<   2008年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

「地球最後の戦い」そして Good News

「地球最後の戦い」

 もう数ヶ月前のことになりますが、朝日新聞の紙面を飾った

 このショッキングな見出しを見て、驚いた人も多かっただろう

 と思います。


 記事の内容は、洞爺湖サミットに先だって、朝日新聞本社、主筆の

 船橋洋一氏が発した地球環境についての警告でした。 


 ちょっと引用しましょう。

-------------------------------------------------------------------
 
  ドル安とイラク泥沼、エネルギー、資源、食料、水をめぐる闘い、

  それに中国とインドのビリオン(人口10億)級の需要増が絡みつつ、

  世界規模で「エコ・ウォーズ」が繰り広げられている。

  深刻化する地球温暖化や貧困や紛争を激化させる恐れも含め、

  それが危機の構造を複雑にしている。

  科学者は「残り時間がなくなってきた」と警告している。

 「地球最後の戦い」が始まっている。

-------------------------------------------------------------------


「地球最後」等の言葉は非常に刺激的で、ある意味、無用な混乱を

 招きかねない言葉なので、普通は避けると思います。

 それを、あのお堅い朝日新聞が!


 実際、これに対する批判的な感想を、ネット上でたくさん

 見つけることができました。


----------------------------------------------------------------

 ・「地球の温暖化や環境汚染は確かにかなり危ない状況になって

   いると思うけれど、それにしても『地球最後』とは。」


 ・「映画のタイトルや、広告のコピーならいざ知らず、

   新聞の記事がこのような言葉を具体的な根拠もなく

   使用するのはいかがなものかと思った。」

----------------------------------------------------------------


 上記のような反論が出ることについて、私自身は、ある程度、

 無理からぬ事とは思いつつも、あの朝日新聞があえて、

 このような言葉を使ったことに、相当の危機感を感じました。

 安閑としてはいられないのだと…。 



 地球環境の危機的状況を裏付ける事実は数多くあるでしょう。

 たとえば、温帯の熱帯化、耕地の砂漠化、大型台風の多発、

 海岸線の上昇による土地の埋没、等々。 


 そんな中で、一見、それほどオドロオドロしくない次のような

 記事の中にさえ、私は危機のにおいを感じます。


----------------------------------------------------------------
 
  高地の畑でブドウ栽培が始まったのは1990年代半ば。

  同地方で140年近くの歴史を持つワインメーカー、ミゲル・

  トーレス社が切り開いた。

  「温暖化が進み、これから何が起こるか分からない。

 高地栽培は、先んじて打つ手だ」とミゲル・トーレス社長は話す。

-----------------------------------------------------------------


 今までブドウ栽培など考えられなかった高地の畑でも、

 ブドウがとれるようになったということは、関係者には朗報かも

 しれませんが、これは「地球が壊れている」ことの印なのです。



 新聞を見ても、インターネットを見ても、目にするのは Bad News

 ばかりになってきた昨今ですが、どこかに、Good News は

 ないものでしょうか?





     By this gospel you are saved, if you hold firmly to

  the word I preached to you. For what I received I passed on

to you as of first importance : that Christ died for our sins

according to the Scriptures, that he was buried, that he was

raised on the third day according to the Scriptures,     

          Bible(1 Corinthians 15:2) 



〔私の宣べ伝えたこの福音(Good News)のことばをしっかりと保って
いれば、この福音によって救われるのです。私があなたがたに最も
  大切なこととして伝えたのは、私も受けたことであって、次のこと
  です。
  キリストは、聖書の示すとおりに、私たちの罪のために死なれたこと
  また、葬られたこと、また聖書に従って三日目に甦られたこと…〕
    聖書(コリント人への手紙 第一 15章2節)
[PR]
by danueno | 2008-10-29 16:55 | 編集後記

アグレッシブ・リスニング

保持(retention)その3
  


「SIMうんちく」は、アグレッシブ・リスニングについて、

 さらに深く突っ込んだお話を展開していますが、

 前回は「保持」retention についてお話ししました。

 今日は、その3回目です。

 
 ちょっと復習しましょう。

 まず例文です。


-----------------------------------------------------------------

 Pipeline was built in the early 1970's, over the objections

of environmentalists who worried it would destroy fragile tundra.

