<   2009年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

FOOTPRINTS(足あと)

 まだまだ寒風に身が震える時期なのに、

 電車の窓からチラホラと梅の花が見えて、ハッとさせられます。

「そうだ、春は間近いのだ!」と心が温かくなります。



 どんなに厳寒の年でも、季節になれば梅は自然に咲き出します。

 そんな梅を見ていると、梅は頑張って自分で「生きている」のではなく、

「生かされているのだ」と、つくづく思わされます。


 私たちもまた、厳しい世間の寒風にさらされ、心がふさぐ時、

 自分の力で「生きている」のではなく、

 実は「生かされている」ことに思いをはせるのは、

 良いことかもしれません。

 
 夜寝ていても、私たちの心臓と肺を動かしていてくださる

 ある大きな存在に見守られ、抱かれ、生かされていることを…。


 こんな素敵な詩があります。


           * * *


        FOOTPRINTS(足あと)


  ある夜、私は夢を見た。


  私は、神様とともに、なぎさを歩いていた。
  暗い夜空に、これまでの私の人生が映し出された。


  どの光景にも、砂の上に二人の足あとが残されていた。
  一つは私の足あと、もう一つは神様の足あとであった。


  これまでの人生の最後の光景が映し出されたとき、
  私は、砂の上の足あとに目を留めた。


  そこには、一つの足あとしかなかった。
  私の人生で一番つらく、悲しい時だった。


  このことがいつも私の心を乱していたので、
  私はその悩みについて神様にお尋ねした。


  「神様。私があなたに従うと決心したとき、
  あなたは、すべての道において、私とともに歩み、
  私と語り合ってくださると約束されました。


  それなのに、私の人生の一番つらい時、
  一人の足あとしかなかったのです。


  一番あなたを必要としたときに、
  あなたが、なぜ、私を捨てられたのか、
  私にはわかりません」


  神様は、ささやかれた。


  「わたしの大切な子よ。わたしは、あなたを愛している。
あなたを決して捨てたりはしない。
  ましてや、苦しみや試みの時に。


  足あとが一つだったとき、
  わたしは、あなたを背負って歩いたのだ」


            マーガレット・F・パワーズ




    In all their distress he too was distressed,

  and the angel of his presence saved them.

In his love and mercy he redeemed them; he lifted

  them up and carried them all the days of old.

  Bible(Isaiah 63:9)



 〔彼らが苦しむときには、いつも主も苦しみ、主の使いが
  彼らを救った。その愛とあわれみによって主は彼らを贖い、
  昔からずっと、彼らを背負い、抱いて来られた。〕
  
[PR]
by danueno | 2009-01-28 14:09 | 編集後記

「SIM同時通訳方式」の素晴らしい世界

          単語さえ覚えれば英語がわかる?



