<   2006年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

パソコン授業に賛成?反対?

今日のトピックはかなり興味深いテーマでした。

「ビル・ゲイツの次なるビジネス・ターゲットは学校だ」という、うがった
意見もありますが、私は新たな可能性を拓く試みと評価しています。

従来、ひとりの先生が大勢の生徒を前にして授業を進める、というのが私たち
の知っている学校の授業のあり方でした。

しかし、それだけがすべてはない、と私は思うのです。

子供の成長度合いは様々なので、先生の授業についていけない生徒もいます。
ついていけなくて、すでに不登校になってしまった生徒もいます。

PC授業は、これらの生徒たちの救世主になるかもしれません。


ところで、PCを授業に導入する際に、先生の方で気を付けなければならない
問題があると思います。

それは、インターネットの知識をどのように生きた知識として input していく
か、その具体的な訓練が必要ではないかということです。

よくきく話ですが、インターネットで調べ物をする宿題が出されて、みんなが
同じような内容のレポートを提出したというようなことがあります。

つまり、ネットからコピーしたものを、そのまま考えもせずに、自分のものと
して発表してしまう、ということですね。

これは、インターネットをどのように創造的に学習に活用していくか、という
最も基本的で根元的な教育が欠如している結果だと思います。

学校はそこのところをチキンと生徒に教えて欲しいですね。
[PR]
by danueno | 2006-09-28 11:08 | 編集後記

メディエーター(仲介者) 

世の中にはいろんな職業があるものです。

皆さんは、「メディエーター」という職業をご存じですか?

英語では mediator ですが、これがアメリカでは花形の職業なんだそうです。

日本でも、ヤングジャンプ掲載の「メディエーター桐島丈一郎」(原作:高野
洋)で、この職業が有名になりつつあるそうです。



このメディエーターがどんな職業かというと…

たとえば「上の階の住人の洗濯機の音がうるさい。何とかしたい」という時、
口で言っても相手がきかない場合があります。

腹が立ちますが、かといって裁判に持ち込むほどのものでもない…、といった
時に、このメディエーターが登場します。

つまり、日常生活のトラブルを、仲裁、調停、あっせんなど裁判以外の方法で
解決する専門家なのです。

たとえば、労使関係では今春始まった「労働審判」がこれにあたります。



このメディエーターについて会社のスタッフが面白いことを言っていました。

このスタッフは私と同じ4人の子持ちなのですが、彼の子供たちの中には、
しょっちゅうもめ事を起こすトラブルメーカーの子供もいれば、それをなだめ
る専門家のような子供もいるとか…。

同僚は、仲裁役の子供をうまく育てて、将来は名メディエーターにしたいのだ
そうです。
[PR]
by danueno | 2006-09-21 11:16 | 編集後記

No.162 オリジナル英文

----------------------------------------
US Tourism Industry Begins Initiative to Improve America's International Image
----------------------------------------
According to a recent survey conducted by the Pew Global Attitudes Project, the image of the United States has steadily declined around the world in recent years.This includes traditional allies, such as Great Britain and Spain.In both those nations, the survey found, America's image has declined more than 20 percent since 2000.

Roger Dow, president and chief executive officer of the Travel Industry of America, says the negative image of the U.S. around the world is also affecting a vital area of the nation's economy.

"Over the past 12 years, we've lost 33 percent of our market share of international travelers. So, this has been going on a long time.One share point, if we could just improve by one share point, that's eight million visitors, $15 billion in revenue, 150,000 jobs."

The decline has spurred Dow and other leaders of the U.S. travel and tourism industry to launch a new initiative, called Discover America Partnership.The program aims to attract 10 million more visitors to the United States each year.

One of the leaders of the new initiative is Jay Rasulo, who serves as chairman of Walt Disney Parks and Resorts.During a press conference in Washington earlier this week, Rasulo said the program would utilize "people-to-people" diplomacy to improve America's sagging image in the international community.

"But in the effort to win hearts and minds, we have a unique card to play.That card is an invitation to visit America, to meet our people and to experience first-hand our values.Because, to see America, is to believe in America."

The initiative cites research that found a 42 percent increase in favorable opinion of the U.S. among those who have visited the country.

Steven Porter, the president of InterContinental Hotels Group, and chairman of Discover America Partnership, says the program will encourage international visitors to go beyond the usual tourist attractions in the United States.

