<   2006年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

「メルマガ制作」苦労話 ~ (^_^;)ゞ 

早いもので、この「特効薬メルマガ」も満4歳と4か月を迎えました。

一週間に一回のペースで作っていますが、実はこれがなかなか大変なんです。

(…学習する方も大変かもしれませんが… (^_^;)



まず、最初の難関はトピックの選定ですね。

皆さんにとって面白く興味を弾く内容で、しかも学習の役に立ち、さらには
毎回同じような内容だとつまらないので、なるべく前回とは傾向の違うものを
選ぶようにしています。

でも結構、大きな事件があると、その関連トピックばかりが並ぶので、その辺
が結構大変なんですよ~。

トピックが決まると訳を付けます。

この訳も、より正確でよりわかりやすい訳にするために、3人以上のスタッフ
が目を通します。

訳付けと平行して解説とWords & Phrases、それにSIMうんちくを書きます。



まあ、こんなわけで、このメルマガはすごく手がかかっているのがおわかりに
なると思います。

でも、苦労の甲斐あって、すごく中身の濃いメルマガになっていると思います。

思い起こせば、昨年の今頃、初めてメルマガ大賞に応募して、いきなり部門賞
第二位をいただきました。

これには本当に励まされました。 

これもすべて皆様の応援のおかげです。

そして、私どもスタッフの願いは、今度は部門賞一位になることです。

もし宜しければ、私たちのこの「特効薬メルマガ」をメルマガ大賞に推薦して
いただけませんか?



「まぐまぐメルマガ大賞」の概要(↓)
-------------------------------------------------------------------

『まぐまぐ大賞2006』は、今年もっとも輝いたメールマガジン・ブログを

読者さんの推薦と投票により決定する、年の瀬限定スペシャルイベントです。

2006年のトリを飾るのは果たしてどのメルマガ・ブログでしょうか!?


対象となるのは、まぐまぐで発行中の32,367誌。各カテゴリごとに部門賞を、

そしてさらにその中から“まぐまぐ大賞”を決定します。

そのほか、2006年にデビューした方への新人賞、まぐまぐスタッフが選ぶ

まぐまぐスタッフ賞も予定しています。

  詳しくはコチラ ⇒ http://www.mag2.com/events/mag2year/2006/


----------------------------------------------------------------------

…いかがでしょうか?

厚かましいお願いで申し訳ないのですが、もし皆様の支援が得られるならば、

これに勝る喜びはありません。(^o^)


   ぜひとも皆様のご推薦を宜しくお願いします。m(_ _)m

         投票の仕方は簡単です。

           ↓ ↓ ↓
               
     
● 下記ページの所定の記入欄に、必要事項を記入するだけ…!
   
       http://www.mag2.com/events/mag2year/2006/


必要事項(↓)

------------------------------------------
  1.メルマガのタイトル
  2.メルマガのID
  3.推薦の理由
  4.貴方のメールアドレス    
------------------------------------------

ちなみに、当メルマガのタイトルは、

 1.TOEICリスニング・リーディング特効薬!

メルマガIDは、

 2. 0000094849    です。

あとは、3.推薦の理由と、4.あなたのメールアドレスだけです。


 3.「音声付きで学習しやすい」とか、「英語の神髄がわかる」とか
   「これでTOEICが100アップした」とか、そういったことを書いて
   いただければうれしいです。

 4.あと、あなたのメールアドレスもお忘れなく。


   お忙しいとは存じますが、ご協力をお願いいたします。

     投票してくださった方には抽選で「まぐまぐ」から

         素敵なプレゼントが当たります。
 
        推薦はこちらからお願いいたします!

