<   2007年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

このような花の一つほどにも

あなたにとって、「通勤時の楽しみ」って何でしょうか?


…本を読むこと? …音楽を聴くこと? …居眠り? …英語の勉強?

最後の答を言った人はエライ!


私の場合は、残念ながら勉強ではありません(笑)

木や花を見ることです。



歩いて駅に行く途中や、電車の窓から、青々とした若葉を付けた木々や、

春爛漫と言った感じの色とりどりの花々を見るのが楽しみなんです。

そんな中で、今、気に入っているのがチューリップです。

開花の時期が4~5月ですので、あちこちで咲いています。

晴れた日の朝、そよ風の中で首をふっているチューリップを見ていると

心がなごみます。



ところで、この間チューリップを見ていてつくづく思ったことがあります。

それは、花々の美しさには「秩序がある」ということです。

青々とした茎の様子や、花弁の付き方に一定の秩序だった法則性があり、

それが美を生み出しています。 



このように、秩序には特有の美があり、人間の心を和ませます。

反対に、無秩序は私たちに、混乱した不安な思いを抱かせます。

そのような観点で自然界を見ると、何とそこは美しい秩序に満ちている

ことでしょう!


…たとえば、六角形の雪の結晶。

「誰がこれをデザインしたのだろう?」と、いつも考えてしまいます。




 “So why do you worry about clothing?
 
 Consider the lilies of the field, how they grow: they neither

 toil nor spin. And yet I say to you that even Solomon in all

 his glory was not arrayed like one of these.”

                      (MATTHEW 6:28)
[PR]
by danueno | 2007-04-26 11:44 | 編集後記

No.191 オリジナル英文

--------------------------------------
Traffic Death Toll Climbing in Developing Countries
--------------------------------------
The worldwide highway death toll rivals that caused by some infectious diseases. The International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies calls the situation a worsening disaster destroying lives and livelihoods, and hampering development.

The World Health Organization says 1.2 million people die in road crashes every year and 50 million more are hurt, at an estimated cost of more than $500 billion in lost income and disability. The agency says that without appropriate action, road traffic casualties will rise 66 percent by 2020 to become the third leading contributor to the global burden of disease, up from ninth position in 1990.

The problem is most severe in developing nations, where the economic cost is expected to exceed the foreign aid they get. University of Sydney Australia public health professor Robyn Norton says traffic deaths in industrial nations are expected to drop nearly 30 percent by 2020.But China, for example, could have almost twice as many as now and India two-and-a-half times more.

The first U.N. Global Road Safety Week focuses on youth, the age group that bears the brunt of this epidemic. The World Health Organization says road accidents kill nearly 400,000 people under 25, mostly male. That is one-third of the global total.

Traffic mishaps are the leading killer of 15-to-19-year olds worldwide and the second leading cause of death for adolescents.

Although automobile casualties are rising on developing nation roads, the most vulnerable highway travelers are still those on foot or two wheels. In a recent article in the medical journal Lancet, Norton and colleagues from Mexico's National Public Health Institute and the University of Auckland in New Zealand cite study showing that motorcyclists and bicyclists have high injury rates in Asia, while pedestrians are the most often hurt in Africa.

The World Health Organization recommends that low and middle income nations adopt road safety practices that have reduced traffic casualties in rich countries in recent decades, despite increases in the number of drivers and motor vehicles.

Norton says isolated experiences show that they can be transferred. Introducing speed bumps in Ghana cut traffic deaths in half. Use of daytime running lights on motorcycles reduced fatal crashes in Singapore 15 percent. Other successful measures include graduated driver licensing systems for teenagers and installation of seat belts.


David McAlary, VOA News, Washington.
[PR]
by danueno | 2007-04-25 11:01 | オリジナル英文

No.191 SIM音読用英文

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Traffic Death Toll Climbing in Developing Countries
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

The worldwide highway death toll rivals that

caused by some infectious diseases.

The International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies

calls the situation a worsening disaster

destroying lives and livelihoods, and hampering development.

The World Health Organization says

1.2 million people die in road crashes every year

and 50 million more are hurt,

at an estimated cost of more than $500 billion

in lost income and disability.

