<   2006年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

スパムメール退治に効果アリ!

お昼休みにTVをつければ、どこを見ても「ハンカチ王子」の話題。

…ちょっと食傷気味です。 (^_^;)

本人も話題の中心が肝心の野球から離れて、やや困っている風にも見えます。

そしてこの時間の他の話題といえば、夏休みで暴走する若者たち…

近隣の迷惑も考えず浜辺で打ち上げ花火に興じる「花火族」。

海水浴場で水上オートバイを爆走させる危険な「水上暴走族」。

 …全く、迷惑な話です。 :-)



そして、私たちに身近な迷惑者といえば、スパムメールです!

この編集後記では、今までも何度かスパムメール対策について触れましたが、
今回、素晴らしいツールを見つけましたのでご紹介します。

それはあの有名なアンチウィルスソフトである「ウィルスバスター」です。

「もう使ってるよ」とお叱りを受けそうですが、私はここ数年他社ソフトに
乗り換えていましたので知りませんでしたが、いや~凄く進化しています。

最近のウィルスバスターには、迷惑メール対策が付いているんです。

これをONにしておけば、スパムメールの大多数の件名に [MEIWAKU] という
文字が挿入されます。

ですから、ツールのメッセージルールで、「件名にMEIWAKUとあったら削除す
る」という風に設定しておけば、迷惑メールは自動的に消えてしまいます。

このウィルスバスターのおかげで、スパムメールは今までの2割程度にまで
激減しました!
[PR]
by danueno | 2006-08-31 11:11 | 編集後記

SIM方式の英文法 その17

~ 目に見えない英文法  ~


前回にひきつづいて、目に見えない英文法のお話です。

例によって復習しましょうね。



「前置詞+名詞」でできている前置詞句が、ある時は形容詞句になり、
ある時は副詞句として使われますが、その見分け方は、というお話でした。

そして、その区別は「訳をしてからでないとわからない」ということでした。

しつこいようですが、再び例文です。

---------------------------------------------------------------

 This is my first assignment to the LA office.

 文章の前半が、「これは私の最初の赴任だ…」ですので、その後に来る
 前置詞句 to the LA office は当然、「ロスの事務所への」という
 形容詞句になる。

----------------------------------------------------------------

Mr.Thompson has sent a very important document to the LA office.

 文章の前半は「トンプソン氏は、私に非常に重要な書類を送った」なので、
 to the LA office の意味は、おのずから「送った」を修飾する副詞句とし
 て「LA事務所に」になる。

-----------------------------------------------------------------


このように、ある前置詞句が、形容詞句か、副詞句かという文法上の最終
判断は、訳をしなければわかりません。

訳してみなければわからないという意味で、「目に見えない英文法」と呼び
ましょう。

しかし、問題はこのことに学校英語で全く触れられないことです。

学校英語では「文法がわかれば訳ができる」という前提に立って授業がな
されますので、まず先生は文法の説明を先にします。

「ここは副詞句だから、全体の訳はこうなりますよ…」という感じですね。

しかしそれでは順序が逆、…ということでした。

まず英文の訳をしないと、その前置詞句が副詞句であるか、それとも形容詞
句であるか全く判らないのですから、そこに大きな矛盾があるんですね。



…さて今日は、この続きです。

実はこのことは、不定詞でも全く同じことなんです。

ご承知のとおり「to+動詞の原形」を不定詞といいます。

たとえば to buy という不定詞があるとすると、これが名詞として使われてい
るか、形容詞として使われているか、それともは副詞として使われているか、
形だけでは誰にも判らないんです。

やはり訳してからでないとわからないんです。
あくまでも「文法が先」なのではなくて、「訳が先」なんですね。


次の例文を見てください。


-----------------------------------------------------

I want to buy something nice for Mother. 

