<   2008年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

整骨院体験記 

今日は、久しぶりに健康の話題です。

「最近、腰痛がひどくて…」とお悩みの方、必読です。



 先日、うちのスタッフから、こう質問されました。

「カイロプラクティックと整骨院の違いがわかりますか?」

   「…うーん。カイロは西洋で、整骨院は東洋かなー」


「ちょっと違いますね。では、整骨院と接骨院の違いは?

 これらと整体との違いは?」

    「…そんなのわかるわけないでしょ!」

 
 とまあ何か知識を得ると、すぐ自慢するクセのあるスタッフです(笑)

 でも、おかげで、私もそちら方面の知識を得ることができました。



 このスタッフは、腰痛と座骨神経痛の治療のために、整骨院に

 通っているそうです。


 整骨院とは、柔道整復師という国家免許保持者の運営により、

 主に、骨折や脱臼、捻挫や打撲といった急性の外傷に対して

 施術するところです。


 さらに整骨院は、上記以外にも、腰痛やむち打ち症、

 座骨神経痛等にも対応しており、背骨や骨盤の矯正をする所も

 多いようです。

 …例の「ボキボキッツ!」とするやつですね。


 ちなみに、整骨院と接骨院はほぼ同じです。

 これらは国家資格なので保険が効きます。

 

 これに対して、カイロプラクティックはどうなのかというと、

 こちらも骨格のゆがみが病気を引き起こすということで、

 骨格の矯正をメインとします。

 ちなみに整体も、東洋医学がルーツですが治療内容は似ています。


 カイロプラクティック発祥の地、アメリカでは立派な国家資格で

 有資格者はドクターなのですが、日本では民間医療の扱いです。

 ですから保険が効きません。

 
 また、日本では国家資格ではないため、巧い人とそうでない人の

 差が激しいそうです。


 
 というわけで、スタッフの意見をまとめると、

 整骨院は保険が効き、カイロプラクティックは保険が効かない

(高い)ということ。 治療効果はどちらが良いと言うより、

治療者の腕によるようですね。 


 さらに両者とも、骨格の矯正をする所もあれば、

 単なるマッサージで終わる所もありますが、スタッフによれば、

 腰痛や座骨神経痛の場合、骨格の矯正をしなければ、

 あまり意味がないんだそうです。
 

 スタッフはかつて、普通の整形外科に行って牽引された結果、

 腰に激痛が走りました。あげくにビタミン剤をたくさん出されて、

「加齢だから、もう治りません」と言われたとのこと。


 後にかかったカイロプラクティックの先生によれば、

「骨がゆがんだまま牽引したら当然そうなるでしょう」

 と言われて、愕然としたそうです。


 スタッフは、現在通っている整骨院と相性が良かったのか、

 腰痛と座骨神経痛はかなり軽快しており、おまけに

 肩こりまで楽になったんだそうです。

 
 もし悩んでいる方がおられましたら、上記を参考に、

 インターネット等で事前に調べてから通院されることを

 お勧めします。
[PR]
by danueno | 2008-09-24 15:40 | 編集後記

アグレッシブ・リスニング

期待(anticipation)その1
  


「SIMうんちく」は、アグレッシブ・リスニングについて、

 さらに深く突っ込んだお話を展開していますが、

 今日から、「期待」anticipationについてお話しします。


 その前に、ちょっと復習です。

 まず前回の例文をご覧ください。


 ----------------------------------------------------------
 
     One in three U.S. children born in 2000 will

  become diabetic unless many more people start eating

  less and exercising more, a scientist with the Centers

for Disease Control and Prevention warns.

 ----------------------------------------------------------


 これを下記のように日本語に翻訳すると、

 面白みに欠けるツルンとした文章になる、ということでした。


---------------------------------------------------------------

 より多くの人々が食べる量を減らし始めないかぎり、そして、

 より多くの運動をし始めないかぎり、2000年に生れたアメリカの

 子供の3人にひとりが糖尿病になります、と疾病対策予防

 センターのある科学者は警告します。

---------------------------------------------------------------



 どこが面白くないかというと、ここにはドラマがない、

 ということでしたね。

 ここには英語を読む醍醐味はありません。

 このような読み方をしていては、英語に興味が持てなくなるのは

 当然です。


 それを解決するのが「SIM同時通訳方式」でした。

 これだと、フレーズごとのドラマを最大限に感じ、

 楽しみ、味わうことができます。


 
 -------------------------------------------------------------------

  One in three U.S. children born in 2000 will become diabetic…
 
   2000年に生れたアメリカの子供の3人にひとりが糖尿病になります


  ↓


  unless many more people start eating less and exercising

  more, …

  より多くの人々が食べる量を減らし始めないかぎりそして、より

  多くの運動を(し始めないかぎり、)


               ↓


  a scientist with the Centers for Disease Control and

  Prevention warns.