「SIMうんちく」では、「SIM同時通訳方式の素晴らしい世界」

 というシリーズが始まっています。

 今日はその4回目です。


 前回は、「翻訳では時間がかかる」というお話をしました。

 ちょっと、復習しましょうね。



 普通、学校の教育現場では、「英語の語順」をひっくり返して、

 きれいな日本語に「翻訳する」ことばかり勉強しています。


 しかし、本来「英文の内容がわかる」ことと「翻訳する」ことは、

 実は全く別のことです。


 翻訳とは本来、高度な知的作業であり、誰でもできるわけでは

 ありません。


 それなのに、日本の英語教育では、この「翻訳」で、

 つまり「語順をひっくり返して内容を理解する」という

 英語の理解法を教えているんです。


 ところが、この「翻訳」には大きな問題があり、

 それは「時間がかかりすぎる」、ということでした。


「翻訳」すなわち「返り読み」では、英文を文頭から文末まで

 行ったり来たりしながら訳すことになるので、

 恐ろしく時間がかかってしまいます。
 

 ですから、この教授法は、英語を素早く理解する上では、

 全く適さないものと言わざるを得ません。


 このような英語教育を受けた結果、生徒の側も、

 英語を日本語に翻訳してしまえばもう安心してしまいます。


 その後は試験の前に単語を覚えます。

 これでは、「本物の英語力」が身に付くわけはないですね。



 …前回は、このようなお話をしました。

  今日はこの続きです。



 さて、「単語さえ覚えれば英語がわかる」という考え方が

 あります。


 日本において、英語の勉強とは、文法をやって単語を覚える、

 というものが中心でした。


 もちろん、文法力も語彙力も英語学習において大切なものです。

 でも、それらは英語学習の基礎であり、

 そこで学習が終わってしまったら英語はモノになりません。


 それだけでは、英語を速読し、話したり書いたりする力は

 ほとんど養成されない、と言っても過言ではないのです。


 ひとつ例をあげましょう。

 皆さんの周りに、よく日本語の会話の中に英単語をひんぱんに

 交える人がいませんか?


 これは、いわば、日本語の思考の中にモザイクのように

 英単語をはめ込んでいる状態であり、英語を上手く話せることとは、

 あまり関係がないんです。


 つまり、いくら英単語をたくさん覚えていても、

「英語の思考法」に基づいて input と output がなされなければ、

実は何の意味もない、ということなんです。


「英語の思考法」とは何でしょう。


 …それは、ズバリ、「英語の語順」です。
 
「英語の語順」で input と output がなされる、

 ということです。


 ですから、 「日本語の語順」で英単語がいくら出てきたとしても、

それだけでは、ちゃんとした英語の文章にはならないのです。




   …この続きはまた来週!




           …お楽しみに!
[PR]
by danueno | 2009-01-28 14:05 | SIMうんちく

No.277 オリジナル英文

----------------------------------
Barack Obama Becomes 44th US President
----------------------------------
Immediately after President Obama took the oath of office, a military color guard fired off a 21-gun salute as an enormous and diverse crowd cheered, waved American flags and chanted the new president's name.

In his inaugural address, Mr. Obama said he is entering the White House at a time when the nation is in the midst of crisis.

"Our nation is at war, against a far reaching network of violence and hatred.

Our economy is badly weakened, a consequence of greed and irresponsibility on the part of some, but also our collective failure to make hard choices and prepare the nation for a new age."

Mr. Obama says the state of the economy requires bold action to create new jobs and end the recession.

The 47-year-old president is the son of a black Kenyan father and a white American mother.

He grew up in Hawaii and Indonesia.

Mr. Obama held out a friendly hand to those watching his address from overseas.

"And so to all the other peoples and governments who are watching today, from the grandest capitals to the small village where my father was born: know that America is a friend of each nation and every man, woman and child who seeks a future of peace and dignity and we are ready to lead once more."

President Obama called on all Americans to accept personal responsibility for trying to solve the challenging tasks confronting the nation.

"What is required of us now is a new era of responsibility - a recognition, on the part of every American, that we have duties to ourselves, our nation and the world; duties that we do not grudgingly accept, but rather seize gladly, firm in the knowledge that there is nothing so satisfying to the spirit, so defining of our character, than giving our all to a difficult task."

President Obama, a Democrat, campaigned on a theme of change, inspiring millions of people both at home and abroad.

Mr. Obama's inauguration brings to an end eight years of Republican rule under George Bush.

Meredith Buel, VOA News, Washington
[PR]
by danueno | 2009-01-28 13:56 | オリジナル英文

No.277 SIM音読用英文

-----------------------------------
Barack Obama Becomes 44th US President
-----------------------------------

Immediately after President Obama took the oath of office,

a military color guard fired off a 21-gun salute

as an enormous and diverse crowd cheered, waved American flags

and chanted the new president's name.


In his inaugural address, Mr. Obama said

he is entering the White House

at a time when the nation is in the midst of crisis.


"Our nation is at war,

against a far reaching network

of violence and hatred.


Our economy is badly weakened,

a consequence of greed and irresponsibility

on the part of some,

but also our collective failure

to make hard choices

and prepare the nation for a new age."