"Certainly, there are rival places like Washington, New York, Los Angeles, San Francisco that seem to always get a disproportionate share of initial arrivals.But clearly, as people return for the second trip, and as people come for longer periods of time, it is tremendous to discover the heartland, to sort through the Great Lakes, to go down to the Gulf Coast, to better understand Florida, to go all the way up to Alaska and, of course, Hawaii."


Richard Green, VOA News, Washington.
[PR]
by danueno | 2006-09-20 16:53 | オリジナル英文

SIM方式の英文法 その21

~ 目に見えない英文法 補足2 ~


「目に見えない英文法」シリーズ、補足の続きです。 (^_^;)

前回は「変身する動詞 ~ 不定詞」というテーマで説明しました。

ちょっと復習しますと…


不定詞は動詞が変身の術を使って、名詞、形容詞、あるいは副詞に変身した
姿だ、ということでしたね。



そして、不定詞の名前の由来です。

そもそも動詞とは文の中で、主語の述語動詞として使われるのが本来の姿です。

その場合には、現在形とか、過去形という特定に形に変形します。

たとえば、三人称単数現在の s が付いたり、過去形の ed が付いたりします。

このように特定の時制をとる以前の形が、動詞の原形です。

「to + 動詞の原形」を不定詞と呼ぶのは、それが、動詞が特定の時制を
とる前の、不特定の段階の原形動詞を使うからなんです。

これが、不定詞の名前の由来でしたね。

そうして、不定詞とは、動詞が変身して、名詞的に、あるいは形容詞的に、
はたまた副詞的に使われる、ということなんです。



さて、動詞が変身する例として、もうひとつあります。

ここからが、今日のテーマです。

動詞が変身する例として、~ ingの形があります。

ingが付くと動詞が変身して、不定詞と同じように、名詞、形容詞、副詞の働
きをするようになります。

ingがついて名詞になるのは動名詞ですね。

----------------------------------------------------------------------

 They say that smoking and drinking are not good for the health.

 一般に言われている … 喫煙や飲酒は良くないと … 健康に。

----------------------------------------------------------------------

smoking 、 drinking と、それぞれ動詞にingがついて、「喫煙」「飲酒」と
名詞になっています。


では、次はどうでしょうか?

----------------------------------------------------------------------

A slow-moving truck was blocking traffic on the hill.

----------------------------------------------------------------------


文頭からセンスグループごとに訳してみましょう。


  A slow-moving truck was blocking traffic …
    徐行中のトラックが交通を妨害していた

        on the hill.
            坂道の    


となりますね。

とすると、slow-moving は「徐行中の」という現在分詞で、形容詞的な働きを
していることになります。

さて、ここで大切なのは、形の上だけでは現在分詞の形容詞的用法であること
がわからないということです。

訳してみなければ、それはわかりません。

つまり、ここでも「先に英文法ありき」ではなく、「先に意味ありき」なん
です。



では、次の例文に行きます。

---------------------------------------------------------------------

  It was a burning hot day in August.

---------------------------------------------------------------------

訳してみましょう。


  It was a burning hot day … in August.

   焼けるように暑い日だった … 8月の


となりますね。

ですから、burning は hot を修飾する現在分詞の副詞的用法ということにな
ります。

これも訳してみなければそのことが判りません。


このように、動詞に ing がついて変身する場合、それが動名詞なのか、現在
分詞の形容詞的用法なのか、それとも現在分詞の名詞的用法なのか、はたまた
副詞的用法なのかは見ただけでは判らない、ということです。

ここにも「目に見えない英文法」の例があったというわけですね。


この続きは…

       … また次回のお楽しみ …


                 (^o^)/
[PR]
by danueno | 2006-09-20 16:33 | SIMうんちく

No.162 SIM音読用英文

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
US Tourism Industry Begins Initiative to Improve America's
International Image
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
According to a recent survey

conducted by the Pew Global Attitudes Project,

the image of the United States has steadily declined

around the world in recent years.

This includes traditional allies, such as Great Britain and Spain.

In both those nations, the survey found,

America's image has declined more than 20 percent since 2000.

Roger Dow, president and chief executive officer of the Travel
Industry of America,

says the negative image of the U.S. around the world is also affecting

a vital area of the nation's economy.

