<   2008年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

日本人に最適の英語習得法

     - アグレッシブ・リスニング その2 -
  


「SIMうんちく」は、このことろ「日本人に最適の英語習得法」

 というテーマでお話しています。



 ちょっと前回の復習をしましょう。

 前回は、「アグレッシブ・リスニング」でした。



 アグレッシブ・リスニングとは何かというと、
 
 英語を聞く時の態度として、ただ漫然と聞き流すような聞き方ではなく、

 積極的にいわば「攻撃的に」英語と向かい合う姿勢、でしたね。

 

 例文です。覚えてますか?


 ------------------------------------------------------
 
   I want to go to see a movie next week.

------------------------------------------------------


 I want to go … という英語を聴いたら、すかさず

 「いったいどこに行きたいんだろう?」と

 積極的に期待(Anticipation)することが大切でしたね。



 日本語は最初に付帯する情報を言って、最後に結論(述語動詞)が

 来ます。


 しかし、英語は最初に結論があります。


 そして、センスグループごとに次々と、これに付帯する情報を

 付け加えていくのです。


 ですから、I want to go(僕は行きたい) … の時点で、

 不足している情報、「いったいどこに行きたいんだろう?」の

 充足を求めて、次々と「期待」しながら聴き進むこと

 がポイントになります。


 つまり、「期待」が先にあるからこそ、次に来る言葉に

 意識が集中するわけですね。


 そして、次の … to see a movie (映画を見に)を聴くことで

 期待が満たされます。


 また、「期待」と「充足」を意識するからこそ、

 センスグループごとの情報がバチッと頭に入ってくるのです。


 このように、センスグループごとに意識的に、次の展開を

「期待」する習慣を身に付けるようにします。


 そうすることによって、英語への集中力が高まり、いっそう速く、

 そして正確に英語が理解できるようになるんですね。

 
 ただし、「期待」ができるためには前提条件があります。


 
  …ここまでが、前回の復習です。

  今日は、ここからです



 それは何かというと、「保持」(retention リテンション)

 することです。

「保持」がなければ「期待」することはできません。


「保持」とは、I want to go … を聴いたときに、これを頭の中に

しっかり記憶してから、続く言葉、to see a movie … next week.

を聴く、ということです。


 なぜなら、この保持がしっかりなされない場合、

「今のは何という内容だったのだろう?」と、元の英文に返って

 意味を確認しなくてはならないからです。


 それでは結局、「返り読み」になってしまいます。


 そうではなくて、英語をセンスグループごとに、

 I want to go (私は行きたい) …

 to see a movie (映画を見に) …

 next week.(来週)という具合に、

 その都度しっかり保持しておくから、前に戻ることなく、

 全文を聴き終わった瞬間にすべての内容が理解できるようになる、

 というわけですね。


 ただし、ここで注意すべき点があります。


 …それは、何かと言いますと?




 そのことについては、また来週お話ししましょう。

 
  …お楽しみに! 
[PR]
by danueno | 2008-07-30 10:16 | SIMうんちく

No.253 オリジナル英文

------------------------------------
Knot Good Times in the Tie Business
------------------------------------
It's not a good sign for an industry when the trade group that represents it closes its doors.

That's exactly what the Men's Dress Furnishings Association did last month after 60 years in operation.

Men's dress furnishings is a fancy term for neckties and accessories like those silky little handkerchiefs that men sometimes stick in their jacket pockets.

The Men's Dress Furnishings folks could tell there was trouble when, two years ago at its annual meeting, several members showed up wearing no tie at all.

"I just don't like it when a tie becomes obligatory," one member told the Wall Street Journal.

And neither do a lot of other men, which helps explain why the number of them who wear ties to work fell to a record-low 6 percent in a recent Gallup Survey.

Quite a change from the days when it seemed like every man and boy who didn't work in a steel mill or coal mine wore a tie on the job.

Even milkmen, gas-station attendants, bicycle messengers.

And certainly any man or boy with an office job, no matter how much of an uncomfortable nuisance the neckwear might have been.

Sales of ties peaked during the 1980s, after President Reagan popularized the red power tie, and business executives on the rise chose just the right necktie from hundreds they kept in their closets.

Ordinary American men had lots of ties, too.

