<   2007年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

何も足さない、何も引かない

今日のテーマは健康です。

健康といっても、特に男性諸氏に気がかりな「頭髪」の話題です。



うちのスタッフに、前から「頭髪が気になっている」と言っている人が

いました。

ところが、その彼がこのところ、フサフサで黒々としているのですよ!

さっそく私、ダン上野Jr.が、にわかレポーターに変身して、根掘り葉掘り

聞き出しました。  

そうして、「…なるほどねー」と思いました。

気になっている方は、ぜひ以下をお読みください。



その彼、仮にAさんとしておきましょう、このAさんは大台?に乗った頃から

薄毛が始まり、特に後頭部が気になっていたそうです。

そこでいろいろ調べていく中で、驚くべき人に出会いました。

 ⇒  http://auction.netprice.co.jp/contents/charity/

この人は、「リーゼント社長」として知る人ぞ知るの存在なのですが…

かつて薄毛に悩んでいた社長自身が、自分で考案した石けんシャンプーを

使って、かくも巨大なリーゼントを作れるようになったとか(笑)



これにヒントを得たAさんは、まず市販のシャンプーをいっさい止めました。

シャンプーにはどんなに高価なものでも、髪の保護成分や栄養分まで落として

しまう傾向があるんだそうです。

そのかわりAさんは、毎日大量のお湯で髪と地肌を洗います。

不要な油分と汚れはこれでほとんど落ちるとか。そして2、3日に一度、

少量の石けんで軽くシャッ、シャッと洗って、よーく洗い流す…。

次にあらゆる整髪料を止めました。これも髪には大敵なんだそうです。

そのかわりに、良質のトリートメント(たとえばコタのモイストプラス等)を

使って軽くブローします。



これを続けて3か月後、見事に髪の毛が生え始めたそうです!

Aさんは、得意そうにこう言いました。


「要するに、何も足さない、何も引かないです。髪の毛は放っておけば

 自然に生えてくるものなんです」


  …なーるほどー!!!

Aさんの頭を見れば「論より証拠!」。これは説得力がありますね。

興味のある人は自己責任で試してみてください。
[PR]
by danueno | 2007-03-29 10:54 | 編集後記

SIM方式の英文法 その45

● SIMの英文法 ●

        ~ 5文型 「第1文型」 ~


今回も「SIMの英文法」5文型がスッキリわかる!をお届けします。

今日は、第1文型です。


 …その前に、ちょっと面白い話をご紹介しましょう。


-----------------------------------------------------------------

 ある船で火災が発生した。

 船長は、乗客をスムーズに海へ飛び込ませるために、次のように

 説得した。


 イギリス人には「紳士とは、こういうときに飛び込むものです」

 アメリカ人には「海に飛び込んだらヒーローですよ」

 ロシア人には「ウォッカのビンが流されてしまいました、今追えば間に

 合います」

 フランス人には「海に飛び込まないで下さい」

 ドイツ人には「海に飛び込むことが規則で定められています」
 
 イタリア人には「さきほど美女が海に飛び込みましたよ」
 
 中国人には「おいしそうな魚が泳いでますよ」

 日本人には「みんなもう飛び込みましたよ」


------------------------------------------------------------------


これはまあ、いわゆるエスニック・ジョークのひとつです。

私はこのジョークを息子から教わって、思わずニヤリとしてしまいました。


誇張されているとはいえ、各国の国民性が良く出た話だと思います。

このように各国の国民は、ある一定の反応を「本能的に」示してしまう

傾向がある、ということでしょうか。


私は、この小話を聞いて「語順の問題」を連想しました。

英米人は主語Sの後にすぐ述語動詞Vを持ってきますが、日本人は文章の

最後に述語動詞Vを持ってきます。

それは、まさに「本能的な」反応だということです。


英米人が「S+V」をセットにして考えるのは、体の内側から出て来る

欲求として、どうにも変えられない性質のものです。


これに対して、日本人がSからVを限りなく引き離して、文章の最後に

持って来たがるのも、体の内側からの自然な欲求なんです。


この食い違い、これこそ日本人が英語を習得することの難しさの本質です。


この根本問題をそのままにして、いくら単語を覚えても、文法を学習しても、

決して本物の英語力は身に付きません。


日本人である私たちは、まず英語を「S+V」で捉えられるように、意識を

変えなければいけないのです。


 
 …では、このポイントに注目して、第1文型を考えてみましょう。



≪ 第1文型 S+V ≫


--------------------------------------------

His father went out…for a walk.

