<   2007年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

刺繍の裏側

今日も、ちょっといい話をご紹介します。


かつて、コーリー・テン・ブームという1人の女性がいました。

彼女は1892年にオランダに生まれた時計職人でしたが、第二次世界大戦の時に

身の危険を顧みず多くのユダヤ人をかくまったため、ゲシュタポに捕らえられ

てしまいました。

その後、コーリーさんの家族は全員、強制収容所で亡くなりましたが、ひとり

コーリーさんだけが奇跡的に生き残りました。


…ここにご紹介するのは、そのコーリーさんの談話です。



コーリーさんによると、「人生とは刺繍のようなもの」だそうです。


私たちが自分の人生を見る時、それは多くの場合、混沌としています。

喜びや楽しみに、悲しみや苦しみが唐突に混じり合い、一見すると非常に

混乱したものに見えます。 時には「何でこのような事が起きるの?!」と、

人生の不条理に悩むことさえあります。



しかしコーリーさんによると、人生の目に見える部分は「刺繍の裏側である」

というんですね。

刺繍の裏側は、糸がほつれたり玉になったり、およそまともな模様は見られず

限りなく混乱しているように見えます。

ところが、これをひっくり返して刺繍の表側を見ると、そこには見事な模様が

描かれているのです。



これが私たちの人生です。

目に見えない部分で見事な模様が織りなされている、ということなんです。

私たちも、その美しい模様を心の目で見たいものですね。




     “For we fix our attention, not on things that are seen,

   but on things that are unseen. What can be seen lasts only

for a time, but what cannot be seen lasts forever.” Bible
[PR]
by danueno | 2007-06-28 12:15 | 編集後記

SIMのスピーキング力UP法 最終回

これまで11回にわたって「SIMのスピーキング力UP法」というテーマで

お話しをしてきましたが、今日は最終回になります。



さて、このところ、スピーキング力UP法の中でも「イントネーションの活用」

について多くの時間を割きました。


ちょっと前回の復習を兼ねて例題を見てみましょう。


 ----------------------------------------------------------

  鳥の歌声と鳥の呼び声の間に正確な線を引くことは、しばしば

 難しいものです。

 ----------------------------------------------------------


これを英語で言ってみましょう、ということでしたね。


まず、SとVは何でしょう、ということですが、この場合のSを

「鳥の歌声と鳥の呼び声の間に正確な線を引くこと」としてしまうと

えらく長ったらしくなります。

そこで、仮主語 it を使います。


…これが大きなポイントでした。


すると、

 It is often difficult … (それは、しばしば難しいものです)
               ~~~~~~~   

ですね。

最後の方はちょっと尻上がりのイントネーションを付けます。




次に、何が難しいのか考えます。

イントネーションを付けていますので、あわてる必要はありません。


すると、「正確な線を引くことは」で、to draw a precise line… と

なります。

ここでも、尻上がりのイントネーションを付けて、相手に待ってもらいま

しょう。


最後に、「鳥の歌声と鳥の呼び声の間に」ですから、

between bird songs and bird calls. とまとめます。

センテンスの最後ですから、イントネーションは下げてください。



ここまでが前回の内容でした。


とにかく、このように仮主語を使うと、早くS+Vを出すことができるので、

相手に安心して待ってもらうことができ、その間に、実質的な主語を考える

時間をかせぐことができます。



このような頭の働き(S+Vをとにかく早く出す)は、SIM方式による

トレーニングによって、非常に効果的に身に付いてきます。


このシリーズを終えるにあたって、ここでもう一度皆さんに強調しておかなけ

ればならないことは、何よりも「英語の思考法」を身につける努力を欠かして

はならないということです。


実際に英語を話すときには、丸暗記で覚えた文をその通りに話す機会などない

のですから、句切ごとに次の語句を考えながら、イントネーションを活用し

て話す、これしかありません!


シリーズを終えるに当たり、重要なポイントをまとめてみましょう。


---------------------------------------------------------------------

1.英会話が上達するのに必要な訓練は、英文を丸暗記することではない。


2.それは英語の語順で考える「英語の思考法」を養成することである。


3.そのためには、必ず英語の思考単位で句切り、「返り読み」をせずに

  理解し、また「英語の語順」に従って発話する、これ以外に道はない。

---------------------------------------------------------------------


いかがでしょうか?


「英語の思考法」さえ身に付けば、英語力は必ずUPしますよ。

 
  …では、また来週お会いしましょう。
[PR]
by danueno | 2007-06-27 11:46 | SIMうんちく

No.199 オリジナル英文

--------------------------------------
Senior US Diplomat Makes Unannounced N. Korea Visit
--------------------------------------
Before departing Tokyo for Pyongyang Thursday, Assistant Secretary of State Christopher Hill said it was important to make up for lost time on the North Korean nuclear issue.

