<   2008年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

春は必ずやってくる

 最近、外を歩いていると、梅の花をちらほら見かけます。 

 「そうか、春はもうすぐそこまで来ているんだなー!」と

 うれしくなります。


 毎年この季節になると思うことがあります。

 それは、「春は必ずやってくる」ということです。

  
 どんなに冬が長く厳しかろうとも、それでも毎年、

 必ず春はやってきます。
 
 朝の来ない夜がないように、春の来ない冬はないんです。



 これと同じように、たとえ私たちの人生の歩みの中で

 厳しい冬のような試練に見舞われたとしても、

 それは永遠に続くものではありません。

 試練は、いつか必ず終わるのです。

 
 ですから、もし今、貴方が試練の中で苦しんでいるとしても

 気を落とさないでください。


 春の来ない冬がないように、

 試練は必ず終わり、安らかな喜びの時が巡ってきます。

 


 ところで、いったい何のために、私たちの人生には

 試練が付いてまわるのでしょうか?


 私たちの人生には楽しい出来事ばかりが起こるのではなく、

 時として耐えがたいような、苦しく、悲しく、辛い体験が

 もたらされます。

 それはいったい、なぜ…?



 これは私の答ですが、

 試練とは、私たちがより大切なことに目が開かれ、

 本当の意味で幸せになるための天の配剤ではないでしょうか。


 確かに、私たちが何不自由ない生活をしている時、

 私たちはなかなか自分の問題に気づきません。
  
 うまくいっていれば、気づく必要もないのです。


 ところが、私たちが試練の中で行き詰まったり、

 孤独と悲しみの中で立ちすくむ時、はじめて私たちは

 自分自身に直面して、自分の問題に目が開かれるのです。


 そこにおいて、私たちは、かけがえのない人生の宝を

 つかむことができるのではないでしょうか。





  “God keeps his promise, and he will not allow you to

  be tested beyond your power to remain firm, at the time

  you are put to the test, he will give you the strength

  to endure it, and so provide you with a way out.”

              BIBLE(1 Corinthians 10:13)

      
   〔神は真実な方ですから、あなたがたを耐えることの
    できないような試練に会わせるようなことはなさい
    ません。
    むしろ、耐えることのできるように、試練とともに、
    脱出の道も備えてくださいます。〕
[PR]
by danueno | 2008-02-27 16:04 | 編集後記

SIMの発音習得法 その9

~ 線的勉強法は第2外国語にも有利 ~
  
     

 新シリーズ「SIMの発音習得法」、今日はその9回目です。

 さっそく前回の復習をしましょう。


 
 前回は、「点的勉強法と線的勉強法」のお話でした。


「点的勉強法」というのは、勉強している個々の事柄が

 ばらばらに散らばっている状態です。

 
 これでは、獲得している知識が互いになんの関係もなく

 ただ頭に詰めこまれていきます。

 これが、「点的勉強法」です。



 これに対して、「線的勉強法」というのは、

 勉強している個々の事柄が、あるひとつの線の上で

 連続していくような勉強法を言います。



 たとえば、good-bye と Sydney というふたつの単語の場合、

「点的勉強法」では、これらの発音を何の関連性も持たせず

 ただ別々に暗記します。


 それに対して、「線的勉強法」は、これらの単語が

「音節リズムの法則」により、2拍のリズムであるという

 共通点を確認しながら勉強する、ということでした。


「線的勉強法」をしていると、非常なメリットがあります。


 それは「音節リズムの法則」という太い線の上で

 発音を理解することができる、ということです。


 もし学習の過程で、知らない発音が出てきたとしても、

 音節の数で発音を推測しながら勉強を進めることができます。

 ですから、勉強がスムーズに、かつ無限に発展するのです。



 …前回のお話はここまで。

 今日は、ここからです(↓)
 