     ⇒ http://www.mag2.com/events/mag2year/2006/

 
        締切は水曜日、12/4(月)です。
[PR]
by danueno | 2006-11-29 17:14 | 編集後記

SIM方式の英文法 その30

<特集>  「新TOEICテスト攻略のポイントは?」      

        ~ 「新しく加わった発音」の問題 ~


前回は、新TOEICリニューアルの第1のポイントである「新しい発音の採用」
について解説しました。

「新しい発音」というのは、もちろんイギリス英語、オーストラリア英語、
ニュージーランド英語、カナダ英語の4つの発音ですね。

4つといっても実際には、ニュージーランド英語はオーストラリア英語と
ほとんど同じであり、カナダ英語もアメリカ英語と大体同じです。

ですから、イギリス英語とオーストラリア英語をたくさん聴いて、対策をして
おけば問題はありません。



ただし、新たにイギリス英語とオーストラリア英語の教材を買う必要はあり
ません。

新TOEICの新しい発音の問題は、そこまで大変なことではないです。

でも、全く対策なしでは、ただでさえ緊張して、あがっているTOEICテスト
なので、パニックになる可能性があります。

そこで、お勧めなのが、スーパーエルマーに付いてくる、「イギリス英語・
オーストラリア英語/対策キット」ですね。



スーパーエルマーの「イギリス英語・オーストラリア英語/対策キット」は
次の3つの部分から成っています。

----------------------------------------------------------------------

(1)「イギリス英語・オーストラリア英語/朗読音声」

CBSコース、VOAコースそれぞれ、テキスト後半のトピックがイギリス人
とオーストラリア人のネイティブによって朗読されています。
内容は約1時間です。


(2)ネイティブに直接ききました ~インタビュー「アメリカ英語との違い」

イギリス人とオーストラリア人アナウンサーに、ダン上野Jr.が直接インタ
ビューしました。

テーマはずばり、「アメリカ英語との違い」です。通り一遍の解説書には載って
いない、実用的な内容がふんだんに盛り込まれていますので、非常に参考に
なりますよ。


(3)「アメリカ英語とどう違う?」(eブック解説書)

これは、(1)の音声朗読のスクリプト全文です。
それに、両英語のアメリカ英語との発音の違いがスクリプト上に例をひいて説明
されています。一般的な両英語の聞き取りのポイントも説明されています。
 

-----------------------------------------------------------------------


いかがですか…?

この「イギリス英語・オーストラリア英語/対策キット」で、新TOEICに加わ
った新しい発音の問題は完全に解決しますよ。(^o^)



■「イギリス英語・オーストラリア英語/対策キット」が試聴できます。 
  ⇒⇒⇒ http://tokyo-sim.com/tky_fy/kit/



   … この続きは、また次回のお楽しみ …
 
                      (^o^)/

TOEIC 講座
[PR]
by danueno | 2006-11-29 16:11 | SIMうんちく

No.172 オリジナル英文

--------------------------------------
Japan Prepares to Send 'Sushi Police' on Worldwide Crusade to Improve Japanese Cuisine
--------------------------------------

Although isolated for many centuries, this island nation has been a gastronomic crossroads for decades.Some of the Italian and French restaurants located here are rated nearly as highly as any found in Europe.

But the Japanese also relish pizzas topped with corn or squid, hamburgers smothered in mayonnaise and wasabi, or chowder brimming with tofu - that is to say, fermented soybean curd.

Visitors from Rome or Boston may be appalled at such culinary interpretations. But the Japanese are obviously open minded in modifying the cuisine of other nations, just as they successfully did with automotive technology and consumer electronics.

However, Foreign Ministry spokesman, Tomohiko Taniguchi, phrasing things most diplomatically, explains that the Japanese have less tolerance for what, of late, is passing for their native cuisine overseas.

"In some countries, simply displaying what's called 'Japanese food' while maintaining something dramatically different from what you can see as Japanese food can be observed as an increasing phenomenon."

This is prompting Japan's Agriculture Ministry to convene a panel of food experts.

They will establish certification standards for Japanese restaurants outside the country.

Just what the certification standards will be, or who the conclusions will be aimed at, has not yet been determined.
A reporter calling the ministry for more information was told, politely, to call back next March.

Whatever the criteria, however, the Japanese regard preparation of their cuisine - which, for the uninitiated, includes far more than sushi - very seriously.

The notion of Japanese inspectors setting cooking standards for soba in Sao Paolo, or teriyaki in Tehran - or sushi rolls in New York - has met with a certain amount of skepticism among international journalists here who were told of the plan.

So much so that Taniguchi, the Foreign Ministry's usually unflappable spokesman, finally abandoned all pretense of support for the idea.

"What's called 'sushi police' is not going to do good for the better image of Japanese food, I believe."

The food bureaucrats across the street at the Agriculture Ministry, however, are undaunted by such criticism.They are forging ahead with their plan to police the world's sushi platters.

The ministry says its blue ribbon panel will unveil certification standards by the end of February.And, starting next April, their inspectors will spread out around the world, to begin what may turn out to be a most unappetizing assignment.