  と、疾病対策予防センターの、ある科学者は警告します。



 -------------------------------------------------------------------



 このようにSIM同時通訳方式で英語を読むと、

 英米人と同じようにセンスグループごとにハラハラ、ドキドキ

 しながら読んでいくので、「意味の流れ」に従って

 ドラマティックな展開を思う存分楽しむことができます。


 SIM同時通訳方式のような読み方で読むときにはじめて、

 英語は面白く、手応えがあり、喜びをもたらしてくれるものに

 なる、ということでしたね。



 ただし、このSIM同時通訳方式には、欠かせないあるひとつの

 条件があります。

 それが「期待」(anticipation)である、ということでしたね。



 …ここまでが前回のお話でした。

 今回は、ここからです。




 英語では、フレーズごとに「次にどんな言葉がくるのかな?」と

 次を「期待」しながら、読んだり聞いたりしています。


 ですからこの「期待」が英語を理解する上では非常に

 重要になります。


 なぜなら、英語とはまず話の核心「S+V」を言い、

 順次それを説明、補完、強化していく言語であるからです。
 

 実際に例文を見てみましょう。


-------------------------------------------------------------

   Henry and Anna Polivoda were active retirees until

 they were hit while out for a walk in their Los Angeles

 neighborhood by a car fleeing police because of missing

 license plates.

-------------------------------------------------------------


 この英文をセンスグループで句切り、SIM訳を付けて

 読んでみましょう。


 まず冒頭のセンスグループをご覧ください。


------------------------------------------------------------

 Henry and Anna Polivoda were active retirees …

  ヘンリーとアナ・ポリヴォダは活動的に引退生活を
  送っていました

------------------------------------------------------------


さて、このセンスグループを読んだだけでは、この話が

どう展開していくかわかりません。


現役を引退した幸福な老夫婦がどうなったか、

次のセンスグループを見てみましょう。


-----------------------------------------------------------

until they were hit …

 彼らがはねられるまでは

-----------------------------------------------------------


読み手はここで 「エッ!はねられたの?」とびっくりします。

「晴天の霹靂(へきれき)」といった感じの展開ですね。


「それまでは活動的な引退生活を送っていたのにどうして?」と、

読者はつい先を読みたくなります。


 私たちも先を読んでみましょう。


----------------------------------------------------------

 while out for a walk in their Los Angeles

neighborhood …
 
 彼らのロサンゼルスの家の近辺を散歩中に

----------------------------------------------------------


「散歩中にはねられたのかー。かわいそうに。しかし一体何でまた?」

と読者の疑問はふくらむはずです。


そして、この先のセンスグループで、大体の話の流れが見えてきます。



----------------------------------------------------------

  by a car fleeing police …

  警察から逃げていた車に

----------------------------------------------------------


ここで読者は「逃走車だな!…でも、その車はどうして逃げて

いたんだろう?」と、さらに話の続きがどうなるか

「期待」して待ちます。


----------------------------------------------------------

 because of missing license plates.

ナンバープレートが無いために(逃げていた)。

----------------------------------------------------------


「あー、なるほど…!」と、ここではじめて、読み手は

話の全貌がわかります。


最後のフレーズまで読んだ瞬間、ジグソーパズルの最後のピースが

はまった時のように「そういうことだったのか!」と

納得するのです。


 さて、ここで最も大切なことは何でしょう?

それは、今見てきたとおり、英語とはフレーズごとに

「次はどうなるんだろう!」と、先を「期待」しながら順次、

理解していく言語であるということです。


 つまり、「英語とは、『期待』がカギを握る言語である」、

 ということですね。



        …この続きはまた来週!



                 …お楽しみに!
[PR]
by danueno | 2008-09-24 15:34 | SIMうんちく

No.260 オリジナル英文

-------------------------------------
Obama Appears to Benefit From Campaign Focus on Economy
-------------------------------------
The news headlines are hard to ignore.