The agency says that without appropriate action,

road traffic casualties will rise 66 percent by 2020

to become the third leading contributor

to the global burden of disease,

up from ninth position in 1990.

The problem is most severe in developing nations,

where the economic cost is expected to exceed

the foreign aid they get.

University of Sydney Australia public health professor Robyn Norton
says

traffic deaths in industrial nations are expected to drop

nearly 30 percent by 2020.

But China, for example, could have almost twice as many as now

and India two-and-a-half times more.

The first U.N. Global Road Safety Week focuses on youth,

the age group that bears the brunt of this epidemic.

The World Health Organization says

road accidents kill nearly 400,000 people

under 25, mostly male.

That is one-third

of the global total.

Traffic mishaps are the leading killer

of 15-to-19-year olds worldwide

and the second leading cause of death for adolescents.

Although automobile casualties are rising

on developing nation roads,

the most vulnerable highway travelers are still those

on foot or two wheels.

In a recent article in the medical journal Lancet, Norton and
colleagues

from Mexico's National Public Health Institute and the University of
Auckland in New Zealand

cite study

showing that motorcyclists and bicyclists have high injury rates in
Asia,

while pedestrians are the most often hurt in Africa.

The World Health Organization recommends

that low and middle income nations adopt road safety practices

that have reduced traffic casualties

in rich countries in recent decades,

despite increases in the number of drivers and motor vehicles.

Norton says isolated experiences show

that they can be transferred.

Introducing speed bumps in Ghana

cut traffic deaths in half.

Use of daytime running lights on motorcycles

reduced fatal crashes in Singapore 15 percent.

Other successful measures include

graduated driver licensing systems for teenagers and installation
of seat belts.

David McAlary, VOA News, Washington.
(Material is provided courtesy of voanews.com.)
[PR]
by danueno | 2007-04-25 10:53 | SIM音読用英文

「ケータイ族」の台頭!

今日はちょっと物々しいタイトル付けましたが…(笑)

要するに、私も含めた「PC族」とは違う感性をもった、若い世代の

「ケータイ族」が増えてきたぞ、ということです。


そして、将来は、「PC族」が「ケータイ族」に駆逐され、社会で行き場を

失ってしまう… なんて事は、たぶんないとは思いますが、でも、今すごい

勢いで増殖しているのが、PC不要で、ほぼ携帯だけでネットを使いこなす

「ケータイ族」なのだそうです。



総務省の調査によれば、ネットを使う人の中で、携帯だけで済ます人の

比率が2002年末の15%から05年は22%に急上昇したとのこと。


特に若い世代でその傾向が強く、このままいけばネット接続機器の主役交代

が現実味を増す、ということだそうです。



そういえば、中高生の間では、メールと言えば「携帯」らしいですが、

そのメールの中身は信じられないほどシンプルらしいです。

彼らは友達間でしょっちゅうメールのやりとりをしているのですが、

たとえば私の知りあいの高校生の話によると、「まじで?」とか「うそー」

といった類の、ほとんど内容のない会話が主体なんだそうです。



これらの現象を見る時、思うに携帯文化とは、一種の「記号化」ではない

でしょうか。

物事を極限までシンプル化して、コミュニケーションを当事者間のみ

理解可能な記号のようなものにしてしまう、ということです。


そうすると、本来豊かな陰影を持つべき文化というものが、限りなく

シンプル化し、ある場合は稚拙なものに変わってしまう危険があると思い

ます。


折しも、携帯で書き、携帯ネットで読む「ケータイ小説」がブームらしく

不況が叫ばれる出版界でミリオンセラー作家が続々登場しているそうです。

ところが、その作品を通常の小説に比べると、「内容が稚拙」※ との

指摘もあるようですね。


 …う~ん。

               (※日経新聞 4月17日の記事より)
[PR]
by danueno | 2007-04-19 11:34 | 編集後記

SIM方式の英文法 その48

● SIMのスピーキング力UP法 その3 ●

       

