<   2009年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

天国の特別な子ども 

 私の知人に、障害のあるお子さんをお持ちの方がおられます。

 さぞや辛かろう、大変だろう、と周囲の人は思うようですが、

 ご本人は、とても明るく元気に過ごされています。


 その方の元気の秘密は、どこにあるのでしょうか? 

 以下は、ある掲示板に書かれた、その方の書き込みの抜粋です。



  私は28年前に特別な子供をさずかりました。

  知能障害と肢体不自由の上、病弱で、日常生活のほとんどに

  介助の手を要します。 

  自分で何とか育てなければと無我夢中でした。

  また親亡き後の不安をかかえ、身も心も休まることのない
 
  毎日でした。

  ところが、20年間頑張って背負い込んでいた重荷から、

  あっという間に解放されたのです。(以下略)



 その方は書き込みの最後に、「天国の特別な子ども」という詩を

 引用しておられます。とても感動的なのでご紹介します。



 -------------------------------------------------------------


        「天国の特別な子ども」


 会議が開かれました。

 地球からはるか遠くで「また次の赤ちゃん誕生の時間ですよ」

 天においでになる神様に向かって天使たちは言いました。


「この子は特別の赤ちゃんで沢山の愛情が必要でしょう。

 この子の成長はとてもゆっくりに見えるかもしれません。

 もしかして一人前になれないかもしれません。

 だからこの子は下界で出会う人々に、特に気をつけてもらわなければ

 ならないのです。

 もしかしてこの子の思うことは、なかなかわかってもらえないかも

 しれません。

 なにをやってもうまくいかないかもしれません。

 ですから私たちは、この子がどこに生まれるか、

 注意深く選ばなければならないのです。

 この子の生涯が幸せなものとなるように、どうぞ神様

 この子のために、すばらしい両親を探してあげてください。

 神様のために特別な任務を引き受けてくれるような両親を。

 その二人はすぐには気がつかないかもしれません。

 彼ら二人が自分達に求められている特別な役割を。

 けれども天から授けられたこの子によって、ますます強い信仰と

 豊かな愛をいだくようになることでしょう。

 やがて二人は自分達に与えられた特別の神の思し召しを

 悟るようになるでしょう。

 神から贈られたこの子を育てることによって。

 柔和でおだやかな、この尊い授かりものこそ、天から授かった

 特別な子どもなのです」


-------------------------------------------------------------


 実は、冒頭に書いた方の元気の秘密は、聖書にあるのです。

 そして聖書には、次のようなみことばがあります。


 
 “イエスは道の途中で、生まれつきの盲人を見られた。

  弟子たちは彼についてイエスに質問して言った。

「先生。彼が盲目に生まれついたのは、だれが罪を犯した

からですか。この人ですか。その両親ですか。」

  イエスは答えられた。「この人が罪を犯したのでもなく、

両親でもありません。神のわざがこの人に現われるためです。」

              (聖書 ヨハネ伝 9章1節)



 人間の考えは「因果応報」です。

 ここに人間の限界があると思います。


 しかし聖書は、「神のわざが現れるため」、

 つまり、「人間をさらに幸せにするため」と語ります。

 ここに希望があるのではないでしょうか。



     As he went along, he saw a man blind from birth.

  His disciples asked him, "Rabbi, who sinned, this man

  or his parents, that he was born blind?"

 "Neither this man nor his parents sinned," said Jesus,

  "but this happened so that the work of God might be

  displayed in his life.   Bible(John 9:1)
[PR]
by danueno | 2009-09-30 14:13 | 編集後記

「SIMの英文法」その10

             形容詞句を覚える  


「SIMの英文法」シリーズ、今日から新しいテーマが始まります。

 それは、「形容詞句を覚える」です。



 さて英語では様々な形容詞句の表現がありますが、

 皆さんはそれらをどのようにして覚えていますか?


