<   2007年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

人生の目の付け所 

私は朝起きて、すぐにすることがあります。

それは「感謝すること」です。



「今朝も五体満足で起きられました。感謝します」

「今日はとっても良いお天気です。感謝します」

「ご飯がとても美味しいことに感謝します」

「これから仕事に行きますが、働くことのできる会社があることに

 感謝します」

「(通勤途中)きれいな空と、鳥の鳴き声に感謝します」…等々。



感謝し出すと、感謝に値することが数限りなくあることに驚きます。

そうして、感謝しているうちに、心に喜びがどんどん湧いてきます。



感謝の反対は、不平不満でしょう。

私たち人間は恵みに対して鈍感で、それがすぐ「当たり前」になってしまい、

そのうち不平不満ばかりが頭をもたげてきます。

こうなると、心はどんどん暗い袋小路に入り込んで行きます。



私たちがどこを見るかで、世界が一変してしまいます。

私は、田原米子さんという女性を知っています。

この方は、かつて世をはかなんで線路に飛び込み自殺をはかりましたが、

両足と左手を切断し、右手は指3本を残した状態で助けられました。

それから後の苦しみは、言語を絶するものでした。



しかし、ある経験を通して田原さんは「指が3本もある!」と喜ぶことが

できるようになったんです。

それ以後は、「ないもの」を見てつぶやくのではなく、「あるもの」を見て

感謝する人生に変えられました。



開設されたばかりの田原さんのご主人のホームページで、彼女の笑顔を

見ることができます。

http://www.hpmix.com/home/yonekotahara/
[PR]
by danueno | 2007-05-31 14:19 | 編集後記

SIMのスピーキング力UP法 その8

「SIMのスピーキング力UP法」も、いよいよ佳境に入ってきました。

今日はイントネーションの活用というお話しをしますが、その前に前回の

復習をしましょう。



前回は、「来週は何か映画でも見に行こう」と思っているときの言い方で

したね。


これを表現するためには、まずI want to goとか、I would like to goと

いう語句がサッと頭に浮かばなければなりません。


他の語句はまだ何も考えずに、ただこの部分(S+V)をパッと出すことが

最も重要です。



この語句をもとにして、次にどんな語句が来るべきかを考えるのです。


すると、必然的に to see a movie が思い浮かぶはずです。

最後に「来週は」を考えて、next weekでまとめるのです。


このように、最初に来るべき語句をまず言っておいて、それに基づいて、

順次、次の語句を考えながら発話すると、その結果として、

I would like to go…to see a movie…next week.という整った英文に

なります。

ここまでが、前回の復習です。




今日は、この続きです。


この程度の短文ならば、丸暗記して一気に言うことも可能でしょう。

しかし、平易な段階でも「英語の思考法」を駆使して、センスグループの

句切りで多少時間をかけることが非常に大切なのです。


そうすると、一文は一気に発話しなけれならないという思いこみから解放

され、長文のスピーキングの場合でも、先を焦らず落ち着いて考える余裕を

持つことができます。


その際に、重宝するのがイントネーションです。

センスグループごとにイントネーションを付けながら句切り、少し時間を

空けてから、考え考え次の語句を発話するのです。


特に、次の語句がすぐ思い出せない場合など、そこまでの語句の語尾に、

ちょっと尻上がりのイントネーションをつけ、次の語句を探すようにする

と良いのです。


これで、気持ちが落ち着いて、余裕を持って考えることができるようなり、

相手もこちらの話を待っていてくれます。



先ほどの例文で説明しましょう。


まず、I would like to go で尻上がりのイントネーションを付けて、

その後、充分に間を取ります。

落ち着いて、次に話すべき事を考えましょう。


この後の to see a movie とイントネーションを付けて発話し、間を取り

ます。そうして、次の next week を落ち着いて言うのです。



私は自己紹介をするときにも、My name is で切り、ここで一呼吸おいて

から Dan Ueno junior と言うようにしています。


ともかく発話をするときに、一文を一気に作れるとか、また作らなければ

ならないということは絶対にないということです。


もし、これとは逆に、一文は一気に作れるし、また作らなければならないと

いう前提に立って勉強すると、間違った目標に向かって努力していることに

なりますから上達が妨げられます。


これでは結局、その英文を丸暗記しようとしているだけで、「英語の思考法」

の養成にはなっていないからです。




         …この続きは、また次回のお楽しみ!
[PR]
by danueno | 2007-05-30 13:12 | SIMうんちく

No.195 SIM音読用英文

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
New York City Taxis to have Hybrid Technology by 2012
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

When the Internet company Yahoo! announced its "Greenest City in
America" challenge,

it started off the competition

by donating 10 sport-utility vehicles

to a New York taxi company.