They bought a few, and their kids gave them many more on Father's Day.

Then came casual Fridays at some workplaces, and soon in many of them every day was a no-tie day.

Not good news for those who make neckties!

Associated Press writer Adam Geller referenced the opening lines of Charles Dickens's classic novel A Tale of Two Cities to summarize the ups and recent downs of the necktie business:

They were the best of ties.

They were the worst of ties.

I’m Ted Landphair.
[PR]
by danueno | 2008-07-30 10:00 | オリジナル英文

No.253 SIM音読用英文

-------------------------------------
Knot Good Times in the Tie Business
-------------------------------------

It's not a good sign

for an industry

when the trade group that represents it

closes its doors.


That's exactly what the Men's Dress Furnishings Association did
last month

after 60 years in operation.


Men's dress furnishings is a fancy term

for neckties and accessories

like those silky little handkerchiefs

that men sometimes stick

in their jacket pockets.


The Men's Dress Furnishings folks could tell

there was trouble

when, two years ago at its annual meeting,

several members showed up

wearing no tie at all.


"I just don't like it

when a tie becomes obligatory,"

one member told the Wall Street Journal.


And neither do a lot of other men,

which helps explain

why the number of them who wear ties to work

fell to a record-low 6 percent

in a recent Gallup Survey.


Quite a change from the days

when it seemed like

every man and boy

who didn't work in a steel mill or coal mine

wore a tie on the job.


Even milkmen, gas-station attendants, bicycle messengers.


And certainly any man or boy

with an office job,

no matter how much of an uncomfortable nuisance

the neckwear might have been.


Sales of ties peaked

during the 1980s,

after President Reagan popularized the red power tie,

and business executives on the rise chose

just the right necktie

from hundreds they kept in their closets.


Ordinary American men had lots of ties, too.


They bought a few,

and their kids gave them many more

on Father's Day.


Then came casual Fridays

at some workplaces,

and soon in many of them

every day was a no-tie day.


Not good news

for those who make neckties!


Associated Press writer Adam Geller referenced the opening lines

of Charles Dickens's classic novel A Tale of Two Cities

to summarize the ups and recent downs

of the necktie business:

They were the best of ties.

They were the worst of ties.


I'm Ted Landphair.
[PR]
by danueno | 2008-07-30 09:59 | SIM音読用英文

日本人に最適の英語習得法

      - アグレッシブ・リスニング -


「SIMうんちく」は、このことろ「日本人に最適の英語習得法」

 というテーマでお話しています。



 ちょっと前回の復習をしましょう。

 前回は、「語順の問題」とリスニング、その2でした。


 内容は、私たち日本人にとって、英語で最も難しいのは、

「動詞が最初に来る事だ」ということでした。


 英語の文章の根幹は、まず「S+Vありき」です。

 ところが日本語は、述語動詞Vが最後に来て結論になります。

 たいていは、SとVがグーンと離れて文章の最後にあります。


 私たち日本人は、このような日本語の特性に慣れているので、

 英語を聞く時も、最後まで待ってしまう習慣がある、

 ということでしたね。

 
 実は、これが、リスニングの場合の大きな障害になるんです。

 つまり、リスニングの場合は、音声が次々と消えてしまい、

「返り読み」ができないから、ということですね。


 その結果、わけが分からなくなり、パニックになってしまうのです。


 ですから、それを矯正するために、S+Vをまずバシッと捉えて、

 意味のまとまりであるセンスグループごとに、「英語の語順」で

 理解しなければならない、ということでした。


 ところがここで、おろそかにできないひとつのポイントがある、

 ということでした。


 それが、アグレッシブ・リスニング(Aggressive Listening)

 なのです。



 …ここまでが、前回の復習です。

 今日は、ここからです。



 アグレッシブ・リスニングとは何かというと、
 
 英語を聞く時の態度として、ただ漫然と聞き流すような聞き方ではなく、

 積極的にいわば「攻撃的に」英語と向かい合う姿勢です。

 

 例をあげて具体的に説明してみましょう。

 判りやすいように、あえて簡単な例文にしました。


 ------------------------------------------------------
 
   I want to go to see a movie next week.