The Wall Street Journal newspaper describes the financial upheaval as the worst crisis since the 1930s, with no end in sight.

Voters tend to prefer Democrats during tough economic times.

And Democratic nominee Barack Obama has taken every opportunity to link the country's economic woes to President Bush and the Republican candidate who wants to succeed him, John McCain.

"This is somebody who’s been in Congress for 26 years, who put seven of the most powerful Washington lobbyists in charge of his campaign.

And now he tells us that he is the one who is gonna take on the 'old boys network'.

The 'old boys network.'

In the McCain campaign that’s called a staff meeting."

Senator McCain has had his stumbles in trying to respond to the financial crisis.

Early in the week, he said the fundamentals of the economy were sound, despite the current upheaval.

McCain now says the economy is in crisis.

But he says Senator Obama and the Democratic-led Congress are partly responsible.

"My opponent sees an economic crisis as a political opportunity instead of a time to lead.

Senator Obama isn't change.

He is part of the problem in Washington."

Recent public opinion surveys show Obama retaking a slim lead over McCain.

A CBS News/New York Times poll has Obama ahead by a margin of 48 to 43 percent.

The survey also found that voters believe Obama is more likely to bring change to Washington.

That margin was 65 to 37 percent.

Norman Ornstein is a political analyst at the American Enterprise Institute in Washington.

"If we are focusing on economic issues, which has never been John McCain's strength and where Americans are looking for change, and where the CBS/ New York Times poll suggests one other problem perhaps for McCain, which is that a majority of Americans see him as a typical Republican, not as an agent of change.

The change gap remains extremely strong, then Obama has a very significant amount of traction."

Polls have long shown that voters consider the economy the number one issue in this year's election, a factor that should favor the Democrats.

But Ornstein and other analysts also caution to expect more surprises in the final weeks of a presidential election campaign that has continually defied predictions and expectations.

Jim Malone, VOA News, Washington
[PR]
by danueno | 2008-09-24 15:30 | オリジナル英文

No.260 SIM音読用英文

------------------------------------
Obama Appears to Benefit From Campaign Focus on Economy
------------------------------------

The news headlines are hard to ignore.


The Wall Street Journal newspaper describes the financial upheaval

as the worst crisis since the 1930s,

with no end in sight.


Voters tend to prefer Democrats

during tough economic times.


And Democratic nominee Barack Obama has taken every opportunity

to link the country's economic woes

to President Bush

and the Republican candidate

who wants to succeed him,

John McCain.


"This is somebody

who's been in Congress for 26 years,

who put seven of the most powerful Washington lobbyists

in charge of his campaign.


And now he tells us

that he is the one

who is gonna take on the 'old boys network'.


The 'old boys network.'


In the McCain campaign

that's called a staff meeting."


Senator McCain has had his stumbles

in trying to respond to the financial crisis.


Early in the week, he said

the fundamentals of the economy were sound,

despite the current upheaval.


McCain now says

the economy is in crisis.


But he says Senator Obama and the Democratic-led Congress

are partly responsible.


"My opponent sees an economic crisis

as a political opportunity

instead of a time to lead.


Senator Obama isn't change.


He is part of the problem in Washington."


Recent public opinion surveys show

Obama retaking a slim lead

over McCain.


A CBS News/New York Times poll has

Obama ahead

by a margin of 48 to 43 percent.


The survey also found

that voters believe

Obama is more likely to bring change

to Washington.


That margin was 65 to 37 percent.


Norman Ornstein is a political analyst

at the American Enterprise Institute

in Washington.


"If we are focusing on economic issues,

which has never been John McCain's strength

and where Americans are looking for change,

and where the CBS/ New York Times poll suggests

one other problem perhaps for McCain,

which is that a majority of Americans see him

as a typical Republican,

not as an agent of change.


The change gap remains extremely strong,

then Obama has a very significant amount of traction."


Polls have long shown

that voters consider the economy

the number one issue

in this year's election,

a factor

that should favor the Democrats.


But Ornstein and other analysts also caution

to expect more surprises

in the final weeks

of a presidential election campaign

that has continually defied predictions and expectations.