"Over the past 12 years, we've lost

33 percent of our market share of international travelers.

So, this has been going on a long time.
    
One share point, if we could just improve by one share point,

that's eight million visitors, $15 billion in revenue, 150,000 jobs."

The decline has spurred Dow

and other leaders of the U.S. travel and tourism industry

to launch a new initiative,

called Discover America Partnership.

The program aims to attract 10 million more visitors

to the United States each year.

One of the leaders of the new initiative is Jay Rasulo,

who serves as chairman of Walt Disney Parks and Resorts.

During a press conference in Washington earlier this week,

Rasulo said the program would utilize "people-to-people" diplomacy

to improve America's sagging image in the international community.

"But in the effort to win hearts and minds,

we have a unique card to play.

That card is an invitation

to visit America, to meet our people and to experience first-hand
our values.

Because, to see America, is to believe in America."

The initiative cites research

that found a 42 percent increase in favorable opinion of the U.S.

among those who have visited the country.

Steven Porter, the president of InterContinental Hotels Group,
and chairman of Discover America Partnership,

says the program will encourage international visitors

to go beyond the usual tourist attractions in the United States.

"Certainly, there are rival places

like Washington, New York, Los Angeles, San Francisco

that seem to always get a disproportionate share of initial arrivals.
      
But clearly, as people return for the second trip,

and as people come for longer periods of time,

it is tremendous to discover the heartland,

to sort through the Great Lakes, to go down to the Gulf Coast,

to better understand Florida, to go all the way up to Alaska and,
of course, Hawaii."

Richard Green, VOA News, Washington.
(Material is provided courtesy of voanews.com.)
[PR]
by danueno | 2006-09-20 11:07 | SIM音読用英文

人間の匂い

先日の新聞に面白い記事がありました。

インターネット関連の仕事をしているAさんは、自宅からほとんど外に出ない
で生活するのだそうです。

ひきこもりではありません。 (^_^;)

外出しなくても生活ができるのだとか…。



Aさんの仕事机のまわりには4台のパソコンがあり、それが、まるで飛行機の
操縦席のようにAさんを取り囲んでいます。

仕事の依頼から、打ち合わせや納品、連絡まで大半がEメールです。
電話もありますが、めったに手にしません。

Aさんは日程管理ソフトに従って黙々と仕事をこなし、空腹になればネットの
宅配サイトでお弁当を注文し、野菜ジュースやトイレットペーパーなどの生活
用品もネットで揃います。

このように、椅子に座っていても、ちょっと腕を伸ばせば大抵の用事が済んで
しまうのだそうです。ですから外出不要、というわけです。



私はこれを読んで、「ここには人間の匂いがしないなー」と思いました。

人間は自分以外の人間と視覚、触覚、聴覚、嗅覚などを通してさまざまな形で
ふれあいます。

そこには、互いの考えの行き違いがあったり、感情的なすれ違いがあったり、
いろいろ不快なことがつきものかもしれません。

しかしその反面、相手の温かい言葉を聞いてでホッとしたり、人間的な共感を
分かち合ったりといった、生身の人間からしか得られない感動があります。

これが通常の人間同士のつきあい、というものではないでしょうか。
そこには、どこか安心できる人間の匂いというものがあります。



ところで、先日私は、将来の人間疎外社会を予告するような光景を見てしまい
ました。

子供たちが集まって遊んでいるのですが、誰もひとことも発しません。

変だなと思って良く見ると、それそれがゲーム機を持ち寄り、それぞれ自分の
ゲームに没頭しているのでした。

少しばかりゾッとしました… :-)
[PR]
by danueno | 2006-09-14 11:23 | 編集後記

SIM方式の英文法 その19

~ 目に見えない英文法 最終回 ~


今まで、目に見えない英文法シリーズとして「形の上では区別できない前置
詞句と不定詞」のお話をしてきました。

英語は「文法が先」ではなく、あくまでも「意味が先」ということでしたね。


ちょっと前回の復習をしてみましょう。

下記の英文を見てください。

-----------------------------------------------------

I want to buy something nice for my mother. 