-----------------------------------------------------------------



 これにSIM訳をつけて読んでみましょう。


-----------------------------------------------------------------

 Pipeline was built in the early 1970's, …
   パイプラインは敷設されました、1970年初頭に

    over the objections of environmentalists …
     環境保護運動家達の反対を押し切って

      who worried it would destroy fragile tundra.
       彼らは、それ(パイプライン)が傷つきやすい
       ツンドラを破壊するのを恐れたのです。

-----------------------------------------------------------------


 このように文章が長い場合、特に「S+Vの保持」が

 とても大切になる、ということでした。


 なぜなら、「パイプラインが敷設された」という内容をしっかり

 保持していないと、文章の終わりの「それが傷つきやすいツンドラを

 破壊するのを恐れた」まで読んだ時に、「アレッ!『それが』って

 何のことだっけ?」ということになるからです。


 それでは、また前に戻って確認することになり、結局「返り読み」に

 なってしまう、ということでしたね。


 特に、最初の述語動詞Vは長い文章を読んでいるときに、

 頭の中で風化してしまいがちです。


「日本語では述語動詞Vが最後に来るので、それを待っていれば良い」

 ということで、述語動詞Vを保持する力が、そもそも日本人には

 必要なかったのです。


 ですから、この保持(retention)も意識して訓練しなければ

 ならない、ということでした。




 …ここまでが前回のお話でした。

 今回は、ここからです。


 以前、「期待」(anticipation)について詳しく説明しましたが、

 その「期待」もこの「保持」(retention)の上に成り立っています。


 センスグループごとに先を「期待」しながら進む際も、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
 前の内容をしっかり「保持」した上で進まなければならない
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ということなのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 いくら「期待」が大事といっても、前のことをどんどん忘れながら

 先に進んでいたのでは、内容の理解はおぼつきません。


 それはたとえば、ハシゴをかけながら上へ上へと登って行くのに、

 そのハシゴが、かけたそばから外されていくようなものです。

 それでは足場がなくなって転落してしまうでしょう。


 ですから、最初の「S+V」なり、述語動詞Vなりを、充分に

 頭に刻み込んだ上で、つまりしっかり保持(retention)した上で、

 先を「期待」(anticipation)しつつ、次のセンスグループに

 進むように心がけなければなりません。


 そして、途中のセンスグループも、キーワードを意識して保持

 しながら先に進む必要があります。


 そのためには、特に最初の内は、各センスグループの「保持」に

 若干時間がかかっても構いません。


「返り読み」に戻らないために、間違っても先を焦って「保持」が

弱くならないよう気を付けなければなりません。


 
    …この続きはまた来週!



                 …お楽しみに!
[PR]
by danueno | 2008-10-29 16:54 | SIMうんちく

No.265 オリジナル英文

-----------------------------------
Baseball's Rays Gain Fans With Big Turnaround
-----------------------------------
Greg Murphy has lived in the Tampa Bay/St. Petersburg area of Florida for 10 years and he told VOA Sports he has been a big fan of the Tampa Bay Rays since the team joined the American League in 1998.

He said he has not had a lot of company until this season, because Tampa Bay never had a winning team until this year and played before mostly empty seats.

In fact, Tampa Bay finished in last place in the American League East Division
in nine of the previous 10 years, and they were essentially the laughingstock
of the Major Leagues.

In all of those years they were known as the Tampa Bay Devil Rays.

It has led some to wonder if there was any connection to the turnaround after they dropped devil from their nickname.

While the Rays are still not among the best supported teams in the Major Leagues,
Murphy said it is no surprise that they have attracted many new fans this season
with their first place finish ahead of last year's champion Boston Red Sox.

And Murphy says bringing cowbells to ring at Rays' games has become the new tradition at Tropicana Field, which is located next to Tampa in St. Petersburg, Florida.

"It's been electric, you know.

I don't know who started the cowbell thing, but it is caught on and this place is crazy.

And it's just electric, it's incredible."

Greg Murphy says it is easy to like a team like the Rays because they have built the club through their minor league system rather than spending millions of dollars on free agent players.

Tampa Bay has one of the lowest payrolls in Major League Baseball.

"They are young, superstar team.

It's not about the money with this team.

And you see that across baseball.

You get a bad feeling in your stomach about the money thing, and the players are just playing for the money.

This team is about winning.

They are about having a good time, and they are the most exciting team in baseball."

And that's why they now have many new fans.

Those fans are hoping the Tampa Bay Rays can do what no other professional U.S. sports team has ever done - not in baseball, football, basketball or ice hockey - go from last place one season to league champion the next year.