Steve Herman, VOA News, Tokyo.
[PR]
by danueno | 2006-11-29 15:46 | オリジナル英文

No.172 SIM音読用英文

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Japan Prepares to Send 'Sushi Police' on Worldwide Crusade to Improve
Japanese Cuisine
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Although isolated for many centuries,

this island nation has been a gastronomic crossroads for decades.

Some of the Italian and French restaurants located here

are rated nearly as highly

as any found in Europe.

But the Japanese also relish pizzas

topped with corn or squid,

hamburgers smothered in mayonnaise and wasabi,

or chowder brimming with tofu

- that is to say, fermented soybean curd.

Visitors from Rome or Boston may be appalled

at such culinary interpretations.

But the Japanese are obviously open minded

in modifying the cuisine of other nations,

just as they successfully did

with automotive technology and consumer electronics.

However, Foreign Ministry spokesman, Tomohiko Taniguchi,

phrasing things most diplomatically, explains

that the Japanese have less tolerance

for what, of late, is passing for their native cuisine overseas.

"In some countries,

simply displaying what's called 'Japanese food'

while maintaining something dramatically different

from what you can see as Japanese food

can be observed as an increasing phenomenon."

This is prompting Japan's Agriculture Ministry

to convene a panel of food experts.

They will establish certification standards

for Japanese restaurants outside the country.

Just what the certification standards will be,

or who the conclusions will be aimed at,

has not yet been determined.

A reporter calling the ministry for more information was told, politely,

to call back next March.

Whatever the criteria, however,

the Japanese regard preparation of their cuisine

- which, for the uninitiated, includes far more than sushi -

very seriously.

The notion of Japanese inspectors setting cooking standards

for soba in Sao Paolo, or teriyaki in Tehran

? or sushi rolls in New York ?

has met with a certain amount of skepticism

among international journalists here

who were told of the plan.

So much so that Taniguchi,

the Foreign Ministry's usually unflappable spokesman,

finally abandoned all pretense of support

for the idea.

"What's called 'sushi police' is not going to do good

for the better image of Japanese food, I believe."

The food bureaucrats across the street at the Agriculture Ministry, however, are
undaunted

by such criticism.

They are forging ahead with their plan

to police the world's sushi platters.

The ministry says

its blue ribbon panel will unveil certification standards

by the end of February.

And, starting next April,

their inspectors will spread out around the world,

to begin what may turn out to be a most unappetizing assignment.

Steve Herman, VOA News, Tokyo.
(Material is provided courtesy of voanews.com.)
[PR]
by danueno | 2006-11-29 15:43 | SIM音読用英文

「ミク中」で深まる現代人の孤独 

皆さん、「ミク中」ってご存じですか?

中にはピンと来た方もおられると思いますが、これは「ミクシイ中毒」のこと
です。



「ミクシイ」とはご承知の通り、若者を中心に会員数500万人を誇るソーシャル
ネットワーキングサービス(SNS)です。

SNSとは、簡単に言うと、「会員制のインターネット交流サービス」。

たとえば通常の掲示板などでは、誰でも自由に書き込んだり読んだりのコミュニ
ケーションがはかれますが、ミクシィは完全招待制です。

…つまり、紹介がないと会員にはなれません。

招待制をとることで、ユーザーそれぞれの素性が明らかになり、健全で安心感の
ある居心地の良いコミュニティを維持することができる、というのがうたい文句。

なるほどこれだと、一般の掲示板によくある「荒らし」などに煩わされることは
ありません。



「ミクシィ中毒」とは、これに過剰にはまること。…つまり依存症のことです。

たとえばこれにかかったAさんは、「自分が書いた日記にコメントが来ていない
かが常に気になって、仕事中でもPCをのぞいてしまう」とのこと。

そして、帰宅後もまずPCを起動しミクシィにつなぎます。

「今日は疲れた」との書き込みに「大変だったね」と返事が来るだけで心が和み、
ふと気が付けば1、2時間は当たり前…。「独り暮らしでも社会とつながって
いる気がする」と語っています。



私はこれを読んで「ちょっと危険だな…」と思いました。

私自身も感じることですが、インターネットの普及と共にどんどんバーチャル化
が進み、人や物事とのかかわりに現実感が失われていくような気がします。

ネットを通しての交流もそのひとつで、これはなかなか魅力があるためにハマリ
やすく、気が付くと、そのために人とのリアルなコミュニケーションの時間が
削られていく傾向にあるのです。