"We have to catch up on some of the timelines, because we really fell behind this spring, and I think we have to do everything we can do to accelerate the timelines."

Hill is Washington's chief delegate to six-nation talks on North Korea's nuclear weapons programs. The talks also include Japan, China, Russia and South Korea.

Pyongyang agreed in February to shut down its main nuclear facility, a preliminary step toward full nuclear disarmament, by mid-April.But Pyongyang then delayed taking action for months because of delays in transferring North Korean funds frozen in a Macau bank.

The problem appeared to have been resolved early this week, and things began to move again. The North Koreans invited United Nations nuclear inspectors into the country, and the inspectors have been planning to visit next week to arrange the shutdown.

However, on Thursday, a North Korean diplomat in Vienna said the date of the visit by the International Atomic Energy Agency had not been confirmed. He said that the money from Macau had not yet been returned to North Korea, and until it was, no date for the IAEA visit would be set.

Tong Kim is a professor at Seoul's Kyungnam University.In his former job as a high-level interpreter for the U.S. State Department, Kim escorted then-Secretary of State Madeleine Albright to North Korea in 2000.He also accompanied Hill's predecessor, Assistant Secretary of State James Kelly, in 2002, the last time any high-level U.S. government official was in the country.

Kim says he doubts Hill will get the chance to meet North Korean leader Kim Jong Il on this trip, because it is too early in the diplomatic process.He also says Hill is not senior enough, and the North Korean leader would wait to meet Hill's boss, Secretary of State Condoleezza Rice.

"I think Kim Jong Il will certainly meet with Rice if she comes over there, but not at this point, because there is so much more Kim Jong Il will have to be sure of before really making the move."

South Korean Foreign Minister Song Min-soon on Thursday praised Hill's decision to visit the North Korean capital, and says the South can now "move fast" on its promise of 400,000 tons of rice for the impoverished North.

Seoul has been holding back on the shipment until the North carries out the shutdown as promised.

South Korean officials say both the shutdown, and the rice shipment, may be completed by next month.

Kurt Achin, VOA News, Seoul.
[PR]
by danueno | 2007-06-26 15:37 | オリジナル英文

No.199 SIM音読用英文

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Senior US Diplomat Makes Unannounced N. Korea Visit
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Before departing Tokyo for Pyongyang Thursday,

Assistant Secretary of State Christopher Hill said

it was important to make up for lost time

on the North Korean nuclear issue.

"We have to catch up on some of the timelines,

because we really fell behind this spring,

and I think we have to do everything we can do

to accelerate the timelines."

Hill is Washington's chief delegate

to six-nation talks

on North Korea's nuclear weapons programs.

The talks also include Japan, China, Russia and South Korea.

Pyongyang agreed in February

to shut down its main nuclear facility,

a preliminary step

toward full nuclear disarmament,

by mid-April.

But Pyongyang then delayed taking action for months

because of delays in transferring North Korean funds

frozen in a Macau bank.

The problem appeared to have been resolved early this week,

and things began to move again.

The North Koreans invited United Nations nuclear inspectors into
the country,

and the inspectors have been planning to visit next week

to arrange the shutdown.

However, on Thursday, a North Korean diplomat in Vienna said

the date of the visit by the International Atomic Energy Agency
had not been confirmed.

He said that the money from Macau had not yet been returned to North
Korea,

and until it was, no date for the IAEA visit would be set.

Tong Kim is a professor at Seoul's Kyungnam University.

In his former job

as a high-level interpreter for the U.S. State Department,

Kim escorted then-Secretary of State Madeleine Albright

to North Korea in 2000.

He also accompanied Hill's predecessor, Assistant Secretary of State
James Kelly,

in 2002,

the last time

any high-level U.S. government official was in the country.

Kim says he doubts

Hill will get the chance

to meet North Korean leader Kim Jong Il on this trip,

because it is too early

in the diplomatic process.

He also says Hill is not senior enough,

and the North Korean leader would wait

to meet Hill's boss, Secretary of State Condoleezza Rice.

"I think Kim Jong Il will certainly meet with Rice

if she comes over there,

but not at this point,

because there is so much more

Kim Jong Il will have to be sure of

before really making the move."

South Korean Foreign Minister Song Min-soon on Thursday praised Hill's decision

to visit the North Korean capital,

and says the South can now "move fast"

on its promise of 400,000 tons of rice

for the impoverished North.

