<   2009年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ヘレン・ケラーの秘密

 素晴らしく気持ちの良いある朝、公園を歩いていて、

 ちょっと不思議な経験をしました。
 

 高い梢で鳥たちがにぎやかに鳴き交わしていたのですが、

 急に静かになったのです。


 無くなったのは鳥の声だけではありません、

 すべての音がスッと消え去っていました。
 

 私はすぐ、「自分の耳がおかしいのだ」と気が付きました。

 それは、フルートを長時間練習した後などによく起こる、

 一時的な難聴の症状でした。



 でも今日書きたいのは難聴のことではありません。

「鳴いている鳥の声も耳がないと聞こえない」ということです。

 さらに言えば、「公園の美しい景色も目がなければ見えない」
 
 ということです。


 私たちは、いま見聞きしている世界を当たり前のように、

「そこにある」と認識しますが、私たちの目が見えず、

 耳が聞こえなければ、「それは存在しないに等しい」

 という事実を、その朝、私は驚きをもって発見したのです。


  
 そこで今日、私が書きたいのは、ヘレン・ケラーのことです。

 彼女は二歳で音と光を失い、話すことさえできなくなりました。

 いわゆる三重苦です。


 ヘレン・ケラーにとって世界とは、非常に限られていて、

 しかも混沌としたものに違いなかったと思います。
 

 ところが、クリスチャンであったサリバン先生を通して、

 彼女の人生は劇的に変えられ、私たちが知るとおり、

 世界的な社会福祉事業家として偉大な生涯を全うすることが

 できました。


 その秘密はどこにあったのでしょうか?

「彼女の目は見えなかったが、心の目が見えていたのだ」と、

 そのように私は思うのです。


 ヘレン・ケラーは彼女の愛読書について、次のような言葉を、

 私たちに残しています。



  『私が毎日、もっとも愛読する書物、それは聖書です。

  私の辞書に”悲惨”という文字はありません。

 聖書はダイナミックなカであり、

 変わることのない理想を示すものです。』


 

     So we fix our eyes not on what is seen, but on what is

 unseen. For what is seen is temporary, but what is unseen is

 eternal.
            Bible(2 Corinthians 4:18)



〔私たちは、見えるものにではなく、見えないものにこそ目を留めます。
  見えるものは一時的であり、見えないものはいつまでも続くからです。〕

   聖書 (コリント人への手紙 第二 4:18)   




※盲目に生まれついたのは神様の愛がこの人をおおうため
http://www.geocities.jp/hecaress/He/Messages/FkKamisamanoai.html
[PR]
by danueno | 2009-08-26 14:02 | 編集後記

「SIMの英文法」その5

        「返り読み打破」に役立つ英文法   



「SIMうんちく」では、このところ「SIMの英文法」という

 シリーズで連載しています。


 今日はその5回目で、「返り読み打破」に役立つ英文法、

 というテーマでお話をします。


 前回のテーマは、「日本語の思考法」でした。 

 …ちょっと復習しておきましょう。



 以前、このコーナーでも紹介しましたが、

「母国語は文法を知らなくても、読んだり話したりしているのだから、

 英語も文法はいらない」と主張する人たちがいます。


 でも、SIM方式では「母国語の習得と外国語の習得は、

 同じレベルでは考えられない部分がある」と考えるのです。


 なぜなら、私たちの頭脳はすでに「日本語の思考法」で

 働いているからだ、ということでしたね。



 私たちは日本人として生まれ、小さな頃から日本人の様式で発想し、

 考え、行動しています。


 言語を司る「脳」も全く同じ事です。

 日本人の脳は、小さな頃から、日本語の単語、文法といったものを

 膨大に蓄積した上で、流ちょうに日本語を操っています。


 この場合、発想の基本に「日本語の思考法」があるのですね。

「日本語の思考法」の本質とは何でしょうか?



 それは結局、「日本語の語順」である、ということでした。

「日本語の思考法」とは「日本語の語順で」発想し、考え、

理解する、ということなんです。


 いわば日本人の大人の脳は「日本語の語順でないと働かない」、

 そんなレベルにまで達しているんです。


 これが、どういう結果をもたらすかというと…?