These SUVs use hybrid technology

with a combination of gasoline and electricity

that is more environmentally friendly.

The winning city of the Yahoo! challenge gets

an entire fleet of these hybrid taxis.

But ahead of the competition's deadline in June,

Mayor Michael Bloomberg is launching a major change

to this recognizable symbol of New York -- the yellow cab.

In front of City Hall, Bloomberg announced new requirements

for all yellow taxis to use hybrid technology

and meet new fuel consumption standards.

"Phased in over the next five years,

these new standards will cut carbon emissions from these vehicles
by half

within a decade."

Right now, the Ford Crown Victoria is the most commonly used vehicle

for taxis in the city.

It gets 14 miles to the gallon.

In comparison, Ford's Escape Sport Utility Vehicle gets 36 miles
per gallon.

"It will be the largest, cleanest fleet of taxis anywhere on the
planet,

and because taxis are so heavily used,

the new standards will have the equivalent effect

of removing 32,000 individually owned gas powered vehicles

from our streets."

While hybrids are more expensive,

the city says that taxi owners could save

as much as $10,000 a year in fuel expenses.

Many taxi owners and companies are supportive

of the change.

About 400 hybrids were introduced to the taxi fleet

over the last 18 months

in an effort to test their efficiency.

The permanent introduction of hybrid yellow taxis begins in 2008,

and also includes other hybrids

from companies such as Toyota, Lexus and Honda.

Bloomberg says he hopes

the introduction of a completely hybrid taxi fleet will help

the city reach his broader goal

of a 30 percent reduction in New York City's overall carbon emissions

by the year 2030.

Kane Farabaugh, VOA News, New York. (24/5/2007)
(Material is provided courtesy of voanews.com.)
[PR]
by danueno | 2007-05-28 16:54 | SIM音読用英文

No.195 オリジナル英文

--------------------------------------
New York City Taxis to have Hybrid Technology by 2012
--------------------------------------
When the Internet company Yahoo! announced its "Greenest City in America" challenge, it started off the competition by donating 10 sport utility vehicles to a New York taxi company.

These SUVs use hybrid technology with a combination of gasoline and electricity that is more environmentally friendly.

The winning city of the Yahoo! challenge gets an entire fleet of these hybrid taxis.

But ahead of the competition's deadline in June, Mayor Michael Bloomberg is launching a major change to this recognizable symbol of New York -- the yellow cab.

In front of City Hall, Bloomberg announced new requirements for all yellow taxis to use hybrid technology and meet new fuel consumption standards.

"Phased in over the next five years, these new standards will cut carbon emissions from these vehicles by half within a decade."

Right now, the Ford Crown Victoria is the most commonly used vehicle for taxis in the city.

It gets 14 miles to the gallon.

In comparison, Ford's Escape Sport Utility Vehicle gets 36 miles per gallon.

"It will be the largest, cleanest fleet of taxis anywhere on the planet, and because taxis are so heavily used, the new standards will have the equivalent effect of removing 32,000 individually owned gas powered vehicles from our streets."

While hybrids are more expensive, the city says that taxi owners could save as much as $10,000 a year in fuel expenses.
Many taxi owners and companies are supportive of the change.

About 400 hybrids were introduced to the taxi fleet over the last 18 months in an effort to test their efficiency.

The permanent introduction of hybrid yellow taxis begins in 2008, and also includes other hybrids from companies such as Toyota, Lexus and Honda.

Bloomberg says he hopes the introduction of a completely hybrid taxi fleet will help the city reach his broader goal of a 30 percent reduction in New York City's overall carbon emissions by the year 2030.

Kane Farabaugh, VOA News, New York.
[PR]
by danueno | 2007-05-28 16:42 | オリジナル英文

潮騒を聴いてリラックスしよう!