 一般には、「とにかく覚える、そのまま丸ごと暗記する」、

 という記憶法が中心だと思います。


 しかし、私はここで、「英語の思考法」による形容詞句の記憶法

 というものを提案したいんです。



 この方法で覚えると、従来の方法の数十倍も楽に記憶でき、

 しかも忘れにくいという利点があります。

 それどころか、もし忘れても容易に思い出すことができます。


 なぜなら、そこに「理論」があるからです。

 これが、「基本をマスターして、どんどん応用していく」という

 確かな方法論に基づいた記憶法なんです。


「英語の思考法」で記憶するとは、言い換えれば、

「英語の語順」で覚える、ということです。


 
 …たとえば、これです。


  ---------------------------------------------------

    the Statue of Liberty 「自由の女神」

  ----------------------------------------------------



 この語句を覚える際に、「自由の女神」という風に、

「日本語の思考法」でinputしてはいけません。


 これを効率よく「英語の思考法」で記憶するには、

 まず真っ先に「像」the Statue だけを頭にinput しなければ

 なりません。


 そうして、その後の of Liberty は、「像」the Statue というものが

 いったい何の像なのか、そのことを説明するための語句だ、

 というような捉え方ですね。

 これが「英語の思考法」に基づく記憶法です。


 つまり、「像」+「自由の」という英語の語順でinputする、

 ということです。

 決して「自由の女神」と日本語の語順に翻訳して覚えないように

 注意しましょう。



 ところが、日本の多くの先生は、このような語句は丸ごと暗記しなさい

 と言います。


 でも、これを「像」「自由の」と分析しないで丸暗記すると、

 自力で思考する力、つまり応用力がつきません。

 丸暗記というものは、「原理原則を知ってそれを応用する」という

 大人の勉強法ではないからです。


 暗記本位の勉強法はせいぜい高校までで、それ以後は、

「考え方を学ぶ」勉強法に切り替えなければなりません。


 覚えなければならないことが多いからといって、

 暗記する事だけに気を取られていると、頭が固くなってしまいます。


 SIM同時通訳方式は、応用力の根源である「英語の思考法」を

 学ぶのですから、大人にふさわしい勉強法だと言えるのですね。



 次回から、この要領で具体的にいろいろな形容詞句を覚えていきます。

 それらの練習を通して、「英語の思考法」に基づいた記憶法を、

 徹底的に頭に刻み込んでいただきたいと思います。

                


   …この続きはまた来週…



              …お楽しみに!
[PR]
by danueno | 2009-09-30 14:08 | SIMうんちく

No.310 オリジナル英文

----------------------------------------
Obama Chairs UN Security Council Disarmament Summit
----------------------------------------
Mr. Obama's presence in the Security Council underscored his administration's renewed commitment to the U.N. system, and support for international nuclear treaties that the previous Bush administration had been skeptical about.

The first-ever council meeting chaired by a U.S. president began with unanimous approval of a resolution renewing the U.N. commitment to a world without nuclear weapons, and urging nations that have not already done so to embrace the nuclear Non-Proliferation Treaty and the Comprehensive Nuclear Test Ban Treaty.

In his opening remarks, Mr. Obama warned that the detonation of a single nuclear weapon in a major world city would cause global economic damage and insecurity, in addition to killing hundreds of thousands of people.

He said the next 12 months will be critical in determining if global efforts enshrined in the new resolution will succeed, and he said the world community must not succumb to cynicism about disarmament efforts.

"Now, we harbor no illusions about the difficulty of bringing about a world without nuclear weapons.

We know there are plenty of cynics and that there will be setbacks to prove their point.

But there will also be days like today that push us forward, days that tell a different story.

It is the story of a world that understands that no difference or division is worth destroying all that we have built, and all that we love."

Mr. Obama said the global effort would seek to "lock down" all vulnerable nuclear materials within four years.

Neither Mr. Obama, nor the resolution, specifically mentioned individual countries believed to be seeking nuclear weapons.