-----------------------------------------------------

文頭からセンスグループ(意味の取れるまとまり)ごとに訳してみると、まず

I want (私はしたい)…  となっています。

ですから、次にくる to buy が「買うことを」という「名詞的用法」になって
くるんです。

全体のSIM訳は、「私はしたい…何か素敵なものを買うことを…母に。」となり
ます。

これは、to buy が「買うことを」と、 want の目的語となる名詞のような使わ
れ方をしているので、「名詞的用法」と言います。



ちなみに、不定詞が形容詞として使われる場合を「形容詞的用法」、副詞として
使われる場合を「副詞的用法」と言います。

大切なのは、この例文の場合、絶対に「買うための」(形容詞的用法)とか、
「買うために」(副詞的用法)にならない、ということです。

なぜそうなるかというと、それは「意味からしてそうなりえない」ということ
なんです。

このように、あくまで「文法が先」ではなく「訳が先」なんですね。



       … この続きは、また次回…


               …お楽しみに! (^o^)/
[PR]
by danueno | 2006-08-30 16:07 | SIMうんちく

No.159 オリジナル英文

------------------------------------
Pluto Demoted, No Longer a Planet
------------------------------------

The International Astronomical Union's general assembly, meeting in Prague, has voted to accept only eight planets in our solar system.A U.S. astronomer who was there, Richard Binzel of the Massachusetts Institute of Technology, says the astronomical community has decided Pluto is not a planet, but something else.

"The community has decided that Pluto is best described as a 'dwarf' planet."

This is a big decline in Pluto's fortunes since the astronomers began their meeting on August 14.At that time, they faced a resolution hammered out by Binzel and several others not only keeping Pluto as a planet, but adding three more - Pluto's largest moon, Charon; the asteroid Ceres; and a larger, more distant body discovered last year, provisionally named Xena.

That resolution defined a planet as any body orbiting a star that has enough gravity to pull itself into a sphere. Charon was included because it and Pluto orbit each other.

But Binzel says most astronomers at the assembly favored a more exclusive definition that considers more than just a body's shape.

"It's simply a matter of what criterion is the most important? Is the shape of the object the most important criterion, or is it how it orbits? And ultimately, of the members present who calculate things like orbits, that was deemed to be a more important consideration.And so it was just a change of emphasis."

The newly-accepted definition says a planet must be not only spherical, but also must have cleared away all other objects in its vicinity. Its gravitational force must have either pulled them in and absorbed them or flung them away.However, the icy, distant bodies Pluto, Charon, and Xena orbit among thousands of other similar bodies in a region of the solar system beyond Neptune called the Kuiper Belt.Furthermore, Pluto's orbit overlaps Neptune's.Ceres circles among a large number of astreroids. In each case, these dwarfs are too small to exert enough gravity to give them more space.

Pressure has been building to demote Pluto since the Kuiper Belt was discovered in 1992, but California Institute of Technology astronomer Michael Brown says his discovery of Xena last year forced the issue.

"I may go down in history as the guy who killed Pluto.No, it's not necessarily what I set out to do when I came to work that morning, but sometimes these things just happen."

Of course, millions of textbooks must be revised and schoolchildren the world over taught that our sun now has only eight planets.

David McAlary, VOA News, Washington.
[PR]
by danueno | 2006-08-30 16:06 | オリジナル英文

No.159 SIM音読用英文

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Pluto Demoted, No Longer a Planet
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

The International Astronomical Union's general assembly,

meeting in Prague,

has voted to accept only eight planets in our solar system.
           
A U.S. astronomer who was there,

Richard Binzel of the Massachusetts Institute of Technology,

says the astronomical community has decided

Pluto is not a planet, but something else.

"The community has decided

that Pluto is best described as a 'dwarf' planet."

This is a big decline in Pluto's fortunes

since the astronomers began their meeting on August 14.

At that time, they faced a resolution

hammered out by Binzel and several others

not only keeping Pluto as a planet, but adding three more

- Pluto's largest moon, Charon; the asteroid Ceres;

and a larger, more distant body

discovered last year, provisionally named Xena.

That resolution defined a planet

as any body orbiting a star

that has enough gravity to pull itself into a sphere.

Charon was included

because it and Pluto orbit each other.

But Binzel says most astronomers at the assembly favored

a more exclusive definition

that considers more than just a body's shape.

"It's simply a matter of what criterion is the most important?

Is the shape of the object the most important criterion,

or is it how it orbits?

And ultimately, of the members present

who calculate things like orbits, 

that was deemed to be a more important consideration.

And so it was just a change of emphasis."