仕事や勉強に疲れた時など、潮騒の音が効きます。

波が寄せては返す、あの音です。


これに、遠くにカモメが鳴く声が混じれば、もう言うことがありません。

目をつむると、そこに広がる白い砂浜と青い海。

心地よく頭が冷やされて、リフレッシュすること間違いナシです。



実は、潮騒の音が聴けるサイトがあるんです。

私は仕事をしながら、時々ヘッドホンで聴いています。

非常に能率が上がりますよ(笑↓)

   http://www.life-tenkimi.jp/



このサイトは、今年8月に公開予定の映画「天国で君に逢えたら」の

公式サイトです。宣伝がちょっと流れますが、そのあとは、ずーっと

潮騒の音が聴けます。


知らない方のために、ちょっとご紹介しますと、この映画の原作は

一昨年、がんで亡くなった世界的なウインドサーファー、飯島夏樹さん

が執筆した同名の小説と、エッセイ「ガンに生かされて」です。



映画では、世界を転戦する飯島さんを応援し、発病後は子供たちと共に

献身的な介護に当たる寛子との夫婦愛を中心に描いています。

飯島さん役は大沢たかお、奥さんの寛子さん役は伊東美咲です。

8月25日公開予定です。



●飯島さんのブログです。
http://natsuki.air-nifty.com/natsuki/2005/06/post_fa10.html

飯島さんの名言:「生きているのではなくて、生かされている」
[PR]
by danueno | 2007-05-24 11:48 | 編集後記

SIM方式の英文法 その52

● SIMのスピーキング力UP法 その7 ●

       

さて、今日は「SIMのスピーキング力UP法」の7です。


前回、私は、「応用力」が身につく英会話習得法ということで、

「SIM同時通訳方式の英会話への応用」というお話しをしました。



つまり、丸暗記した英文を口から出すのではなく、「英語の語順」でセンス

グループ(意味の通る最小限のまとまり)ごとに、そのつど考えながら話す

ということでしたね。


具体的には、英語でまず最初に出るべき語句S+Vを、パッと投げ出す

ように言っておいて、次々と必要な語句を付け加えるという発想です。


ですから、発話するときに、まずパッとS+Vが出て来るようにならなけれ

ばなりません。



今日は、この点をちょっと突っ込んでお話しします。


いつも言っていることですが、日本人の多くは、「英語の文章は常に最後

まで一気に読まなければならない」と思っています。

ですから、もし文の途中でつまってしまうと、また最初にもどってやり直し、

一気にすらりと読むまでやり直す癖がついてしまっています。

このような読み方は、もちろん実際的ではありません。



実は英会話でも、それと全く事情が同じなんです。

発話する時に、文章の最初から最後までよどみなく一気に話さなければなら

ない、という決まりはどこにもありません。

それを一気に話さなければならない、と思いこんでいるからパニックになる

んです。



日本語の会話を考えてみましょう。

私たちも日本語をしゃべる場合、全文を一気に話しているわけではありま

せんよね。


内容のあることを話す場合には特にそうです。

ワンフレーズごとに考えながら、言い足して行きます。

英米人でもこの点は全く同じなのです。



何かを言い表したいという desire(欲求)、またはintention(意図)が

あなたの頭の中にある場合、それはまだ整理された明瞭なものにはなって

いません。


それを、ことばにすることによって明確にしていくのです。


それも一瞬に整った文になるのではなく、まず最初の語句が決まり、次々に

必要な語句を選んで徐々に具体的になっていくのです。


このように日本語で話す場合も、また英語で話す場合も、最後まで文を作っ

てから話すのではなく、まず最初に来ることばを発しておいて、順次、

次のことばを考えていくのです。


英語ではまず最初に発話しなければならない語句は、原則としてS+V、

つまり主語と述語動詞が結合した部分です。


あのユダヤ人のジャック・ハルペンさんが言ったように、動詞が主語の次に

来るというのが英語を母国語とする人には本能的というか、どうしても

そうしないではいられない言語習慣なのです。



例えば、来週は何か映画でも見に行こうと思っているときに、これを言い

表すには、まずI want to goとか、I would like to goという語句がサッと

頭に浮かばなければなりません。


他の語句はまだ何も考えずに、ただこの部分をパッと出すことが最も重要

です。


この語句をもとにして、次にどんな語句が来るべきかを考えるのです。


すると、必然的に to see a movie が思い浮かぶはずです。

最後に「来週は」を考えて、next weekでまとめるのです。


このように、最初に来るべき語句をまず言っておいて、それに基づいて、

順次、次の語句を考えながら発話すると、その結果として、

I would like to go…to see a movie…next week.という整った英文に

なるのです。



いかがでしょうか?

