていました。


 実は、「バウンティ号の叛乱」は現実にあった話だそうで、

 今回調べてみたら非常に興味深い話なので、

 読者の皆様に、かいつまんでご紹介したいと思います。



 叛乱事件そのものは、18世紀の終わり頃、

 南太平洋を航行中だったイギリスの軍艦「バウンティ号」で、

 航海士のフレッチャー・クリスチャンが叛乱を起こし、

 船長を捕縛して追放したという事件です。

 この部分が映画になったそうです。


 …興味深いのは、叛乱事件のその後です。



 叛乱の首謀者であるフレッチャー・クリスチャンと、

 彼に従う数名が、幾人かの島民を連れて、

 ピトケアン島という孤島にユートピアを築くため住み着きました。


 彼らにとってピトケアン島は、ユートピアだったでしょうか?

 決してそうではありませんでした。


 はじめの2年は、何事もなく平和に過ぎました。

 そこは、あたかも「自由・平等」のユートピアでした。

 ところが、その後、醜い争いがはじまったのです。


 まず、白人の男性と、タヒチの男性の間で、

 タヒチの女性をめぐって争いが起こりました。

 それで、白人たちは次々にタヒチの男性に殺されていきます。


 次に、男たちの醜い争いに耐えかねた女性たちが武器を取り、

 今度は男たちに反抗します。


 残った男たちの間でも争いが起こり、ついにひとりの白人男性、

 ジョン・アダムズだけが、男性として残りました。


 アダムズは、ほとんど文盲の無学で平凡な男でしたが、

 この顛末によって人間の罪深さに目覚めたようです。

 彼はバウンティ号の船室にあった聖書に巡りあい、

 劇的な改心をとげるのでした。


 その後アダムズは、ただ一人で礼拝をはじめました。

 そこに子どもたちが参加し、やがて女たちも加わわりました。

 彼の堅い信仰はピトケアン島の子孫に伝わり現在に至っています。



            
     Jesus answered them, "It is not the healthy who

 need a doctor, but the sick. I have not come to call

 the righteous, but sinners to repentance."

          Bible(Luke 5:31)


 〔そこで、イエスは答えて言われた。「医者を必要とするのは
  丈夫な者ではなく病人です。わたしは正しい人を招くためでは
  なく、罪人を招いて、悔い改めさせるために来たのです。」〕

          聖書(ルカの福音書 5章31節)
[PR]
by danueno | 2009-11-25 16:36 | 編集後記

「SIMの英文法」その18

     形の上では区別できない形容詞句と副詞句(3) 



 前回にひきつづいて、前置詞句のお話しをしましょう。

 ちょっとその前に復習です。



「前置詞+名詞」でできている前置詞句ですが、

 この前置詞句が、ある時は形容詞句になり、ある時は副詞句として

 使われています。


 そして、その区別は、「訳をしてからでないとわからない」

 ということでした。



 たとえば、次の英文を見てください。


 -------------------------------------------------------------

   This is my first assignment to the LA office.

 -------------------------------------------------------------


 to the LA office が「ロスの事務所に」という副詞句になるか、

「ロスの事務所への」という形容詞句になるのか、

 どうしてわかるでしょうか?


 それは、文章の前半を訳さないとわかりません。


「これは私の最初の赴任だ…」という前提があるから、

「ロスの事務所への」という訳が確定する、ということでしたね。



 次の例文です。


 -------------------------------------------------------------------

  Mr.Thompson has sent a very important document to the LA office.

