<   2009年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

子供のように

やりましたね~! 侍ジャパン!

今大会苦しみぬいていたあのイチローが

最後に決勝点をたたき出すとは、誰が想像したでしょうか。

これぞまさに筋書きのないドラマ。

スポーツの醍醐味を存分に堪能させてもらいました。

日本、韓国、両チームに「ありがとう」と言いたい気持ちです。



さて夕方、近所のグラウンドを通りかかると、いつもはサッカーを

やっている子供たちが(私もたまにいっしょにやるのですが)、

バットとグローブを持って野球をやっているではないですか!


「おーい、今日は野球かー?」と声をかけると、

「これからは野球っしょ!」


素直というか現金というか・・・・(笑)


子供って本当にかわいいな~




But Jesus called the children to him and said,

"Let the little children come to me, and do not hinder

them, for the kingdom of God belongs to such as these.


Bible(Luke 18:16)



〔しかしイエスは、幼子たちを呼び寄せて、こう言われた。
「子どもたちをわたしのところに来させなさい。止めては
いけません。神の国は、このような者たちのものです。 〕
  
                聖書(ルカ 18章16節)
[PR]
by danueno | 2009-03-25 13:32 | 編集後記

No.285 オリジナル英文

----------------------------------------
Classes for 'Gifted' Kids: Good Idea or Bad?
----------------------------------------
Want to see human competitiveness running wild?

Announce a new program for gifted children in schools from kindergartens to senior high and watch parents fight to get their kids into it.

They know that their little Johnny or Julia will get the best teachers and facilities, individual attention and a leg up on admission to a top university.

But for principals and teachers, so-called gifted and honors and magnet programs can be hot potatoes.

How do you measure giftedness?

Who gets in to honors programs?

And, more controversially, who does not?

This issue boiled to the surface in December, when the school board in Montgomery County, Maryland, a wealthy jurisdiction bordering Washington, D.C., announced it was thinking of doing away with the gifted label as possibly discriminatory, because the lion's share of kids in honors classes are white or Asian.

Far fewer are Hispanic or African-American.

This ignited a firestorm.

Some parents agreed it was about time to erase arbitrary and unfair labels.

Others said it would be one more example of political correctness that would dumb down the curriculum at the expense of high achievers.

The latter group of parents argued that bright kids need and deserve extra benefits and attention.

Should there be no all-star teams in basketball, they ask, because blacks and Hispanics tend to excel at that sport, and Asians and whites might feel excluded?

Educators point out that the gifted label is not always a ticket to happiness.

Some kids hate it, they say, since it stereotypes them as brains or geeks or nerds.

In an effort to avoid labeling, some schools have begun what's called differentiated instruction, in which teachers try to build something different and special into every lesson for super-smart, average and struggling students alike.

As you can imagine, that's not easy.

Feedback on whether to keep or discard the gifted label is pouring in to the Montgomery County education board.

Lots and lots and lots of it.

I’m Ted Landphair.
[PR]
by danueno | 2009-03-25 13:25 | オリジナル英文

No.285 SIM音読用英文

----------------------------------------
Classes for 'Gifted' Kids: Good Idea or Bad?
----------------------------------------

Want to see human competitiveness

running wild?


Announce a new program

for gifted children

in schools

from kindergartens to senior high

and watch parents fight

to get their kids into it.


They know that their little Johnny or Julia

will get the best teachers and facilities, individual attention

and a leg up on admission to a top university.


But for principals and teachers,

so-called gifted and honors and magnet programs

can be hot potatoes.


How do you measure giftedness?


Who gets in

to honors programs?


And, more controversially,

who does not?


This issue boiled to the surface in December,

when the school board in Montgomery County, Maryland,

a wealthy jurisdiction bordering Washington, D.C.,

announced it was thinking of doing away

with the gifted label

as possibly discriminatory,

because the lion's share of kids in honors classes

are white or Asian.


Far fewer are Hispanic or African-American.


This ignited a firestorm.


Some parents agreed

it was about time

to erase arbitrary and unfair labels.


Others said it would be one more example of political correctness

that would dumb down the curriculum

at the expense of high achievers.


The latter group of parents argued

that bright kids need and deserve extra benefits and attention.


Should there be no all-star teams

in basketball, they ask,

because blacks and Hispanics tend to excel at that sport,

and Asians and whites might feel excluded?


Educators point out


that the gifted label is not always a ticket to happiness.

Some kids hate it, they say,

since it stereotypes them

as brains or geeks or nerds.