一気に話さなければ、という強迫観念を捨てることがまず第一です。

次に、S+Vをまず口から出す、ということです。


その際、とても効果的な方法があります。

前回もちょっと触れましたが、イントネーションの活用です。







         …この続きは、また次回のお楽しみ!
[PR]
by danueno | 2007-05-23 15:28 | SIMうんちく

No.194 オリジナル英文

--------------------------------------
US Lawmakers Criticize China, Russia for Copyright Piracy
--------------------------------------
Congressman Adam Schiff co-chairs the Congressional International Anti-Piracy Caucus in the House of Representatives. He says American businesses are losing up to $35 billion a year, globally, because of the illegal products that violate patents and copyrights. .

"On an individual level, copyright infringement is nothing less than high-tech shoplifting. In the aggregate, it can destroy whole industries. There is no difference between stealing a DVD from a store, and selling a pirated CD on the street or uploading it to the Internet."

As expected, China topped the list. U.S. businesses are estimated to have lost more than $2 billion in revenues to piracy in China in 2006, and Washington has brought a case against Beijing in the World Trade Organization.

Caucus co-chair Bob Goodlatte said piracy of American copyrighted materials remained, in his words, epidemic in China over the past year.

"Little has changed, primarily because China's enforcement system - providing little more than a slap on the wrist for intellectual property piracy - does not effectively deter violators. China has taken some steps to address business software piracy, particularly by promoting legally licensed software, but allows piracy to continue largely unchecked in other copyright industries."

Another country singled out for strong criticism is Russia, where pirated products are estimated to cost legitimate U.S. businesses $1 billion in lost revenue.

Goodlatte called on the U.S. government to withhold its support for Russia's WTO membership until Moscow takes stronger measures to deal with the piracy problem.

"I will just reiterate the sense of the U.S. Congress that the U.S. should refrain from completing Russia's WTO accession negotiations until Russia has clearly demonstrated a willingness and ability to provide the kind of copyright protection expected from a WTO partner."

Canada, Mexico and Malaysia were also singled out on the list as countries with serious copyright piracy problems.

The head of the Motion Picture Association of America, Dan Glickman, said the U.S. government should take advantage of the spotlight that is on China in the run-up to the 2008 Olympics to get Beijing to fight pirating more seriously.

Meanwhile, Congressmen Schiff and Goodlatte are introducing a resolution in the House of Representatives that calls on foreign governments to stop using unauthorized software and prevent government-owned computers from being used for any form of copyright piracy.

Stephanie Ho, VOA News, Washington.
[PR]
by danueno | 2007-05-23 11:53 | オリジナル英文

No.194 SIM音読用英文

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
US Lawmakers Criticize China, Russia for Copyright Piracy
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Congressman Adam Schiff co-chairs the Congressional International
Anti-Piracy Caucus

in the House of Representatives.

He says American businesses are losing

up to $35 billion a year, globally,

because of the illegal products

that violate patents and copyrights.

"On an individual level,

copyright infringement is nothing less than high-tech shoplifting.

In the aggregate, it can destroy whole industries.

There is no difference

between stealing a DVD from a store, and selling a pirated CD
on the street

or uploading it to the Internet."

As expected, China topped the list.

U.S. businesses are estimated

to have lost more than $2 billion in revenues

to piracy in China in 2006,

and Washington has brought a case against Beijing

in the World Trade Organization.

Caucus co-chair Bob Goodlatte said

piracy of American copyrighted materials remained, in his words,
epidemic
              
in China over the past year.

"Little has changed,

primarily because China's enforcement system

– providing little more than a slap on the wrist

for intellectual property piracy –

does not effectively deter violators.

China has taken some steps

to address business software piracy,

particularly by promoting legally licensed software,

but allows piracy to continue largely unchecked
   
in other copyright industries."

Another country singled out for strong criticism is Russia,

where pirated products are estimated to cost legitimate U.S.
businesses

$1 billion in lost revenue.

Goodlatte called on the U.S. government

to withhold its support for Russia's WTO membership

until Moscow takes stronger measures

to deal with the piracy problem.

"I will just reiterate the sense of the U.S. Congress

that the U.S. should refrain from completing Russia's WTO accession negotiations
     
until Russia has clearly demonstrated a willingness and ability

to provide the kind of copyright protection

expected from a WTO partner."