-----------------------------------------------------

この to buy が「名詞的用法」であるか「形容詞的用法」であるか、あるいは
「副詞的用法」であるか、見ただけではわかりません。

文頭からセンスグループ(意味の取れるまとまり)ごとに訳してみてはじめて、
この不定詞が「名詞的用法」であることがわかります。

    I want (私はしたい)… to buy(買うことを)…



そして、次の例文。

---------------------------------------------------------------------

    They need some water to drink.

---------------------------------------------------------------------

これも、to drinkがどのように使われているのか、訳さないとわかりません。 

They need some water… 「彼らは水を必要としている」ですから、当然、
「飲むための」という意味が確定し、to drink が「形容詞的用法」であるこ
とがわかります。


次はどうですか?

----------------------------------------------------------------
 
   I went upstairs to clean the bedrooms. 

----------------------------------------------------------------

I went upstairs … は「私は2階に行った」ですね。

ですから、to clean the bedrooms は当然、「寝室を掃除するために」という
「副詞的用法」になります。



これらは訳してみなければわからない、という「目に見えない英文法」の例で
した。

…ここまでが、前回の復習です。



さて、普通日本人は、文法はすべて形に現れているものであり、目に見える
外形で判断できるものと考えています。

ですから「文法は暗記物だ」と考えます。

確かに文法といえば、現在進行形からはじまって、受身形、現在完了形、
不定詞形など、外形でわかるものが多いです。

これらはすべて「目に見える文法」です。それらは暗記すれば良いんです。
訳しなくてもわかりますので…


しかし、外形では判断できない「目に見えない英文法」、つまりある前置詞
句が形容詞句であるか副詞句であるか、またある不定詞が名詞的用法であるか
副詞的用法であるか、はたまた形容詞的用法であるか、などは訳さなければ
わかりません。

このように「目に見えない英文法」は、暗記ではわからない文法なんです。

実は、この両者がはっきりと区別して教えられていないことが、学校英語の
英文法の理解が中途半端に終わっている原因なんです。



そもそも、ある単語が名詞や動詞、形容詞、副詞に分類されるのは、文法では
ありません。意味があるからなんです。

たとえば apple が名詞として分類されるのは、なぜでしょう。

それは、これが「りんご」という物の名前だからです。

このように文法は意味から生まれました。つまり意味が先か、文法が先かと
問われれば、意味が先なんです。

同様に run という単語が名詞ではなく動詞であるのは、その意味が「走る」
という動作を意味するからです。

辞書には品詞名が最初に書いてあるので、いかにも英文法が先であるように
錯覚しがちですが、これまで説明してきましたように、本質的には意味が先
なんです。文法が先ではありません。




       … この続きは、また次回…


               …お楽しみに! (^o^)/
[PR]
by danueno | 2006-09-13 16:01 | SIMうんちく

No.161 SIM音読用英文

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Britain's Blair Pledges to Step Down Within One Year
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Faced with a brewing mutiny from some Labor Party members,

Prime Minister Blair said

this month's annual party conference will be his last,

meaning he will leave office sometime within the next year.

But he refused to be pinned down to a specific date,

as some party politicians demanded.

"I'm not going to say it, a precise date,
now.

I don't think that's right.

I will do that at a future date,

and I'll do it in the interests of the country,

and depending on the circumstances of the time."

The announcement came after a tumultuous 24 hours in British politics

that saw the resignations of a junior minister and seven senior aides,

and a reportedly tense meeting

between Blair and his expected successor, Gordon Brown.

Blair has been in office since 1997.

Calls have been growing within the party for him to step down

to reinvigorate the Labor Party's political fortunes,

as recent polls have shown a sharp decline in support.

Last week, 17 Labor Party parliamentarians signed a letter

calling for a change in leadership.

Blair previously said only that he would not run

in the next parliamentary elections,

which must be held some time before June 2010.

Blair loyalists accused Brown supporters

of mounting what some of them labeled a coup,

to force Blair to step aside to make way for Brown to become
party leader,

and thus prime minister.

Speaking in Scotland Thursday, Brown said

the decision on when to leave is Blair's alone,

and that he will support whatever the prime minister decides.

"But I want to make it absolutely clear today

that, when I met the prime minister yesterday, I said to him,

as I have said on many occasions to him and I repeat today,

that it is for him to make the decision.

I said also to him, and I make clear again today,

that I will support him in the decisions he makes,

that this cannot, and should not, be about private arrangements,

but what is in the best interest of our party,

and, most of all, the best interests of our country.