--------------------------------------------


さて、この例文が第1文型であることは誰にでもわかります。

went outのoutは、「外に」という意味の副詞です。「彼の父は外出した」と

読んで、ここでこの文型が第1文型だということを判断します。


するとfor a walkを読んだ時には外出の目的が「散歩に」であることがわかり

ますね。したがって、もう「返り読み」する必要はありません。


for a walkは副詞句です。

第1文型が単純にS+Vだけで実際に使われることはあまりありません。

この例文のように、副詞や副詞句がついているのが普通です。

したがって第1文型だからといって短いとは限りませんよ。


英語はまずS+Vを言っておいて、その後に副詞句が幾つも並んでいることが

多いし、副詞節がついている場合もあります。


この文全体を翻訳すると、「彼の父は散歩に出かけた」となりますが、

His father went out までを区切ってとらえなければなりません。


この段階ではまだ「どこへ」出かけたのかわかりません。

しかし、これが「英語の思考法」なんです。ここで区切って考える事によって

その後にto a concert(副詞句)を付けたり、また、to see a movie

(副詞用法の不定詞)を付けたりして、自由自在に応用することができるよう

になるんですね。


このようにS+Vの部分と、その後の副詞句などを切り離す事によって、

文法どおりに副詞句がはっきりします。つまり動詞とその後の副詞句は、本来

別の語句なのです。

この区別をするのが、英語の本当の姿であり、上達の近道であることがわかる

でしょう。




            …この続きは、また次回のお楽しみ … (^o^)/
[PR]
by danueno | 2007-03-28 16:05 | SIMうんちく

No.187 オリジナル英文

----------------------------------------
Drought Has Severe Impact on Australian People, Economy
----------------------------------------
Australia is the world's driest continent. Drought has always been a part of life here.

But, even by Australia's standards, the current spell of extremely low rainfall has been extreme. It's lasted for more than five years so far.

Many towns and cities in the southern half of the continent are subject to severe water restrictions. Those who break the rules face fines of up to $150, and it's thought that more stringent controls on domestic use are only a matter of time.

The effect is being felt worst on the country's farms, however. The government is paying millions of dollars in emergency farm relief to help those struggling to stay on the land.

Five years is a long time, but experts like Professor Andy Pitman, a climatologist at Macquarie University, say the drought could actually go on for decades.

"The really scary thing is last time we had a drought of this intensity that lasted about five years - it lasted for about 50 years. And I really find it difficult to imagine what Australia would look like - or at least east coast Australia, where the major population centers are - what it would look like if this current rainfall regime was sustained for 40 to 50 years. The politicians truly believe this is a five-year or six-year drought that will break sometime in 2007 or 2008.It might not break till 2050."

Farmer Gary Hallam says his land has been rendered useless by the drought. He can only hope people like Pitman are wrong, and the "Big Dry" will soon end.

"It's actually like standing on edge of a cliff. The grass should be a couple of foot high, and green and lush. And as you can see, it's just brown and dust."

With harvests destroyed and livelihoods under threat, many typically tough and resilient farmers in the outback are experiencing mental depression. Mental health charities estimate that one farmer takes his life every four days, and special help lines have been set up for those who find it hard to cope.

Some climate experts believe that this drought, too, will pass, and Australians shouldn't be too alarmed.

Bill Kinimonth, a 40-year veteran of the Bureau of Meteorology in Melbourne and now a meteorology consultant, has a very different take on the "Big Dry."Unlike environmentalists and scientists who describe the situation as a grave emergency, Kinimonth insists that the gradual warming of the earth is part of a natural cycle.

Man-made or natural, the drought is teaching millions of Australians some harsh lessons about the uncompromising physical nature of their country.One senior politician recently suggested that farmers move to the rain-drenched north of the country.

“There is no question that climate change is a reality.” he said. “And we have got to take our farms where the water is."