Jim Malone, VOA News, Washington
[PR]
by danueno | 2008-09-24 15:29 | SIM音読用英文

目に見えるもの、見えないもの

「本当の幸せって何だろう?」と、

 そのことばかり考えていた時期がありました。

 今となっては、もう昔々の話になりましたが…


 そうして、今は、幸せというものが何なのか、

 少しわかったような気がします。



 本当の幸せとは、まず、「目に見えないもの」だと思います。

 たとえば、独身男性が美しい女性と結婚したとします。

 結婚した当初は、毎日がうれしくて楽しくて

 たまらないかもしれません。

 でも、それだけで人間が幸せになれるとは限りません。


 その美しい奥さんとの間に、どのようにうるわしい愛情を

 積み上げていくか、それが幸福になるか不幸になるかの

 分かれ目だろうと思います。



 あるいは、たくさんのお金がもうかって、

 素晴らしい大邸宅が建ったとします。

 でも、それだけで人間が幸福になれるとは限りません。


 子供たちに広い個室をあてがった結果、家族の交流がなくなって、

 挙げ句の果てに引きこもりになってしまうかもしれません。

 豊かな富を与えられた者は、人一倍の知恵を要求される、

 ということですね。



 今お話しした、愛情にしても知恵にしても、両方とも

 目には見えません。


 ところが、その目に見えないものは、目に見えるもの

 (美しい奥さん、立派な家)より、人間の幸せにとって

 決定的に重要であるように思われます。


 目に見えるものばかりを追求してしまった結果の不幸が

 閉塞感におおわれた世界の現状に、はっきりと

 現れているのではないでしょうか?





        So we fix our eyes not on what is seen,
 
  but on what is unseen. For what is seen is temporary,

  but what is unseen is eternal. 

              Bible(2 Corinthians 4:18)


〔私たちは、見えるものにではなく、見えないものにこそ目を
  留めます。見えるものは一時的であり、見えないものは
  いつまでも続くからです。   聖書 ローマ書 2章14節〕
[PR]
by danueno | 2008-09-17 13:58 | 編集後記

アグレッシブ・リスニング

-「翻訳の問題」その5-
  


「SIMうんちく」は、アグレッシブ・リスニングについて、

 さらに深く突っ込んだお話を展開しています。


 前回に引き続き「翻訳の問題」についてお話ししましょう。

 ちょっと復習です。


 まず前回の例文をご覧ください。

 ----------------------------------------------------------
 
     One in three U.S. children born in 2000 will

  become diabetic unless many more people start eating

  less and exercising more, a scientist with the Centers

for Disease Control and Prevention warns.

 ----------------------------------------------------------


 次に、この英文を日本語に翻訳してみます。

 私達が通常、目にする訳です。


---------------------------------------------------------------

 より多くの人々が食べる量を減らし始めないかぎり、そして、

 より多くの運動をし始めないかぎり、2000年に生れたアメリカの

 子供の3人にひとりが糖尿病になります、と疾病対策予防

 センターのある科学者は警告します。

---------------------------------------------------------------


 いかがでしょうか?

 面白みに欠けるツルンとした文章になってしまいました。


 どこが面白くないかというと、ここにはドラマがないのです。

 このような翻訳調では、センスグループごとのドラマが

 壊れてしまうので面白みがないのです。


 ドラマ性に欠けた「予定調和」の世界と言うこともできます。

 先が読めてしまいスリルがありません。

 ここには英語を読む醍醐味はありません。


 このような読み方をしていては、英語に興味が持てなくなるのは

 当然でしょう。


 私たちは、学校で「返り読み」式の翻訳を習いますが、

 それこそ英語をつまらなくしている元凶だったのです。



 …と、ここまでが前回のお話でした。


 今回は、ここからです。



 では、「フレーズごとのドラマ」を最大限に感じ、楽しみ、

 味わう読み方とは何でしょう?


 それはもちろん、今まで何度も言ってきました 「SIM同時通訳方式」

 ですね。


 私たちがこの方式で、英語を読んだり聞いたりするときはじめて、

 英語の持つ深い味わいの根本である「英語の醍醐味」「英語のいのち」

 に触れることができます。



 SIM同時通訳方式で読むと、同じ英文も、次のようにドラマチックに

 展開していきます。


 -------------------------------------------------------------------

  One in three U.S. children born in 2000 will become diabetic…
 
   2000年に生れたアメリカの子供の3人にひとりが糖尿病になります


  ↓


  unless many more people start eating less and exercising

  more, …

  より多くの人々が食べる量を減らし始めないかぎりそして、より

  多くの運動を(し始めないかぎり、)


               ↓


  a scientist with the Centers for Disease Control and

  Prevention warns.