------------------------------------------------------


 リスニングでは、まず、I want to go … 

 という英語を聴いたら、すかさず

 「いったいどこに行きたいんだろう?」と

 積極的に期待(Anticipation)することが大切なんです。


 英文をダラーッと最後まで聴いてから、意味を考えているのでは、

 日本語特有の「返り読み」のクセが抜けません。


 日本語は最初に付帯する情報を言って、最後に結論(述語動詞)が

 来ます。

「私は来週、映画を見に行きたい」という具合です。


 しかし、英語は違います。


  --------------------------------------------------------- 

    I want to go … to see a movie … next week.

---------------------------------------------------------


 このように、英語では最初に結論があります。

 そして、センスグループごとに次々と、これに付帯する情報を

 付け加えていくのです。


 ですから、I want to go(僕は行きたい) … の時点で、

 不足している情報、「いったいどこに行きたいんだろう?」の

 充足を求めて、次々と「期待」しながら聴き進むこと

 がポイントになります。


 つまり、「期待」が先にあるからこそ、次に来る言葉に

 意識が集中するわけです。


 そして、次の … to see a movie (映画を見に)を聴くことで

 期待が満たされます。


 また、「期待」と「充足」を意識するからこそ、

 センスグループごとの情報がバチッと頭に入ってくるのです。


 このようにSIM同時通訳方式では、文頭から英語の語順で、

 センスグループごとに理解していきますが、その時、意識的に

 次の展開を「期待」する習慣を身に付けるようにします。


 そうすることによって、英語への集中力が高まり、いっそう速く、

 そして正確に英語が理解できるようになるんですね。

 
 ただし、「期待」ができるためには前提条件があります。


 それは何かというと…。



 そのことについては、また来週お話ししましょう。

 
  …お楽しみに! 
[PR]
by danueno | 2008-07-24 10:14 | SIMうんちく

No.252 オリジナル英文

-------------------------------------
Beijing Gets Makeover for Olympics
-------------------------------------
Even the Great Wall of China is getting a makeover for the Olympics.

Stretched along over 13 thousand meters of the wall is a long piece of art known as the "Olympic Dragon" featuring national and regional flags of the 205 countries participating in the Olympics.

With the start of the Beijing Olympics less than a month away, final preparations are well under way.

The main stadium, known as the Bird's Nest, and the other 31 venues have been ready for months.

The City of Beijing is also undergoing a number of improvements for the games.

The government spent $57 million to renovate more than 5,000 public restrooms.

And thousands of Olympic volunteers are learning both English and how to interact with foreigners.

Still, questions remain about whether the Olympics will improve China's image or confirm its critics' allegations.

Chinese officials have taken action aimed at dissipating Beijing's air pollution before the games, after spending more than $15 billion on anti-pollution measures including relocating factories and limiting car traffic in the city during the games.

Press freedom issues were called into question when television networks, which paid billions of dollars for live broadcast rights, learned that security officials imposed limits on when they can broadcast from Tiananmen Square.

Human rights groups have used the media spotlight on the Olympics to bring attention to China's human rights abuses.

Amnesty International recently delivered nearly 120,000 petitions to the Chinese Embassy in Paris calling for the release of political prisoners.

It says an estimated half a million people are currently being detained in China without charge or trial.

So far, China has avoided any major diplomatic embarrassments.

After hinting that he may boycott the opening ceremonies to protest China's crackdown on Tibet, French President Nicolas Sarkozy of France says he will now attend.

U.S. President George Bush is also planning to attend and says he communicates his concerns about human rights directly to China's President Hu Jintao.

Despite its hope to use the Olympics to introduce modern China to the world, there is still concern that politics could ruin the party.

Brian Padden, VOA News
[PR]
by danueno | 2008-07-22 16:32 | オリジナル英文

No.252 SIM音読用英文

------------------------------------
Beijing Gets Makeover for Olympics
------------------------------------

Even the Great Wall of China is getting a makeover

for the Olympics.


Stretched along over 13 thousand meters of the wall is a long piece ofart

known as the "Olympic Dragon"

featuring national and regional flags of the 205 countries

participating in the Olympics.


With the start of the Beijing Olympics less than a month away,

final preparations are well under way.


The main stadium, known as the Bird's Nest, and the other 31 venues

have been ready for months.