Phil Mercer, VOA News, Sydney.
[PR]
by danueno | 2007-03-28 12:01 | オリジナル英文

No.187 SIM音読用英文

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Drought Has Severe Impact on Australian People, Economy
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Australia is the world's driest continent.

Drought has always been a part of life here.

But, even by Australia's standards,

the current spell of extremely low rainfall has been extreme.

It's lasted

for more than five years so far.

Many towns and cities in the southern half of the continent

are subject to severe water restrictions.

Those who break the rules face fines of up to $150,

and it's thought that more stringent controls on domestic use are
only a matter of time.

The effect is being felt worst

on the country's farms, however.

The government is paying millions of dollars in emergency farm
relief

to help those struggling to stay on the land.

Five years is a long time,

but experts like Professor Andy Pitman,

a climatologist at Macquarie University,

say the drought could actually go on for decades.

"The really scary thing is

last time we had a drought of this intensity

that lasted about five years –

it lasted for about 50 years.

And I really find it difficult to imagine

what Australia would look like

- or at least east coast Australia, where the major population
centers are –

what it would look like

if this current rainfall regime was sustained for 40 to 50 years.

The politicians truly believe

this is a five-year or six-year drought

that will break sometime in 2007 or 2008.

It might not break till 2050."

Farmer Gary Halle says

his land has been rendered useless by the drought.

He can only hope

people like Pitman are wrong, and the "Big Dry" will soon end.

"It's actually like standing on edge of a cliff.

The grass should be a couple of foot high, and green and lush.

And as you can see, it's just brown and dust."

With harvests destroyed and livelihoods under threat,

many typically tough and resilient farmers in the outback

are experiencing mental depression.

Mental health charities estimate

that one farmer takes his life every four days,

and special help lines have been set up

for those who find it hard to cope.

Some climate experts believe

that this drought, too, will pass, and Australians shouldn't be
too alarmed.

Bill Kinimonth, a 40-year veteran of the Bureau of Meteorology
in Melbourne and now a meteorology consultant,

has a very different take on the "Big Dry."

Unlike environmentalists and scientists

who describe the situation as a grave emergency,

Kinimonth insists that the gradual warming of the earth is part
of a natural cycle.

Man-made or natural,

the drought is teaching millions of Australians some harsh lessons

about the uncompromising physical nature of their country.

One senior politician recently suggested

that farmers move to the rain-drenched north of the country.

“There is no question

that climate change is a reality,” he said.

“And we have got to take our farms

where the water is."

Phil Mercer, VOA News, Sydney.
(Material is provided courtesy of voanews.com.)
[PR]
by danueno | 2007-03-28 12:00 | SIM音読用英文

Yes, He can.

最近、いろんなメルマガなどを読んでいると、セルフコントロールと言いますか、

「自分のモチベーションをコントロールする」とか、「感情をコントロール

する」とかいう手法をよく目にします。

たとえば、「私は出来る」“Yes, I can.”と連呼するとか…

まあ、これで自分というものを「無意識の領域」から変えていくという試み

らしいですが…。



私は、こういったものを読んでいると、何か心がゾワゾワしてしまいます。

人間って、そんなに器用に自分のありようをコントロールできるのだろうか、

という素朴な疑問というか、違和感が湧き上がってくるんですね。

「自分は自分の主人である。自分は自分で支配する」という思想が、その根底

にあるのだと思います。

それが出来る人なら、それはそれで良いのでしょう。



でも、こんな例もあるんです。

日本ハムのヒルマン監督の言葉です。

-------------------------------------------------------------------

私は完璧な人間では決してありません。

数多くの間違いを犯してきました。けれども神様は、その憐れみと恵みに

よって私を赦してくださり、私と家族を豊かに祝福してくださいました。

-------------------------------------------------------------------



また、カージナルスの田口選手の言葉です。

-------------------------------------------------------------------

人生の困難に陥ったときに助けてくれるのはイエス様だと、今では思って

います。

-------------------------------------------------------------------


結局、人間、自分の力だけで頑張っても、いずれ限界が来るのではないで

しょうか。


このお二人は、自分の限界に直面して、“Yes,I can.”の人生から、

“Yes,He can.”の人生に大きく方向転換させられた人たちなんですね。




  'Call to Me, and I will answer you, and show you great and

   mighty things, which you do not know.'  
[PR]
by danueno | 2007-03-22 11:30 | 編集後記