 さて、線的勉強法をしていると、第2外国語の習得にも

 メリットがあります。


 英語の発音とドイツ語の発音は、「音節リズムの法則」という

 太い一本の線上に並んでいます。


 ですから、英語の発音を「音節リズムの法則」で勉強した人は、

 ドイツ語の発音も、日本語しか知らない人よりは容易に

 身につけられるんですね。


 同様に、フランス語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語など、

 すべてのヨーロッパの言葉を、この同一線上で習得することが

 できるのです。



 具体的に例を挙げてみましょう。


 例えば、土曜日はドイツ語で Samstag と言います。

 これは「ザ・ム・ス・ター・ク」と5拍のように見えますが、

 正しくは2拍で「ザムス・ターク」です。


 フランス語では、samediで、これも2拍で「サム・ディ」と

 発音します。


 つまり、2拍に発音していれば、フランス人にわかるのです。


 イタリア語では、sabatoで、「サ・バ・ト」と3拍のリズムで

 ゆっくり、はっきり発音すればよいのです。

 アクセントは最初のsa-にあります。


 スペイン語では、el sabadoで、最初の定冠詞 elを日本語式に

 「エ・ル」と2拍にならないように注意すれば、

 全体を「エル・サ・バ・ド」と4拍に発音することができます。


 アクセントはイタリア語と同じで、sabadoのsa-にあります。


 このように、あらゆるヨーロッパの言語の発音は

 同じ一本の延長線上に捉えることができます。


 ですから、線的勉強法で学習を積み重ねていると、

 第2外国語を勉強するときにも、極めて有利であることが

 わかるでしょう。


      …この続きはまた次回。


                … お楽しみに!
[PR]
by danueno | 2008-02-27 16:02 | SIMうんちく

No.231 オリジナル英文

-------------------------------------
China Pledges Safe Olympic Food Supply
-------------------------------------
From farm to table, authorities in Beijing say they are able to track the progress of farm animals and crops aimed for human consumption.

The Beijing Olympic organizing committee Thursday showed reporters an elaborate Internet-based supervision system that provides detailed information of food products at every step of production.

Chinese authorities say they will also set up mobile response teams to react quickly if there are any problems.

One worry is the possibility of banned chemicals in the Chinese meat supply, and the chance that athletes consuming such meat could be accused of doping.

The New York Times quotes caterers working with the U.S. Olympic Committee as saying athletes eating such tainted food could test positive for steroids.

The Times report says the U.S. Olympic Committee is shipping 11,000 kilograms of beef, chicken and pork to China for the games.

At Thursday's news conference, one journalist asked about the report.

Tang Yunhua, of Beijing's Food Safety Office, said athletes will not be allowed to bring their own food into the Olympic Village.

She says Chinese authorities cannot guarantee the safety of outside food, and will not know if it is up to the correct standards.

However, the Times report said most of that food being brought by the Americans will be served at the U.S. Olympic athlete training center at Beijing Normal University, which lies outside the Olympic village.

Kang Yi, food division chief for the Beijing Olympic organizing committee, called the U.S. team's reported plans "regrettable."

She says the Chinese authorities have made a lot of preparations for the athletes of the world to get together.

"It is a pity," she said, "if the U.S. team is not taking part in these preparations."


Stephanie Ho, VOA News, Beijing
[PR]
by danueno | 2008-02-27 15:57 | オリジナル英文

No.231 SIM音読用英文

-------------------------------------
China Pledges Safe Olympic Food Supply
-------------------------------------

From farm to table,

authorities in Beijing say

they are able to track the progress

of farm animals and crops

aimed for human consumption.

The Beijing Olympic organizing committee Thursday showed reporters

an elaborate Internet-based supervision system

that provides detailed information

of food products

at every step of production.

Chinese authorities say

they will also set up mobile response teams

to react quickly

if there are any problems.

One worry is the possibility

of banned chemicals

in the Chinese meat supply,

and the chance

that athletes consuming such meat could be accused of doping.

The New York Times quotes caterers

working with the U.S. Olympic Committee

as saying

athletes eating such tainted food could test positive

for steroids.

The Times report says

the U.S. Olympic Committee is shipping

11,000 kilograms of beef, chicken and pork

to China for the games.

At Thursday's news conference, one journalist asked

about the report.

Tang Yunhua, of Beijing's Food Safety Office, said

athletes will not be allowed to bring their own food

into the Olympic Village.

She says Chinese authorities cannot guarantee

the safety of outside food,

and will not know

if it is up to the correct standards.

However, the Times report said

most of that food

being brought by the Americans

will be served

at the U.S. Olympic athlete training center

at Beijing Normal University,

which lies outside the Olympic village.

Kang Yi, food division chief

for the Beijing Olympic organizing committee,

called the U.S. team's reported plans "regrettable."

She says the Chinese authorities have made a lot of preparations

for the athletes of the world to get together.