The City of Beijing is also undergoing a number of improvements

for the games.


The government spent $57 million

to renovate more than 5,000 public restrooms.


And thousands of Olympic volunteers are learning

both English and how to interact with foreigners.


Still, questions remain

about whether the Olympics will improve China's image

or confirm its critics' allegations.


Chinese officials have taken action

aimed at dissipating Beijing's air pollution before the games,

after spending more than $15 billion

on anti-pollution measures

including relocating factories and limiting car traffic

in the city during the games.


Press freedom issues were called into question

when television networks,

which paid billions of dollars for live broadcast rights,

learned that security officials imposed limits

on when they can broadcast from Tiananmen Square.


Human rights groups have used the media spotlight on the Olympics

to bring attention

to China's human rights abuses.


Amnesty International recently delivered

nearly 120,000 petitions

to the Chinese Embassy in Paris

calling for the release of political prisoners.


It says an estimated half a million people

are currently being detained in China

without charge or trial.


So far, China has avoided

any major diplomatic embarrassments.


After hinting that he may boycott the opening ceremonies

to protest China's crackdown on Tibet,

French President Nicolas Sarkozy of France says

he will now attend.


U.S. President George Bush is also planning to attend

and says he communicates his concerns about human rights

directly to China's President Hu Jintao.


Despite its hope to use the Olympics

to introduce modern China to the world,

there is still concern

that politics could ruin the party.


Brian Padden, VOA News
[PR]
by danueno | 2008-07-22 16:31 | SIM音読用英文

日本人に最適の英語習得法

    ~ 「語順の問題」とリスニング その2 ~
  


「SIMうんちく」は、このところ「日本人に最適の英語習得法」

 というテーマでお話しています。


 ちょっと前回の復習をしましょう。

 前回は、「語順の問題」とリスニング、その1でした。


 内容は、そもそもリスニングにおいて「語順の問題」がなぜ、

 これほど重要なのか、ということでした。


 それは、日本語と英語の根本的な差異による、というお話

 でしたね。


 そして、日本人がなぜ、これほどまでに英語を聴き取るのが

 困難なのか、その理由も「語順の問題」に帰結する、

 ということでした。


 たとえば、5文型を見ても、すべての文型がまず、

 主語(S)+述語動詞(V)ではじまります。


 つまり、英米人の発想の根本は、S+Vなんですね。

 そして、この部分の意味内容が、それから後の語句を決定する力を

 持っている、ということです。


 このことに関して、ジャック・ハルペンさんの例をあげました。

 彼が日本語で最も難しかったのは、「動詞が最後に来る事だ」と

 いうことでした。




 …ここまでが、前回の復習です。

 今日は、ここからです。


 ハルペンさんにとって、日本語で最も難しかったのは、

「動詞が最後に来る事だ」ということならば、

 私たち日本人はどうなるのでしょうか。


 私たち日本人にとって、最も難しいことは、その反対、

 ということにはならないでしょうか。


 つまり、私たちにとって、英語で最も難しいのは、

「動詞が最初に来る事だ」ということです。


 英語の文章の根幹は、5文型を見ても分かるとおり、

 主語Sと述語動詞Vが直結しています。

 まず「S+Vありき」ということですね。


 ところが日本語は、述語動詞Vが最後に来て結論になります。

 たいていは、SとVがグーンと離れて、文章の最後にある。


 私たち日本人は、このような日本語の特性に慣れているので、

 英語を聞く時も「最後まで待ってしまう」、という習慣が

 あります。

 
 そして英文を最後まで聞いてから、やおら文頭に戻ろうとしますが、
 
 リスニングの場合は、音声が次々と消えてしまい、

 「返り読み」ができません。


 その結果、わけが分からなくなり、パニックになってしまうのです。


 ですから、それを矯正するために、S+Vをまずバシッと捉えて、

 意味のまとまりであるセンスグループごとに、「英語の語順」で

 理解しなければならない、というわけですね。


 ところがここで、上記の注意と共に、おろそかにできないひとつの

 ポイントがあるんです。


 それは何かと言いますと…

 英語を聞く時の態度として、ただ漫然と聞き流すような聞き方では、

 リスニング力は絶対に伸びない、ということです。


 そのように受け身で英語を聞くのではなく、積極的にいわば

 「攻撃的に」英語と向かい合う姿勢が大切です。

 
 これを、アグレッシブ・リスニング(Aggressive Listening)と

 呼びます。


 アグレッシブ・リスニングとはいったい何でしょうか?