今日は「SIMのスピーキング力UP法」の3です。

では、ちょっと前回の復習しましょう。



SIM同時通訳方式で訓練すると、「英語の語順」で理解する「英語の

思考法」が身に付く結果、リスニング、リーディング、スピーキング、

ライティングの4つの分野において英語力の伸長をみます。

ただし、訓練の仕方については、それぞれの分野に応じた方法があります。



前回は、スピーキング力UP訓練法のひとつとして、

「日本語語順組み替え法」を皆様にご紹介しました。


これは、スピーキング学習の初期の段階で有効な訓練法だ、ということ

でした。



たとえば「私は来週、映画を見に行きたいです」と言いたい時、いきなり

英語で発話しようとするのではなく、まず日本語そのものを英語の語順で

組み替えてみます。


その後で、日本語をそのまま英語に置き換えます。


------------------------------------------------------------------


   ●日本語の語順による日本語

      「私は来週、映画を見に行きたいです。」


             ↓ ↓ ↓


   ●英語の語順による日本語

      「私は行きたいです、映画を見に、来週。」
        (S+V)

   
             ↓ ↓ ↓


   ●英語の語順による英語

       I would like to go to see a movie next week.



--------------------------------------------------------------------


もちろん、スピーキングの時、必ずこのような手順を踏まなければならない

というわけではありません。


あくまで、これはひとつの訓練法です。

「SIM訳に強い違和感を感じる」という人には有効だと思います。



実は、「SIM方式は効果ありそうだけれど、あの変な日本語がねー」と

言う人が世の中にはおられます。


このような人は、違和感ゆえに、なかなかSIM同時通訳方式になじむ

ことができません。


ところが、そのような違和感を分析してみると、その中心は「述語動詞が

文章の最後に来ないで、主語のすぐ次に来る」という点にあるようです。


日本語はほとんどの場合、述語動詞が一番最後に来ますから、その違和感は

私にも理解できます。


この感覚によれば、S+Vをまず最初に持って来るというSIM訳の語順は



奇異に感じられて当然なのかもしれません。


ところが、英語では、I would like to go とまずS+Vが来るように、

そもそも英語の語順とは、そういうものなんです。


ですから、S+Vから始まるSIM訳に対して、違和感を感ずるという

ことは、結局、「英語の語順」に対する違和感を表明していると同じなん

ですね。



このような人は、「日本語語順組み替え法」で、まず「英語の語順」に

対する違和感を解消するのが良いと思います。


ところで、この訓練法の面白い所は、英語を使わなくても訓練ができると

いうことです。


たとえば、あなたが何かをするときに、それを頭の中でSIM訳にして

みることをお勧めします。



 「僕は行こう… 今日は公園に」


 「食べるとするか… ポテトとフライドチキンを」


あるいは、奥様から何かをきかれた時、まずS+Vを先に出して答えて

みてください。


 「僕は行くよ… そのパーティに… 5時くらいにね」


こういった反応を、日本語の生活の中でもパッ、パッとできるようになれば

英語の語順に対する違和感はかなり解消されていくと思いますよ。


               …この続きは、また次回のお楽しみ!
[PR]
by danueno | 2007-04-18 11:30 | SIMうんちく

No.190 オリジナル英文

--------------------------------------
Chinese Premier Wen Puts History Aside, Visits Japan
--------------------------------------

Schoolchildren waved Chinese and Japanese flags and cheered the Chinese premier in the pouring rain as he descended the stairs of his airplane Wednesday in Tokyo.

Wen Jiabao says he came to Japan on a visit meant to melt the ice and mend relations strained by disputes over territory and Japan's past history of aggression against China.

Now, the Chinese are ready to talk about boosting cooperation on trade, and environmental and security matters.Mr. Wen went straight into a meeting with Japan's prime minister, Shinzo Abe.

Wednesday's agenda included the signing of a number of agreements on energy and environmental cooperation.Only hours before Mr. Wen's arrival in Tokyo, the two countries signed an agreement to end a four-year Chinese ban on Japanese rice imports.

But despite the cordialities and expressions of a new attitude of cooperation, the problems behind the past bitterness remain unresolved.