Mr. Obama says the state of the economy requires bold action

to create new jobs and end the recession.


The 47-year-old president is the son

of a black Kenyan father and a white American mother.


He grew up in Hawaii and Indonesia.


Mr. Obama held out a friendly hand

to those watching his address from overseas.


"And so to all the other peoples and governments

who are watching today,

from the grandest capitals to the small village

where my father was born:

know that America is a friend

of each nation and every man, woman and child

who seeks a future of peace and dignity

and we are ready to lead once more."


President Obama called on all Americans

to accept personal responsibility

for trying to solve the challenging tasks

confronting the nation.


"What is required of us now is a new era of responsibility -

a recognition, on the part of every American,

that we have duties

to ourselves, our nation and the world;

duties that we do not grudgingly accept,

but rather seize gladly,

firm in the knowledge

that there is nothing so satisfying to the spirit,

so defining of our character,

than giving our all to a difficult task."


President Obama, a Democrat, campaigned on a theme of change,

inspiring millions of people

both at home and abroad.


Mr. Obama's inauguration brings to an end

eight years of Republican rule

under George Bush.


Meredith Buel, VOA News, Washington
[PR]
by danueno | 2009-01-28 13:55 | SIM音読用英文

 「3本も指がある!」


私たちはよく、「アレさえあったらなー」と思いますよね。

 そして、いま自分に無いものを数え上げて、ため息をつきます。
 
  
 ところが、私たちがこのように「自分に無いもの」に目を留めて、

 不平不満を言うことから、不幸が始まるような気がするんです。


 そうではなくて、「自分に有るもの」に目を留め、感謝する時、

 そこから大いなる幸せが始まっていくのではないでしょうか。


 そのひとつの実例として、今日は皆様に、

 田原米子(たはら よねこ)さんをご紹介します。


 米子さんは、指が3本しかないのに、

「私には3本も指がある!」と喜ぶことができたんです。


         * * *


 米子さんが、母親の死にショックを受け、小田急線の新宿駅で

 列車に飛び込み、自殺を図ったのは18歳の時でした。


 からくも一命は取りとめたものの、意識を取り戻すと、

 そこには、悪夢のような現実が待っていました。


 両足と左手は切断され、残る右手も、小指と中指がなくなって

 いたのです。


 米子さんは、「どうして、死なせてくれなかったの」と、

 周りの人々を恨み、服毒自殺を図るような絶望の日々を送りました。


 しかしその後、知人を通して訪れた2人のクリスチャンを通して、

 生き方が劇的に変えられました。


 米子さんは、そのうちの1人、後に牧師となった田原昭肥さんと

 結婚しました。


 そして、2人の子供を産み、3本の指だけで、育児、料理、洗濯など

 家事をこなしました。


 米子さんは、不平不満から感謝の人生へと変えられたこの体験を、

 日本や海外での講演会を通して語り続け、2005年4月に、

 67歳で亡くなられました。



 私たちが米子さんの人生から学ぶことがあるとしたら、それは、

「無いもの」ではなくて、「有るもの」に目を留めることの

 大切さではないでしょうか。


 私たちも、さっそく、今日から、「私たちに有るもの」を

 数え始めましょう! 


 ※田原さんのDVDがあるそうです
  http://www.wlpm.or.jp/cgi-bin/db/kiji_t.cgi?keys23=%83r%83f%83I%95%5D110%81%84





    Keep your lives free from the love of money and

  be content with what you have, because God has said,

 “Never will I leave you; never will I forsake you.”