 -------------------------------------------------------------------


 文章の前半は「トンプソン氏は、非常に重要な書類を送った」です。

 すると to the LA office の意味は、おのずから「送った」を修飾する

 副詞句として「LA事務所に」になります。

 間違っても「LA事務所の」にはなりません。



 このように、前置詞句であることは目で見てはっきりわかりますが、

 この前置詞句が形容詞句か、副詞句かという文法上の最終判断は、

 訳をしなければわからないのです。


 これを私は、訳してみなければわからないという意味で、

「見えない英文法」と名付けたいと思います。



 …ここまでが、前回の復習です。

 今日は、この続きです。


 さて問題は、この「見えない英文法」という事実を、

 学校英語の英文法では全く無視している、ということなのです。

 それはどういうことかと言いますと…


 まず、学校の英語の授業では、この前置詞句の説明自体が、

 非常に少ないように見受けられます。


 説明がなされる場合でも、英文の訳をする前に、その前置詞句が

 形容詞句であるか、副詞句であるかの説明がなされます。


 これはどうしてかというと、学校英語では「文法がわかれば訳ができる」

 という前提に立って授業がなされるからです。



 ですから、まず先生は文法の説明を先にします。

「ここは副詞句だから、全体の訳はこうなりますよ…」

 という感じですね。

 しかし、それでは順序が逆なのです。


 何度も言ったように、英文の訳をしないと、その前置詞句が

 副詞句であるか、それとも形容詞句であるか、全く判らないのです。


 それを無視して、文法第一主義でこのような授業を進めるところに、

 学校英語の大いなる矛盾があるのですね。



 ところで、上記のような事情は、「不定詞」についても、

 同じようなことが言えます。


 詳しくは、また次回にご説明しましょう。        
  


               …お楽しみに! 
[PR]
by danueno | 2009-11-25 16:31 | SIMうんちく

No.318 オリジナル英文

----------------------------------------
Renault-Nissan Says Ultra Low-Cost Car Will Be Built by India's Bajaj
----------------------------------------
It appears the world's cheapest car, the Tata Nano, launched this year in India, will soon get some competition.

Speaking to reporters, Carlos Ghosn, the chief executive of Renault and Nissan, revealed the French-Japanese automakers have agreed to work with Bajaj Auto to introduce a new ultra low-cost four-wheeled passenger vehicle in 2012.

"I am practically sure that the cost of this car will be lower than any other car made today in India."

Ghosn also says the new car will have the best performance on the market for a production conventional engine in terms of kilometers per liters of fuel consumed.

Bajaj, a maker of motorcycles and three-wheeled taxis, known as auto rickshaws, is to design and build the new car with assistance from the French company, which is to market and sell the vehicle in India and abroad under the Renault-Nissan brands.

The car, not yet named, will compete with Tata's Nano, which hit Indian roads this year and sells for little more than $2,000.

General Motors of the United States and Toyota of Japan have also previously announced plans to launch, within the next couple of years, small passenger cars in India.

Renault-Nissan next year is to open a passenger car factory in the southern Indian city of Chennai with a capacity to make 400,000 vehicles a year.

But the new joint venture small car is to be made at a Bajaj plant near Pune, in western India.

The French-Japanese automaker ranks in the top four globally, accounting for a 10 percent market share.

But its success in India has been more modest, trailing most competitors.

Ghosn calls sales here of its Logan brand mid-sized sedan, a money-losing joint venture with domestic automaker Mahindra, not up to expectations.

"We cannot just accept a situation where in India we represent less than one percent market share.

That’s absolutely out of question.

We have to adapt to the Indian market.

We have to adapt to the product that the Indian people want."

Ghosn is bullish on the future of India's automotive sector, with a population of more than one billion people, but where annual new car sales are around two million vehicles.

The Renault-Nissan top executives predict the number of autos sold in India will triple in 10 years as more of India's 50 million motorcycle owners move from two wheels to four.

Steve Herman, VOA News, New Delhi
[PR]
by danueno | 2009-11-25 16:27 | オリジナル英文

No.318 SIM音読用英文

----------------------------------------
Renault-Nissan Says Ultra Low-Cost Car Will Be Built by India's Bajaj
----------------------------------------

It appears the world's cheapest car, the Tata Nano,

launched this year in India,

will soon get some competition.


Speaking to reporters,

Carlos Ghosn, the chief executive of Renault and Nissan,

revealed the French-Japanese automakers have agreed

to work with Bajaj Auto

to introduce a new ultra low-cost four-wheeled passenger vehicle
in 2012.


"I am practically sure

that the cost of this car will be lower

than any other car

made today in India."