"It is a pity," she said,

"if the U.S. team is not taking part

in these preparations."


Stephanie Ho, VOA News, Beijing
[PR]
by danueno | 2008-02-27 15:47 | SIM音読用英文

No.230 オリジナル英文

-------------------------------------
Is Anything Really Private Any More?
-------------------------------------
Americans' right to privacy has been an evolving concept.

The U.S. Constitution's initial ten amendments that we call the Bill of Rights guaranteed only that the government could not quarter soldiers in people's residences and that homes could not be unreasonably searched.

Much later, after many court cases, the notion of privacy expanded to include a certain expectation of solitude at home, free from outside prying.

But these days, you don't have to be a celebrity like pop singer Britney Spears to realize that the right to privacy is no longer assured.

Technology enables others to snoop in our computers, bank accounts, and our very homes.

Take the case of a 17-year-old Virginia high-school student.

One snowy day last month, he picked up his cell phone on his lunch break and called a school official at home to complain that classes had not been cancelled.

He got an answering machine and left a cryptic message, to which the man's wife replied with a caustic message of her own on the student's phone.

"How dare you call us at home!" she yelled.

"You're a snotty-nosed little brat."

And she advised him to get over it and go to school.

The student promptly posted the whole exchange on the Internet, for all the world to hear.

In letters to newspapers, many people applauded the woman's outburst, saying a person should have a right to be left alone in one's home, even on the phone.

For his part, the student told the Washington Post, "People in my generation view privacy differently.

We are the cell phone generation.

We are used to being reached at all times."

In an age when people share intimate details of their lives on the Web, reality television takes voyeuristic viewers into people's workplaces and even bedrooms, and people — like the young man from Virginia — feel free to call anyone anywhere, at any time, the whole question of what is really private is getting quite a test these days.

I’m Ted Landphair.
[PR]
by danueno | 2008-02-20 16:46 | オリジナル英文

No.230 SIM音読用英文

-------------------------------------
Is Anything Really Private Any More?
-------------------------------------

Americans' right to privacy has been an evolving concept.
        
The U.S. Constitution's initial ten amendments

that we call the Bill of Rights

guaranteed only

that the government could not quarter soldiers in people's residences

and that homes could not be unreasonably searched.

Much later, after many court cases,

the notion of privacy expanded

to include a certain expectation

of solitude at home,

free from outside prying.

But these days, you don't have to be a celebrity

like pop singer Britney Spears

to realize

that the right to privacy is no longer assured.

Technology enables others to snoop

in our computers, bank accounts, and our very homes.

Take the case

of a 17-year-old Virginia high-school student.

One snowy day last month,

he picked up his cell phone on his lunch break

and called a school official at home

to complain

that classes had not been cancelled.

He got an answering machine and left a cryptic message,

to which the man's wife replied

with a caustic message of her own

on the student's phone.

"How dare you call us at home!" she yelled.

"You're a snotty-nosed little brat."

And she advised him

to get over it and go to school.

The student promptly posted the whole exchange

on the Internet,

for all the world to hear.

In letters to newspapers,

many people applauded the woman's outburst,

saying a person should have a right

to be left alone in one's home,

even on the phone.

For his part, the student told the Washington Post,

"People in my generation view privacy differently.

We are the cell phone generation.

We are used

to being reached at all times."

In an age

when people share intimate details of their lives on the Web,

reality television takes voyeuristic viewers

into people's workplaces and even bedrooms,

and people - like the young man from Virginia - feel free to call

anyone anywhere, at any time,

the whole question of what is really private

is getting quite a test these days.


I'm Ted Landphair.
[PR]
by danueno | 2008-02-20 16:45 | SIM音読用英文

SIMの発音習得法 その8

         ~ 点的勉強法と線的勉強法 ~
       

 新シリーズ「SIMの発音習得法」、今日はその8回目。

 どんどん、発音学習の深みをさぐっていきます。

 ご期待ください!