  と、疾病対策予防センターの、ある科学者は警告します。



 -------------------------------------------------------------------



 まず最初のセンスグループで、読み手は「ドキリ!」とします。

 「エッ!子供が糖尿病になる? いったい何のことだろう」と…。


 すると、次のセンスグループで読み手は、

 「なーんだ、食べる量を減らして、運動をすればOKなんだ!」

 と、少しばかりホッとします。


 さらに、最後のセンスグループで、

「そうか、これは専門家による確かな意見なんだな…。なるほど!」

 と、このように読者は段階的に説得されるわけです。



 このようにSIM同時通訳方式で英語を読むと、

 英米人と同じようにセンスグループごとにハラハラ、ドキドキ

 しながら読んでいくので、「意味の流れ」に従って

 ドラマティックな展開を思う存分楽しむことができるんです。


 SIM同時通訳方式のような読み方で読むときにはじめて、

 英語は面白く、手応えがあり、喜びをもたらしてくれるものに

 なるのですね。




 ただし、このSIM同時通訳方式には、欠かせないあるひとつの

 条件があります。


 それをしなければ「SIM同時通訳方式」も意味が薄れてしまいます。

 それが、これからお話しする「期待」(anticipation)です。



 英語では、フレーズごとに「次にどんな言葉がくるのかな?」と

 次を「期待」しながら、読んだり聞いたりしているんですね。


 ですからこの「期待」が英語を理解する上では非常に重要になります。

 なぜなら、英語とはまず話の核心「S+V」を言い、順次それを説明、

 補完、強化していく言語であるからです。
 

 では、次回から、この「期待」を詳しく説明していきましょう。



     …来週をお楽しみに! 
[PR]
by danueno | 2008-09-17 13:55 | SIMうんちく

No.259 オリジナル英文

------------------------------------
White House Backs Bailout of Mortgage Giants
------------------------------------
Fannie Mae and Freddie Mac are entities created by Congress to finance and guarantee home loans in the United States.

While they are government-licensed, they operate like private companies with shareholders and corporate boards.

The two mortgage giants have been severely weakened by the current turmoil in the U.S. housing market, which has seen a dramatic rise in foreclosures, and falling home values across the country.

Should they fail, the impact on the U.S. and world economy could be severe.

And so the government stepped in - bailing them out and taking over their operations.

White House spokeswoman Dana Perino says the Bush administration had no choice.

"And this is not action that we wanted to take.

It’s action that we needed to take."

Perino says the White House has been warning for years that Fannie Mae and Freddie Mac were in need of reform.

She says the federal takeover could have been prevented if Congress had acted on the administration's request for a strong independent regulator to oversee the mortgage giants.

"Remember that we have highlighted the systemic risk posed by Fannie Mae and Freddie Mac because of the very large role they play in housing markets and because of their business practices.

And for years we have encouraged Congress to put in place a strong, independent regulator to oversee the institutions."

Perino says it will be up to the next U.S. president and Congress to decide the ultimate fate of the two institutions.

She says for now, the goal must be to help the housing market and the economy recover.

Perino says President Bush, who does not favor corporate bail-outs as a rule, approved this takeover reluctantly as a last resort.

U.S., Asian and European stock markets soared in response to the news.

China and Japan, the biggest buyers of Freddie Mac and Fannie Mae debt, praised the takeover.

But European Central Bank President Jean-Claude Trichet offered a word of caution.

He said while the move is welcome, risks remain in the global credit market.

Paula Wolfson, VOA News, the White House
[PR]
by danueno | 2008-09-17 13:50 | オリジナル英文

No.259 SIM音読用英文

------------------------------------
White House Backs Bailout of Mortgage Giants
------------------------------------

Fannie Mae and Freddie Mac are entities

created by Congress

to finance and guarantee home loans in the United States.


While they are government-licensed,

they operate like private companies

with shareholders and corporate boards.


The two mortgage giants have been severely weakened

by the current turmoil in the U.S. housing market,

which has seen a dramatic rise in foreclosures,

and falling home values across the country.


Should they fail,

the impact on the U.S. and world economy could be severe.


And so the government stepped in -

bailing them out

and taking over their operations.


White House spokeswoman Dana Perino

says the Bush administration had no choice.


"And this is not action

that we wanted to take.


It's action

that we needed to take."


Perino says the White House has been warning for years

that Fannie Mae and Freddie Mac were in need of reform.