But in their council statements, both French President Nicolas Sarkozy and British Prime Minister Gordon Brown criticized Iran and North Korea for defying international efforts to curb their nuclear ambitions.

Momentum for tougher international sanctions against Iran, if it refuses to resolve concerns about its nuclear intentions, appears to be growing in advance of a critical meeting between Iran's nuclear negotiator and big power diplomats October 1st in Geneva.

David Gollust, VOA News, United Nations
[PR]
by danueno | 2009-09-30 14:03 | オリジナル英文

No.310 SIM音読用英文

----------------------------------------
Obama Chairs UN Security Council Disarmament Summit
----------------------------------------

Mr. Obama's presence in the Security Council underscored

his administration's renewed commitment

to the U.N. system,

and support for international nuclear treaties

that the previous Bush administration had been skeptical about.


The first-ever council meeting

chaired by a U.S. president

began with unanimous approval of a resolution

renewing the U.N. commitment

to a world without nuclear weapons,

and urging nations

that have not already done so

to embrace the nuclear Non-Proliferation Treaty

and the Comprehensive Nuclear Test Ban Treaty.


In his opening remarks, Mr. Obama warned

that the detonation of a single nuclear weapon

in a major world city

would cause global economic damage and insecurity,

in addition to killing hundreds of thousands of people.


He said the next 12 months will be critical

in determining

if global efforts enshrined in the new resolution will succeed,

and he said the world community must not succumb

to cynicism about disarmament efforts.


"Now, we harbor no illusions

about the difficulty of bringing about a world

without nuclear weapons.


We know there are plenty of cynics

and that there will be setbacks

to prove their point.


But there will also be days like today

that push us forward,

days that tell a different story.


It is the story of a world that understands

that no difference or division is worth destroying

all that we have built, and all that we love."


Mr. Obama said the global effort would seek to "lock down"

all vulnerable nuclear materials within four years.


Neither Mr. Obama, nor the resolution, specifically mentioned

individual countries

believed to be seeking nuclear weapons.


But in their council statements,

both French President Nicolas Sarkozy and British Prime Minister
Gordon Brown

criticized Iran and North Korea

for defying international efforts

to curb their nuclear ambitions.


Momentum for tougher international sanctions against Iran,

if it refuses to resolve concerns

about its nuclear intentions,

appears to be growing

in advance of a critical meeting

between Iran's nuclear negotiator and big power diplomats

October 1st in Geneva.


David Gollust, VOA News, United Nations
[PR]
by danueno | 2009-09-30 14:02 | SIM音読用英文