Ghosn also says the new car will have the best performance

on the market for a production conventional engine

in terms of kilometers per liters of fuel consumed.


Bajaj, a maker of motorcycles and three-wheeled taxis,

known as auto rickshaws,

is to design and build the new car

with assistance from the French company,

which is to market and sell the vehicle in India and abroad

under the Renault-Nissan brands.


The car, not yet named, will compete with Tata's Nano,

which hit Indian roads this year

and sells for little more than $2,000.


General Motors of the United States and Toyota of Japan

have also previously announced plans

to launch, within the next couple of years, small passenger cars
in India.


Renault-Nissan next year is to open a passenger car factory

in the southern Indian city of Chennai

with a capacity to make 400,000 vehicles a year.


But the new joint venture small car is to be made

at a Bajaj plant near Pune,

in western India.


The French-Japanese automaker ranks

in the top four globally,

accounting for a 10 percent market share.


But its success in India has been more modest,

trailing most competitors.


Ghosn calls sales here of its Logan brand mid-sized sedan,

a money-losing joint venture

with domestic automaker Mahindra,

not up to expectations.


"We cannot just accept a situation

where in India we represent less than one percent market share.


That's absolutely out of question.


We have to adapt to the Indian market.


We have to adapt to the product

that the Indian people want."


Ghosn is bullish on the future of India's automotive sector,

with a population of more than one billion people,

but where annual new car sales are around two million vehicles.


The Renault-Nissan top executives predict

the number of autos sold in India will triple in 10 years

as more of India's 50 million motorcycle owners move

from two wheels to four.


Steve Herman, VOA News, New Delhi
[PR]
by danueno | 2009-11-25 16:25 | SIM音読用英文

2人のセースルマン

前回私は、「目の付け所次第で、正反対のコメントが出てくる」

 …という話をしました。
 
 今日も、これに関連した興味深いお話をご紹介したいと思います。

 

 2人のセースルマンが靴を売るために南の島に派遣されました。

 島に上陸したセールスマン達は、驚きで目を見張りました。

 何と、この島の住民は全員が裸足だったのです。
 
 
 2人のセールスマンは、それぞれ社長に報告しました。

 ひとりは次のように言いました。


「社長、この島は全然ダメです!売れません。

 住民は皆、裸足で、靴を履くという習慣がありません」


 それに対して、もうひとりは、次のように報告しました。


「社長、ここは素晴らしい島です!

 住民は誰も靴を履いていません。

 靴の利点を教えれば、どんどん売れるに違いありません」



 …いかがでしょうか?

 同じ状況なのに、違う見方をすれば違う意見が出てきます。

 前者には希望がなく、後者には希望があります。


 ここで、「売れる」と確信したセールスマンが、

 実際に成功したかどうかは、あまり重要ではないと思います。


 大事な点は、目に見える状況はどうであれ、

 希望を見いだした者だけが前向きに努力することができる、

 ということです。
 
 そして、そこにしかチャンスは訪れない、ということです。



      So we fix our eyes not on what is seen,

  but on what is unseen.  For what is seen is temporary,

  but what is unseen is eternal.

          Bible(2 Corinthians 4:18)


 〔私たちは、見えるものにではなく、見えないものにこそ
  目を留めます。見えるものは一時的であり、見えないものは
  いつまでも続くからです。〕

          聖書(コリント人への手紙2 4章18節)
[PR]
by danueno | 2009-11-18 17:28 | 編集後記

「SIMの英文法」その17 

     形の上では区別できない形容詞句と副詞句(2) 


 前回は、前置詞句のお話しをしました。

 前置詞句は「前置詞+名詞」でできていますが、この前置詞句が、

 ある時は形容詞句になり、ある時は副詞句として使われています。


 その区別はいったいどういう風にしてつけるのか、

 というお話しでした。


 結論は何でしたか…?



 はい…それは、「文章の前半を訳してからでないとわからない」

 ということでした。


 たとえば、in my pocket という前置詞句。

 これは形容詞句なのか、それとも副詞句なのか、

 見ただけではわかりません。


 これが文の中で使われて初めて、それが決まります。


  ------------------------------------------------------------
 
       I have a card in my pocket.