 …前回は、ここまででした。

 今日はここからです。



 これがどういう結果をもたらすかというと、それは、

「英語を英語の語順のままinputすることができなくなる」、

 ということです。


 結果として、日本人は「英語の語順」のままに訳したのでは、

 日本語として不自然な訳に感じてしまいます。


 そこで、「英語の語順」を崩して、「日本語の語順」に直してから

 理解することになります。

 これが悪名高い「返り読み」ですね。



 読者の皆さんは、「返り読み」の弊害をすでにご存じなので、

 詳しくは言いませんが、要するに日本人の英語下手は

 ここから始まっているんです。


 そうしてSIMは、その「返り読み」を打破する上で、

 英文法というものが使える、と言っているのです。


 次回はこの点を、具体例を交えて詳しく説明します。




    …では、また来週お会いしましょう!



             …お楽しみに!
[PR]
by danueno | 2009-08-26 13:57 | SIMうんちく

No.305 オリジナル英文

----------------------------------------
Swiss Bank to Turn Over Account Data to US Authorities
----------------------------------------
From Nazis to modern-day criminals, Switzerland's legendary bank secrecy has long been exploited by those with assets to hide.

For decades, Swiss banks have had a no-questions-asked policy when it comes to deposits, and a no-questions-answered policy when it comes to investigations of their customers.

Those policies are changing.

The latest evidence: Swiss banking giant UBS has agreed to hand over details on more than 4,000 accounts to the U.S. government.

America's top tax official, Internal Revenue Service Commissioner Doug Shulman hailed the accord on Bloomberg television.

"It’s a huge victory for the U.S. government.

This is an unprecedented agreement."

The accounts are believed to hold as much as $18 billion in undeclared assets that until now were hidden from U.S. taxes.

Shulman praised reforms in Swiss banking.

"Until this year, we had no access into any country that had banking secrecy laws.

We’re very pleased, and it’s part of our ongoing effort to crack down on off-shore tax evasion.

You can expect to see a lot more from us in terms of investigations of individuals and institutions over the next several years."

Switzerland's bankers association issued a statement in support of UBS' agreement with the United States.

The accord effectively suspends a federal court case against UBS that could have dealt a severe blow to the bank's international operations and the Swiss economy, which relies heavily on the country's robust banking sector.

Under the agreement, targeted UBS bank customers will be notified before information on their accounts is released.

Michael Bowman, VOA News, Washington
[PR]
by danueno | 2009-08-26 13:52 | オリジナル英文

No.305 SIM音読用英文

----------------------------------------
Swiss Bank to Turn Over Account Data to US Authorities
----------------------------------------

From Nazis to modern-day criminals,

Switzerland's legendary bank secrecy has long been exploited

by those with assets to hide.


For decades, Swiss banks have had a no-questions-asked policy

when it comes to deposits,

and a no-questions-answered policy

when it comes to investigations of their customers.


Those policies are changing.



The latest evidence:
Swiss banking giant UBS has agreed

to hand over details

on more than 4,000 accounts

to the U.S. government.


America's top tax official, Internal Revenue Service Commissioner
Doug Shulman

hailed the accord

on Bloomberg television.


"It's a huge victory

for the U.S. government.


This is an unprecedented agreement."


The accounts are believed to hold

as much as $18 billion in undeclared assets

that until now were hidden from U.S. taxes.


Shulman praised reforms

in Swiss banking.


"Until this year, we had no access

into any country

that had banking secrecy laws.


We're very pleased,

and it's part of our ongoing effort

to crack down on off-shore tax evasion.


You can expect to see a lot more from us

in terms of investigations

of individuals and institutions

over the next several years."


Switzerland's bankers association issued a statement

in support of UBS' agreement

with the United States.


The accord effectively suspends

a federal court case against UBS

that could have dealt a severe blow

to the bank's international operations and the Swiss economy,

which relies heavily on the country's robust banking sector.


Under the agreement,

targeted UBS bank customers will be notified

before information on their accounts is released.


Michael Bowman, VOA News, Washington
[PR]
by danueno | 2009-08-26 13:51 | SIM音読用英文

ことばで失敗をしない人

 いよいよ総選挙です!

 選挙結果によって、日本の将来も大きく変わるでしょう。

 私たちも心して1票を投じたいものだと思います。


 さてしかし、国を治めるということは大変なことなのでしょう。

 過去の政治家の顔を思い出しても、この人は凄かった!