Seoul has been holding back on the shipment

until the North carries out the shutdown as promised.

South Korean officials say

both the shutdown, and the rice shipment, may be completed by next
month.

Kurt Achin, VOA News, Seoul. (6/21/2007)
(Material is provided courtesy of voanews.com.)
[PR]
by danueno | 2007-06-26 15:30 | SIM音読用英文

Eternal Life

先日ちょっと面白いTV番組を見ました。

芸能人の健康状態を人間ドックで見てもらい、それぞれに残された推定寿命

を発表するという番組でした。



当日のゲストの中で一番長かったのは、モンキッキーの奥さんの山川恵里佳

さんで、あと60年。最も短かったのが、たむらけんじさんのあと4年(!)

でした。山下さんは大喜び、たむらさんは、かなり落ち込んでいました。


他のゲストも、あと14年と言われたり9年と言われたりで、「意外に短い

なー」と、大なり小なり不安げな様子でした。



私たちは普段、自分に残された寿命について考えることは、ほとんどないと

思います。自分もいつかは寿命が来るとわかっていても、その「いつか」は

「当分先だろう」という認識の元に生きていると思います。それを、推定と

はいえ、具体的な数字で出されれば、ある意味かなりのショックでしょうね。



しかし、この番組を見ていて私が思ったことは、あと60年と言われて喜ん

でいた山川さんも、あと4年と言われて落ち込んでいた、たむらさんも、

本当のところはわからない、ということです。


私たちは明日をも知れぬ者です。

たむらさんが摂生して60年生きるかも知れないし、山川さんが4年後に

大事故に遭うかも知れません。それは誰もわかりません。



「明日のことは明日が心配します」という言葉があります。

未来は神様の領域であるということです。ですから私たちは、明日の心配を

捨てて、今日を誠実に生き、淡々とその日なすべきことをする。これだけで

充分ではないかと思います。




  “For God loved the world so much that he gave his only Son,

  so that everyone who believes in him may not die but have

  eternal life.”(Bible)
[PR]
by danueno | 2007-06-21 17:08 | 編集後記

SIMのスピーキング力UP法 その11

「SIMのスピーキング力UP法」、今日はその第11回で、イントネーシ

ョンの活用の続きです。


今回は、イントネーションの活用、その実践編ということで例題を2つ出し

ます。

ガンガンいきますので、サクサク答えてください(笑)。



例題を読んだら、SIM同時通訳方式で英訳してください。

その際、イントネーションを付けるのをお忘れなく。

少々おおげさなくらいつけると楽しいですし、その方が勉強になります。



…では、行きます。



例題1)
----------------------------------------------------------

「スミス氏が、事業の新しい企画書をあなたに渡すため

  ロビーに来ていらっしゃいます」

----------------------------------------------------------


  …どうぞ。








はい、まずS+Vですね。

「スミス氏がロビーに来ていらっしゃいます」の部分です。

尻上がりのイントネーションを付けて言ってみてください。






Mr. Smith is in the lobby…  ですね。

次は、「あなたに渡すために」ですね。




to give you… ですね。

最後に、「事業の新しい企画書を」です。




a new plan for the project. で、締めくくりましょう。



ちょっと解説しますと、この英文を、頭の中で最後まで英作文してから

話し始めるのではなく、「スミスさんがロビーに来ていらっしゃいます」

という結論を、まずサッと言います。


そして、何の目的で来ているのかを考えることが大切です。


これをしなかったら、会話は絶対に上達しません。


したがって、最初に出るべき語句をサッと言って、その意味を考えて、その

内容から次にどんな語句が必要になるかを考える練習をするのが、会話の

上達法なのです。




では、次に、これを英語で言ってください。


例題2)
 ----------------------------------------------------------

  鳥の歌声と鳥の呼び声の間に正確な線を引くことは、しばしば

 難しいものです。

 ----------------------------------------------------------

「正確な線を引く」は、draw a precise line でお願いします。




…はい、いかがでしょうか?