She says the federal takeover could have been prevented

if Congress had acted on the administration's request

for a strong independent regulator

to oversee the mortgage giants.


"Remember that we have highlighted the systemic risk

posed by Fannie Mae and Freddie Mac

because of the very large role they play

in housing markets

and because of their business practices.

And for years we have encouraged Congress

to put in place a strong, independent regulator

to oversee the institutions."


Perino says it will be up to the next U.S. president and Congress

to decide the ultimate fate of the two institutions.


She says for now, the goal must be to help

the housing market and the economy recover.


Perino says President Bush,

who does not favor corporate bail-outs as a rule,

approved this takeover reluctantly

as a last resort.


U.S., Asian and European stock markets soared

in response to the news.


China and Japan, the biggest buyers of Freddie Mac and Fannie Mae debt,

praised the takeover.


But European Central Bank President Jean-Claude Trichet

offered a word of caution.


He said while the move is welcome,

risks remain in the global credit market.


Paula Wolfson, VOA News, the White House
[PR]
by danueno | 2008-09-17 13:48 | SIM音読用英文

公園ネコと、健やかに生きる秘訣

「何たる往生際の悪さ!」

 相撲界の大麻疑惑にからむ一連の報道を見るに付け、

 皆さんの多くがこのような感想を持たれたことと思います。 



 話は何もお相撲関係にとどまりません。

昨今は「~疑惑」「~偽装」というものが後を絶ちませんが、

 いったい、人間の良心というものはどこに行ってしまったのでしょう。



 先日、公園ネコのお話の時に、人間にあって動物にないものとして、

「永遠への思い」をあげましたが、今回、これに「良心」を

 付け加えたいと思います。

 
 ご承知の通り、動物には良心はありません。

 人間だけが、それと知りつつ悪いことをします。


 ところが、いくら平然と済ましていても、心の奥底は痛んでいます。

 いわゆる「良心の呵責」です。

 
 TVや新聞で見る渦中の人々の表情を見ていて気が付くのは、

 例外なく、その目にたたえられた底知れない悲しみです。
 
 
 いくら無視していようとしても、頭をもたげる良心の呵責。

 熱くくすぶる呵責の声は、押さえつければ押さえつけるほど

 心中深くもぐりこみ、心の奥底を焼くのでしょうか。

 …そのままいけば、病気になるかもしれません。


 自分を守る思いを捨てれば楽になるのに、

 とつくづく思うのですが、いざ自分が同じ状況に立たされたら、

 結構、難しいのかもしれません。 


 
 聖書では、この良心について、

「律法の命じる行ないが人間の心に書かれたもの」と記されています。


 つまり、私たちがクリスチャンであろうと、そうでなかろうと

 例外なく私たちの心には、何が正しいことで、

 何が悪いことであるのかがクッキリと刻み込まれている、

 ということですね。

 
 その良心を無視して生きることは、

 私たちの心に大変な負担をもたらします。


 ですから私たちが、心安らかに、また健やかに生きたいと願うなら、

 まず良心の声に敏感にならなければならない、

 …とそのように再確認した次第です。




   Indeed, when Gentiles, who do not have the law, do by nature

things required by the law, they are a law for themselves, even

though they do not have the law, since they show that the

requirements of the law are written on their hearts.

                 Bible(Romans 2:14)


〔律法を持たない異邦人が、生まれつきのままで律法の命じる行ないを
するばあいは、律法を持たなくても、自分自身が自分に対する律法な
のです。彼らはこのようにして、律法の命じる行ないが彼らの心に
書かれていることを示しています。  聖書 ローマ書 2章14節〕
[PR]
by danueno | 2008-09-10 15:02 | 編集後記

アグレッシブ・リスニング

        -「翻訳の問題」その4-
  


「SIMうんちく」は、アグレッシブ・リスニングについて、

 さらに深く突っ込んだお話を展開しています。


 前回に引き続き「翻訳の問題」についてお話ししましょう。

 ちょっと復習です。


 まず前回の例文をご覧ください。

 ----------------------------------------------------------
 
     One in three U.S. children born in 2000 will

  become diabetic unless many more people start eating

  less and exercising more, a scientist with the Centers

for Disease Control and Prevention warns.