Mr. Abe has not publicly committed to refraining from visiting the Yasukuni shrine in Tokyo.The shrine is where Japan honors its war dead, including several convicted war criminals responsible for atrocities during Japan's occupation of China in the 1930s and 1940s.

Yasukuni was the scene of a small protest Wednesday by members of nationalist groups that oppose any attempt by China to stop Japanese leaders from visiting the shrine.

Martial music playing from a loudspeaker on a van, the demonstrators held signs telling Wen Jiabao to stay out of Japan.One protester, who gave his name as Hirayama, says he feels betrayed by Mr. Abe for what he sees as the Japanese leader's bowing to China.

Hirayama says if he could speak to Shinzo Abe he would accuse him of being two-faced, for telling his right-wing supporters that he favors taking a hard line on China while inviting the Chinese leader and making what Hirayama sees as too many concessions to the Chinese communist government.

Japan is one of China's top trading partners and analysts say Mr. Abe is eager to show Japanese businesspeople that he is doing his part to improve ties with China.The Chinese, for their part, want to move forward with deals that include settling a longstanding dispute over control of potential oil and gas fields in the East China Sea.

While no one expects all the issues to be resolved soon, the Chinese premier's visit is seen as one step toward better cooperation between Japan -- the top economy of Asia -- and China, which is rising fast.

Luis Ramirez, VOA News, Tokyo.
[PR]
by danueno | 2007-04-18 10:20 | オリジナル英文

No.190 SIM音読用英文

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Chinese Premier Wen Puts History Aside, Visits Japan
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Schoolchildren waved Chinese and Japanese flags and cheered the
Chinese premier

in the pouring rain

as he descended the stairs of his airplane Wednesday in Tokyo.

Wen Jiabao says he came to Japan on a visit

meant to melt the ice and mend relations

strained by disputes

over territory and Japan's past history of aggression against China.

Now, the Chinese are ready to talk

about boosting cooperation on trade, and environmental and security
matters.

Mr. Wen went straight into a meeting

with Japan's prime minister, Shinzo Abe.

Wednesday's agenda included

the signing of a number of agreements

on energy and environmental cooperation.

Only hours before Mr. Wen's arrival in Tokyo,

the two countries signed an agreement

to end a four-year Chinese ban on Japanese rice imports.

But despite the cordialities and expressions of a new attitude of
cooperation,

the problems behind the past bitterness remain unresolved.

Mr. Abe has not publicly committed

to refraining from visiting the Yasukuni shrine in Tokyo.

The shrine is where Japan honors its war dead,

including several convicted war criminals

responsible for atrocities

during Japan's occupation of China in the 1930s and 1940s.

Yasukuni was the scene of a small protest Wednesday

by members of nationalist groups

that oppose any attempt by China

to stop Japanese leaders from visiting the shrine.

Martial music playing from a loudspeaker on a van,

the demonstrators held signs

telling Wen Jiabao to stay out of Japan.

One protester, who gave his name as Hirayama,

says he feels betrayed by Mr. Abe

for what he sees

as the Japanese leader's bowing to China.

Hirayama says if he could speak to Shinzo Abe

he would accuse him

of being two-faced,

for telling his right-wing supporters

that he favors taking a hard line on China

while inviting the Chinese leader

and making what Hirayama sees as too many concessions

to the Chinese communist government.

Japan is one of China's top trading partners

and analysts say Mr. Abe is eager to show Japanese businesspeople

that he is doing his part

to improve ties with China.

The Chinese, for their part, want to move forward with deals

that include settling a longstanding dispute

over control of potential oil and gas fields in the East China Sea.

While no one expects all the issues to be resolved soon,

the Chinese premier's visit is seen

as one step toward better cooperation

between Japan -- the top economy of Asia -- and China,

which is rising fast.