 どこから見ても素晴らしい政治家だった、と言える人は、

 少なくとも私にはありません。


 私利私欲から自由で、利権がからまず、全くクリーンなイメージ、

 という政治家が、私の場合はなかなか見出せないんです。

 
 これはどういうことでしょうか。

「国を治める」、ということの前に、「人が自分を治める」、

 そのことの困難さがあるのではないでしょうか。


 自分自身を省みても、「自分を治める」ことの難しさを感じます。

 全く、人のことを言えた義理ではないのです。

 聖書にはこういう言葉があります。



  “私たちはみな、多くの点で失敗をするものです。

   もし、ことばで失敗をしない人がいたら、その人は、

   からだ全体もりっぱに制御できる完全な人です。”

            (聖書 ヤコブ書 3:2 )


 自分を治めることができる人は、ことばで失敗しない人である、

 ということです。さらに、こうも書いてあります。


 
 “舌は小さな器官ですが、大きなことを言って誇るのです。

    ご覧なさい。あのように小さい火があのような大きい森を

燃やします。舌は火であり、不義の世界です。”

            (聖書 ヤコブ書 3:5,6 )



 実に耳の痛いことです(苦笑)。

 私も、余計なことを言って、後から後悔したことが、

 数え切れないほどあります。
 


 というわけで、今度の選挙で誰を選ぶかについては、

「ことばで失敗をしない人」、

 という着眼点があるのかもしれませんね。

 


     "He committed no sin, and no deceit was found in his

 mouth." When they hurled their insults at him, he did not

 retaliate; when he suffered, he made no threats. Instead, he

entrusted himself to him who judges justly. He himself bore

our sins in his body on the tree,

              Bible(2 Peter 2:22)


〔キリストは罪を犯したことがなく、その口に何の偽りも見いだされ
  ませんでした。ののしられても、ののしり返さず、苦しめられても、
おどすことをせず、正しくさばかれる方にお任せになりました。
そして自分から十字架の上で私たちの罪をその身に負われました。〕

   聖書 (ペテロの手紙第一 2:22)   



※心優しくへりくだられた方
http://www.geocities.jp/hecaress/He/Messages/HiHerikudarareta.html
[PR]
by danueno | 2009-08-19 15:57 | 編集後記

「SIMの英文法」その4

             日本語の思考法   



「SIMうんちく」では、このところ「SIMの英文法」という

 シリーズで連載しています。

 今日はその4回目で、「日本語の思考法」です。


 前回は、「名訳の問題」というテーマでお話をしました。 

 …ちょっと復習しておきましょう。



 私は前回、「名訳はほどほどに」と言いました。


 なぜなら、一般的な参考書の模範訳を見てください。

 参考書の模範訳というものは、日本語として凝りすぎている結果、

 肝心の英語からかけ離れている場合があります。


 ためしに参考書の模範訳だけを見て、そこから逆に英作文して、

 元の英文と比較してみると良くわかります。


 あまりに違うので、「エーッこれが元の英文!」

 という場合さえあります。

 …これが「名訳の問題」なんですね。



 ちょっと考えればわかることですが、

 現段階での私たちの目標は、翻訳家になることではありません。


 翻訳家の場合は、こなれた美しい日本語で、

 英語を和訳する必要があるでしょう。


 しかし、私たちの目標はそこにはありません。

 私たちの目標は、英文を少しでも速く、そして正確に、

 理解できるようになることです。


 つまり、名訳である必要はないのです。

 むしろ、そこにこだわっていると、本来の英語から

 どんどん離れていく恐れがあります。


 ですから、SIM方式の英文法は、

「速読即解のための英文法」であって、

 従来のように「こなれた日本語にするための英文法」

 ではないのです。


 このポイントを押させておくことが非常に大切だ、

 ということでしたね。



 …前回は、ここまででした。

 今日はここからです。



 ところで、以前、このコーナーでも紹介しましたが、

「母国語は文法を知らなくても、読んだり話したりしているのだから、

 英語も文法はいらない」と主張する人たちがいます。


 でも、SIM方式では「母国語の習得と外国語の習得は、

 同じレベルでは考えられない部分がある」と考えるのです。


 なぜなら、私たちの頭脳はすでに「日本語の思考法」で

 働いているからです。



 私たちは日本人として生まれ、小さな頃から日本人の様式で発想し、

 考え、行動しています。


 言語を司る「脳」も全く同じ事です。

 日本人の脳は、小さな頃から、日本語の単語、文法といったものを

 膨大に蓄積した上で、流ちょうに日本語を操っています。


 この場合、発想の基本に「日本語の思考法」があるのですね。

「日本語の思考法」の本質とは何でしょうか?