Parke Brewer, VOA Sports, covering the World Series in Florida
[PR]
by danueno | 2008-10-29 16:53 | オリジナル英文

No.265 SIM音読用英文

------------------------------------
Baseball's Rays Gain Fans With Big Turnaround
------------------------------------
Greg Murphy has lived

in the Tampa Bay/St. Petersburg area of Florida

for 10 years

and he told VOA Sports

he has been a big fan

of the Tampa Bay Rays

since the team joined the American League in 1998.


He said he has not had a lot of company

until this season,

because Tampa Bay never had a winning team

until this year

and played before mostly empty seats.


In fact, Tampa Bay finished in last place

in the American League East Division

in nine of the previous 10 years,

and they were essentially the laughingstock

of the Major Leagues.


In all of those years they were known

as the Tampa Bay Devil Rays.


It has led some to wonder

if there was any connection

to the turnaround

after they dropped devil

from their nickname.


While the Rays are still not among the best supported teams

in the Major Leagues,

Murphy said it is no surprise

that they have attracted many new fans this season

with their first place finish

ahead of last year's champion Boston Red Sox.


And Murphy says bringing cowbells to ring

at Rays' games 

has become the new tradition

at Tropicana Field,

which is located next to Tampa in St. Petersburg, Florida.


"It's been electric, you know.


I don't know

who started the cowbell thing,

but it is caught on

and this place is crazy.


And it's just electric, it's incredible."


Greg Murphy says it is easy

to like a team like the Rays

because they have built the club

through their minor league system

rather than spending millions of dollars

on free agent players.


Tampa Bay has one of the lowest payrolls

in Major League Baseball.


"They are young, superstar team.


It's not about the money

with this team.


And you see that

across baseball.


You get a bad feeling in your stomach

about the money thing,

and the players are just playing for the money.


This team is about winning.


They are about having a good time,

and they are the most exciting team in baseball."


And that's why

they now have many new fans.


Those fans are hoping

the Tampa Bay Rays can do

what no other professional U.S. sports team has ever done -

not in baseball, football, basketball or ice hockey -

go from last place one season

to league champion the next year.


Parke Brewer, VOA Sports, covering the World Series in Florida
[PR]
by danueno | 2008-10-29 16:52 | SIM音読用英文

アグレッシブ・リスニング

         保持(retention)その2
  


「SIMうんちく」は、アグレッシブ・リスニングについて、

 さらに深く突っ込んだお話を展開していますが、

 前回は「保持」retention についてお話ししました。

 今日は、その2回目です。

 
 ちょっと復習しましょう。

 まず例文です。

----------------------------------------------------------------

   I went to Harajuku to meet with Ichiro the day before

yesterday.

----------------------------------------------------------------


 これにSIM訳をつけてみましょう。


----------------------------------------------------------------

I went to Harajuku …

 私は原宿に行きました


    to meet with Ichiro …

     イチローに会うために


         the day before yesterday.

           おととい。

----------------------------------------------------------------



 この英文の意味の流れは、次のようになっています。


----------------------------------------------------------------

私は原宿に行きました → イチローに会うために → おととい。
     A           B          C

----------------------------------------------------------------


 このように、英語はセンスグループごとに、内容が次々と

 展開していく言語である、ということでしたね。

 前記の例文も、「A→B→C」という意味の流れがあります。


「保持」(retention)とは、「A→B→C」という意味の流れを

 たどる時に、前のセンスグループごとの内容をしっかり記憶した

 上で先に進みましょう、ということでした。


 特に英語の場合は日本語と違って、述語動詞Vが

 最初のセンスグループに来ることが多いですが、

 このVの「保持」が充分になされないと、

 全体の意味がぼやけてしまいます。


 そして、保持が弱いと前のセンスグループに戻って確認しなければ

 ならないので、「返り読み」になってしまうのです。

 これでは「元の木阿弥」だ、ということでしたね。  



 …ここまでが前回のお話でした。

 今回は、ここからです。



 保持(retention)について、さらに具体的な実例をあげましょう。

 次の英文をご覧ください。


-----------------------------------------------------------------

 Pipeline was built in the early 1970's, over the objections

of environmentalists who worried it would destroy fragile tundra.