Bible(Hebrews 13:5)



 〔金銭を愛する生活をしてはいけません。
  いま持っているもので満足しなさい。
  主ご自身がこう言われるのです。「わたしは決して
あなたを離れず、また、あなたを捨てない。」〕
  
            聖書(ヘブル書 13章5節)
[PR]
by danueno | 2009-01-22 11:30 | 編集後記

「SIM同時通訳方式」の素晴らしい世界

        その3.「翻訳」では時間がかかる



「SIMうんちく」では、「SIM同時通訳方式の素晴らしい世界」

 というシリーズが始まっています。

 今日はその3回目です。


 前回は、「翻訳の問題点」ということでお話をしました。


「翻訳」とは、「ひるがえって訳す」ということです。

「ひっくり返して訳す」という意味です。


 何をひっくり返すかというと、

「語順をひっくり返す」ということでしたね。

 つまり、「翻訳」とは「返り読み」だ、ということでした。


 
 そのひとつの例として、「一昨日」の話をしました。

「一昨日」を英語で言うと何ですか? ときかれて大抵の日本人は、
 
 まず、yesterday とか、before yesterday という単語を、

 頭にのぼらせます。


 実は、これこそ「英語的な発想」からは遠い、

 極めて「日本語的な発想」です。



「一昨日」を英語で言うと、答は、the day before yesterday

 でしたね。


 これを分解すると、まず、the day があります。

「その日」です。


 それから、それを説明する語、before yesterday(昨日の前の)が

 後に続きます。


 the day … before yesterday という感じですね。


これが「英語の語順」であり、このような語順で、

 言葉を発想する思考回路を「英語の思考法」と言う、

 というお話でした。



 ところが日本人の発想法は、これと反対に、

 the day before yesterday 「一昨日」を「昨日の前の…日」と

「日」を後回しにして発想してしまいます。


 つまり、語順がひっくり返っています。

 これが「翻訳」、あるいは「返り読み」のルーツである、

 ということでしたね。



 …前回は、このようなお話をしました。

  今日はこの続きです。


 
 普通、学校の教育現場では、英米人のように「英語の語順」で

 即読即解していくような勉強をしていません。


 そうではなく、「語順」をひっくり返して、

 きれいな日本語に「翻訳する」ことばかり勉強しています。


 しかし、本来「英文の内容がわかる」ことと「翻訳する」ことは、

 実は全く別のことなんですね。


 翻訳とは、「日本語がよくわかっている人が、英語の内容を

 整った日本語に組み上げる」という大変に高度な知的作業なんです。

 それだけに、誰にでもできるというものではありません。


 それなのに日本の英語教育では、「英語を英語の語順のまま理解する」

 という教授法が開発されなかったために、

「日本語に翻訳して」つまり「語順をひっくり返して内容を理解する」

 という教授法を採用してしまったんです。



 ところが、この「翻訳」には大きな問題があります。

 それは、「時間がかかりすぎる」ということです。


 先ほどの、the day before yesterday のように、

 ごく短い語句の場合は、あまり問題は出ないでしょう。


 しかし、これが長い文章になると、それを文頭から文末まで

 行ったり来たりしながら訳すことになるので、

 恐ろしく時間がかかってしまいます。
 

 ですから、この教授法は、英語を素早く理解する上では、

 全く適さないものと言わざるを得ないのです。



 このような英語教育を受けた結果、生徒の側も、

 英語を日本語に翻訳してしまえば、もう安心してしまいます。


 その後は試験の前に単語を覚えます。

 これでは、「本物の英語力」が身に付くわけはないですね。



   …この続きはまた来週!




           …お楽しみに!
[PR]
by danueno | 2009-01-22 10:21 | SIMうんちく

No.276 オリジナル英文

-----------------------------------
All's Pretty Quiet Along Famous Tin Pan Alley
-----------------------------------
In the United States, musical scores, like lyrics and the words in books and manuscripts, can be copyrighted.

The holder of the copyright can charge money to anyone who wants to use the material, say in a musical play or in digital downloads from the Internet.

But this was not always the case.

Many great musicians died penniless because others stole their songs and produced them.

So in the 1880s, a group of songwriters and music publishers got together.

Not only did they convince the government to strengthen copyright laws to include their kind of work, but they also opened little offices where aspiring singers, songwriters and producers could write and audition new tunes.