 
 前回は、「発音・学習の順序」というお話でした。

 ちょっと復習しましょうね。



 発音の習得の目標を重要なものから順番にあげてみると、

 下記のようになる、ということでした。

-----------------------------------------------------------------

(1)発音のリズムが正しくなること

(2)アクセントが正しくなること

(3)RやL、THなどの子音や、微妙な母音の発音が正しくなること

-----------------------------------------------------------------



 まず何より、「リズムありき」でしたね。

 リズムが正しくなければ、いくら難しい子音や、

 微妙な母音の発音ができたとしても、それでは決して通じる発音には

 なりません。


 このことは「音節リズムの法則」で達成できます。

 まずは「音節リズムの法則」で、リズムを正しく訓練を積むことが、

 他の何よりも最優先されるべきです。


 そにれ、アクセントや、難しいR、L、THなどの子音、それに

 微妙な母音の発音の習得が続きます。

 
 まずリズムさえ押さえておけば、後は、少しずつ完成に向かって

 進めばよいのです。

 逆に、いくら細部の難しい発音が完璧になったとしても、

 リズムが間違っていたら絶対に通じません。



 
 …今日は、この続きです。


 学習には、「点的勉強法」と「線的勉強法」がある、

 というお話をします。



「点的勉強法」というのは、勉強している個々の事柄が

 ばらばらに散らばっている状態です。

 
 これでは、獲得している知識が互いになんの関係もなく

 ただ頭に詰めこまれていきます。

 これが、「点的勉強法」です。



 これに対して、「線的勉強法」というのは、

 勉強している個々の事柄が、あるひとつの線の上で

 連続していくような勉強法を言います。



 発音の勉強で言うと、たとえばここに

 good-bye と Sydney というふたつの単語があるとします。


「点的勉強法」では、これらの発音を何の関連性も持たせず

 ただ別々に暗記します。


 かたや「線的勉強法」は、これらの単語が

「音節リズムの法則」により、2拍のリズムであるという

 共通点を確認しながら勉強します。


「線的勉強法」をしていると、どんなメリットがあるのでしょう。


 それは「音節リズムの法則」という太い線の上で

 発音を理解することができる、ということです。


 もし学習の過程で、知らない発音が出てきたとしても、

 音節の数で発音を推測しながら勉強を進めることができます。

 ですから、勉強がスムーズに、かつ無限に発展します。


 ところが、「点的勉強法」をしている人は、

 日常会話だけでも約3000語の英単語の発音を、

 英米人の物真似で覚えなければならないことになります。


 これは実に大変な作業です。

 そんな学習をしていてはいけません。 



      …この続きはまた次回。



                … お楽しみに!
[PR]
by danueno | 2008-02-20 16:42 | SIMうんちく

よりよいコミュニケーションの方法 

「KY」という言葉、知ってますか?

 意味は、「空気が読めない」ということらしいです。

 昨年の流行語大賞にノミネートされました。


 気にしている人が多いのか、いま「会話術」が大ブームと言います。

 人前での会話の仕方を教える教室や、コミュニケーション術が

 書かれた本も続々登場しています。


 そんな中で、今注目を集めているコミュニケーション術があります。

 それが「ミラーリング」です。

 (先日見たTVの受け売りです…笑)

 

「ミラーリング」は心理カウンセラーでも使う方法で、

 話し手の言葉を繰り返したり、仕草を真似る、というものです。


 たとえば、相手が「昨日はとても良いことがあったのよ」と言えば、

「へ~、そうなの」で終わるのではなく、

「へ~、良いことあったの」と相手の言葉を繰り返すのです。


 そして、「彼から誕生日のプレゼントをもらったの」と言えば、

 単に「よかったね」ではなく、「プレゼントもらったの。よかったね」

 と応えるのです。

 このように、相手の言った言葉の一部を繰り返すのがポイントです。


 さらに、仕草の真似も効果があり、

 相手が紅茶を飲めば、自分も紅茶を飲み、

 お菓子を食べれば、自分もお菓子を食べるのだそうです。


 この「ミラーリング」に、どんな効能があるかというと、
 
 話し手に好感を持っていることが無意識に伝わり、

 コミュニケーションがスムーズになる、とのこと!



「う~ん。」私はこの番組を見てうなりました。

 さっそく、妻に試してみると、これが大成功でした。

 ところが、目上の男性に試してみると怪訝な顔をされました(汗)


 …というわけで、TPOがありそうです(笑)



 ※私としては、よりよいコミュニケーションとはテクニックではなく、

  より内面的な所にカギがあるのだと思います。


     “And to all these qualities add love, which binds

     all things together in perfect unity.”