            ↓ ↓ ↓    

       私はカードを持っています/私のポケットの中に。

  ------------------------------------------------------------


 文章の前半が「私はカードを持っています」なので、

「ポケットの中に」と訳が確定します。

 つまり副詞句になります。


 この場合のin my pocket が、どうして「ポケットの中の」という

 形容詞句にならないのかというと、それは前文の意味からして

 そうなるのです。



 では、これと逆の場合を見てみましょう。


  ------------------------------------------------------------
 
      It is a card in my pocket.

         ↓ ↓ ↓    

      それはカードです/私のポケットの中の。

  ------------------------------------------------------------


 この場合、「ポケットの中の」と訳される形容詞句になる理由は、

 前文が「それはカードです」なので、当然、形容詞句としての訳が

 導き出されるわけなのです。


 つまり、外見上、全く同じ形をしている前置詞句が、

 はたして副詞句なのか形容詞句なのか判断ができるのは、

 その前の語句の意味がわかっているからだ、

 ということです。


 ということは、英文を文頭から訳さなければ、その前置詞句が、

 副詞句か形容詞句かはわからない、ということですね。


 ですから、学校で教わる「返り読み」のように、

 文の後部にある前置詞句から先に正しい訳をする事は、

 まず不可能、ということなんです。


 ここまでが前回のお話でした。



 今日は、この点を少し突っ込んでお話ししましょう。

 実は、英文にはこのような前置詞句が沢山使われますが、

 この前置詞句をうまく処理できなければ英文は読めない、

 といっても言い過ぎではないんです。


 そして前置詞句をうまく処理するためには、「返り読み」などせず、

 英語を「英語の語順」で頭から訳していくことが

 どうしても必要なんです。


 たとえば、次の英文を見てください。


  -----------------------------------------------------------

    This is my first assignment to the LA office.

  -----------------------------------------------------------


 まず、英語の語順で頭から訳してみてください。


 …いかがですか?

 前文は「これは私の最初の赴任だ…」ですね。


 すると、どうなりますか?

 はい、ごく自然に、to the LA officeは、「LA事務所への」という

「赴任」を修飾する形容詞句だ、ということになりますね。



 では、次の例文はどうですか?

 ------------------------------------------------------------------

  Mr.Thompson has sent a very important document to the LA office.

 ------------------------------------------------------------------


「トンプソン氏は、非常に重要な書類を送った」ですね。

 すると to the LA office の意味は、おのずから「送った」を

 修飾する副詞句として「LA事務所に」になります。

 間違っても「LA事務所の」にはなりません。



 このように、前置詞句であることは目で見てはっきりわかりますが、

 その前置詞句が形容詞句か、副詞句かという文法上の最終判断は、

 訳をしなければわからない、ということなんです。


 これを私は、訳してみなければわからないという意味で、

「見えない英文法」と名付けたいと思います。


ところが、この「見えない英文法」を全く無視するのが、

 先に少し触れました、いわゆる学校英語の英文法なんです。


 この点が全くおかしいので、生徒は非常に混乱してしまい、

 結局、「英語は難しい」ということになってしまったんですね。


 …どこがどうおかしいかというと。


     …それはまた次回ということで。
        
  

               …お楽しみに! 
[PR]
by danueno | 2009-11-18 16:59 | SIMうんちく

No.317 オリジナル英文

----------------------------------------
Temperatures Rise at Flu-Shot Clinics
----------------------------------------

The title of this essay, Flu Shot Etiquette, is a poor one.

There hasn't been much etiquette displayed in health clinics and doctors' offices where H1N1, or swine flu, vaccinations are usually offered.

Patients are frustrated by delays in delivery of the vaccine.

Some are angry that they're not among the two groups – children and pregnant women – given priority because they seem most susceptible to swine flu.

Some women who are not the least bit pregnant are lying and saying they are, just so they can get in line.

So desperate is the search for the vaccine among men and women, both, that some are yelling and cursing – even threatening – health workers.

Medical offices report employees – who themselves are highly susceptible to catching this dangerous strain of flu from patients – have been breaking into tears, even walking off the job.

