<   2008年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

素晴らしい“社会胃”

“社会胃”というものがあるそうです。

「社会に胃があるなんて!」と首をかしげるところですが、

 これは、蟻の世界のお話です(笑)。


 地球上で最も繁栄している動物は、実は蟻なんです。

 蟻は地球上の生物の約1割を占めるそうですが、

 その繁栄の理由の一つが、“社会胃”の存在だと言われています。


 蟻は2つの胃を持っています。

 ひとつは自分の栄養となる食物を消化する“個体胃”であり、

 もうひとつは仲間に与える食物を蓄える胃である“社会胃”です。


 蟻は食べ物を見つけるとそれをいったん“そ嚢”というところに蓄えます。

 これが“社会胃”で、ここに蓄えて巣まで食物を運び、そこで吐き出し

 ます。 これが他の蟻たちの栄養源になります。

 運ぶ途中で仲間から要求されると、口移しで仲間に与えます。

 
 自分の栄養はどうしているかというと、自分の“社会胃”から

“個体胃”に漏れ出たものを吸収しているのだそうです。



 つまり蟻は、まず第一に蟻社会のために生きています。

 そして、自分は二番目なのです。

 「全く蟻って偉い!」と、私は思いました。


 ひるがえって自分のことをかえりみる時、

 人間って何て利己的な存在なんだろう、と思います。

 分け与えるといってもせいぜい家族、友人の間だけですから。 


 結局、これが人間の罪の性質なのでしょう。

 人間の争いは古今東西、「所有」にかかわるものと

 相場が決まっているようです。





    Though he was rich, yet for your sakes he became poor,

  so that you through his poverty might become rich.     

               Bible(2 Corinthians 8:9) 


〔主は富んでおられたのに、あなたがたのために貧しくなられました。
  それは、あなたがたが、キリストの貧しさによって富む者となる
  ためです。〕   聖書(コリント人への手紙 第2 8章9節)
[PR]
by danueno | 2008-11-26 17:15 | 編集後記

サバイバル英語術

     「ニュース英語」があなたの活路を開く!  



「SIMうんちく」では、「サバイバル英語術」シリーズが

 始まっています。 今日はその3回目です。


 ちょっと復習をしましょう。

 前回は「ピンチはチャンスに変わる」というお話でした。

 
 