再見(ツァイツェン)また逢う日まで 

 今日も、私の感動アイテムを皆様にご紹介します。

 こちらも泣きました。…大泣きしました(笑)。

 それは、『再見(ツァイツェン)また逢う日まで』という映画で、

 知る人ぞ知るの作品ですが、これがまさに超感動でした。



 私が過去に見た映画で最も感動したのは『パッション』ですが、

『再見』が与えてくれたインパクトは、それに勝るとも劣りません。


 ストーリーをかいつまんで説明しますと…。

アメリカ育ちの女性指揮者スーティエン(ジジ・リョン)が、

 北京での記念コンサートに出演するため20年ぶりに、祖国である

 中国の大地を踏みしめます。

 
 彼女の帰国は、コンサート以外にも大きな目的がありました。

 それは、20年前に別れたきりで消息不明になっている兄と弟と妹の

 行方を探すというものでした。



 映画は当時の回想シーンを交えて進行します。

 スーティエンは4人兄弟の長女で、優しい両親に見守られ、

 やんちゃな兄弟姉妹とともに幸せな少女時代を送っていましたが、

 ある雪の晩、両親が崖から落ちて死んでしまいます。


 …残されたのは4人の子供たち。


 一番上のお兄ちゃんイクーが(といっても小学校6年生くらい)、

 けなげにも見知らぬ町の人たちに頭を下げて里親を見つけ出し、

 妹ミャオ、弟ティエンをひとりずつ預けていきます。

 生木を裂くような別れのシーンが涙を誘います。


 そして最後に、スーティエンを押しつけるように預けたお兄ちゃんは、

 雪の荒野で「お母さん」「お父さん」「スーティエン」「ミャオ」

「ティエン」と叫び、泣き崩れます。



 そして20年後、スーティエンはまず弟ティエンに再会し、

 次いでグレてしまった妹ミャオに再会し、それからコンサートの会場で、

 警察官に伴われたお兄ちゃんイクーに再会します。


 数奇な人生の中でそれぞれに傷付いてしまった兄弟姉妹ですが、

 ステージの上で抱き合う4人に希望の光が射し込むようでした。


 
 私はこの映画を見て、家族というものは神様が与えて下さった

 かけがえのない存在だと、深く深く思い至ったのでした。

 映画の最後に、ひとつの詩がテロップで流れます。


 「兄弟姉妹というものは、ひとひらの雪のようです。

   空から落ちる時はバラバラですが、地上に落ちて氷になり、
 
  最後は溶けあって水になり、永遠にひとつになるのです。」



 

  A brother is born for adversity.

                Bible(Proverbs 17:17)

  〔兄弟は苦しみを分け合うために生まれる。〕

        聖書 (箴言 17章17節)




http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=4090
『再見(ツァイツェン)また逢う日まで』の紹介サイト


映画で英語を勉強する 「超字幕」
[PR]
by danueno | 2009-09-18 14:35 | 編集後記

「SIMの英文法」その9

       「日を現す表現」(最終回)クイズに挑戦   


「SIMうんちく」では、このところ「SIMの英文法」という

 シリーズで連載しています。

 今日はその9回目で、「日を現す表現」(最終回)です。



 前回は、「日を現す表現」について、少し別の角度から、

「英語の思考法」vs「日本語の思考法」というテーマでお話ししました。

 ちょっと復習しましょう。


「おととい」と英語で言うには、まずthe dayをサッと言っておいて、

「その日」がどんな日かを説明するために、before yesterdayと言うのだ

と言いましたが、この発想はなかなか日本人にはできない、

 ということでしたね。


なぜなら、日本人は「日本語の思考法」をするので、「おととい」を

日本語に翻訳して「昨日の前の日」と日本語の順序にして捉えるから、

 ということでした。


日本語では、「昨日の前の日」ですが、

英語では「その日」+「昨日の前の」です。


つまり、説明される語句と、説明する語句が日本語と英語とでは

逆になっています。


これは、今まで何度も言っていることですが、「思考順序が逆」

ということなんです。


日本人にとって、英語が難しく感じられる原因がここにあります。

つまり、「おととい」を「昨日の前の日」と「日本語の思考法」で

捉えてしまうこと、ここにすべての原因があるのです。



結局、「日本語の思考法」とは、「日本語の語順で考えてしまう」

 というクセなんですね。


 日本人は英語をinputするときも「日本語の思考法」に従って、

 いったん「英語の語順」を崩して、「日本語の語順」に置き換えて

 理解しようとします。


 これが諸悪の根元なんです。

 このことは当メルマガ読者の皆さんなら、全員ご承知のことでしょう。


 ところが、私が強調しておきたいのは、文章単位の長い英語表現

 だけではなく、非常に短い英語表現の中にも「英語の思考法」が

 必要だということです。


 つまり、「語順の置き換えをやめましょう」という当研究所の主張は、

 長い「文章」のレベルにとどまるのではなく、もっと短い「句」や

「節」にもあてはまるのだ、ということでしたね。



 …前回は、ここまででした。

  今日はここからです。



 今回は、「日を表す表現」の最終回ということで、

 読者の皆さんに簡単なクイズを出したいと思います。


 では、最初の問題です。

「おととい」を英語で言ってみてください。

 最近やったばかりですね。


 はい、どうぞ…。

 


 …いかがですか?