Many of these offices were clustered in one block in New York City, on West 28th Street in Manhattan, just off Broadway.

This came to be known as Tin Pan Alley.

It's said the name traces to the constant clatter of drums and upright pianos.

Annoyed neighbors said it sounded like the banging of pots and pans.

Many of America's greatest composers, including George and Ira Gershwin, Hoagy Carmichael and Irving Berlin, were making that clatter.

As sheet music, lavish radio shows and vaudeville musical stage productions faded from prominence during the Great Depression of the 1930s, many songwriters moved to Hollywood, which was producing spectacular film musicals.

Along Tin Pan Alley today, you'll find mostly cheap souvenir and jewelry shops and a single commemorative plaque in the street.

The owner of the block has put all the buildings up for sale.

If they're sold, modern office buildings will likely rise in their place.

Those who live and work there are pressing the city and state of New York to declare the block a historic landmark, so the buildings can be saved.

But even if they succeed, it's not gonna bring the music back to Tin Pan Alley.

I’m Ted Landphair.
[PR]
by danueno | 2009-01-21 14:42 | オリジナル英文

No.276 SIM音読用英文

-----------------------------------
All's Pretty Quiet Along Famous Tin Pan Alley
-----------------------------------

In the United States,

musical scores,

like lyrics and the words

in books and manuscripts,

can be copyrighted.


The holder of the copyright can charge money

to anyone who wants to use the material,

say in a musical play

or in digital downloads from the Internet.


But this was not always the case.


Many great musicians died penniless

because others stole their songs and produced them.


So in the 1880s,

a group of songwriters and music publishers got together.


Not only did they convince the government

to strengthen copyright laws

to include their kind of work,

but they also opened little offices

where aspiring singers, songwriters and producers

could write and audition new tunes.


Many of these offices were clustered

in one block in New York City,

on West 28th Street in Manhattan,

just off Broadway.


This came to be known

as Tin Pan Alley.


It's said the name traces

to the constant clatter of drums and upright pianos.


Annoyed neighbors said

it sounded like the banging of pots and pans.


Many of America's greatest composers,

including George and Ira Gershwin, Hoagy Carmichael and Irving Berlin,

were making that clatter.


As sheet music, lavish radio shows and vaudeville musical stage
productions

faded from prominence

during the Great Depression of the 1930s,

many songwriters moved to Hollywood,

which was producing spectacular film musicals.


Along Tin Pan Alley today,

you'll find mostly cheap souvenir and jewelry shops

and a single commemorative plaque

in the street.


The owner of the block

has put all the buildings up for sale.


If they're sold,

modern office buildings will likely rise

in their place.


Those who live and work there

are pressing the city and state of New York

to declare the block a historic landmark,

so the buildings can be saved.


But even if they succeed,

it's not gonna bring the music back

to Tin Pan Alley.


I'm Ted Landphair.
[PR]
by danueno | 2009-01-21 14:41 | SIM音読用英文

「SIM同時通訳方式」の素晴らしい世界 その2.

           「翻訳」について  


「SIMうんちく」では、「SIM同時通訳方式の素晴らしい世界」

 というシリーズが始まっています。

 今日はその2回目です。


 前回は、どのような勉強をしたら、国際的に通用する英語力が

 身につくか、というお話でした。


 そこで、「SIM同時通訳方式」がクローズアップされてくる、

 ということをお話ししました。


 なぜなら、「SIM同時通訳方式」をマスターすれば、

 英米人と同じくらいのスピードで、英語を理解していくことが

 できるからです。


 これは、英米人と同じように、英語を「直読直解」、あるいは、

「直聞直解」している状態です。


 ところが、日本人の多くは、このような理解をする上で、

 極めて障害になるものを持っており、

 それが、私たちが学校で習った「返り読み」である、

 というお話でした。



 …前回は、このようなお話でしたね。

  さて、今日はここからです。



 残念なことに、学校の教育現場では「直読直解力」がつくような

 勉強をしていません。


 そうではなく、きれいな日本語に「翻訳する」ことばかり勉強して

 います。


 ところで日本人は、英語を日本語に訳することを一般に「翻訳」と

 言いますが、ちょっと「翻訳」の字を見てください。


「翻」とは「ひるがえる」という意味ですね。

つまり、「翻訳」とは「ひるがえり訳」とでも言えるわけです。

「ひっくり返して訳す」ということです。


 何がひっくり返るのでしょうか?