  …そのことについては、また来週お話しします。

  
        …お楽しみに! 
[PR]
by danueno | 2008-07-14 17:14 | SIMうんちく

No.251 オリジナル英文

-------------------------------------
'Mini' Phinney Hopes to Cycle to Olympic Gold
-------------------------------------
Taylor Phinney must have cycling in his blood.

His father Davis Phinney was the first American to win a stage of the Tour de France in 1986.

His mother, Connie Carpenter Phinney, was the road race gold medalist at the 1984 Los Angeles Olympics.

Within his first year of competitive cycling, Taylor has won 23 races.

His first trip around a velodrome, used for cycling's track events, was in Colorado Springs, Colorado last September.

The relatively flat Colorado track is nothing like the tight, steep, wooden 250-meter indoor velodrome in Beijing.

But Phinney, who just turned 18 on June 27, has proven his youth and relative inexperience are not a hindrance to success.

In January he earned an Olympic nomination in the 4,000-meter individual pursuit race at the third round of the International Cycling Union's Track World Cup Classics series in Los Angeles.

Some say his pedigree is the reason for his success.

Others say it is hard work that is the key.

Since Taylor Phinney does not live near a velodrome and had to finish high school this past year in Boulder, Colorado, he did much of his training at home on specially-designed rollers that simulate the speed of the track.

But his success has taken a back seat to his family - his father Davis Phinney had to undergo brain surgery April 4th, eight years after being diagnosed with Parkinson's syndrome, a degenerative disease that attacks the central nervous system.

Apart from his training and his father's battle with disease, Taylor Phinney sounds like a normal teenager.

He says that he spends his free time with friends or just relaxing at home.

"You know, I like just hanging out with friends, whether it’s playing video games or just, um, I have a trampoline I like to jump on, doing some flips and tricks.

And you know just hanging out in general.

It’s nice; it’s relaxing."

Taylor is under contract with Team Slipstream.

He hopes to expand his competition to road cycling, and Slipstream team leader Jonathan Vaughters has predicted a career similar to that of Swiss rider Fabian Cancellara, the reigning time-trial world champion.

Taylor Phinney's first step toward that career comes at the Beijing Olympics.

I’m David Byrd, VOA Sports.
[PR]
by danueno | 2008-07-14 17:09 | オリジナル英文

No.251 SIM音読用英文

-------------------------------------
'Mini' Phinney Hopes to Cycle to Olympic Gold
-------------------------------------

Taylor Phinney must have cycling in his blood.


His father Davis Phinney was the first American

to win a stage of the Tour de France

in 1986.


His mother, Connie Carpenter Phinney,

was the road race gold medalist

at the 1984 Los Angeles Olympics.


Within his first year of competitive cycling,

Taylor has won 23 races.


His first trip

around a velodrome,

used for cycling's track events,

was in Colorado Springs, Colorado

last September.


The relatively flat Colorado track is nothing

like the tight, steep, wooden 250-meter indoor velodrome

in Beijing.


But Phinney,

who just turned 18 on June 27,

has proven

his youth and relative inexperience are not a hindrance

to success.


In January he earned an Olympic nomination

in the 4,000-meter individual pursuit race

at the third round

of the International Cycling Union's Track World Cup Classics series

in Los Angeles.


Some say his pedigree is the reason for his success.


Others say it is hard work

that is the key.


Since Taylor Phinney does not live

near a velodrome

and had to finish high school

this past year in Boulder, Colorado,

he did much of his training at home

on specially-designed rollers

that simulate the speed of the track.


But his success has taken a back seat

to his family -

his father Davis Phinney had to undergo

brain surgery April 4th,

eight years after being diagnosed

with Parkinson's syndrome,

a degenerative disease

that attacks the central nervous system.


Apart from his training and his father's battle with disease,

Taylor Phinney sounds like a normal teenager.


He says that he spends his free time

with friends or just relaxing at home.


"You know, I like just hanging out with friends,

whether it's playing video games or just, um,

I have a trampoline

I like to jump on,

doing some flips and tricks.