SIM方式の英文法 その44

● SIMの英文法 ●

     ~ 5文型がスッキリわかる! その2 ~


前回から、SIMウンチクは「SIMの英文法」をお届けしています。

英文法の定番のひとつである5文型というものが、SIM同時通訳方式だと

いかにスッキリと理解できるか、その辺がポイントです。


ちょっと復習してみますと、5文型はすべて最初はS+Vで始まる、と言い

ましたね。


┌────────────────────┐
│    第1文型 S+V │
│    第2文型 S+V+C │
│    第3文型 S+V+O │
│    第4文型 S+V+O+O │
│    第5文型 S+V+O+C │
└────────────────────┘


つまり、英語というものはほとんどすべて、このS+Vが文章の根幹をなすと

いうことです。


そこで、ジャック・ハルペンさんの言葉をご紹介しました。

彼は、「日本語を学ぶ上で最も難しかったのは動詞が最後に来る事だ」と言っ

ていました。

----------------------------------------------------------------------

「僕が使っている言葉はいつも動詞が先に出たがっていると言うか、言わない

ではいられないんです。これは深い本能的な意思、反応なんです。物事を

考える時に、動詞を先に出すのは僕たちの本能みたいなものですが、日本語で

はそれが逆になるので頭の中でとてもひっかかるんです。」

----------------------------------------------------------------------




…では、今日は、この続きです。


結局、ハルペンさんは、「S+Vの語句をまず思い出すのが、ネイティブの

本能的な反応なんだ」と言っているんですね。


これに反して、日本語は、S、V以外の「いつ、どこへ、何のために、どんな

方法で」というような、条件や状況などを細かく言った後で、最後に動詞を言

います。


例えば、「私は昨日、五番街のジョーンズ氏の事務所へ、彼に会うために、

秘書とタクシーで行きました」という文章でも、「行く」という動詞は最後に

出てきますよね。


でも、英語ではI went「私は行きました」とまず言ってしまうんです。


それから、 …with my secretary…by taxi…to see Mr. Jones…

at his office…on Fifth Street…yesterday. となるのです。



この文でわかるようにI wentとまず動詞を先に出すのが、彼らの本能みたいな

ものなんです。


その後の語句が、多少順序が違っていても立派に通じます。

ですから英米人と同等に英語をマスターしたければ、このことをまず身につけ

なければならないんですね。



このように、まずS+Vで考えるという考え方、すなわちSIM方式で5文型

を見ると、すべての文型がS+Vで始まるので、「英語は、なるほどすっきり

した形をしているなあ」と、あらためて感心してしまいます。



            …この続きは、また次回のお楽しみ … (^o^)/
[PR]
by danueno | 2007-03-20 17:37 | SIMうんちく

No.186 オリジナル英文

----------------------------------------
Tiger Woods to Host New PGA Tour Event in Washington
----------------------------------------

Just months after the nation's capital was dropped from the PGA Tour schedule for lack of a major sponsor for its annual event that was usually held in early June, the Tiger Woods Foundation reached a long-term agreement to be the host organization and beneficiary of a PGA tournament in the Washington, D.C. area the first week of July.

It will coincide with America's Independence Day holiday on July 4.

That week on the U.S. golf calendar became available when the PGA's International, played outside Denver, Colorado, was unable to get a title sponsor.

AT&T, a premier communications holding company in the United States and around the world, is the title sponsor for Tiger's event, and the tournament will be called the AT&T National.

The site is yet to be determined, but it will likely be at Congressional Country Club in suburban Maryland.

Tiger Woods told a packed news conference here at the National Press Club in Washington that this is a dream come true.

"My focus and my goal one day, with my father, was to be able to host an event on the PGA Tour.

And this is a pretty momentous day for us because we are lucky enough to have the opportunity to do that.

I just wish my father could have been here to see it."

Tiger's father died of cancer last year.

Earl Woods was in the U.S. military, and Tiger has decided to do something special for those in the armed forces.

"During the tournament, anyone who is in active duty will get free admission to our tournament.

Something that I think is very important.