 …それは結局、「日本語の語順」なんです。

「日本語の思考法」とは「日本語の語順で」発想し、考え、

理解する、ということなんです。


 いわば日本人の大人の脳は「日本語の語順でないと働かない」、

 そんなレベルにまで達しているんです。


 これが、どういう結果をもたらすかというと…?



    …この続きはまた来週!


             …お楽しみに!
[PR]
by danueno | 2009-08-19 15:52 | SIMうんちく

No.304 オリジナル英文

----------------------------------------
Obama Hails New Education Benefits for US Veterans
----------------------------------------
President Obama says those who have fought for the United States in Iraq and Afghanistan deserve opportunities to continue to contribute to the nation as productive, educated civilians, just as past generations of American warriors have done.

"The freedom and prosperity that we enjoy would not exist without the service of generations of Americans who were willing to bear the heaviest and most dangerous burden.

We also know this: the contributions that our servicemen and women can make to this nation do not end when they take off their uniform.

We owe a debt to all who serve, and when we repay that debt to those bravest Americans among us, then we are investing in our future."

The new GI bill went into effect at the start of the month.

It pays tuition, living expenses and other costs at U.S. public universities and colleges for those with a minimum of 90 days of active duty service.

The percentage of costs paid depends on the length of active duty.

Funds can also be applied to tuition at private universities, which typically charge more than state-run institutions.

Benefits can be accessed for 15 years, and may be transferred to veterans' family members.

Total cost of the bill has been estimated at $75 billion.

Noting that former presidents, Supreme Court justices, and Nobel Prize winners made use of previous GI benefits, President Obama says the new funds will be well-spent.

"The veterans who are here today, like the young post-9/11 veterans around the country, can lead the way to a lasting economic recovery and become the glue that holds our communities together.

They, too, can become the backbone of a growing American middle class."

The post-9/11 GI Bill passed Congress last year despite opposition from the former Bush administration.

Those opposed to the measure argued it would make going to college more attractive, and would adversely affect retention rates for U.S. service members in a time of war.

Michael Bowman, VOA News, the White House
[PR]
by danueno | 2009-08-19 15:47 | オリジナル英文

No.304 SIM音読用英文

----------------------------------------
Obama Hails New Education Benefits for US Veterans
----------------------------------------

President Obama says

those who have fought for the United States

in Iraq and Afghanistan

deserve opportunities

to continue to contribute to the nation

as productive, educated civilians,

just as past generations of American warriors have done.


"The freedom and prosperity that we enjoy would not exist

without the service of generations of Americans

who were willing to bear

the heaviest and most dangerous burden.


We also know this:

the contributions that our servicemen and women can make

to this nation

do not end

when they take off their uniform.


We owe a debt to all who serve,

and when we repay that debt

to those bravest Americans among us,

then we are investing in our future."


The new GI bill went into effect

at the start of the month.


It pays tuition, living expenses and other costs

at U.S. public universities and colleges

for those with a minimum of 90 days of active duty service.


The percentage of costs paid

depends on the length of active duty.


Funds can also be applied to tuition

at private universities,

which typically charge more than state-run institutions.


Benefits can be accessed for 15 years,

and may be transferred

to veterans' family members.


Total cost of the bill

has been estimated at $75 billion.


Noting that former presidents, Supreme Court justices, and Nobel
Prize winners

made use of previous GI benefits,

President Obama says the new funds will be well-spent.


"The veterans who are here today,

like the young post-9/11 veterans around the country,

can lead the way

to a lasting economic recovery

and become the glue that holds our communities together.


They, too, can become the backbone

of a growing American middle class."


The post-9/11 GI Bill passed Congress last year

despite opposition from the former Bush administration.


Those opposed to the measure argued

it would make going to college more attractive,

and would adversely affect retention rates

for U.S. service members in a time of war.


Michael Bowman, VOA News, the White House
[PR]
by danueno | 2009-08-19 15:46 | SIM音読用英文

誰が最初に石を投げるのか?

 ついに裁判員裁判がスタートしました。

 傍聴した方の談話を読むと、民間人が量刑まで判断する事への戸惑い、

 というものがありありと感じられました。


 結局そこには、「人が人を裁けるのか」という根本的な問いが、

 背景としてあるのではないでしょうか?