They say they can't take the abuse any more.

The H1N1 vaccine has been slow to arrive due to testing and manufacturing delays.

That has led to cancellations of flu-shot clinics, raising anxieties as the winter flu season nears.

Worried parents, especially, are clogging clinic telephone lines, preventing sick patients seeking appointments from getting through.

Vaccine shipments that do arrive go quickly, increasing the frustration among those turned away.

And frustration can turn to anger when the staff tells them they have no idea when the next shipment will arrive.

Add long lines to the aggravation at places where the shots are available, and temperatures are up across the land, not from the flu, from behavior that some are calling flu rage.

Oh, there is one sort of behavior that might fall under the heading of flu etiquette.

People aren't shaking hands as much these days.

For instance, hockey coach Bruce Boudreau, whose Washington Capitals team had already lost a flu-ridden player for several games, was heading off to sign copies of his new autobiography.

"Everybody you meet is nice and wants to shake your hand," Boudreau said.

"You don't want to be rude and say no, but…"

I’m Ted Landphair.
[PR]
by danueno | 2009-11-18 16:52 | オリジナル英文

No.317 SIM音読用英文

----------------------------------------
Temperatures Rise at Flu-Shot Clinics
----------------------------------------

The title of this essay, Flu Shot Etiquette,

is a poor one.


There hasn't been much etiquette displayed

in health clinics and doctors' offices

where H1N1, or swine flu, vaccinations are usually offered.


Patients are frustrated

by delays in delivery

of the vaccine.


Some are angry

that they're not among the two groups ?

children and pregnant women ?

given priority

because they seem most susceptible to swine flu.


Some women

who are not the least bit pregnant

are lying and saying they are,

just so they can get in line.


So desperate is the search for the vaccine

among men and women, both,

that some are yelling and cursing?

even threatening ? health workers.  


Medical offices report employees ?

who themselves are highly susceptible to catching

this dangerous strain of flu from patients ?

have been breaking into tears,

even walking off the job.


They say they can't take the abuse any more.


The H1N1 vaccine has been slow to arrive

due to testing and manufacturing delays.


That has led to cancellations of flu-shot clinics,

raising anxieties

as the winter flu season nears.


Worried parents, especially, are clogging clinic telephone lines,

preventing sick patients

seeking appointments

from getting through.


Vaccine shipments that do arrive go quickly,

increasing the frustration

among those turned away.


And frustration can turn to anger

when the staff tells them they have no idea

when the next shipment will arrive.


Add long lines to the aggravation

at places where the shots are available,

and temperatures are up across the land,

not from the flu, from behavior

that some are calling flu rage.


Oh, there is one sort of behavior

that might fall under the heading of flu etiquette.


People aren't shaking hands as much these days.


For instance, hockey coach Bruce Boudreau,

whose Washington Capitals team had already lost

a flu-ridden player for several games,

was heading off to sign copies of his new autobiography.


"Everybody you meet is nice and wants to shake your hand,"

Boudreau said.


"You don't want to be rude and say no,

but…"


I’m Ted Landphair.
[PR]
by danueno | 2009-11-18 16:52 | SIM音読用英文

「SIMの英文法」その16 

      形の上では区別できない形容詞句と副詞句  


 これまで、何回かに分けて、形容詞句と副詞句について

 説明してきました。


 副詞句と形容詞句は、同じように「前置詞+名詞」でできており、

 このような外形から共に「前置詞句」と呼ばれます。


 外形上全く同じ形をしている前置詞句が、ある時は形容詞句で、

 ある時は副詞句として使われているわけです。


 その区別はいったいどういう風にしてつけるのでしょうか。

 今日は、その点についてご説明しましょう。



 ここで、ちょっと皆さんに問題を出しましょう。


 in my pocket は前置詞句ですが、これは形容詞句でしょうか?

 それとも副詞句でしょうか?


 …答はわかりましたか。




 …はい。

 実は、このままでは、まだ形容詞句でも副詞句でもありません。

 これが文の中で使われて初めて、それが決まるんですね。


 例をあげましょう。


 ---------------------------------------------------------
 
    I have a card in my pocket.