まずSとVを探してみましょう。


Sを「鳥の歌声と鳥の呼び声の間に正確な線を引くこと」としてしまうと

えらく長ったらしくなります。


これを考えている間に、話の相手はじりじりしてしまうかもしれません。

そこで、仮主語 it を使います。


 It is often difficult … (それは、しばしば難しいものです)
               ~~~~~~~   

これなら、特に考えることなく、すぐ言えますよね。

最後の方はちょっと尻上がりのイントネーションを付けましょう。




次に、何が難しいのか考えましょう。

イントネーションを付けていますので、あわてる必要はありません。


すると、「正確な線を引くことは」ですね。


ですから、to draw a precise line… となります。

ここでも、尻上がりのイントネーションを付けて、相手に待ってもらいま

しょう。


最後に、「鳥の歌声と鳥の呼び声の間に」ですから、

between bird songs and bird calls. とまとめます。

センテンスの最後ですから、イントネーションは下げてください。



このように仮主語を使うと、早くS+Vを出すことができるので、相手に

安心して待ってもらうことができ、その間に、実質的な主語を考える時間を

かせぐことができます。



                …この続きは、また次回のお楽しみ!
[PR]
by danueno | 2007-06-21 11:48 | SIMうんちく

No.198 オリジナル英文

--------------------------------------
California Car Culture Spurs Advanced Auto Design
--------------------------------------
Californians love their cars, as they have since the automobile was introduced more than a century ago.

Today the region is home to more than a dozen design shops where new concepts are explored. The Mazda Miata, Honda CRX, and Toyota Celica were all conceived here.

Some designers are trained at the Art Center College of Design in Pasadena. Its graduates work for more than a dozen companies with advanced design shops in the region.

Auto designer Stewart Reed chairs the Art Center's transportation department.

"It's an extremely vibrant marketplace of both products and ideas. It's a center of arts and architecture and entertainment and high technology, so it's a great place to have a design school.

"Art Center graduate Franz Von Holzhausen heads Mazda's North American design center in the city of Irvine. The company sums up its marketing approach in the motto "zoom zoom."

"'Zoom zoom' is really a personal feeling, and for me, my feeling of 'zoom zoom' is the emotion of motion, and it's really that kind of exuberance you get when you're a little kid of just getting out there and having fun."

He says adults can get the same thrill on the highway. Many Californians want to pull away from the pack with customized vehicles.

Race car driver Steve Saleen markets high performance Ford Mustangs, customized here at his factory.

The shop sells 100 cars a month.

The Ford Mustang remains a popular seller, but down the road at Ford, a team of designers is working on models that may go into production in 10 or 15 years. Ford's John Clinard says designers can see trends in advance in California.

"There's a saying that as you migrate across time zones from east to west in the U.S., each time zone represents about five years of forward thinking. So we're as far west as you can go. This is it. This is where the forward thinking is centered."

Technology is changing, but whether future cars are powered by gasoline, hydrogen, or other kinds of fuel, consumers will want cars that look good and are fun to drive, says Leslie Kendall of the Petersen Automotive Museum.

"People are in love with their cars.

People love the mobility that cars afford them, and they're not willing to give that up any time soon."

And wherever the cars are manufactured, many will be designed in California, which Kendall calls the center of car culture.

Mike O’Sullivan, VOA News, Los Angeles.
[PR]
by danueno | 2007-06-20 10:10 | オリジナル英文

No.198 SIM音読用英文

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
California Car Culture Spurs Advanced Auto Design
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Californians love their cars,

as they have

since the automobile was introduced more than a century ago.

Today the region is home to more than a dozen design shops

where new concepts are explored.

The Mazda Miata, Honda CRX, and Toyota Celica

were all conceived here.
                  
Some designers are trained

at the Art Center College of Design in Pasadena.

Its graduates work for more than a dozen companies

with advanced design shops in the region.

Auto designer Stewart Reed chairs

the Art Center's transportation department.

"It's an extremely vibrant marketplace

of both products and ideas.

It's a center

of arts and architecture and entertainment and high technology,

so it's a great place

to have a design school."

Art Center graduate Franz Von Holzhausen heads

Mazda's North American design center in the city of Irvine.

The company sums up its marketing approach

in the motto "zoom zoom."

"'Zoom zoom' is really a personal feeling,

and for me, my feeling of 'zoom zoom' is the emotion of motion,

and it's really that kind of exuberance

you get when you're a little kid

of just getting out there and having fun."

He says adults can get the same thrill

on the highway.

Many Californians want to pull away from the pack

with customized vehicles.

Race car driver Steve Saleen markets high performance Ford Mustangs,

customized here at his factory.

The shop sells 100 cars a month.

The Ford Mustang remains a popular seller,

but down the road at Ford,

a team of designers is working on models

that may go into production in 10 or 15 years.

Ford's John Clinard says

designers can see trends in advance in California.

"There's a saying

that as you migrate across time zones

from east to west in the U.S.,

each time zone represents about five years

of forward thinking.

So we're as far west as you can go.

This is it.

This is where the forward thinking is centered."

Technology is changing,

but whether future cars are powered by gasoline, hydrogen, or other
kinds of fuel,

consumers will want cars

that look good and are fun to drive,

says Leslie Kendall of the Petersen Automotive Museum.