 これに関して、大変に興味深い物語が聖書にはあります。


 
 ある時、イエス様の前に、ひとりの女性が引き出されてきました。

 法律の専門家たちはイエス様にたずねました。


  「先生。この女は姦淫の現場でつかまえられたのです。

   モーセは律法の中で、こういう女を石打ちにするように

   命じています。ところで、あなたは何と言われますか。」



 彼らはイエス様を試そうとしてこう言ったのです。


「石打にせよ」という答なら、「普段、あなたが説いている

 愛と赦しの教えはいったい何ですか?」ということになるでしょうし、

「石打にしなくて良い」という答なら、「あなたは神の律法を

 守っていない!」ということになるでしょう。


 …イエス様は、どう答えられたのでしょうか?


   「あなたがたのうちで罪のない者が、最初に彼女に石を

    投げなさい。」


 彼らはそれを聞くと、年長者たちから始めて、ひとりひとり出て行き、

 イエス様と女性だけが残されたのだそうです。


 …実に深い話だと、私は思います。


 人間はすべて原罪(自己中心の罪)を持っている、と聖書は語ります。 
 
 罪人である人間が、他の人間に石を投げる資格はない、つまり、

「本来、人は人を裁けない」ということなのです。


 
 では、私たちは裁判員裁判にどうかかわっていけば良いのでしょうか?

 個人的な意見としては、「冤罪の防止」と「情状酌量」に軸足をおいて、

 この制度にかかわっていきたい、と思っています。




    If any one of you is without sin, let him be the first

 to throw a stone at her.
              Bible(John 8:7)


〔あなたがたのうちで罪のない者が、最初に彼女に石を投げなさい。〕

                聖書(ヨハネ伝 8章7節)



  ※「イエス様のやさしさきびしさ」
   http://www.geocities.jp/hecaress/He/Messages/SkYasakibi.html
[PR]
by danueno | 2009-08-05 18:01 | 編集後記

「SIMの英文法」その3

              名訳の問題   


「SIMうんちく」では、このところ「SIMの英文法」という

 シリーズで連載しています。

 今日はその3回目で、「名訳の問題」です。


 前回は、「翻訳の弊害」というテーマでお話をしました。 

 …ちょっと復習しておきましょう。



 今までの学校英語では、「英語を日本語に訳すこと」、

 つまり「翻訳」が英語を学ぶ第一の目的でもあるかのような

 教授法がなされてきた、というお話をしました。


 これについては批判も多く、だいぶ是正されてきていますが、

 しかし、大方は、最終的に日本語に翻訳することを

 ゴールとしているように見受けられる、

 ということでしたね。


 その翻訳のための道具として、英文法が用いられています。

 いわば、翻訳を上手にするための「うまい訳をするための英文法」

 になっている、ということでした。


 言い換えると、良い日本語にすることばかりに力が注がれ、

 肝心の英語を理解することがないがしろにされています。


 実は「英語を理解すること」と、「日本語をうまく練り上げること」

 とは全く別のことなのです。


 これについては、「名訳の問題」、というものがあります。

 皆さんの中にも、「名訳をものにしたい」という願望をお持ちの方が

 いらっしゃると思いますが、私は「名訳もほどほどに」、

 と忠告したいと思います。


 それはなぜかというと…?



 …前回は、ここまででした。

 今日はここからです。



 なぜ「名訳はほどほどに」と言わなければならないのでしょうか?


 たとえば、一般的な参考書の模範訳を見てください。

 参考書の模範訳というものは、日本語として凝りすぎている結果、

 肝心の英語からかけ離れている場合があります。


 ためしに参考書の模範訳だけを見て、そこから逆に英作文して、

 元の英文と比較してみると良くわかります。


 あまりに違うので、「エーッこれが元の英文!」

 という場合さえあります。

 …これが「名訳の問題」なんですね。



 ちょっと考えればわかることですが、

 現段階での私たちの目標は、翻訳家になることではありません。


 翻訳家の場合は、こなれた美しい日本語で、

 英語を和訳する必要があるでしょう。


 しかし、私たちの目標はそこにはありません。

 私たちの目標は、英文を少しでも速く、そして正確に、

 理解できるようになることです。


 つまり、名訳である必要はないのです。

 むしろ、そこにこだわっていると、本来の英語から

 どんどん離れていく恐れがあります。


 ですから、SIM方式の英文法は、

「速読即解のための英文法」であって、

 従来のように「こなれた日本語にするための英文法」

 ではないのです。


 このポイントを押させておくことが非常に大切ですね。


   …この続きはまた来週!


             …お楽しみに!
[PR]
by danueno | 2009-08-05 18:00 | SIMうんちく