The newly-accepted definition says

a planet must be not only spherical,

but also must have cleared away all other objects in its vicinity.

Its gravitational force must have either pulled them in and absorbed them

or flung them away.

However, the icy, distant bodies Pluto, Charon, and Xena orbit

among thousands of other similar bodies

in a region of the solar system beyond Neptune

called the Kuiper Belt.

Furthermore, Pluto's orbit overlaps Neptune's.

Ceres circles among a large number of asteroids.

In each case, these dwarfs are too small

to exert enough gravity to give them more space.

Pressure has been building to demote Pluto

since the Kuiper Belt was discovered in 1992,

but California Institute of Technology astronomer Michael Brown says

his discovery of Xena last year forced the issue.

"I may go down in history

as the guy who killed Pluto.

No, it's not necessarily what I set out to do

when I came to work that morning,

but sometimes these things just happen."

Of course, millions of textbooks must be revised

and schoolchildren the world over taught

that our sun now has only eight planets.

David McAlary, VOA News, Washington.
(Material is provided courtesy of voanews.com.)
[PR]
by danueno | 2006-08-30 16:05 | SIM音読用英文

さわやかな試合でした!

TVで50歳台くらいの女性が「かわいい~!」と叫んでいました。

…見ると目がウルウルです。

視線の先には、あの早稲田実業の斎藤投手の姿がありました。


こんなシーンを見て、男性が何を思うか? それは、「ケッ!」という感想で
しょうか。いい歳して…とか? (私は違いますよ。紳士ですから。 (^_^;)

でも、そんな男性も、あの斎藤投手の爽やかな力投を目の当たりにしたら、
きっと好感を持つと思います。


私の感想といえば「いや~久しぶりに すがすがしいものを見た」のひとこと
です。

イヤなできごとが続いている昨今ですが、本当に一服の清涼剤のような試合で
した。

私が特に感動したのは、試合が終わって、勝ち投手の斎藤投手と負け投手の
田中投手が、ふたりとも本当に良い表情で笑い合っている新聞の写真でした。

「さわやかだなー。最近の若い者の中に、こんなにさわやかな人物がいるな
んて!」

「最近の若い者」という言い回しをし始めたら、おじさんになった証拠かもし
れませんが、素直にこんな感想を持ってしまいました。


そして「最近の若い人にはありえない」とさらに強く思ったのは、斎藤選手と
お兄さんの間のうるわしい兄弟愛です。

聞けば斎藤選手はお兄さんと二人暮らしで、お兄さんが食事を作ったりとか、
かいがいしく斎藤選手のお世話をしていることです。

「う~ん、これはなかなか ありえない話だな~、まいったな~」とうなりま
した。

そして「うちの子たちも、こういう風に仲良く育って欲しいなー」と、切に
思った次第…。
[PR]
by danueno | 2006-08-25 16:38 | 編集後記

SIM方式の英文法 その16

~ 形の上では区別できない形容詞句と副詞句 3  ~


前回にひきつづいて、前置詞句のお話しをしましょう。

ちょっとその前に復習です。



「前置詞+名詞」でできている副詞句ですが、この前置詞句が、ある時は
形容詞句になり、ある時は副詞句として使われています。

その区別は、「訳をしてからでないとわからない」ということでした。


たとえば、次の英文を見てください。

---------------------------------------------------------------

 This is my first assignment to the LA office.

---------------------------------------------------------------

to the LA office が「ロスの事務所に」という副詞句になるか、「ロスの
事務所への」という形容詞句になるのか、どうしてわかるでしょうか?

それは、文章の前半を訳さないとわかりません。

「これは私の最初の赴任だ…」という前提があるから、「ロスの事務所への」
という訳が確定します。


次の例文です。

-------------------------------------------------------------------

Mr.Thompson has sent a very important document to the LA office.