In an effort to avoid labeling,

some schools have begun

what's called differentiated instruction,

in which teachers try to build something different and special

into every lesson

for super-smart, average and struggling students alike.


As you can imagine,

that's not easy.


Feedback on whether to keep or discard the gifted label

is pouring in to the Montgomery County education board.


Lots and lots and lots of it.


I'm Ted Landphair.
[PR]
by danueno | 2009-03-25 13:24 | SIM音読用英文

天使の帰還

 天使のような一人の女の子が天国に帰りました。

 そのおかげで、周囲の者たちも happyになりました。

 今日は、ちょっとそんなお話をいたします。



 数日前のことです、ご近所の奥さんが道路で

 魂の抜けたように呆然と、ひなたぼっこをしておられました。

 近隣の者たちは皆、この奥さんをそっとしておくように

 気を遣っていました。


 それもそのはず、この方はつい最近、18歳になるお嬢さんを

 亡くしたばかりなのです。


 お嬢さんは色々あって勘当された末、精神安定剤の誤用ために

 錯乱状態になって高所から飛び降りてしまいました。


 …とはいえ私たちが知っているお嬢さんは、まともな子でした。

 少々funnyな所はありましたが、心根は天使のように純真で、

 あまりの純粋さのゆえ、世の中とそりが合わず、

 人間関係に疲れ果て、自分自身にも失望していたのだと思います。



 私は、意気消沈している奥さんに思い切って声をかけました。

 そして聖書のことばを語りました。 


  「天の御国はこのような子供たちの国です。」
           (マタイ伝19章14節) 


 事実、先日最後のお別れをした時のお嬢さんは、ほんのりと笑って

 いたのです。



 子供に先立たれた、どれほど沢山の親が、世の中には存在する

 ことでしょうか。 そうして、悲嘆にくれていることでしょうか。


 しかし、聖書は語るのです。

 子供は無条件に天国です、と。

 召された子供たちは、救いがたいほど混乱したこの世から

 神様によって「もういいよ。私のもとにおいで」と呼ばれたのです。

 そして、いまや、悲しみや苦しみの全くない世界、
 
 喜びと楽しみだけがある天の御国で限りなく喜んでいます。



 奥さんの顔に救われたように喜びの光が差し始めました。

 数日後にはご主人も元気になって来られました。

 おふたりは天国に希望を見い出されたのでしょう。





    Now the dwelling of God is with men, and he will live

  with them.  They will be his people, and God himself will
 
  be with them and be their God. He will wipe every tear

  from their eyes. There will be no more death or mourning or

  crying or pain, for the old order of things has passed away.
  
            Bible(Revelation 21:3)


 〔見よ。神の住まいが人とともにある。神は彼らとともに住み、
   彼らはその民となる。また、神ご自身が彼らとともにおられて、
彼らの目の涙をすっかりぬぐい取ってくださる。もはや死もなく、
悲しみ、叫び、苦しみもない。なぜなら、以前のものが、
もはや過ぎ去ったからである。〕
  
                聖書(黙示録 21章3節)
[PR]
by danueno | 2009-03-18 13:15 | 編集後記

「SIM同時通訳方式」の素晴らしい世界 その11

        「SIM同時通訳方式の実際 その2」




「SIMうんちく」では、「SIM同時通訳方式の素晴らしい世界」

 というシリーズが始まっています。


 今日はその11回目で、「SIM同時通訳方式の実際 その2」

 というお話です。



 前回は、「その1」をお話をしましたが、

 従来の「返り読み」に慣れた人には、

「SIM同時通訳方式」について「全く新しい英文の読み方だ」

 と感じられる、ということでしたね。


 ところが、「返り読み」をせずに読むという読み方は、

 学校の英語教育で教えられていないだけで、

 現実には、仕事で大量の英文を読まなければならない人は、

 たいていこの読み方をしているのです。


 学校英語式の「返り読み」をしていたら、どんなに努力しても

 英米人と同じスピードで読むことは物理的に不可能です。


 しかし「SIM同時通訳方式」で訓練すれば、

 それが可能になる、ということでした。


 一般に、「文法力や語彙力が足りないから速読できないのだ」

 と考える人が多いのですが、実際はそうではありません。


「返り読み」をしていたら、初歩的な1000語位の単語で書かれた

 やさしい物語でさえ、1頁を読むのにもかなりの時間が

 かかります。
 

 というわけで、前回は実際に例文をあげてみました。

 多分、未知の単語はなかっただろうと思うのですが、

 スラスラ読めなかった人も結構おられたのではないでしょうか。



 今日は、前回の続きで、この英文をSIM同時通訳方式で

 読んでみたいと思います。


 意味のまとまりであるセンスグループごとに、

 スラッシュが入っています。

 そこで、句切りごとの内容を考えてみてください。


 では、さっそく読んでみましょう。


 私が句切りごとに、ちょっと間を空けて読みますので、

 皆さんは、その句切りごとに内容をパッと考えてください。



  Do you remember / the village /


  we lived in / twenty years ago,

  when the both of us felt /


  that life would go on / in the same way?