 まず“the day”がサッと出てきましたか?


 答を言いましょう。

「おととい」は、the day(その日)+ before yesterday(昨日の前の)

 ということなので、the day before yesterday ですね。



 では、次の問題です。

「あさって」を英語で言ってみてください。

 はい、どうぞ…



 …いかがでしょうか?

 簡単ですよね。


「あさって」は、the day(その日)+ after tomorrow(明日の後の)

 ということで、答は、the day after tomorrow ですね。



 このように、まず the day を言っておいて、それから、

 その日を形容詞句で説明する。

 これが「論理的思考」ということでしたね。


 つまり、日を表す表現を、「the day+形容詞句」という基本形で捉えて、

 後は応用で考えるということです。


 ここにも「英語の思考法」が生きているんです。

 つまり、“おととい”を「日本語の思考法」で捉えると、

「昨日の前の日」ですが、これを「英語の思考法」で捉えると、

「その日+昨日の前の」になります。


「あさって」も同じです。

「日本語の思考法」では「明日の後の日」ですが、

「英語の思考法」では「その日 + 明日の後の」ですね。


このように、皆さんご承知の「英語の思考法」は、

文章単位で意識すると同時に、もっと短い単位の中でも

 意識しなければなりませんよ。



 では、クイズの続きです。

 次の2問がスラスラとできたら免許皆伝です。


 最初の問題です。

 先週は“ last week”ですが、

「先々週」は何と言いますか?




 …いかがですか?

 まず、その週 “the week”が真っ先に出たでしょうか。


 その後で、その週がどんな週なのか、ということで、

「先週の前の」である“before last”を言います。


答は、“the week before last”です。

 ちなみに、ここでは、before last week の week は

 省略されています。



 最後の問題です。

「再来週」は英語で何と言いますか?


来週は “next week”ですね。

 では、どうぞ…。 





 答は…

“the week after next” ですね。

 サッと出てきましたか?



 このように、文章より短い単位でも「英語の思考法」を意識すること、

 これこそ、英語上達の秘訣なんですね。



   …この続きはまた来週…



              …お楽しみに!
[PR]
by danueno | 2009-09-18 14:31 | SIMうんちく

No.309 オリジナル英文

----------------------------------------
Australia Leads World in New Greenhouse Gas Pollution Index
----------------------------------------
The global pollution report has been compiled by a British company, Maplecroft.

Using U.S. Energy Department data, it calculated that Australia's per capita output of carbon dioxide at 18.66 metric tons a year, four percent higher than the United States.

In a list of 185 countries, Canada, the Netherlands and Saudi Arabia rounded out the top five.

China remains the world's biggest overall greenhouse gas polluter, followed by the United States.

Australia's position as the worst per capita emitter of carbon dioxide, which many scientists blame for global warming, is a result of its heavy reliance on cheap supplies of coal.

About 80 percent of the country's electricity is generated by coal-fired power stations.

Canberra has committed to cutting its greenhouse gas pollution by up to 25 percent by 2020 compared to 2000 levels.

Professor Barry Brook from Adelaide University says a global plan of action to cut emissions is more important than the performance of individual countries.

The British pollution report has been released ahead of a major United Nations summit in Copenhagen in December aiming to agree to a new climate change treaty to replace the Kyoto Protocol.

The Australian government hopes to have a sweeping carbon emissions trading system in place before the summit in Denmark.

Its plans, however, suffered a parliamentary defeat last month, leaving the program in doubt.

Scientists have warned that Australia - a vast, dry island that’s home to 21 million people - is particularly susceptible to the effects of global warming and could suffer more severe bushfires, droughts and storms, if temperatures continue to rise.

Parts of Australia have experienced their warmest winters on record, which climatologists have blamed on both the effects of climate change and natural variability.