Webコミュニケーションの可能性は高く評価しつつも、ネットの中の交流は結局
バーチャルでしかなく、現代人の孤独をさらに深める側面も否定できないと感じ
ています。

ニューズウィーク
[PR]
by danueno | 2006-11-22 17:25 | 編集後記

SIM方式の英文法 その29

<特集>  「新TOEIC攻略の2大ポイントとは?」      

    ~ イギリス英語・オーストラリア英語/対策キット ~


前回は、「リーディング強化版スーパーエルマー」についてお話ししましたが
誤解のないように申し添えますと、スーパーエルマーはもちろんリスニング
教材です。

そのリスニング教材スーパーエルマーに「リーディング対策キット」と、
「イギリス英語・オーストラリア英語/対策キット」が付いて鬼に金棒に
なりました、ということですね。

別の言い方をすると、この2つの対策キットが付いて、スーパーエルマーは
新TOEIC完全対応型に進化した、ということになります。(^o^)



…さて、前回の続きです。

前回は、TOEICリニューアルの第1のポイント「新しい発音の採用」について
解説しました。

「新しい発音」というのは、イギリス英語、オーストラリア英語、ニュージー
ランド英語、カナダ英語のアクセントが取り入れられた発音のことです。

実際にテストを受けられた方は、リスニングセクションの問題に、時々耳慣れ
ない発音が混じるので、ドキリとした経験がおありになると思います。


「新しい発音」と言っても、あまり極端なアクセントは出題されませんが、
でも、ただでさえ緊張して、あがっているTOEICテストです。

何も準備をしないで、これらのアクセントを聞くと、それだけでパニックに
なる可能性は充分にあります。

では試しに、ちょっとこれを聴いてください。
  ⇒  http://tinyurl.com/ygyf7x


いかがですか?

これは、もちろん英語です。でも、時々、耳慣れない発音が混じると思いま
せんか?

たとえば、はじめの方で、「ディジュー・ノイ」とありましたが、
これは”Did you know”のことなんですね。この、ちょっとヘンテコな英語、
これが新TOEICに新たに加わった、オースラリア英語なんです。



しかし、この発音の問題については、それほど恐れるに足りません。

なぜなら、新しく加わった英語の音声を、沢山聴いて慣れることで対応できる
からです。

スーパーエルマーには、「イギリス英語・オーストラリア英語/対策キット
CD」がついていますので、TOEICに加わった新しい発音の問題は、これで
完全にクリアすることができます。


■「イギリス英語・オーストラリア英語/対策キット」が試聴できます。 
 
   … この続きは、また次回のお楽しみ …


                       (^o^)/
[PR]
by danueno | 2006-11-22 16:57 | SIMうんちく

No.171 オリジナル英文

--------------------------------------
US Presidential Contenders Take Early Steps Toward 2008 Campaign
--------------------------------------
Within days of the end of the 2006 congressional election campaign, Democrats and Republicans alike were already taking steps to run for president in 2008.

On the Republican side, Arizona Senator John McCain is setting up a committee to explore a presidential bid two years from now as is former New York City Mayor Rudolph Giuliani.

Giuliani spoke recently in New Hampshire, the state that traditionally hosts the first presidential primary and a key stepping stone to the White House.

"You have got to campaign, you know, person to person, and people get a chance to really evaluate you and they get a chance to figure out, what are your ideas, what do you stand for.”

A recent Gallup poll found Giuliani the top choice among Republicans for president in 2008.Giuliani won the support of 28 percent of voters while John McCain was second at 26 percent.

McCain is one of the few potential candidates for 2008 who advocates sending more U.S. troops into Iraq to quell the sectarian violence there.

Some experts believe Iraq could prove to be a political liability for the Republicans in 2008 much as it was in this year's congressional elections.

As for the Democratic field in 2008, most experts regard New York Senator Hillary Clinton as the favorite.But Clinton must overcome doubts by some Democrats that she is too polarizing a political figure to win the White House.

Clinton may also get a challenge from an unexpected newcomer to the national stage.
First-term Illinois Senator Barack Obama has caused a stir within the Democratic Party by announcing he is considering a White House bid in 2008.