  I often wonder / whatever happened / to that cat,


  the one / which would come / to the back door /

  for its milk / each day,


  but never once set / its foot / inside the house.


  And then one morning / it simply didn't turn up,


  but why / we never knew.


  Perhaps it had grown tired / of us,


  as we later grew tired / of ourselves.



 いかがでしょうか?

 これが、英語を「英語の語順」で読む、ということなんです。


 日本語の語順とは、ある意味正反対なので、

 最初はとまどうかもしれませんが、

 これがネイティブの英語を理解する時の感覚なのです。


 この方法に慣れると、「返り読み」する必要がないので、

 とてもスムーズに英米人と同じ感覚で、英語を理解することが

 できるようなりますよ。





   …この続きはまた来週!



           …お楽しみに!
[PR]
by danueno | 2009-03-18 12:59 | SIMうんちく

No.284 オリジナル英文

----------------------------------------
North Korea Notifies World Agencies of Satellite Launch Plan
----------------------------------------
North Korea's launch of a long-range rocket became all but inevitable as Pyongyang informed international agencies it will put a satellite into space sometime between April 4th and 8th.

A North Korean announcer speaking on state-run media says Pyongyang has informed the International Civil Aviation Organization, the International Maritime Organization and other international organizations of the launch.

He says they have been given what they need to know to ensure the safety of airplanes and marine vessels in the region of the planned launch.

Authorities with those agencies say they are now preparing a formal safety advisory for aircraft and sea vessels in the Pacific Ocean and Sea of Japan in the vicinity of North Korea.

They say they expect North Korea to conduct the launch during daylight hours.

South Korean analysts say the North's notification of its plans is aimed at lending legitimacy to the launch, which Pyongyang says is part of a space research program.

But South Korean, Japanese, and U.S. officials are skeptical about the North's plan and suspect the so-called satellite launch is in reality a way to test a long-range rocket.

South Korea Unification Minister Hyun In-taek is Seoul's key official on North Korean policy.

He says circumstantial evidence indicates the launch involves a long-range missile rather than a satellite.

He adds, the technology for both are almost identical.

South Korea warns any long-range launch by the North will be a violation of a U.N. resolution passed in 2006, when North Korea conducted long-range missile and nuclear weapons tests within months of each other.

That could trigger more sanctions against the impoverished state.

Japan has announced it will extend its unilateral sanctions against North Korea if it launches the rocket.

The U.S. Navy conducted media tours Friday of its U.S.S. Chafee Aegis Destroyer, docked in South Korea as part of an annual joint military drill with the South's forces.

The vessel has the technological potential to shoot down a North Korean ballistic missile, something neither the United States nor Japan have ruled out doing.

Pyongyang has warned such a shoot-down would result in war.

Kurt Achin, VOA News, Seoul
[PR]
by danueno | 2009-03-18 12:53 | オリジナル英文

No.284 SIM音読用英文

----------------------------------------
North Korea Notifies World Agencies of Satellite Launch Plan
----------------------------------------

North Korea's launch of a long-range rocket

became all but inevitable

as Pyongyang informed international agencies

it will put a satellite into space

sometime between April 4th and 8th.


A North Korean announcer

speaking on state-run media

says Pyongyang has informed

the International Civil Aviation Organization, the International
Maritime Organization and other international organizations

of the launch.


He says they have been given

what they need to know

to ensure the safety of airplanes and marine vessels

in the region of the planned launch.


Authorities with those agencies say

they are now preparing a formal safety advisory

for aircraft and sea vessels

in the Pacific Ocean and Sea of Japan

in the vicinity of North Korea.


They say they expect

North Korea to conduct the launch

during daylight hours.


South Korean analysts say

the North's notification of its plans is aimed

at lending legitimacy to the launch,

which Pyongyang says is part of a space research program.


But South Korean, Japanese, and U.S. officials are skeptical

about the North's plan

and suspect the so-called satellite launch is in reality a way

to test a long-range rocket.


South Korea Unification Minister Hyun In-taek

is Seoul's key official

on North Korean policy.