Sonja Pace, VOA News, London.
(Material is provided courtesy of voanews.com.)
[PR]
by danueno | 2007-04-18 10:14 | SIM音読用英文

愛は多くの罪をおおう

先日、TVを見ていましたら、とても感動的な話がありました。

「子供のいじめの問題にどう対処するか」という番組で、あるお母さんが

それは見事に問題を解決していたのです。

今日は、この話(…実話です)を皆さんにご紹介します。



ある日、小学校4年生の自分の娘が、転入した学校でいじめを受けている

らしい、とお母さんは感づきました。

お母さんは、いじめている相手の子供を突き止め、(…仮にA子ちゃんと

しておきます…)そのお母さんに直談判をしました。

A子ちゃんの母親はかなりの自己中ママでしたが、一応聞き入れてくれた

のか、ある日A子ちゃんが自分の子供に謝りに来ました。


お母さんはホッとしました。

ところが、これで一件落着かと思ったのもつかの間、「チクった」という

ことでさらに酷いいじめが始まりました。 …さて、お母さんはどうしたか。

ここからがすごいんです。


お母さんは、昼休みに学校で子供たちと遊ぶことを始めました。

もちろんいじめのリーダーであるA子ちゃんを交えてです。

そのうちお母さんはみんなの人気者になり、自分の子供もA子ちゃんに

いじめられなくなった、ということでした。



私はこれを見て、「う~ん」とうなってしまいました。

誰だって我が子をいじめる相手は憎いだろうと思うのですが、結局、憎しみ

では何も解決しないことを、賢明なお母さんは知っていたのですね。

 …凄い!


       "Love will cover a multitude of sins."
[PR]
by danueno | 2007-04-12 15:46 | 編集後記

SIM方式の英文法 その47

● SIMのスピーキング力UP法 ●

       

前回から、「SIMのスピーキング力UP法」についてお話をしています。


…ちょっと復習しましょう。


「SIM方式に習熟すればスピーキング力もUPする」ということでした。

「そればかりか、ライティング力UPにも効果がある」とも言いました。

なぜなら、「SIM同時通訳方式の訓練によって英語総合力が身に付くから」

ということでしたね。


リスニングであろうとリーディングであろうと、スピーキングであろうと

ライティングであろうと、英語を貫く発想法はただひとつ、

「英語の語順で発想する」、ということだからです。


ですから、SIM同時通訳方式で訓練すると、「英語の語順」で理解する

「英語の思考法」が身に付く結果、当然のように、リスニング、リーディング

スピーキング、ライティングの4つの分野において英語力の伸長をみます。



とはいえ、基本的な発想法は同じでも、訓練の仕方については、それぞれの

分野に特有の技法がある、ということでしたね。


たとえば、

・リスニング力を訓練する際には「Hop,Skip&Jump」という技法。

・リーディング力の訓練には「SIM音読」という技法。

…でした。



ではスピーキング力の訓練には、どんな技法を使えば効果的なのでしょうか。


…今日のテーマはここからです。


スピーキング力UP訓練法のひとつとして、「日本語語順組み替え法」を

まず皆様にご紹介します。

これは、スピーキング学習の初期の段階で有効な訓練法と言えます。



順を追って説明しましょう。

まずスピーキングにおいて考えなければならないことは、日本語と英語の

語順の違いでした。

いつも言っていることですが、日本語の思考構造は、英語の思考構造とは

正反対です。

ですから、スピーキング時の第一のポイントは、S+Vを真っ先に言うことで

したね。


英語でまず最初に出るべき語句をパッと投げ出すように言っておいて、次々に

必要な語句が出て来るようにならなければなりません。



例えば、「来週は何か映画でも見に行こう」と思っているときに、これを言い

表すには、まずI want to goとか、I would like to go という語句がサッと

頭に浮かばなければなりません。


他の語句はまだ何も考えずに、ただこの部分をパッと出すことが重要です。

その後で、to see a movie や next week を付け加えていくわけです。



しかし問題は、これが日本人にはなかなかできない、ということです。

これが最初から出来れば、その人はすでに「英語の思考法」が身に付いている

ということになりますからね。


ここで効果を発揮するのが、「日本語語順組み替え法」です。

「英語の思考法」が身に付いていないSIM初心者が、「英語の思考法」を

身につけるために、英語で文章を完成するその前段階の訓練法として、効果を

発揮します。



…具体的にお話しましょう。


話をわかりやすくするために、簡単な例文でご説明します。

たとえば「私は来週、映画を見に行きたいです」と言いたい時、いきなり

英語で I would like to go と発話しようとするのではなく、まず日本語

そのものを英語の語順で組み替えてみるのです。


その際、日本語のS+Vを先頭に持って来るのは言うまでもありません。

その後で、修飾する句をセンスグループごとに並べます。

こんな具合です(↓)