 ----------------------------------------------------------


 このような複雑な英文も、SIM同時通訳方式で読むと、

 まさに瞬時に内容を理解することが可能になる、ということでしたね。


---------------------------------------------------------------

 One in three U.S. children born in 2000 …
  2000年に生れたアメリカの子供の3人にひとりが

  will become diabetic …
    糖尿病になります

   unless many more people start eating less …
    より多くの人々が食べる量を減らし始めないかぎり

    and exercising more, …
     そして、より多くの運動を(し始めないかぎり、)

     a scientist with the Centers for Disease Control
      and Prevention warns.
      と、疾病対策予防センターの、ある科学者は警告
       します。

-----------------------------------------------------------------


 ここには、英語の「論理性」というものが非常に色濃く現されてくる、

 というお話でした。



 では、「英語の論理性」とは何かというと…。


-------------------------------------------------------------------

  One in three U.S. children born in 2000 will become diabetic…
 
  2000年に生れたアメリカの子供の3人にひとりが糖尿病になります

-------------------------------------------------------------------


 まず最初のセンスグループで、核心をズバッと言い切ります。


 英語の特徴は、このように文章の根幹でありテーマである「S+V」を

 真っ先に言ってしまうということでしたね。


 そうして、読む人はここで「ドキリ!」とします。

 「エッ!子供が糖尿病になる? いったい何のことだろう」と…。


 すると、次のようなことが書いてあります。


-----------------------------------------------------------------

 unless many more people start eating less and exercising

 more, …

 より多くの人々が食べる量を減らし始めないかぎりそして、より

  多くの運動を(し始めないかぎり、)

-----------------------------------------------------------------


 読み手は、

 「なーんだ、食べる量を減らして、運動をすればOKなんだ!」

 と、少しばかりホッとするわけです。

 そして、今までの主張は次のセンスグループで強化されます。


--------------------------------------------------------------

  a scientist with the Centers for Disease Control and

  Prevention warns.

  と、疾病対策予防センターの、ある科学者は警告します。

--------------------------------------------------------------


 ここで読み手は、専門家の意見と知って、次のように納得する

 でしょう。

 「そうか、これは専門家による確かな意見なんだな…。なるほど!」

 と、このように読者は段階的に説得されるわけです。


 さて以上のことをまとめると、この文章はセンスグループごとに

 下記のような「意味の流れ」があることがわかる、

 ということでしたね。

 これが、英語ならではの論理性です。


------------------------------------------------------------

   テーマ(S+V) → 条件付け  → 権威付け

------------------------------------------------------------


英語はこのように、極めて論理的な「意味の流れ」にそって

 展開しているのです。


 そして、センスグループの各段で、読み手は「驚き」を感じたり、

「ホッ」としたり、「納得」したりします。


 つまりここには、センスグループの展開に伴って起こるドラマが

 ある、ということでした。



 …ここまでが前回のお話でした。

 今回は、ここからです。



 このようにSIM同時通訳方式で英語を読むと、

 英米人と同じようにセンスグループごとにハラハラ、ドキドキ

 しながら読んでいくので、「意味の流れ」に従って

 ドラマティックな展開を思う存分楽しむことができます。


 つまり、SIM同時通訳方式のような読み方で読むときにこそ、

 はじめて、英語は面白く、手応えがあり、

 喜びをもたらしてくれるものになるのです。


 では、このこと実証するために、試しにそれを「返り読み」で、

 同じ英文を読んでみましょう。

---------------------------------------------------------------

 より多くの人々が食べる量を減らし始めないかぎり、そして、
 より多くの運動をし始めないかぎり、2000年に生れたアメリカの
 子供の3人にひとりが糖尿病になります、と疾病対策予防
 センターのある科学者は警告します。

---------------------------------------------------------------


 いかがでしょうか?

 面白みに欠けるツルンとした文章になってしまいました。


 どこが面白くないかというと、ここにはドラマがないのです。

 このような翻訳調では、センスグループごとのドラマが

 壊れてしまうので面白みがないのです。


 ドラマ性に欠けた「予定調和」の世界と言うこともできます。

 先が読めてしまいスリルがないのです。

 ここには英語を読む醍醐味はありません。


 このような読み方をしていては、英語に興味が持てなくなるのは

 当然でしょう。


 私たちは、学校で「返り読み」式の翻訳を習いますが、

 それこそ英語をつまらなくしている元凶だったのです。




     …この続きは、また来週!


 
            …お楽しみに! 
[PR]
by danueno | 2008-09-10 14:47 | SIMうんちく