Phil Mercer for VOA News, Sydney, Australia
[PR]
by danueno | 2009-09-18 14:27 | オリジナル英文

No.309 SIM音読用英文

----------------------------------------
Australia Leads World in New Greenhouse Gas Pollution Index
----------------------------------------

The global pollution report has been compiled

by a British company, Maplecroft.


Using U.S. Energy Department data,

it calculated that Australia's per capita output of carbon dioxide

at 18.66 metric tons a year,

four percent higher than the United States.


In a list of 185 countries,

Canada, the Netherlands and Saudi Arabia rounded out the top five.


China remains the world's biggest overall greenhouse gas polluter,

followed by the United States.


Australia's position as the worst per capita emitter of carbon dioxide,

which many scientists blame for global warming,

is a result of its heavy reliance

on cheap supplies of coal.


About 80 percent of the country's electricity is generated

by coal-fired power stations.


Canberra has committed

to cutting its greenhouse gas pollution

by up to 25 percent by 2020

compared to 2000 levels.


Professor Barry Brook from Adelaide University

says a global plan of action to cut emissions is more important

than the performance of individual countries.


The British pollution report has been released

ahead of a major United Nations summit in Copenhagen in December

aiming to agree to a new climate change treaty

to replace the Kyoto Protocol.


The Australian government hopes

to have a sweeping carbon emissions trading system in place

before the summit in Denmark.


Its plans, however, suffered a parliamentary defeat last month,

leaving the program in doubt.


Scientists have warned

that Australia - a vast, dry island that's home to 21 million people -

is particularly susceptible

to the effects of global warming

and could suffer more severe bushfires, droughts and storms,

if temperatures continue to rise.



Parts of Australia have experienced

their warmest winters on record,

which climatologists have blamed

on both the effects of climate change and natural variability.


Phil Mercer for VOA News, Sydney, Australia
[PR]
by danueno | 2009-09-18 14:27 | SIM音読用英文

愛は時間の中に (「どろがめ」より)

 私は最近、「どろがめ」(燦葉出版社)という本を読みました。

 すごく感動したので、皆様にご紹介したいと思います。



「どろがめ」とは、この本に出てくる主人公のあだ名です。

 主人公は大城亀松という方で、大正から昭和にかけて生きた、

 実在の人物です。 


 ところで、なぜあだ名が「どろがめ」かというと、

 亀松さんは元来、ひどい荒くれ者でした。


 大牟田の炭鉱町で酒と女、そして博打とけんかに明け暮れる姿は、

 泥の中をはいずり回る「どろがめ」にそっくりだったのです。

 
 ところが、その亀松さんが豹変しました。

 悪事とはきっぱり縁を切り、穏和な笑顔の絶えない人になりました。

 彼は聖書に出会ったのでした。

 

 私は本の中で、ひとつのエピソードに心打たれました。

 亀松さんは戦後、罪を犯した少年達の更正にたずさわり、

 ある裁判で、裁判官に切々とこう訴えたのです。


「愛というものは、時間の中にあるのではないでしょうか?」
 

…亀松さんの言葉は続きます。


「人間が清くなるには時間がかかるんです。

 かつての私もひどいもんでした。

 ですから、少年達を温かい目で見ていて欲しいんです…」


 この言葉を読んで私は涙が出ました。

「普段、何と性急に人に要求する者か」、

 と思わされたからです。


 たとえば、子供に対して…

「ここはこうすべきです」

「そんなことをしてはならない」

「あれを早くしなさい」


 もちろん、それらの要求は正当かもしれません。

 しかし、神様は待ってくださるお方なのです。

 愛をもって待つことの大切さ、

「どろがめ」を読んで新たに気付かされました。



 

   God presented him as a sacrifice of atonement, through faith

in his blood. He did this to demonstrate his justice, because

 in his forbearance he had left the sins committed beforehand

unpunished.
                Bible(Roma 3:25)