Canada, Mexico and Malaysia were also singled out on the list

as countries with serious copyright piracy problems.

The head of the Motion Picture Association of America, Dan Glickman,
said

the U.S. government should take advantage of the spotlight

that is on China in the run-up to the 2008 Olympics

to get Beijing to fight pirating more seriously.

Meanwhile, Congressmen Schiff and Goodlatte are introducing a
resolution

in the House of Representatives

that calls on foreign governments

to stop using unauthorized software

and prevent government-owned computers from being used

for any form of copyright piracy.

Stephanie Ho, VOA News, Washington.
(Material is provided courtesy of voanews.com.)
[PR]
by danueno | 2007-05-23 11:52 | SIM音読用英文

信頼すれば力を得る 

前回は、「信じること、疑うこと」というテーマでしたが、今回も

似たテーマで書かせていただきます。


ところで、皆さんに、ちょっと質問です。

「信じること」といえば、最も純粋に信じる力を持っているのは、いったい

誰でしょうか?


その答は「子供」だと思います。

子供は疑うことを知りません。子供は無邪気に親を信頼し、人生というもの

を信じきっています。子供の持つ、はち切れるばかりの喜びとエネルギーは、

ここから来ていると思います。つまり「信頼が力を生む」と。


大人になるということは、多くの失望をなめたあげく、疑い深くなった状態

を指すのかもしれません。その結果、はつらつとしたエネルギーは失われて

います。



そして、この「信ずる」ということは、私たちが仕事をなしていく上でも

大切なファクターだと、私は考えています。

何らかのプロジェクトを遂行していく時、そこには障害が付きものですが、

これを乗り切る力こそ、「信じる」ことではないでしょうか。


  「こんなことをしていて良いのだろうか?」
 
  「本当に道が開けるのだろうか?」


疑いは確実に仕事への意欲をそぎ、疑いの中では、前向きな発想も生まれま

せん。


検証し、反省するのは、一番最後で良いのだと思います。

それまでは、とにかく信じて前向きに進む、そのような態度が、仕事への

エネルギーと、斬新なアイデアを生むのではないでしょうか。




  The Lord says to the people, "Come back and quietly trust in me.

 Then you will be strong and secure."   (BIBLE Isaiah 30:15)
[PR]
by danueno | 2007-05-17 11:16 | 編集後記

SIM方式の英文法 その51

● SIMのスピーキング力UP法 その6 ●

       

今日は「SIMのスピーキング力UP法」の6です。


前回は、皆さんにひとつの質問をしました。


-------------------------------------------------

 あなたは、暗記タイプですか?

 それとも、原理原則指向タイプですか?

-------------------------------------------------


あなたの今までの学習法が暗記タイプなら、軌道修正をおすすめします。

なぜなら、それでは英語力は伸びないからです。

そのうち必ず限界が来ます。



たとえば、本屋さんい行けば掃いて捨てるほどある英会話やCDは、

いろいろなシーンに応じた様々の短文を覚えるものがほとんどです。


ても、考えてみてください。

日常の会話の場面で、その文の通りに言うことが、果たしてどのくらい

あるでしょうか。

めったにない、と言わざるを得ません。


結局、実際の役にあまり立たないというのが暗記学習の現実なんです。

そこに暗記主義の限界があるんです。


では、どのような種類の能力が英会話に求められるかというと、それは

「応用力」です。

この「応用力」こそ、英会話の最大のコツなんです。


では、「応用力」とは何かと言いますと、それは、まず原理原則を身に

つけて、そこから実際の場面に応じてバリエーションを展開することの

できる力だ、ということができます。



では、どうしたら「応用力」を身につけることができるのでしょう。

そのひとつの答が、皆さんご承知の「SIM同時通訳方式」なんです。

それを英会話にも応用するということですね。


つまり、丸暗記した英文を口から出すのではなく、「英語の語順」でセンス

グループ(意味の通る最小限のまとまり)ごとに、そのつど考えながら話す

ということです。


具体的には、英語でまず最初に出るべき語句S+Vを、パッと投げ出す

ように言っておいて、次々と必要な語句を付け加えるという発想です。


ですから、発話するときに、まずパッとS+Vが出て来るようにならなけれ

ばなりません。

そのために、非常に有用なのが「イントネーションの積極的な利用」です。



            …この続きは、また次回のお楽しみ!
[PR]
by danueno | 2007-05-16 10:35 | SIMうんちく