He says circumstantial evidence indicates

the launch involves a long-range missile

rather than a satellite.


He adds, the technology for both

are almost identical.


South Korea warns

any long-range launch by the North will be a violation

of a U.N. resolution passed in 2006,

when North Korea conducted long-range missile and nuclear weapons tests

within months of each other.


That could trigger more sanctions

against the impoverished state.


Japan has announced

it will extend its unilateral sanctions against North Korea

if it launches the rocket.


The U.S. Navy conducted media tours Friday

of its U.S.S. Chafee Aegis Destroyer,

docked in South Korea

as part of an annual joint military drill

with the South's forces.


The vessel has the technological potential

to shoot down a North Korean ballistic missile,

something neither the United States nor Japan have ruled out doing.


Pyongyang has warned

such a shoot-down would result in war.


Kurt Achin, VOA News, Seoul
[PR]
by danueno | 2009-03-18 11:57 | SIM音読用英文

暖炉に薪をくべる

 最近、私は、ビスマルクが奥さんにあてた手紙を読んで

 とても感動しました。

 ビスマルクと言えば、もちろん「鉄血宰相」です。


「鉄(大砲)と血(兵隊)」に象徴される強力な武力と、

 魔法のような外交手段をあやつって、

 当時38の諸侯国に分裂していたドイツを見事統一した人です。

 そんな彼が、このような手紙を奥さんに書くなんて…!

 まあ、お読みください。

     
         *  *  *


  私はおまえを、主にあって心から愛するために結婚した。

  私はこの世にあって、外で冷たい風が吹き、

  凍りつくような寒い晩などに、暖炉の火が赤々と燃えている

  温かい我が家を心から切に求めたがゆえに、おまえと結婚した。


  私は、暖炉のように温かい優しい心を持ったおまえを

  大切にしていきたいと思う。


  そのために私は、暖炉に薪をくべ、

  火が消えないようにするために、あらゆる悪からおまえを守り、

  小さなともし火が消えないようにするために、

  一生懸命になりたいと思う。


  というのは、私にとっては主イエスのあわれみを除いては、

  おまえの愛よりも尊いものはないからだ。




 …実に感動的な手紙ではないでしょうか。

 ここには、幸福な結婚の秘訣が書かれています。


 結婚するまで、人はおもに自分だけを喜ばせて生きています。

 ところが結婚してからはガラッと変わる。

 それだけでは、到底うまくいかないからです。


「相手の喜び」を「自分の喜び」とするような所までいかないと、

 本当のところ、幸福な結婚生活とは言えないでしょう。

 ビスマルクは、そのことを熟知していました。


 結局、結婚とは、

「生まれつきの自己愛が本当の愛に成長していくための学校」

 のようなものではないでしょうか。



「暖炉に薪をくべる」 …美しい表現です。

 もうすぐホワイトデー。

 私もさっそく、薪をくべることにしましょう(笑)。




   In this same way, husbands ought to love their wives

  as their own bodies. He who loves his wife loves himself.
 
         Bible(Ephesians 5:28)


  〔そのように、夫も自分の妻を自分のからだのように
   愛さなければなりません。自分の妻を愛する者は
   自分を愛しているのです。〕
  
         聖書(エペソ人への手紙 5章28節)
[PR]
by danueno | 2009-03-11 16:56 | 編集後記

「SIM同時通訳方式」の素晴らしい世界 その10

        「SIM同時通訳方式の実際 その1」




「SIMうんちく」では、「SIM同時通訳方式の素晴らしい世界」

 というシリーズが始まっています。


 今日はその10回目で、「SIM同時通訳方式の実際 その1」

 というお話です。


 前回は、「英語らしい表現をするために」というお話をしました。 

 ちょっと、復習しましょう。



「英語らしい表現」は、SIM訳してみればわかる、

 ということでしたね。


 例文をご覧ください。

 
 ---------------------------------------------

   He was the first to answer.

---------------------------------------------

 
 この英文は中学2年のテキストに載っていましたが、

 その日本語訳として、「彼が最初に答えました」とありました。


 しかし、この訳では英語を勉強したことにはならない、

 ということでしたね。


 なぜなら、この訳では「英語らしさ」が全く表れていない

 からです。


 では、同じ英文をSIM訳してみましょう。


 ---------------------------------------------

   He was the first / to answer.