"People are in love with their cars.

People love the mobility that cars afford them,

and they're not willing to give that up any time soon."

And wherever the cars are manufactured,

many will be designed in California,

which Kendall calls the center of car culture.

Mike O’Sullivan, VOA News, Los Angeles.(6/14/2007)
(Material is provided courtesy of voanews.com.)
[PR]
by danueno | 2007-06-20 10:08 | SIM音読用英文

Humble yourselves

昔の映画に、「喜びも悲しみも幾年月(いくとしつき)」というタイトルの

作品がありました。



燈台守の夫婦の戦前から戦後に至る25年間の生活を描いた、木下恵介監督

の映画です。 私はリメイク版のTVドラマで見た記憶がありますが、

その内容はタイトルそのままで、まさに「人生は悲喜こもごも」という感想を

持ちました。

人生に喜びと悲しみはワンセット。喜びだけではなく、必ず悲しみや苦しみが

ついてまわる、ということですね。



ところで私たちは、喜びや楽しみの時は、それを精一杯楽しみ、喜び尽くそう

としますが、悲しみや苦しみの時はどうでしょうか?

なるべくそれに触れない、思い出さない、考えないようにして、やり過ごそう

としている場合が多いのではないでしょうか?

 

しかし私はこう思うのです。

私たちの人生に喜びや楽しみが与えられていると同じように、悲しみや

苦しみも、私たちに等しく与えられているのではないでしょうか?


これが正しいとすれば、私たちは苦しみに対して、それから逃げず、

顔を背けず、真正面から受け止めて「苦しみを味わいつくす」態度こそが

求められるのではないでしょうか。


私は、苦しみや悲しみの中からこそ生まれるものがある、と感じています。

私たちが苦しみを正しく味わうとき、順風満帆なだけの人生を送った人が

決して持ち合わせない何かを持つことができると思います。




  “Be sorrowful, cry, and weep; change your laughter into crying,

  your joy into gloom! Humble yourselves before the Lord, and he

  will lift you up.”
[PR]
by danueno | 2007-06-14 12:27 | 編集後記

SIMのスピーキング力UP法 その10

   

「SIMのスピーキング力UP法」、今日はその第10回です。


このところ、イントネーションの活用の話をしていますが、いかがで

しょうか?


復習を兼ねて、下記の例題を考えてみましょう。



■英語で言ってみよう(↓)
---------------------------------------------------------

「社長にお会いするために、私はここに来ています」

---------------------------------------------------------



まずは、S+Vを言うということですので…

「私はここに来ています」ですから、

 I am here …  ですね。


その時に、尻上がりのイントネーションを付けて、十分に間を空けます。



そして、次は「社長にお会いするために」です。


「社長」は the company president よりも、

the president of the company の方がベター、ということでしたね。



すると、to see the president ですね。


ここも、尻上がりのイントネーションを付けて、十分に間を空けましょう。

最後に  … of the company. です。

これはセンテンスの最後ですから当然イントネーションは下がります。


 …これが前回の内容でした。




今日はここからです。



ともかく発話をするときに、一文を一気に作れるとか、また作らなければ

ならないということは絶対にありませんよ。


もし、これとは逆に、一文は一気に作れるし、また作らなければならないと

いう前提に立って勉強すると、間違った目標に向かって努力していることに

なり、上達が妨げられるんです。


その場合、英文を丸暗記しようとしているだけで、「英語の思考法」の養成

にはなっていないからです。



最初から長い文をすらすら最後まで言えるものではありません。

ところが「英語で考える」訓練は、学習の初めからしなければならないん

です。


私たちは、このSIM方式の基本的な考え方として、英語の習得には

「未完成から完成へ」という段階があると考えます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「英語の思考法」が身につくのも、この「未完成から完成へ」という段階を

通してなされるものです。


初歩の段階ではまだ一気に一文が作れなくても、つまり未完成であっても、

それが完成への軌道に乗っていることが大切なのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そのために、初級の段階でも絶対に守っていなければならないことは、

まず最初のS+Vを言った後、どんなに時間がかかっても自分の力で(暗記

ではなく)次の語句を考えるということです。


これが英語の語順で考える、「英語の思考法」の訓練になります。


初級の段階では発話力はいまだ未完成ですが、この段階でも英語の語順で

考える「英語の思考法」を訓練する必要があるのです。


そのために有用なのが、イントネーションの活用だ、というわけですね。



                …この続きは、また次回のお楽しみ!
[PR]
by danueno | 2007-06-13 16:35 | SIMうんちく