-------------------------------------------------------------------

文章の前半は「トンプソン氏は、私に非常に重要な書類を送った」です。

すると to the LA office の意味は、おのずから「送った」を修飾する副詞句
として「LA事務所に」になります。

間違っても「LA事務所の」にはなりません。



このように前置詞句であることは目で見てはっきりわかりますが、この前置詞句
が形容詞句か、副詞句かという文法上の最終判断は、訳をしなければわからない
んです。

これを私は、訳してみなければわからないという意味で、「見えない英文法」と
名付けたいと思います。

 …ここまでが、前回の復習です。



今日はその続きです。

問題は、この「見えない英文法」という事実を、学校英語の英文法では全く無視
している、ということなんです。

それはどういうことかと言いますと…

まず学校の英語の授業では、この前置詞句の説明自体が非常に少ないように見受
けられます。

説明がなされる場合でも、英文の訳をする前にその前置詞句が形容詞句であるか、
副詞句であるかの説明がなされます。

これはどうしてかというと、学校英語では「文法がわかれば訳ができる」という
前提に立って授業がなされるからです。

ですから、まず先生は文法の説明を先にします。

「ここは副詞句だから、全体の訳はこうなりますよ…」という感じですね。

しかしそれでは順序が逆なんです。

何度も言ったように、英文の訳をしないと、その前置詞句が副詞句であるか、
それとも形容詞句であるか全く判らないのです。

それを無視して文法第一主義でこのような授業を進めるところに、学校英語の
大いなる矛盾があるんです。



これは、不定詞でも同じようなことが言えます。

詳しくは … また次回にご説明しましょう。

           …お楽しみに! (^o^)/
[PR]
by danueno | 2006-08-23 16:42 | SIMうんちく

No.158 オリジナル英文

----------------------------------------
Shooting of Japanese Fisherman Triggers Dispute With Russia
----------------------------------------

A diplomatic row broke out between Japan and Russia on Wednesday following the shooting death of a Japanese fisherman in waters claimed by both countries.

Russia confirms its border patrol shot dead a Japanese fisherman earlier in the day aboard a vessel suspected of illegally fishing for lucrative crab.35-year-old Mitsuhiro Morita was one of four men aboard the Japanese vessel.The other three have been taken into custody by the Russians.

The incident took place near the island chain the Russians call the Kurils, and the Japanese call the Northern Territories.The islands were seized from Japan by the Soviet Union in the closing days of World War II, and have been under Russian control ever since, but Japan still claims them.

Foreign Minister Taro Aso, after summoning Russia's deputy ambassador, told reporters in Tokyo that the killing of the Japanese fisherman was an outrageous act.

Aso says he lodged a strong protest with the acting head of the Russian Embassy, Mikhail Galuzin, telling him the shooting was inexcusable and calling for the quick release of the crew and vessel.

Galuzin, speaking Japanese, told reporters at the Foreign Ministry that the vessel was apprehended in Russian waters, in accordance with Russian law.

Galuzin says the Russian border patrol fired warning shots at the suspected poachers' vessel, and was not intending to hit any of the crew.

Russian media say the five-ton vessel was acting suspiciously and had no identification markings.The reports say several tons of crab, some 25 crab traps and 10 kilograms of octopus were found on board, and the Japanese crew had thrown some of its catch overboard while being pursued.

Wednesday's incident is the first since 1956 in which a Japanese fisherman has been shot dead by Russian border guards, although there have been numerous incidents of Russian authorities in that area apprehending Japanese fishing boats and their crews.

The Japanese Coast Guard says the Number 31 Kisshin Maru was fishing near Kaigara island, off the eastern tip of Japan's northern island of Hokkaido.

The Soviets attacked Japan 61 years ago this month, and took control of the northern Japanese islands.The area remains under Russian control, but claimed by Japan, and the dispute has prevented the two countries from signing a peace treaty formally ending the Second World War.

Steve Herman, VOA News, Tokyo.
[PR]
by danueno | 2006-08-23 11:27 | オリジナル英文

No.158 SIM音読用英文

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Shooting of Japanese Fisherman Triggers Dispute With Russia
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
A diplomatic row broke out

between Japan and Russia on Wednesday

following the shooting death of a Japanese fisherman

in waters claimed by both countries.

Russia confirms its border patrol shot dead a Japanese fisherman

earlier in the day

aboard a vessel suspected of illegally fishing for lucrative crab.

35-year-old Mitsuhiro Morita was one of four men

aboard the Japanese vessel.

The other three have been taken into custody by the Russians.

The incident took place near the island chain

the Russians call the Kurils,

and the Japanese call the Northern Territories.