「英語ができなきゃ手も足も出ない」とは、言い換えれば、

「英語ができれば、世界を相手に戦える!」

 ということでした。


「本物の英語力」を身につけたあなたは、周囲の羨望のまなざしを

一身に集めて、グローバル化したこの世界で、堂々と、たくましく

生きていくことができます。


そして、このことを可能とするのが、

 リスニング教材「スーパーエルマー」でしたね。


 スーパーエルマーは、CBS放送やVOA放送といった

 英語ニュースが教材です。


 ここが最も大きなポイントです。

「ニュース英語」があなたの活路を開くのです。


「ニュース英語で勉強?」というと、一般に「難しい!」という印象を

 持ってしまいがちですが、決してそうではありません。


 かえって、ビジネスシーンのサンプルトークなどを覚えるよりも

 ずっと効果的な学習です。


 すぐ効果が出そうなサンプルトークを丸暗記しても、

 それらのレッスン用に作られた言い回しを、実際の場面で使う機会など

 めったにありません。


 ここでクローズアップされるのが「ニュース英語」なんです。
 


 …前回は、このようなお話でした。

  今日はここからです。



 私たち大人が英語力を身に付けるためには、まず、「ニュース英語」を

 突破口として英語を攻略するのが一番の近道です。


 一見、難しそうなニュース英語ですが、いったん、取り組んでみると、

「ニュース英語」は、大人にとって最も取り組みやすい英語です。


「英語ニュース」が聴ければ、居ながらにして世界の最新ニュースや

 話題を知ることができ、タイムリーな世界情勢を直接キャッチし、

 貴重な日々の情報源として生活にもビジネスにも大いに役立てる

 ことができます。


 大人の英語学習の起点となる英語は、この「ニュース英語」が最も

適しているんです。


 ここに焦点を絞り、世界中で通じる「正しい英語」から学習を始める

 のが、最も安心かつ短時間で成功する秘訣なのですね。



 通常、大人は年齢と共に「記憶力」は衰えてきます。

 ビジネスシーンの例文集など、レッスン用にセットされたサンプル・

 トークを丸暗記するような勉強があまり有効とは言えないのは、

 ここに理由があります。


 ところが逆に、経験に裏打ちされた「理解力」は年齢とともに増して

 いくという、私たちにとってうれしい事実があります。


 ですから、大人が戦略的に「英語」を身に付けようとすれば、

 この「理解力」を有効に活用できる学習素材と学習法を選ぶことです。


 この点、「ニュース英語」は、何の手心も加えていないナマの英語で、

 しかも実生活に直接結びついています。

 
 大人には、豊富な経験や知識と、優れた理解力がありますので、

 この「ニュース英語」を素材とする学習が非常に有利になって

 くるのですね。


        … この続きはまた来週! 



                 …お楽しみに!
[PR]
by danueno | 2008-11-26 17:15 | SIMうんちく

No.269 オリジナル英文

-----------------------------------
Japanese Economy Now in Recession
-----------------------------------
Japan, the world's second-largest national economy, is in recession for the first time since 2001.

Figures from Tokyo show the economy contracting at an annual rate of 0.4 percent in the third quarter, after plunging 3.7 percent in the second quarter of the year.

From 2002 to 2007, Japan had enjoyed an average annual growth rate of just more than 2 percent a year.

Japanese Economy Minister Kaoru Yosano says according to quarterly results, the economy has continued in a recessionary phase.

He added the global economy is expected to slow down and downward movement in Japan is expected to continue.

Analysts say Japan's export-oriented economy has been hurt by the global slowdown, but the country is no longer hobbled by deep-seated structural financial ills that ground economic expansion to a halt for much of the 1990s.

Last week brought news that Germany had officially entered a recession.

The United States is almost universally expected to show a second consecutive quarter of negative economic growth for the end of the year, meeting the technical definition of a recession.

U.S. financial giant Citigroup announced major job cuts totaling more than 50,000 employees, reflecting continued woes in the American labor market.

Investor Mark Mobius of Franklin Templeton Investments says he is hopeful that aggressive steps taken by numerous governments and central banks to unfreeze credit and spur economic activity will ultimately succeed.

Speaking on Bloomberg television, Mobius was asked if he believes the worldwide economic slowdown will be long lasting.

"No, I don’t think so, because of the measures that are being taken by the U.S, Europe, and other major countries around the world.

So, I believe that with the amount of money that’s being pumped into the global system, this will be rather short-lived."

Mobius said his firm is aggressively buying stocks at today's depressed price levels in anticipation of an eventual economic upswing.

Michael Bowman, VOA News, Washington
[PR]
by danueno | 2008-11-26 16:29 | オリジナル英文

No.269 SIM音読用英文

---------------------------------
Japanese Economy Now in Recession
---------------------------------

Japan, the world's second-largest national economy, is in recession

for the first time since 2001.


Figures from Tokyo show the economy contracting

at an annual rate of 0.4 percent in the third quarter,

after plunging 3.7 percent in the second quarter of the year.


From 2002 to 2007, Japan had enjoyed an average annual growth rate

of just more than 2 percent a year.


Japanese Economy Minister Kaoru Yosano says

according to quarterly results,

the economy has continued in a recessionary phase.


He added the global economy is expected to slow down

and downward movement in Japan is expected to continue.


Analysts say Japan's export-oriented economy has been hurt

by the global slowdown,

but the country is no longer hobbled

by deep-seated structural financial ills

that ground economic expansion to a halt

for much of the 1990s.


Last week brought news

that Germany had officially entered a recession.


The United States is almost universally expected

to show a second consecutive quarter of negative economic growth

for the end of the year,

meeting the technical definition of a recession.


U.S. financial giant Citigroup announced major job cuts

totaling more than 50,000 employees,

reflecting continued woes

in the American labor market.


Investor Mark Mobius of Franklin Templeton Investments says

he is hopeful

that aggressive steps

taken by numerous governments and central banks

to unfreeze credit and spur economic activity

will ultimately succeed.


Speaking on Bloomberg television,

Mobius was asked if he believes

the worldwide economic slowdown will be long lasting.


"No, I don't think so,

because of the measures

that are being taken by the U.S, Europe,

and other major countries around the world.


So, I believe that with the amount of money

that's being pumped into the global system,

this will be rather short-lived."


Mobius said his firm is aggressively buying stocks

at today's depressed price levels

in anticipation of an eventual economic upswing.