〔神は、キリスト・イエスを、その血による、また信仰による、なだめの
  供え物として、公にお示しになりました。それは、ご自身の義を現わす
ためです。というのは、今までに犯されて来た罪を神の忍耐をもって
見のがして来られたからです。〕
        聖書 (ローマ人への手紙 3章25節)




http://hanako61.at.webry.info/200710/article_1.html
「どろがめ」について書かれたサイト
[PR]
by danueno | 2009-09-16 16:29 | 編集後記

「SIMの英文法」その8 

      「英語の思考法」vs「日本語の思考法」   


「SIMうんちく」では、このところ「SIMの英文法」という

 シリーズで連載しています。

 今日はその8回目で、「英語の思考法」vs「日本語の思考法」です。



 前回のテーマは、「日を現す表現」でした。

 ちょっと前回の復習しておきましょう。


 私は前回、「大人には大人の学習法がある」ということを

 お話ししました。


 大人には子供にない大きな長所があり、それは、物事を

 論理的に考えることができる、ということです。


 この論理的な思考のために非常に有効なのが「英文法」です。



 たとえば、「おととい」の表現ですね。

 まず“the day”をサッと出しましょう。


 そして、それを説明するために、“before yesterday”を

 付け加えます。


 ------------------------------------------------------------------

  おととい

    = the day(その日)+ before yesterday(昨日の前の)

    =  the day before yesterday

 ------------------------------------------------------------------



「あさって」は、どうでしたか?覚えていますか。

「あさって」は、「その日」+「明日の後の」ですね。

すると、こうなります。



-------------------------------------------------------------------

  あさって

    = the day(その日)+ after tomorrow(明日の後の)

    =  the day after tomorrow

-------------------------------------------------------------------



…いかがですか?

 これが「論理的思考」ということでした。


 論理的思考というのは、いくらでも応用が利くと言うことです。


 基本形をしっかり押さえた後は、ある法則に基づいて、

 どんどん応用していける、ということです。


 つまり、日を表す表現を、「the day+形容詞句」という基本形で捉えて、

 後はその応用で考えるということです。

 これが、大人の学習法なんですね。



 …前回は、ここまででした。

 今日はここからです。



 今まで説明したことを、別の角度から少し詳しくお話ししましょう。

 事の本質は、「英語の思考法」vs「日本語の思考法」なんです。



「おととい」と英語で言うには、まずthe dayをサッと言っておいて、

「その日」がどんな日かを説明するために、before yesterdayと言うのだ

と話しましたが、この発想はなかなか日本人にはできませんね。


なぜなら、日本人は「日本語の思考法」をするので、「おととい」を

日本語に翻訳して「昨日の前の日」と日本語の順序にして捉える

からです。


日本語では、「昨日の前の日」ですが、

英語では「その日」+「昨日の前の」です。


つまり、説明される語句と、説明する語句が日本語と英語とでは

逆になっています。


これは、今まで何度も言っていることですが、「思考順序が逆」

なんです。


日本人にとって、英語が難しく感じられる原因がここにあります。

つまり、「おととい」を「昨日の前の日」と「日本語の思考法」で

捉えてしまうこと、ここにすべての原因があるのです。



結局、「日本語の思考法」とは、「日本語の語順で考えてしまう」

 というクセなんですね。


 日本人は英語をinputするときも「日本語の思考法」に従って、一旦、

 英語の語順を崩して、日本語の語順に置き換えて理解しようとします。


 …これが諸悪の根元なんです。


 まあ、このことは当メルマガ読者の皆さんなら、全員ご承知のことと

 思います。


 ところが、今回私が強調しておきたいのは、文章単位の長い英語表現

 だけではなく、非常に短い英語表現の中にも「英語の思考法」が

 必要だということです。


 つまり、「語順の置き換えを止めましょう」という当研究所の主張は、

 長い「文章」のレベルにとどまるのではなく、もっと短い「句」や「節」

 にもあてはまるのだ、ということですね。



  

         …この続きはまた来週。
 



               …お楽しみに!
[PR]
by danueno | 2009-09-16 16:28 | SIMうんちく