They put their lives on the line so that we are able to enjoy the lives that we have today and the freedoms we are able to enjoy."

Tiger added that all children under the age of 12 will also be admitted free to the golf tournament and he hopes the crowd will have a family-type atmosphere.

And key to the new tournament is that it will raise money for the Tiger Woods Foundation to build a new children's learning center somewhere along the eastern seaboard.

There is already one out west.

PGA Tour commissioner Tim Finchem says he is excited that the nation's capital will be getting what will surely be a popular tournament.

"We've talked a number of years about how to get a premier situation here in Washington and now we have an incredible, positive thing."

As for Tiger's participation in his tournament, he says he plans on playing.

However, his first child is due in July and he wants to be on hand for the birth, so there is a chance he may miss the inaugural event.

Parke Brewer, VOA Sports, Washington.
[PR]
by danueno | 2007-03-20 17:33 | オリジナル英文

No.186 SIM音読用英文

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Tiger Woods to Host New PGA Tour Event in Washington
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Just months

after the nation's capital was dropped

from the PGA Tour schedule

for lack of a major sponsor for its annual event

that was usually held in early June,

the Tiger Woods Foundation reached a long-term agreement

to be the host organization and beneficiary of a PGA tournament

in the Washington, D.C. area the first week of July.

It will coincide

with America's Independence Day holiday on July 4.

That week on the U.S. golf calendar became available

when the PGA's International, played outside Denver, Colorado,

was unable to get a title sponsor.

AT&T, a premier communications holding company

in the United States and around the world,

is the title sponsor for Tiger's event,

and the tournament will be called the AT&T National.

The site is yet to be determined,

but it will likely be at Congressional Country Club

in suburban Maryland.

Tiger Woods told a packed news conference

here at the National Press Club in Washington

that this is a dream come true.

"My focus and my goal one day, with my father,  

was to be able to host an event on the PGA Tour.

And this is a pretty momentous day for us

because we are lucky enough

to have the opportunity to do that.

I just wish my father could have been here

to see it."

Tiger's father died of cancer last year.

Earl Woods was in the U.S. military,

and Tiger has decided

to do something special

for those in the armed forces.

"During the tournament, anyone who is in active duty

will get free admission to our tournament.

Something that I think is very important.

They put their lives on the line

so that we are able to enjoy

the lives that we have today and the freedoms we are able to enjoy."

Tiger added that all children under
the age of 12 will also be admitted free

to the golf tournament

and he hopes the crowd will have a family-type atmosphere.

And key to the new tournament is that it will raise money

for the Tiger Woods Foundation to build a new children's learning
center

somewhere along the eastern seaboard.

There is already one out west.

PGA Tour commissioner Tim Finchem says he is excited

that the nation's capital will be getting what will surely be
a popular tournament.

"We've talked a number of years

about how to get a premier situation here in Washington

and now we have an incredible, positive thing."

As for Tiger's participation in his tournament,

he says he plans on playing.

However, his first child is due in July

and he wants to be on hand for the birth,

so there is a chance

he may miss the inaugural event.

Parke Brewer, VOA Sports, Washington.
(Material is provided courtesy of voanews.com.)
[PR]
by danueno | 2007-03-20 17:29 | SIM音読用英文

ロボスーツと急務の問題

子供のころは単なる夢にしか過ぎなかったようなものが、現代では普通になっ

ている…、そんなものが沢山ありますよね。

たとえば携帯電話。

昔TVで見たウルトラ警備隊なんかがカッコよく耳に当てていた、あの高性能

っぽい通信機器は、携帯電話として現実のものになっています。



そして、最近、新聞で読んでびっくりしたのは「ロボスーツ」。

これはどんなものかと言いますと、要するに「着るロボット」です。

ボディースーツのように着用し、手足の動きを補助します。

   ⇒ http://www.cyberdyne.jp/abouthal/index.html


人が筋肉を動かそうとすると脳から運動を命令する電気信号が発生し、

これをスーツ内側のセンサーが皮膚表面で感知します。

同時に、スーツをモーター制御で人の動きよりも一瞬早く動かすと、これは

全く「着るロボット」そのものになるんです。

まあ、ひとことで言えば、機動戦士ガンダムに出てくる「モビルスーツ」の

簡易型ですね。


このロボスーツは、足腰や腕に負担をかけずに自立歩行でき、片手で20キロ

以上の荷物を軽々と持ち上げられるそうで、産業用以外にも、医療や介護の

分野で大いに期待されている、とのこと…

う~ん、すごい時代になったもんだと思います。


このロボスーツが、この先ますます改良されて家庭用として安く売り出され

たら、私も日曜大工用に買ってしまうかも…(笑)