Michael Bowman, VOA News, Washington
[PR]
by danueno | 2008-11-26 16:28 | SIM音読用英文

「円周率の音楽」

「円周率」については、皆さんご存知だと思います。

でも「円周率の音楽」って、何だかご存知ですか。


 円周率とは、もちろん円周を直径で割った数字で、

 その昔、私は「3.14」と習いました。


 ちょっと前のゆとり教育では「3」と教えていたそうですが(笑)

 円周率は割り切れず、その実、3.14の後には

 15926535897932384626……

 際限なく数字が続いていくのです。

 現在の計算では一兆ケタを超しているようですが…。



 ところで、その円周率を音で現そうと考えた人がいます。

 1をド、2をレ、3をミ、4をファ、5をソ、6をラ、7をシ、

 8をオクターブ上のド、9をオクターブ上のレ 

 と割り当てると…


 3.1415926535897932384626 … は

 ミドファドソレレラソミソドレシレミレミドファラレラ…

 という音階になります。


 実際にこれを聴いてみましょう。

  http://web.kyoto-inet.or.jp/people/hase_314/pi/pi113-1.mid


 …いかがでしょうか?

 私は、これを初めて聴いた時、ものすごく驚きました。


 だって、ランダムに数字を並べて、それを音に置き換えても、

 絶対にメチャクチャな音楽にしかならないはずだからです。


 それが、円周率の場合は、このように「聴かせる音楽」に

 なりうる! 私はそのことに、とてもビックリしてしまいました。


 円周率とは、ある法則性を持って自然の中に存在する数字です。

 そして自然は神様が造られたものです。 


 ですから、私は円周率の音楽を聴いて、

「ここにも神様の御手の跡があった!」と感じました。


 つまり、神様はちょっとしたイタズラを円周率に仕掛けておいて、

 ここに音楽があることを発見した人間が、ビックリ仰天するのを

 ニコニコしながら、ながめておられるのです。



    
The heavens declare the glory of God; the skies

proclaim the work of his hands. Day after day they

pour forth speech; night after night they display

knowledge. There is no speech or language where

their voice is not heard.      

            Bible(psalm 19:1-3) 


〔天は神の栄光を語り告げ、大空は御手のわざを告げ知らせる。
  昼は昼へ、話を伝え、夜は夜へ、知識を示す。
  話もなく、ことばもなく、その声も聞かれない。〕
             聖書(詩篇 19篇 1-3節)
[PR]
by danueno | 2008-11-19 17:36 | 編集後記

No.268 オリジナル英文

---------------------------------
Money Alone Won't Fix Economy
---------------------------------
These are tough economic times, not just for individual Americans, but also for companies big and small.

And sometimes when a company needs to rethink or even reinvent itself, intrapreneurship is called for.

Not entrepreneurship.

Intrapreneurship: creative thinking inside a company structure.

The hoped-for result is new products or new ideas of the sort that have enabled independent entrepreneurs to patent inventions, start companies, even get rich.

There's less risk for intrapreneurs, but also less reward, because any profits that result must be shared with the company that is paying them and giving them all that free-thinking time away from their everyday tasks.

The classic example, featured in Henry Petroski's 1994 book, The Evolution of Useful Things, is the Post-it Note.

These are the little writing pads in which sheets are stuck to each other at the top, so you can peel off one at a time and attach it to a book page or your wall or the refrigerator door.

The Post-it Note was invented by a fellow named Art Fry, who worked at the big 3M Company in Minnesota.

He also sang in his church choir, and he would mark his place in the book of hymns by turning down the page.

This, of course, was sternly discouraged by the choirmaster.

Fry tried sticking scraps of paper at the spot he wanted to mark, but they kept slipping out, and he'd lose his place.

So he went back to his lab and came up with the perfect bookmark - the Post-it Note.

That idea made both him and 3M a lot of money.

And now many companies are turning their brightest workers loose, for hours or days at a time, to think of similar money-making ideas.

Intrapreneurship is in, big time, right now.

I’m Ted Landphair.
[PR]
by danueno | 2008-11-19 14:40 | オリジナル英文

No.268 SIM音読用英文

----------------------------------------
Money Alone Won't Fix Economy
----------------------------------------

These are tough economic times,

not just for individual Americans,

but also for companies big and small.


And sometimes when a company needs to rethink or even reinvent itself,

intrapreneurship is called for.


Not entrepreneurship.