 それは、「語順がひっくり返る」ということです。

「翻訳」とは、すなわち「返り読み」なんです。


 
 例えば、あなたは今すぐ、英語で「一昨日」と言えますか?


 …いかがでしょうか?

 答がうまく思い浮かばない人が多いと思います。



「…ん。一昨日?

 昨日は yesterday だよね。

 その前だから before と…」


 …といった感じでまず、yesterday とか、before yesterday、

 という単語が、頭にのぼってくるのではないでしょうか。


 実は、それは英語的な発想ではありません。

 極めて日本語的な発想なんです。



「一昨日」を英語で言うと何なのか、答を言いましょう。

 答は、the day before yesterday です。

 
 まず、the day があります。

「その日」です。

 それから、それを説明する語、before yesterday(昨日の前の)が

 後に続きます。

 the day … before yesterday という感じですね。


これが「英語の語順」であり、このような語順で、

 言葉を発想する思考回路を「英語の思考法」と言います。



 ところが日本人の発想法は、先ほども言いましたように、

 これと正反対です。


 the day before yesterday 「一昨日」を「昨日の前の…日」と

「日」を後回しにして発想してしまうんです。


 そうすると、語順がひっくり返ってしまいます。

 これが「翻訳」、あるいは「返り読み」のルーツです。


 ところが、この「返り読み」式の理解は、とてもやっかいです。

「返り読み」こそ、日本人の英語ベタの主な原因なのです。 




   …この続きはまた来週!




           …お楽しみに!
[PR]
by danueno | 2009-01-14 16:14 | SIMうんちく

No.275 オリジナル英文

----------------------------------
Hybrids Hit Hard as Auto Sales Slide
----------------------------------
The world's largest car companies took a major hit in December, many of them seeing sales plunge by more than one-third; among them, Japanese automaker Toyota, which reported a 37 percent drop in sales.

Edmunds.com auto analyst Jesse Toprak says Toyota is struggling because of the types of cars consumers are willing to buy.

"In terms of the types of cars that sold in December, we've seen the consumer preference tilting back towards SUs and trucks again."

As a result, sales of Toyota's Prius hybrid, the best selling hybrid in the United States, tumbled 45 percent in December compared to the same time last year.

And Toyota was not alone.

Japan's number two automaker, Honda, saw sales of its hybrid vehicles drop almost 70 percent in December, selling only about 1,000 of the high-tech, fuel-efficient cars.

Industry analyst Jesse Toprak says that while the slumping global economy has hurt all vehicle sales, trucks and sport utility vehicles outsold cars because of deep dealer discounts, lower gas prices and the fact that hybrids cost three to five thousand dollars more than conventional cars.

"If people know they're gonna save money by buying a hybrid they will do so, otherwise it becomes a tougher sell.

They care most about the financial 'bottom line.'

And the truth is, despite our strong preference for these vehicles, when you do the numbers, right now most hybrid vehicles are still not very good financial investments."

Toprak says that could affect plans to help retool America's "Big Three" car companies - Ford, Chrysler and General Motors.

He says that if U.S. policymakers do not give consumers a financial incentive to buy fuel-efficient vehicles, encouraging Detroit to produce hybrids will not save the U.S. auto industry.

In the meantime, major car companies around the world are bracing for more tough months ahead - suspending operations at some plants, laying off workers, and, in the case of Toyota, stopping construction of a new hybrid factory in the United States.

Jeff Seldin, VOA News, Washington
[PR]
by danueno | 2009-01-14 16:07 | オリジナル英文