しかし、心配なのはやはり犯罪ですね。

スパイダーマンのドクター・オクトパスじゃないけど、これが悪用されたら

大変なことになるとも思いました。

現代科学の異常な発達で、人類は昔は想像もできないようなことが出来るよう

になった反面、道徳面はどんどん退化していると見受けられます。

こちらの方の教育も急務ではないでしょうか。
[PR]
by danueno | 2007-03-15 10:17 | 編集後記

SIM方式の英文法 その43

● SIMの英文法 ●

       ~ 5文型がスッキリわかる! ~


今日は、久しぶりに本来のSIMウンチクに戻って、「SIMの英文法」を

お届けしようと思います。



というわけで、しばらくの間、5文型についてお話しします。

英文法の定番のひとつである5文型というものが、SIM同時通訳方式だと

いかにスッキリと理解できるか、その辺がポイントになります。


では、いわずもがなですが、5文型についてちょっと復習してみましょう。


┌────────────────────┐
│    第1文型 S+V │
│    第2文型 S+V+C │
│    第3文型 S+V+O │
│    第4文型 S+V+O+O │
│    第5文型 S+V+O+C │
└────────────────────┘


5文型は皆さん周知の内容なので、それぞれの詳しい解説は省略させていただ

きますが、この表を見ると面白いことがわかります。

すべての文型が、まず主語S+述語動詞Vで始まっていますよね。

つまり、英語というものはほとんどすべて、このS+Vが文章の根幹をなすと

いうことなんです。


ですから、私が普段言っている「S+Vをまずしっかりと把握する」ことが

いかに大切なことかおわかりになるでしょう。

英米人の思考は、このS+Vの語句の意味の把握からすべてが始まっているの

ですから。

そして、文頭のS+Vの意味内容は、文章の後半の語句を決定する強力な

パワーを持っています。

ですから、なおさら、この部分を他の部分から真っ先に取りだして、その内容

をまず考える習慣を身に付けなければなりません。

これが「英語の思考法」を身につける重要な鍵の一つになります。



さてここで、皆さんにジャック・ハルペンという人物をご紹介します。

この方は、日本語弁論大会で優勝したことのあるユダヤ人ですが、彼の著書

『日本と日本語大論争』という本には、大変参考になることが書いてあるん

です。


ハルペンさんはドイツで生まれましたが、ユダヤ人ゆえにヨーロッパを転々と

追われて生活しなければなりませんでした。

次々に違う国で生活するには、まず、その国のことばを覚えなければ生きてい

けませんでした。

そういう厳しい現状の中で、ドイツ語をはじめヨーロッパの言語を何か国語も

覚えたそうです。


あるときハルペンさんは、イスラエルのキブツ農場で日本人に出会いました。

そして、それまで自分が覚えたことばとは全く違う日本語に接して、大いに

日本語に魅せられ、そのあげく日本へとやって来たのです。

彼はほどなく日本語をマスターして、何冊も本を書き、漢字辞書さえ出版した

そうです。


この彼が、興味深いことを言っています。

日本語で最も難しかったのは、「動詞が最後に来る事だ」と言っているん

です(↓)。


----------------------------------------------------------------------

「僕が使っている言葉はいつも動詞が先に出たがっていると言うか、言わない

ではいられないんです。これは深い本能的な意思、反応なんです。物事を

考える時に、動詞を先に出すのは僕たちの本能みたいなものですが、日本語で

はそれが逆になるので頭の中でとてもひっかかるんです。」

----------------------------------------------------------------------

…いかがでしょうか。

実は、ここに、日本語というものの本質が隠されているんです。



            …この続きは、また次回のお楽しみ … (^o^)/
[PR]
by danueno | 2007-03-14 15:59 | SIMうんちく