Intrapreneurship:

creative thinking inside a company structure.


The hoped-for result is new products or new ideas of the sort

that have enabled independent entrepreneurs

to patent inventions, start companies, even get rich.


There's less risk for intrapreneurs,

but also less reward,

because any profits that result must be shared

with the company

that is paying them

and giving them all that free-thinking time

away from their everyday tasks.


The classic example,

featured in Henry Petroski's 1994 book, The Evolution of Useful Things,
is the Post-it Note.


These are the little writing pads

in which sheets are stuck to each other at the top,

so you can peel off one at a time

and attach it to a book page

or your wall or the refrigerator door.


The Post-it Note was invented

by a fellow named Art Fry,

who worked at the big 3M Company in Minnesota.


He also sang in his church choir,

and he would mark his place

in the book of hymns

by turning down the page.


This, of course, was sternly discouraged

by the choirmaster.


Fry tried sticking scraps of paper

at the spot he wanted to mark,

but they kept slipping out,

and he'd lose his place.


So he went back to his lab

and came up with the perfect bookmark -

the Post-it Note.


That idea made both him and 3M a lot of money.


And now many companies are turning their brightest workers loose,

for hours or days at a time,

to think of similar money-making ideas.


Intrapreneurship is in,

big time, right now.


I'm Ted Landphair.
[PR]
by danueno | 2008-11-19 14:39 | SIM音読用英文

天地創造

 私の最近の楽しみは「昼休みの散歩」です。

 オフィスのある多摩センターはもともと丘陵地帯で、

 雑木林が沢山あったところを切りひらいて造られた町です。


 
 ですから、周辺には公園が数多くあり、また公園以外の住宅地にも

 たくさんの木々が残されています。


 お昼ご飯をサッと済ませてオフィスを飛び出し、散歩しながら

 それらの木々をながめることが、このところの無上の人生的ヨロコビ

 なのです。



 それにしても、木とはなんと素晴らしいんでしょう!

 一本一本眺めていると、完璧なプロポーションを持っていることに

 気付きます。


 あちこち勝手に枝を伸ばしているようでいながら、

 全体は大きなバランスの元に、いい具合に案配されているんです。

 そして、たくさんの木々が秋の青空に向かって、それぞれの枝を

 一斉に伸ばしています。



 ことに、この時期は美しい紅葉が見られます。

 春から夏にかけての木々は、どれも同じような青葉でした。

 それらが勢いはあるのに画一的で面白くないのに比して、

 秋の葉には、それぞれ個性があります。


 つまり、輝くような黄金色から、夕日を思わせるあかね色、

 それから茶褐色の枯れ葉まで、いろいろなバリエーションを見せて、

 どれひとつとして、同じような葉がないんです。

 これが非常に素晴らしい。

 ちょっと虫食いだったりする葉っぱも、非常に味があります。


 人間だって同じでしょう。

 みんな同じような健康優良児が、目の前にずらりと勢揃いしたら、

 ちょっと恐い世界です。

 少し痛んでいたり、病んでいても良いんです。

 それもまた個性なんです。



 これらの木の葉たちが秋の陽を浴び、一生懸命、風にそよいで

 ピカピカ光っている様を見ていると、感動のあまり大きなため息が

 出てしまいます。

 
 …自然ってなぜ、こんなに美しいんだろう!
 
 
 

    In the beginning God created the heavens and the earth.

 Then God said, "Let the land produce vegetation: seed-bearing

 plants and trees on the land that bear fruit with seed in it,

 according to their various kinds." And it was so.      

            Bible(Genesis 1:1,11) 


〔初めに、神が天と地を創造した。神が「地は植物、種を生じる草、
  種類にしたがって、その中に種のある実を結ぶ果樹を地の上に
  芽生えさせよ。」と仰せられると、そのようになった。〕
             聖書(創世記 1章1、11節)
[PR]
by danueno | 2008-11-12 15:44 | 編集後記