-----------------------------------------------------------------



 これにSIM訳をつけて読んでみましょう。


-----------------------------------------------------------------

 Pipeline was built in the early 1970's, …
   パイプラインは敷設されました、1970年初頭に

    over the objections of environmentalists …
     環境保護運動家達の反対を押し切って

      who worried it would destroy fragile tundra.
       彼らは、それ(パイプライン)が傷つきやすい
       ツンドラを破壊するのを恐れたのです。

-----------------------------------------------------------------


 このように文章が長い場合、特に「S+Vの保持」が

 とても大切になります。


 なぜなら、「パイプラインが敷設された」という内容をしっかり

 保持していないと、文章の終わりの「それが傷つきやすいツンドラを

 破壊するのを恐れた」まで読んだ時に、「アレッ!『それが』って

 何のことだっけ?」ということになるからです。


 先ほども言った通り、それでは、また前に戻って確認することになり、

 結局「返り読み」になってしまいます。


 特に、最初の述語動詞Vは長い文章を読んでいるときに、

 頭の中で風化してしまいがちです。


「日本語では述語動詞Vが最後に来るので、それを待っていれば良い」

 ということで、述語動詞Vを保持する力が、そもそも日本人には

 必要なかったのです。


 ですから、この保持(retention)も意識して訓練しなければ

 なりません。


 そして、その訓練をするために作られた教材がリスニング教材、

「スーパーエルマー」なんですね。



 
    …この続きはまた来週!



                 …お楽しみに!
[PR]
by danueno | 2008-10-22 17:26 | SIMうんちく

No.264 オリジナル英文

------------------------------------
US Presidential Campaign Enters Final Phase
------------------------------------
McCain supporters and several independent analysts thought the Arizona senator turned in his strongest performance to date, challenging Senator Obama on his tax plan and raising questions about his character.

McCain sought to build momentum after the debate with a campaign rally in the northeastern state of Pennsylvania, where polls give Obama a lead.

McCain said the next president will have to immediately tackle some daunting economic and foreign policy issues, and that the country cannot afford a new president who requires on-the-job-training.

"And to do that, he will need experience, courage, judgment and a bold plan of action to take this country in a new direction.

We can't…, we can’t spend the next four years as we’ve spent much of the last eight, waiting for our luck to change.

As I mentioned last night to Senator Obama, I’m not George Bush and if he wanted to run against George Bush, he should have run four years ago."

McCain is desperate to put some distance between himself and the Bush White House.

For his part, Senator Obama campaigned in the northeastern state of New Hampshire Thursday, another state where the polls show a close race between the two major party contenders.

Obama said McCain was on the attack during Wednesday's debate, but he said voters were more interested in hearing about solutions and policy proposals.

"But here is what Senator McCain doesn't seem to understand.

With the economy in turmoil, with the American dream at risk, the American people don't wanna hear politicians attack each other.

You wanna hear about how we’re gonna attack the challenges facing the middle class each and every day.

I'm not running against George Bush.

I'm running against all those policies of George Bush that you support, Senator McCain."

Recent national polls have given Obama a lead of anywhere between 4 and 14 points, largely because of voter concerns about the economy.

In the last two weeks of the campaign, the candidates will focus on about ten so-called battleground or swing states where both campaigns are competitive.

The candidates need to carry most of those states to win enough of the electoral votes that are awarded on a state by state basis.


Jim Malone, VOA News, Washington
[PR]
by danueno | 2008-10-21 10:39 | オリジナル英文

No.264 SIM音読用英文

------------------------------------
US Presidential Campaign Enters Final Phase
------------------------------------

McCain supporters and several independent analysts thought

the Arizona senator turned in his strongest performance to date,

challenging Senator Obama

on his tax plan

and raising questions

about his character.


McCain sought to build momentum

after the debate

with a campaign rally

in the northeastern state of Pennsylvania,

where polls give Obama a lead.


McCain said

the next president will have to immediately tackle

some daunting economic and foreign policy issues,

and that the country cannot afford a new president

who requires on-the-job-training.


"And to do that,

he will need experience, courage, judgment and a bold plan of action

to take this country

in a new direction.


We can't…, we can't spend the next four years

as we've spent much of the last eight,

waiting for our luck to change.


As I mentioned last night

to Senator Obama,

I'm not George Bush

and if he wanted to run against George Bush,

he should have run four years ago."


McCain is desperate to put some distance

between himself and the Bush White House.


For his part, Senator Obama campaigned

in the northeastern state of New Hampshire Thursday,

another state where the polls show a close race

between the two major party contenders.


Obama said McCain was on the attack

during Wednesday's debate,

but he said voters were more interested

in hearing about solutions and policy proposals.


"But here is what Senator McCain doesn't seem to understand.


With the economy in turmoil,

with the American dream at risk,

the American people don't wanna hear

politicians attack each other.