                  BIBLE(Colossians3:14)


       〔そして、これらすべての上に、愛を着けなさい。
        愛は結びの帯として完全なものです。〕
[PR]
by danueno | 2008-02-13 17:54 | 編集後記

SIMの発音習得法 その7

          ~ 発音・学習の順序 ~
       

 新シリーズ「SIMの発音習得法」、今日はその7回目です。

 
 前回は、「物まね主義からの脱却」というお話でした。

 ちょっと復習しましょう。



 発音の要点は、「音節の数によって拍数が決まる」という

 「音節リズムの法則」にある、ということでしたね。


 日本人は発音にナマリがあるということを、

 必要以上に気にします。


 実は、そのことは、

 「正しい発音は、英米人の発音とそっくりになることだ」

 という、「物まね主義」のあらわれにすぎないんです。


 日本人は、英米人の発音とそっくりに発音できないので、

 「自分の発音はまだ駄目なのだ」と考えています。


 つまり、「英米人の発音が正しくて、自分の発音は偽物だ」

 という偽物意識に悩まされているのです。


 日本人の英語の先生でさえ、

 「自分の発音は本物ではあり得ない」、という

 偽物意識に悩みながら教えています。


 その原因が、日本の英語教育界を支配している

 「物まね主義」なんです。



 早くこの「物まね主義」から脱却しなければいけません。

 そして、私たち日本人の発音も、

 「音節リズムの法則」という基本さえきっちり押さえておけば

 十分通用するという意識を、しっかり持つことが必要です。



 …さて、今日はこの続き。


 今まで話してきたことを、ちょっと整理してみます。

 「発音・学習の順序」ということです。



 発音の習得の目標は「英米人の発音とそっくりになること」ではない、

 と言いましたが、その目標を重要なものから順番にあげてみましょう。



(1)リズムが正しいこと


 まず何より、「リズムありき」です。

 リズムが正しくなければ、いくら難しい子音や、

 微妙な母音の発音ができたとしても、それでは決して通じる発音には

 なりません。


 このことは「音節リズムの法則」で達成できます。

 まずは「音節リズムの法則」で、リズムを正しく訓練を積むことが、

 他の何よりも最優先されるべきです。



(2)アクセントが正しいこと


(3)日本人には難しいRやL、THなどの子音や、微妙な母音の発音

   が正しいこと


 アクセントの問題と、難しい子音や微妙な母音の発音については、

 2番目と3番目に来ます。

 
 まずリズムの習得が最も大切です。

 それからアクセントが来て、最後に子音や母音の微妙な発音と続きます。


 ところが、日本の英語学習では(1)リズムの習得の段階がないので、

 いつまでたっても日本人の発音は通じないままなのです。



      …この続きはまた次回。



                … お楽しみに!
[PR]
by danueno | 2008-02-13 17:45 | SIMうんちく

No.229 オリジナル英文

--------------------------------------
Youth Vote Growing in US Presidential Contests
--------------------------------------
Young voters are flocking to the polls in record numbers this U.S. presidential election year.

The independent research group, CIRCLE, reports that youth turnout rates in many state primaries and caucuses have doubled, tripled, and, in the case of Tennessee, even quadrupled.

Fritz Wenzel is the communications director at the polling firm, Zogby International.

He says the numbers reflect a new wave of civic-minded youth.

"They're excited.

They understand the issues at stake are important to them and impact their future, and are actually doing something about it."

And the candidates are responding.

They are speaking directly to young voters, encouraging them to get involved.

Senator Hillary Clinton is the Democratic Party's front-runner.

"I want to thank the young people across New Hampshire who came out."

Candidates are also using social networking websites and other youth-oriented media to mobilize support.

And they are addressing youth concerns, like the ones voiced during this recent forum sponsored by MTV, MySpace, and the Associated Press.

"As president of the United States, what role will you make sure the U.S. has in ensuring that the genocide in Darfur does not become the new Rwanda?"

The candidate having the most success so far with young voters is Obama.

Robert Pastor heads American University's Center for Democracy and Election Management.

He says youth are inspired by Obama's message of change.

"He reflects a new generation, a new generation's view of the world, a desire on the part of the new generation to change things in dramatic fashion, in bold fashion and all of those things, I think, are part of what excites young people to participate and vote for him."

Maintaining that participation could be key to either Obama or Clinton winning the presidency.

Zogby polls show that Millennial voters favor Democrats over Republicans three to one.


Alex Villarreal, VOA News.
[PR]
by danueno | 2008-02-13 17:38 | オリジナル英文