サバイバル英語術

大変な時代になったものだ    



 前回予告しましたとおり、今回から 「サバイバル英語術」のシリーズを

 始めたいと思います。


 survivalとは、もちろん「生き残ること」です。

 どうすれば英語で生き残っていくことができるか、そのことについて、

お話ししていきます。


「サバイバル英語術なんて、たいそうな題だ」と思う人も

 いらっしゃるかもしれませんが、実はもう、そんなにのんきに

 構えてはおれないんです。


 …私たちは大変な時代に突入してしまったんです。


 
 最近の世界情勢を見ると、いよいよ「本物の英語力が

 求められる時代になってきた」、と実感させられます。


 新聞やインターネットでは、毎日のように、

 Financial crisis や Recessionという文字が踊っています。


 つまり、今や金融情勢にしても、資源問題にしても、

 世界が一つになって、リアルタイムで目まぐるしく動いていく

 激動の時代なんですね。


 そのような情勢の中で、日本という国が、そしてあなた個人が、

 生き残っていくためには、どうしても、このグローバル社会と

 密接にかかわらざるを得ないんです。


 そして、激動するグローバル社会と関係を保つ上で、

 絶対に必要とされる能力があります。



 それは何でしょうか? …



   …その答はもちろん、
    
    世界言語であるところの「英語」なんです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 近い将来、英語ができないなら、あなたは手も足も出なく

 なるでしょう。


 最悪、社会から見放されるかもしれません。


 これは、脅しでも何でもありません。

 冷静に周囲の状況を観察する時、そう言わざるを得ないんです。

 そんな緊迫した時代が、もうすぐそこまで来ているんです。



 私はある時、NHKのドキュメンタリー番組を見ていて愕然と

 しました。


 マイクロソフトやグーグル、インテルをはじめとする世界の最先端を

 走る企業の求める人材は、アジアでは中国、インド、韓国などであり、

 日本人はおおむね敬遠される、というレポートでした。


 その理由は何だったでしょうか。

 それは、ただひとつ…

「英語ができない」ということだったのです!
~~~~~~~~~~~~~~~~~

 結局、「英語ができなければ生き残れない」ということです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 昨日までは違っていたかもしれません。

 ビジネスマンも技術者も、狭い日本の中で顔を付き合わせて仕事を

 していれば良かった。


 でも、世界の急速なグローバル化に伴い、今や世界を相手に戦って

 いかなければならない時代になったのです。


 そんな中で、英語力は必要不可欠なアイテムになりました。

 だって、英語を話せなくては電話も取れません。商談もできません。

「英語ができなければ何もできない」、そのような状況が目の前に
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
 迫っているんです。


 でも、心配はいりません!

 これらのことを裏返せば「英語ができれば、世界を相手に何でもできる」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ということなんです。



 ならば、英語ができるようになるために、

 いったいどうすれば良いか?




   … このことについては、また来週お話しします。 



               …次回をお楽しみに!
[PR]
by danueno | 2008-11-12 15:32 | SIMうんちく

No.267 オリジナル英文

-----------------------------------
America Looks Ahead to Obama Administration
-----------------------------------
Barack Obama outlined some of the challenges facing the nation in his victory speech in Chicago Tuesday night.

They include the wars in Iraq and Afghanistan, environmental issues and an economic crisis.

He predicted setbacks and false starts, but said he is confident the problems can be tackled.

"There's new energy to harness, new jobs to be created, new schools to build and threats to meet, alliances to repair.

The road ahead will be long.

Our climb will be steep.

We may not get there in one year or even in one term.

But America, I have never been more hopeful than I am tonight that we will get there."

Senator Obama is starting to assemble his White House staff.

News reports say he has offered the job of chief of staff to Rahm Emanuel, a Democratic member of Congress who was once a senior adviser to former president Clinton.

The next president should have a sympathetic Congress when he takes the oath of office in January.

It will be the first time since the early years of the Clinton presidency when Democrats have held the White House and a majority of seats in the House of Representatives and the Senate.

They will still need cooperation from Republicans, especially in the Senate, where Democrats failed to get the 60 seats that would have protected them from procedural blocks known as filibusters.

In Washington Wednesday, the Democratic Speaker of the House of Representatives, Nancy Pelosi, urged the next president to govern from the center.

"At a time of this economic crisis, our priority should be very clear about what we need to do.

Each side of the spectrum can hope to influence the decision.

But the fact is…, is that a new president coming in, in my view, must take the country down the middle to solve the problems, to gain the confidence, to take us more strongly in a new direction."

The man Senator Obama will replace in the White House, President George W. Bush, said this election is uplifting a generation of Americans who watched the struggle for civil rights unfold, and are seeing the dream fulfilled four decades later.

Mike O'Sullivan, VOA News, Los Angeles
[PR]
by danueno | 2008-11-10 16:14 | オリジナル英文