Some of his Democratic rivals question whether Obama has the necessary experience to run for president, noting he has served only two years in the Senate.

Analyst John Fortier predicts that two names will dominate the crowded Democratic presidential field in the months ahead.

"You still have a very strong, on the Democratic side, very strong Hillary Clinton and then the very interesting revelation of Barack Obama hinting that he will throw his hat in the ring.That is going to keep a lot of the other people out of the news and those two will dominate."

Many experts believe that Democratic gains in the 2006 congressional elections indicate that voters will be looking for political moderates when they decide on presidential candidates in 2008.

Most of those considering a presidential bid are expected to make a final decision on running early next year.The presidential nominating caucuses and primaries begin in January of 2008.

Jim Malone, VOA News, Washington.

TOEIC 講座
[PR]
by danueno | 2006-11-22 12:18 | オリジナル英文

No.171 SIM音読用英文

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
US Presidential Contenders Take Early Steps Toward 2008 Campaign
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Within days of the end of the 2006 congressional election campaign,

Democrats and Republicans alike were already taking steps

to run for president in 2008.

On the Republican side, Arizona Senator John McCain is setting up a
committee

to explore a presidential bid two years from now

as is former New York City Mayor Rudolph Giuliani.

Giuliani spoke recently in New Hampshire,

the state that traditionally hosts the first presidential primary

and a key stepping stone to the White House.

"You have got to campaign, you know, person to person,

and people get a chance to really evaluate you
        
and they get a chance to figure out,

what are your ideas, what do you stand for.”
                     
A recent Gallup poll found Giuliani the top choice

among Republicans for president in 2008.

Giuliani won the support of 28 percent of voters

while John McCain was second at 26 percent.

McCain is one of the few potential candidates for 2008

who advocates sending more U.S. troops into Iraq

to quell the sectarian violence there.

Some experts believe Iraq could prove to be a political liability

for the Republicans in 2008

much as it was in this year's congressional elections.

As for the Democratic field in 2008,

most experts regard New York Senator Hillary Clinton

as the favorite.

But Clinton must overcome doubts by some Democrats

that she is too polarizing a political figure

to win the White House.

Clinton may also get a challenge

from an unexpected newcomer to the national stage.

First-term Illinois Senator Barack Obama has caused a stir

within the Democratic Party

by announcing he is considering a White House bid in 2008.

Some of his Democratic rivals question

whether Obama has the necessary experience to run for president,

noting he has served only two years in the Senate.

that two names will dominate

the crowded Democratic presidential field in the months ahead.

"You still have a very strong, on the Democratic side, very strong
Hillary Clinton

and then the very interesting revelation of Barack Obama

hinting that he will throw his hat in the ring.

That is going to keep a lot of the other people out of the news

and those two will dominate."

Many experts believe that Democratic gains in the 2006 congressional
elections indicate

that voters will be looking for political moderates

when they decide on presidential candidates in 2008.

Most of those considering a presidential bid are expected to make a final
decision

on running early next year.

The presidential nominating caucuses and primaries begin

in January of 2008.

Jim Malone, VOA News, Washington.
(Material is provided courtesy of voanews.com.)
[PR]
by danueno | 2006-11-22 12:09 | SIM音読用英文

小さな巨人

いや~、ホントに感動しました!

11/11の世界女子バレーの対セルビア・モンテネグロ戦です。
この、もの凄い試合をご覧になった方も多いでしょう。

今大会無敗だったセルビア・モンテネグロはさすがに強く、日本は第1、2
セットを一気に押し切られました。

しかし第3セットから目覚ましい反撃を見せ、3セットを連取!
…本当に手に汗握りました。

残念ながら、日本はその後イタリアに敗れましたので、28年ぶりのメダルに
は届きませんが、日本がここまで成長したことを本当にうれしく思います。



実は日本がここまで躍進した背後には、セッター竹下佳江の存在があると言わ
れています。

セッターは何と言っても攻撃のカナメですが、竹下の左右に散らす変幻自在の
高速トス、バックトスは絶品で、全日本コンビバレーの強さの秘訣はここに
あります。

ただ、ご存じのように、竹下の身長は159センチしかありません!