And you know just hanging out in general.


It's nice; it's relaxing."


Taylor is under contract

with Team Slipstream.


He hopes to expand his competition

to road cycling,

and Slipstream team leader Jonathan Vaughters

has predicted a career

similar to that

of Swiss rider Fabian Cancellara,

the reigning time-trial world champion.


Taylor Phinney's first step

toward that career

comes at the Beijing Olympics.


I'm David Byrd, VOA Sports.
[PR]
by danueno | 2008-07-14 17:02 | SIM音読用英文

日本人に最適の英語習得法

~ 「語順の問題」とリスニング ~
  


「SIMうんちく」は、このことろ「日本人に最適の英語習得法」

 というテーマでお話しています。


 ちょっと前回の復習をしましょう。

 前回は、Jumpを聴く時の注意すべきポイント、というお話でした。


 内容は、元の英文 Jumpを聴く時、「返り読み」的発想に戻らない、

 ということでしたね。


 Jumpの段階では、あくまで文頭からセンスグループごとに、

 意味を瞬間的にとらえていくように、特に気を付けなければ

 なりません。


 それに、たいていの学習者がしている英語の学習とは、

 Hop,Skip&JumpのうちのJumpだけを聴いているのと同じだ、

 というお話もしました。


 つまり、英語をそのまま繰り返し何度も聴いているだけ、

 ということです。


 これでは、リスニング力はなかなか身に付きません。

 それでは「語順の問題」が全く解決されていないからですね。


 Hopと Skipで「語順の問題」を解決してから英語を聴かなければ、

 実は何の意味もありません。


 結局、Hopと Skipが決定的に大切なのだ、ということでしたね。



 …以上が、前回の復習です。

 今日は、ここからです。


 今回は、「語順の問題」とリスニングとの関係について、

 もっと踏み込んだお話をしましょう。


 そもそも、リスニングにおいて、「語順の問題」がなぜ、これほど

 重要なのか、それは、日本語と英語の根本的な差異によります。


 そして、日本人がなぜ、これほどまでに英語を聴き取るのが

 困難なのか、その理由も「語順の問題」に帰結するんです。



 いつか5文型のところでもお話ししましたが、

 5文型のそのひとつひとつ見てみると、すべての文型がまず、

 主語(S)+述語動詞(V)ではじまることがわかります。


 つまり、英米人の発想の根本は、S+Vなんです。

 そして、この部分の意味内容が、それから後の語句を決定する力を

 持っているんです。


 したがって、この部分を他の部分から取りだして、まず考えることが

 極めて大切です。


 これが「英語の思考法」を身につける重要な鍵の一つになります。


 ジャック・ハルペンという日本語弁論大会で優勝したことのある

 ユダヤ人がいますが、この人が書いた『日本と日本語大論争』という

 本には、大変参考になることが書いてあります。



 彼はドイツで生まれ、ヨーロッパを転々と追われて生活しなければ

 なりませんでした。次々に違う国で生活するには、その国のことばを

 覚えなければ生きていけませんでした。


 そういう厳しい現状の中で、ドイツ語をはじめヨーロッパの言語を

 何か国語も覚えたのです。


 あるとき、イスラエルのキブツ農場で日本人に出会い、それまで

 自分が覚えたことばとは全く違う日本語に接して、彼は日本語に

 魅せられ、日本へやって来たのです。


 そして日本語をマスターして、何冊も本を書き、漢字辞書さえ

 出版したそうです。


 この彼が日本語で最も難しかったのは、「動詞が最後に来る事だ」と

 言っています。


 「僕が使っている言葉はいつも動詞が先に出たがっていると言うか、

 言わないではいられないんです。

 これは深い本能的な意思、反応なんです。物事を考える時に、

 動詞を先に出すのは僕たちの本能みたいなものですが、日本語では

 それが逆になるので頭の中でとてもひっかかるんです。」

 と言っています。


 ここには、日本人が英語を学ぶ上で障害になっている問題を、

 根本的に解決するカギが隠されています。


 では、そのカギとは何でしょうか?



 この続きは、また来週お話しします。


     …お楽しみに! 
[PR]
by danueno | 2008-07-09 13:55 | SIMうんちく