 ---------------------------------------------------------


 さっそく訳してみましょう。


 ---------------------------------------------------------

    I have a card(私はカードを持っている)…

         in my pocket.(ポケットの中に)

 ---------------------------------------------------------


 この場合は、「ポケットの中に」と訳をしますので、

 in my pocket は副詞句になります。


 そして、これを「ポケットの中に」と副詞句としての訳ができるのは、

 I have a card が「私はカードを持っている」と訳されるからです。


 つまり、「カードを持っている」のだから、「ポケットの中に」、

 という訳が規定されてくるわけですね。



 しかしこれが、It is a card in my pocket. だったら

 どうでしょう。


 この場合、「ポケットの中の」と訳される形容詞句になります。

 これが形容詞句であると判断できるのは、It is a card が、

「それはカードです」と訳されるからです。



 つまり、前置詞句が名詞を説明するために使われていたら形容詞句で、

 動詞や形容詞、副詞、または文全体を説明するために用いられていたら

 副詞句です。


 ちょっとまとめてみましょう。


 ---------------------------------------------------------------- 
  
  ● 形容詞句 ⇒ 名詞を修飾

  ● 副詞句  ⇒ 動詞、形容詞、副詞、または文全体を修飾

 ----------------------------------------------------------------



 ここまでで重要な事は、外見上、全く同じ形をしている前置詞句が、

 はたして副詞句なのか形容詞句なのか判断ができるのは、

 その前の語句の意味がわかっているからだ、ということです。


 ということは、英文を文頭から訳さなければ、その前置詞句が、

 副詞句か形容詞句かはわからない、ということなんです。


 ですから、学校で教わる「返り読み」のように、文の後部にある

 前置詞句から先に正しい訳をする事はまず不可能というわけです。

 ここにも学校英語の矛盾があります。


 今回の例のような中学程度の簡単な文ならまだよいのですが、

 これがもう少し長い複雑な文になると、この学校英語の矛盾が

 はっきりと現れてきますね。



       



    …この続きはまた来週!

        
    
                 …お楽しみに! 
[PR]
by danueno | 2009-11-11 14:37 | SIMうんちく

No.316 オリジナル英文

----------------------------------------
New York Yankees Win Major League Baseball's Coveted Championship Title
----------------------------------------
New York's Japanese-born designated hitter, Hideki Matsui, was the catalyst in the Yankees' dominating victory.

Matsui drove in six of the team's seven runs in the pivotal sixth game of the Series, including a massive home run off Phillies pitcher Pedro Martinez in the second inning that gave the Yankees their first two scores of the game.

Matsui also drove in two runs during his at-bats in the third and fifth innings.

His exploits earned him the Most Valuable Player award for the 2009 Series, becoming the first Asian-born player, and first full-time designated hitter, to win the award.

Matsui said he was happy to take one for the team.

"I was happy to be able to hit and contribute to the team's win but more than that, just, us as a team, winning the championship - by far - that is such a great feeling.

I guess you can say that this is the best moment of my life right now.

If I were to look back, yes, this would be the best.''

The Yankees have won 27 World Series titles over their storied history, dating back to the 1920's, making them one of the most successful sports franchises in North America.

New York won this year's prize in the first year of their new $1.3-billion stadium.

Yankees manager Joe Girardi says the team was honored to win another World Series title for the franchise's 79-year-old owner, George Steinbrenner.

"This is what the Steinbrenner family has strived for year after year after year and has tried to deliver to this city of New York.

And George Steinbrenner and his family are champions.

Um, and to be able to deliver this to the Boss, the stadium that he created and the atmosphere that he has created around here, um, is…, is very gratifying for all of us."

The Philadelphia Phillies were seeking to become the first National League team to win consecutive World Series since the Cincinnati Reds did it in 1975 and 1976.

New York City's mayor has scheduled a parade through Manhattan Friday, to honor the Yankees.

Richard Green, VOA News, Washington
[PR]
by danueno | 2009-11-11 14:34 | オリジナル英文