------------------------------------------------------------------


   ●日本語の語順による日本語

      「私は来週、映画を見に行きたいです。」


             ↓ ↓ ↓


   ●英語の語順による日本語

      「私は行きたいです、映画を見に、来週。」
        (S+V)

   
-------------------------------------------------------------------


…いかがでしょうか?

その後で、これをそのまま英語に置き換えます。


--------------------------------------------------------------------


   ●英語の語順による日本語

      「私は行きたいです、映画を見に、来週。」
        (S+V)

  ↓ ↓ ↓   


   ●英語の語順による英語

       I would like to go to see a movie next week.



--------------------------------------------------------------------



…いかがでしょうか?

これが「日本語語順組み替え法」です。

「日本語」を「英語」に変換するその前段階に、「英語の語順による日本語」

という訓練を挿入するのです。



この方法は「SIM訳に違和感を感じる」という方には、かなり有効です。

スムーズに「英語の思考法」に頭脳を切り替えていくことが可能になります。


そもそも、日本人にとって英語が難しく感じられるのは、「英語そのものの

難しさ」に加えて、「語順が変わってしまう」という所にその大きな理由が

あります。


これが、「述語動詞を一番最後に持ってこないと納得できない」と感じる

日本人の特徴であり、それはもう理屈抜きの、本能のようなものです。


ですから、「日本語語順組み替え法」の目的は、英語そのものは脇へ置いて、

とりあえず「英語の語順」に慣れてしまおう、ということなんです。



ただし、この訓練法は、元々「英語の語順に違和感を感じない」という

人には必要ありません。


また、スピーキングの際、このように必ず「日本語を英語の語順に組み替え

てから英語に置き換えなければければならない」ということでもありません。


あくまで、「英語の思考法」に切り替える上での、「効果的な補助訓練」と

理解してください。


               …この続きは、また次回のお楽しみ!
[PR]
by danueno | 2007-04-10 16:56 | SIMうんちく

No.189 オリジナル英文

----------------------------------------
British Service Members Detained in Iran Arrive Home
----------------------------------------

The British navy crew arrived at London's Heathrow airport at midday.Dressed in their military uniforms, they paused briefly for photos and were then taken straight to waiting military helicopters and flown to a military base southwest of London for debriefing and private reunions with their families.

Prime Minister Blair welcomed their return.

"We are glad that our service personnel returned safe and unharmed from their captivity."

The sailors and marines were detained by Iranian Revolutionary Guard forces March 23 and accused of having strayed into Iranian territorial waters in the Gulf, an accusation Britain rejects.

In a surprise move Wednesday, Iranian president Mahmoud Ahmadinejad announced the sailors and marines were being released.

There were intense discussions between London and Tehran to end the standoff and Mr. Blair said a dual track of talk and pressure was responsible for a successful outcome.

"We have managed to secure the release of our personnel, I think more quickly than many people anticipated and have done so incidentally, and I want to make this very very clear, without any deal, without any negotiation, without any side agreement of any nature whatever."

Mr. Blair said this dual strategy is one the international community should continue to follow in dealing with Iran, whether it concerns neighboring Iraq, terrorism or Iran's nuclear ambitions.

The British prime minister also lamented the death of four British soldiers in Basra, in southern Iraq.

"Just as we rejoice at the return of our 15 service personnel, so today we are also grieving and mourning for the loss of our soldiers in Basra, who were killed as a result of a terrorist act."

The four soldiers and a civilian interpreter were killed by a roadside bomb.

In his comments in London, Mr. Blair did not link the Basra attack to Iran, but he said there are elements of the Iranian government that back, finance, arm and support terrorism in Iraq.It is a charge Tehran denies.

Sonja Pace, VOA News, London.
[PR]
by danueno | 2007-04-10 16:55 | オリジナル英文