You wanna hear

about how we're gonna attack

the challenges facing the middle class

each and every day.


I'm not running against George Bush.


I'm running against all those policies of George Bush

that you support,

Senator McCain."


Recent national polls have given Obama a lead

of anywhere between 4 and 14 points,

largely because of voter concerns about the economy.


In the last two weeks of the campaign,

the candidates will focus on

about ten so-called battleground or swing states

where both campaigns are competitive.


The candidates need to carry most of those states

to win enough of the electoral votes

that are awarded on a state by state basis.


Jim Malone, VOA News, Washington
[PR]
by danueno | 2008-10-21 10:38 | SIM音読用英文

変わるもの変わらないもの

ジェットコースターのように乱高下する株価を見ていると、

 ひとつの感慨が湧いてきます。 それは、

「世の中には変わるものと変わらないものがある」

 ということです。


 株価なんて「変わるもの」の筆頭でしょう。

 それはある意味、変転絶え間ないこの世というものを

 象徴しているようにも思われます。


 そのように移り変わるものに一喜一憂するのも人生でしょうが、

 そのことに余りとらわれ過ぎると、私達の人間としてのあり方が、

 どこか根本からおかしくなるような気がします。


 こういう時こそ、普段に増して「物事を高所から見る」、

 という視点が大切なのではないでしょうか。


 それはたとえば、こういうことです。

 10年前、あるいは20年前の自分はどうだったか、

 と回想してみることです。


「あの頃は辛かったなー、この先どうなるかと思った」

 というような出来事が私にもいくつかありました。


 でも、いま当時を振り返ってみると、何のことはない、
 
 案外ゆとりがあって、「あれはあれで良い時代だった」、

 とまでは言えなくとも、その時感じたような切迫感はありません。


 ならば、「今」も同じではないでしょうか。

 これから10年後に現在を振り返ってみても、きっと

 同様の感慨を持つのだろうと私は思います。


 
 このように物事を高所から見れば、人生には、

 変わるものと変わらないものがある、ということがわかります。

 変わるものとは、もちろん世の中の環境です。


 そして、変わらないものとは、たとえば、

 高く晴れた秋空に浮かぶ純白の雲であったり、

 陽をあびて黄金色に光る紅葉であったり、

 それらのものを感動しながら見ている自分であったりします。


 さらに言えば、そのような自然を造られ、人間をも造られた方が、

 変わることなく私達を愛していてくださる、という事実も…。 




    “Though the mountains be shaken and the hills be removed,

yet my unfailing love for you will not be shaken nor my covenant

  of peace be removed,” says the LORD, who has compassion on you.   

                Bible(Isaiah 54:10) 


〔たとい山々が移り、丘が動いても、わたしの変わらぬ愛はあなたから
  移らず、わたしの平和の契約は動かない。」とあなたをあわれむ主は
  仰せられる。〕   聖書(イザヤ書 54章10節)
[PR]
by danueno | 2008-10-15 15:21 | 編集後記

アグレッシブ・リスニング

         保持(retention)その1
  


「SIMうんちく」は、アグレッシブ・リスニングについて、

 さらに深く突っ込んだお話を展開していますが、

 このところ「期待」anticipation についてお話ししています。

 
 ちょっと復習しましょう。

 まず例文です。


-------------------------------------------------------------

   Henry and Anna Polivoda were active retirees until

 they were hit while out for a walk in their Los Angeles

 neighborhood by a car fleeing police because of missing

 license plates.

-------------------------------------------------------------


 この英文をセンスグループで句切り、SIM訳を付けて

 読むと下記のようになります。



------------------------------------------------------------

 Henry and Anna Polivoda were active retirees …

  ヘンリーとアナ・ポリヴォダは活動的に引退生活を
  送っていました


  until they were hit …

   彼らがはねられるまでは


    while out for a walk in their Los Angeles

   neighborhood …
 
     彼らのロサンゼルスの家の近辺を散歩中に


       by a car fleeing police …

       警察から逃げていた車に


        because of missing license plates.

       ナンバープレートが無いために(逃げて
        いた)。


----------------------------------------------------------



 そして、この英文の流れをまとめると、下記のような図になる、

 ということでした。

「期待」が括弧の中で現わされています。



―――――――――――――――――――――――――――――――――


  ヘンリーとアナ・ポリヴォダは活動的に引退生活を送ってい
  ました

        ↓


  彼らがはねられるまでは

    (いつはねられたの?)