And, I will support him in doing exactly that."

But it is still not clear

(if) Blair's statement will satisfy the dissidents

who want the prime minister to leave sooner.

Some Labor Party politicians have voiced concern

that the dissent is tearing the party apart,

and only works in favor of the opposition Conservative Party.

Blair apologized for the public party squabbles,

saying that in his words "this has not been the Labor Party's
finest hour."

Gary Thomas, VOA News, London.
(Material is provided courtesy of voanews.com.)
[PR]
by danueno | 2006-09-13 15:58 | SIM音読用英文

No.161 オリジナル英文

--------------------------------------
Britain's Blair Pledges to Step Down Within One Year
--------------------------------------

Faced with a brewing mutiny from some Labor Party members, Prime Minister Blair said this month's annual party conference will be his last, meaning he will leave office sometime within the next year. But he refused to be pinned down to a specific date, as some party politicians demanded.

"I'm not going to say it, a precise date, now. I don't think that's right. I will do that at a future date, and I'll do it in the interests of the country, and depending on the circumstances of the time."

The announcement came after a tumultuous 24 hours in British politics that saw the resignations of a junior minister and seven senior aides, and a reportedly tense meeting between Blair and his expected successor, Gordon Brown.

Blair has been in office since 1997. Calls have been growing within the party for him to step down to reinvigorate the Labor Party's political fortunes, as recent polls have shown a sharp decline in support. Last week, 17 Labor Party parliamentarians signed a letter calling for a change in leadership.

Blair previously said only that he would not run in the next parliamentary elections, which must be held some time before June 2010.

Blair loyalists accused Brown supporters of mounting what some of them labeled a coup, to force Blair to step aside to make way for Brown to become party leader, and thus prime minister.

Speaking in Scotland Thursday, Brown said the decision on when to leave is Blair's alone, and that he will support whatever the prime minister decides.

"But I want to make it absolutely clear today that, when I met the prime minister yesterday, I said to him, as I have said on many occasions to him and I repeat today, that it is for him to make the decision. I said also to him, and I make clear again today, that I will support him in the decisions he makes, that this cannot, and should not, be about private arrangements, but what is in the best interest of our party, and, most of all, the best interests of our country. And, I will support him in doing exactly that."

But it is still not clear (if) Blair's statement will satisfy the dissidents who want the prime minister to leave sooner. Some Labor Party politicians have voiced concern that the dissent is tearing the party apart, and only works in favor of the opposition Conservative Party.

Blair apologized for the public party squabbles, saying that in his words "this has not been the Labor Party's finest hour."

Gary Thomas, VOA News, London.
[PR]
by danueno | 2006-09-13 15:58 | オリジナル英文

スポーツと腰痛の関係

アガシではないですが、プロスポーツ選手は大体、怪我や故障に悩むようです。

勝つために普通では考えられない量のハードな練習を毎日積み重ねていくわけ
ですから、どこかに異常が出るのは当然かもしれません。

よく聞くのはゴルフや野球と言った腰をひねるスポーツにつきものなのが腰痛
だと言います。

腰痛はこればかりでなく様々のスポーツについてまわるようで、たとえば女子
バレーの大山加奈選手も腰痛に悩んでいるとか…。思いっきり体を反らして
打ち込んでいる姿を見ていると痛々しくなります。

恐いのは体操選手の腰痛です。体操選手は背骨の軟骨に相当なダメージを受け
ており、骨がすり減ってガタガタになっている場合があるそうです。それでも
腰痛にならないのは鍛え上げた筋肉のおかげだとか…。

ですから一旦、現役を離れて練習量が落ちると筋肉が弱り、一挙に腰痛が始ま
るのだそうです。…これは、さながら爆弾を抱えているようなものですね。

それから、腰痛というと荒川選手のイナバウアーもかなり腰を痛めそうな気が
します…。ウ~ム。 (^_^;)


このように見てくると、スポーツ選手というものは自分の体を犠牲にして、
あの華麗な演技や、胸のすくような試合を見せてくれているわけです。

これからもっともっと応援しなきゃ…と思いました。

(…とりあえずオシム・ジャパン! がんばれー! (^o^)/~~~ )
[PR]
by danueno | 2006-09-07 10:49 | 編集後記