まさしく「小さな巨人」と呼ぶべき竹下選手ですが、彼女の歩んだ道は、順風
満帆ではなく、かつて引退まで経験した苦労人でもあります。

さる2000年に全日本はシドニー五輪の出場権を逃すという苦杯をなめなしたが、
その時に「負けたのはセッターの背が小さいからだ」と戦犯扱いされました。

責任を感じた竹下は引退。でもその後、やはり自分を生かすのはバレーと心機
一転した復帰後は、従来に勝るような活躍を見せています。



その竹下選手が先日、TVのインタビューにこう答えていました。

 「背が小さいことは私の欠点ではありません。これは私の特徴なんです。
  この体格だから、プレーについて深く、細かく考えることができるんです」

…う~ん、この言葉にもジーンときました! (T_T)

バレーボールでは致命的な欠陥になりかねない身長の低さを、自分の特徴と
言い切る竹下選手の言葉に、私は「人生の秘訣」が隠されていると思いました。

竹下選手の言葉は、たとえば、いじめで苦しんでいる子供たちにも光明を与える
と思います。竹下選手は子供たちに、こう言っているのではないでしょうか。

 「君が自分の欠点と考えているものは、実は欠点ではないんだよ。
  それは君の特徴なんだ。私の姿を見てごらん」…と。

TOEIC 講座
[PR]
by danueno | 2006-11-16 12:09 | 編集後記

SIM方式の英文法 その28

【今日のテーマ】 


 <特集>        

    「リーディング強化版スーパーエルマーとは?」 ~ その1


冒頭に書きましたとおり、今日から数回のシリーズで、「リーディング強化版
スーパーエルマーとは?」というレクチャーを掲載します。



リーディング強化版スーパーエルマーと聞いて、あなたは「エーッ!スーパー
エルマーって、リスニング教材じゃなかったの?」と、おっしゃるかもしれま
せん。

そうです、もちろん、スーパーエルマーはリスニング教材です。

そのスーパーエルマーが、リスニング力UP効果はそのままにリーディング力
まで身につけることのできる教材に進化したのです。



今回、スーパーエルマーが、なぜリーディング強化版になったのでしょうか。

その理由は、ずばり、TOEICテストがリニューアルされて、難しくなったことに
あります。

リニューアルされて、ある程度の時間が経過した今、新TOEICについての評価は、
ほぼ定まった感があります。

それは、「全体的な傾向として難しくなった!」ということです。

どこが難しくなったかと言いますと、まず「新しい発音の採用」、それに
「リスニング・セクションの長文化」、そして「リーディングセクションの
長文化」の3つが、あげられます。

そして、その中でも最も難しくなったと言われているのが、3つめの
「リーディング・セクションの長文化」なのです。



当研究所は、この問題に対して緊急に対応すべきであると考え、リスニング教材
「スーパーエルマー」に、強力なリーディング対策を施しました。

それが、この「リーディング強化版スーパーエルマー」なのです。

これで、リニューアル後のTOEIC対策は、いっそう万全のものになります。

この「リーディング強化版スーパーエルマー」で学習すると、TOEICリスニング・
セクションを楽々制覇することができるばかりでなく、難しくなったと言われる
リーディング・セクションにも、万全の態勢で臨むことができるようになります。

では、さっそく、リーディング強化版スーパーエルマーの特長と、リニューアル
されたTOEICの改訂ポイントについて順を追って説明しましょう。

まず、はじめに、リニューアルされたTOEICテストの3つの改訂ポイントから
説明します。



リニューアルの第1のポイントは、「新しい発音の採用」です。

「新しい発音」というのはもちろん、皆さんご承知のとおり、アメリカ英語以外の
英語の発音、つまりイギリス英語、オーストラリア英語、ニュージーランド英語、
カナダ英語のアクセントが取り入れられたことです。

新しい発音が採用されたことの目的は、TOEICテストの内容を、実際の国際的な
職場環境に近づけるためのものでした。

ですからテストの内容はより現実に即した難しいものになり、実際にテストを
受けられた方は、リスニングセクションの問題に、時々耳慣れない発音が混じる
ので、ドキリとした経験がおありになると思います。



 …こういった感じで、ダン上野Jr.のレクチャー「リーディング強化版スーパー
  エルマー」は続いて行きますよ。

  ここには新TOEIC攻略の大きな秘密が隠されていますので、楽しみにしていて
  くださいね…
                    (^o^)/

TOEIC 講座
[PR]
by danueno | 2006-11-15 17:10 | SIMうんちく