   彼が最初の人でした   答えた。

---------------------------------------------
 

 この文の英語らしさを損なわずに訳すためには、

 まず、He was the first「彼が最初の人でした」と

 訳す必要があります。


 その後で、何の最初の人だったのかを表すのに、

 to answer「答えた」と表現するのです。


 これが英語的な感覚だ、ということでした。


 つまり、まずS+V(+C)で、He was the first と、

 ズバッと物事の本質を表現し、 

 その後で、付帯状況を to answer と不定詞で

 説明するわけです。


 このような発想をするように普段から心がけていると、

「彼が最初に答えました」を英語で言いなさい、

 と問われた時も、まず、He was the first… と

 口に出すことができます。


 もちろん、これを、He answered first. と言うことも

 できますが、それでは「最初の人」を強調したいニュアンスが

 伝わりません。

 

 …前回は、このようなお話をしました。

  今日はこの続きです。



 今回は、「SIM同時通訳方式の実際」というお話を

 しましょう。


 さて、従来の「返り読み」に慣れた人には、

「SIM同時通訳方式」について「全く新しい英文の読み方だ」

 と感じられることと思います。


 ところが、「返り読み」をせずに読むという読み方は、

 学校の英語教育で教えられていないだけで、

 現実には、仕事で大量の英文を読まなければならない人は、

 たいていこの読み方をしているのです。


 学校英語式の「返り読み」をしていたら、どんなに努力しても

 英米人と同じスピードで読むことは物理的に不可能です。


 しかし「SIM同時通訳方式」で訓練すれば、

 それが可能になります。


 一般に、「文法力や語彙力が足りないから速読できないのだ」

 と考える人が多いのですが、実際はそうではありません。


「返り読み」をしていたら、初歩的な1000語位の単語で書かれた

 やさしい物語でさえ、1頁を読むのにもかなりの時間が

 かかります。
 

 では、さっそく、次の例文を読んでみましょう。

 多分、未知の単語はないだろうと思います。


 50秒位で読めるか試してみましょう。

 ちなみに、50秒位というのは、換算すると1分間で100語に

 当たります。



   Do you remember the village we lived in twenty years ago,

 when the both of us felt that life would go on in the same way?

  I often wonder whatever happened to that cat, the one which

 would come to the back door for its milk each day, but never

 once set its foot inside the house.  And then one morning it

 simply didn't turn up, but why we never knew. Perhaps it had

grown tired of us, as we later grew tired of ourselves.



 学校英語の「返り読み」の癖がついている人は、そう簡単ではない

 でしょうね。

 読んで、しかも内容を理解しないとだめですよ。


 一気に読み下して、内容がわかる人は速読力があるといえます。

 しかし、ほとんどの人は単語をすべて知っていても

 うまくいかないと思います。


 次回は、同じ英文を「SIM同時通訳方式」で読んでみたいと

 思います。




   …この続きはまた来週!



           …お楽しみに!
[PR]
by danueno | 2009-03-11 16:52 | SIMうんちく

No.283 オリジナル英文

----------------------------------------
Obama Launches Push for Health Care Reform
----------------------------------------
The president says health care reform is no longer just a moral imperative, it is an economic imperative.

"If we want to create jobs and rebuild our economy and get our federal budget under control, then we have to address the crushing cost of health care this year, in this administration."

He says the goal must be to bring down medical expenses, while improving the quality of care for everyone.

The changes he is seeking are massive and will involve a huge infusion of government funds.

But Mr. Obama says they are a needed investment in the nation's future.

"Making investments in reform now, investments that will dramatically lower costs, won't add to our budget deficits in the long-term.

Rather, it is one of the best ways, in fact maybe the only way, to reduce those long term costs."

Mr. Obama is not the first U.S. president to try to tackle the health care crisis, which involves issues of both affordability and availability.

In recent decades, most Americans have relied on health care insurance from their employers to meet their rising medical bills.

But businesses are cutting back on coverage and the ranks of the uninsured are growing.

At the same time, government outlays for programs that provide subsidized care for the elderly and the poor are skyrocketing.

Past efforts to reach a meeting of the minds on health care reform have ended in stalemate.

But the president says this time is different.

"This time, there is no debate about whether all Americans should have quality, affordable health care.

The only question is, 'How?'"

To that end, the president convened a White House meeting of groups with a big interest in health care and asked them to search for solutions.

They included doctors, consumers, unions, businesses, insurers and members of the U.S. Congress.

White House officials say Thursday's session was just the beginning of the reform process.

More high level meetings are planned in the coming days, with Congressional hearings expected soon.

Paula Wolfson, VOA News, the White House
[PR]
by danueno | 2009-03-11 16:47 | オリジナル英文