               ↓


  彼らのロサンゼルスの家の近辺を散歩中に

           (何にはねられたの?)


   ↓


      警察から逃げていた車に

               (何で逃げていたの?)

                 ↓


   ナンバープレートが無いために。


―――――――――――――――――――――――――――――――――



 このように先を「期待」しながら読んだり聴いたりするから、

 センスグループは次々に有機的につながって行く、

 ということでしたね。



 ところが日本人の場合は、英語を聴いたり読んだりする時、

 この「期待」がなかなかうまくいきません。

 
 その理由は、「英語の語順」に慣れていないからです。


この訓練をする上で最も力のあるのが、スーパーエルマーの

 リスニング強化法「Hop,Skip&Jump」である、ということでした。




 …ここまでが前回のお話でした。

 今回は、ここからです。

 
 さて、これまでかなりの回数を割いて「期待」(anticipation)に

 ついて説明してきましたが、英語をスムーズに理解するためには

 実は、これだけでは不十分なんです。


 円滑な英語コミュニケーション能力を育成するために、もうひとつ

 大事がことがあります。それが「保持」(retention)です。


 結論から言いますと、いくら「期待」が大切だといっても、

「保持」がなされていないならば、スムーズな英語の理解は難しく

 なります。


 それほど「保持」(retention)は重要です。

 このように大切な「保持」とは一体何なのでしょうか?

 さっそくご説明しましょう。


 まず例文を見てください。

 わかりやすいように、あえて簡単な英文にしました。


----------------------------------------------------------------

   I went to Harajuku to meet with Ichiro the day before

yesterday.

----------------------------------------------------------------


 これにSIM訳をつけてみましょう。


----------------------------------------------------------------

I went to Harajuku …

 私は原宿に行きました


    to meet with Ichiro …

     イチローに会うために


         the day before yesterday.

           おととい。

----------------------------------------------------------------



 この英文の意味の流れは、次のようになっています。


----------------------------------------------------------------

私は原宿に行きました → イチローに会うために → おととい。
     A           B          C

----------------------------------------------------------------


 このように、英語はセンスグループごとに、内容が次々と

 展開していく言語です。

 前記の例文も、「A→B→C」という意味の流れがあります。


「保持」(retention)とは、「A→B→C」という意味の流れを

 たどる時に、前のセンスグループごとの内容をしっかり記憶した

 上で先に進みましょう、ということです。


 特に英語の場合は日本語と違って、述語動詞Vが最初のセンスグループに

 来ることが多いですが、このVの「保持」が充分になされないと、

 全体の意味がぼやけてしまいます。


 そして、保持が弱いと前のセンスグループに戻って確認しなければ

 ならないので、「返り読み」になってしまうのです。


 これでは、「元の木阿弥」ですね。  



 
    …この続きはまた来週!



                 …お楽しみに!
[PR]
by danueno | 2008-10-15 15:19 | SIMうんちく

No.263 オリジナル英文

----------------------------------
Good Grades Now Pay in More Ways than One
----------------------------------
It's not unusual for American parents to slip their kids a few dollars or a lot of dollars - as well as cell phones, computer games or other tangible rewards - for making good grades in school.

The adults often equate these rewards to bonuses given for exceptional performance where they work.

And these days, the idea of paying young students to do well is spreading to the schools themselves.

Corporations and wealthy individuals are funding programs in 67 high schools in seven states.

They pay up to $200 apiece to kids who score high on college-preparatory exams.

New York Mayor Michael Bloomberg has instituted a privately funded program that pays some low-income students $10 just for taking certain tests and up to $50 more for doing well on them.

Dallas, Texas, hands students $2 for every book they read.

And many more pay-for-performance models are popping up across the country.

Those who like the idea of shelling out cash for classroom achievement argue that incentive programs motivate indifferent students and mirror the real adult world in which high salaries and bonuses go to those who perform.

They say monetary recognition teaches a healthy lesson: that good work will be rewarded.

But many parents are aghast at the idea of paying for grades.

They call it a slippery slope in which students will get spoiled and want more and larger rewards as they progress through school.

Critics also say kids who are paid don't learn the internal satisfaction of achievement.

And besides, they point out, good students would have done well without any monetary sweeteners.

Many parents say they pay rewards to their kids, all right - down the road.

Instead of $20 for an A grade here or a high test score there, they say, "We'll pay for college."

That's an incentive bonus that could be worth $100,000 or more!

I’m Ted Landphair.
[PR]
by danueno | 2008-10-15 15:02 | オリジナル英文