The islands were seized from Japan by the Soviet Union

in the closing days of World War II,

and have been under Russian control ever since,

but Japan still claims them.

Foreign Minister Taro Aso,

after summoning Russia's deputy ambassador,

told reporters in Tokyo

that the killing of the Japanese fisherman was an outrageous act.

Aso says he lodged a strong protest

with the acting head of the Russian Embassy, Mikhail Galuzin,

telling him the shooting was inexcusable

and calling for the quick release of the crew and vessel.

Galuzin, speaking Japanese, told reporters at the Foreign Ministry

that the vessel was apprehended in Russian waters,

in accordance with Russian law.

Galuzin says the Russian border patrol fired warning shots

at the suspected poachers' vessel,

and was not intending to hit any of the crew.

Russian media say the five-ton vessel was acting suspiciously

and had no identification markings.

The reports say

several tons of crab, some 25 crab traps and 10 kilograms of octopus
were found on board,

and the Japanese crew had thrown some of its catch overboard
while being pursued.

Wednesday's incident is the first since 1956

in which a Japanese fisherman has been shot dead by Russian
border guards,

although there have been numerous incidents of Russian
authorities in that area

apprehending Japanese fishing boats and their crews.

The Japanese Coast Guard says

the Number 31 Kisshin Maru was fishing near Kaigara island,

off the eastern tip of Japan's northern island of Hokkaido.

The Soviets attacked Japan 61 years ago this month,

and took control of the northern Japanese islands.

The area remains under Russian control, but claimed by Japan,

and the dispute has prevented the two countries from signing
a peace treaty

formally ending the Second World War.

Steve Herman, VOA News, Tokyo.
(Material is provided courtesy of voanews.com.)
[PR]
by danueno | 2006-08-23 11:26 | SIM音読用英文

「渋滞」を救う「さとうきび」

  …… 渋滞113キロ! (>_<)ゝ

  
これは、お盆の帰省ラッシュがピークを迎えた12日に、東北自動車道で記録
された驚くべき数字です。

何と那須インターチェンジを先頭に113キロもの車の列が続いたと言うんです!
この大渋滞に巻き込まれた方は本当に大変でしたね。



それが、聞く所によると、大渋滞の原因は「原油高」ということなんですって!

どうして原油高だと高速道路が渋滞するのか …???

その理由は…

ご承知の通り8月1日からガソリンは1リッター140円になったのですが、サー
ビスエリア内の値上げは1ヶ月遅れです。

つまり、少し安めのガソリンを狙った帰省客がサービスエリア内のガソリンスタ
ンドに殺到したために、この記録的な大渋滞が引き起こされたんです。

いや~、世の中、いろいろあるもんです。 (^_^;)



ところで、これからガソリンはどうなるのか?という不安を持っている私たちに
朗報があります。…それは、「さとうきび」です。

もはや多くの人の知る所となりつつありますが、さとうきびからエタノールを作
り、それをガソリンの替わりにして車を走らせようという試みがあります。

日本ではアサヒビールなどが開発研究をしていますが、私も以前この試みを取材
したTV番組を見て、「ウ~ム、やるなー!」と、うなったものです。

なぜって、さとうきびからエタノールを作るだけではなく、副産物として砂糖が
でき、また搾りかすは燃料や肥料になるというんですから、まさに一石三鳥の
世界ではありませんか!

まだまだ世の中捨てたもんではないなー、と思いました。(^o^)
[PR]
by danueno | 2006-08-17 14:14 | 編集後記

SIM方式の英文法 その15

~ 形の上では区別できない形容詞句と副詞句 2  ~


前回は、前置詞句のお話しをしました。

前置詞句は「前置詞+名詞」でできていますが、この前置詞句が、ある時は
形容詞句になり、ある時は副詞句として使われています。

その区別はいったいどういう風にしてつけるのか、というお話しでした。

結論は何でしたか…?



はい…、それは、文章の前半を訳してからでないとわからないということでし
たね。

たとえば、in my pocket という前置詞句。

これは形容詞句なのか、それとも副詞句なのか、見ただけではわかりません。

これが文の中で使われて初めて、それが決まります。


------------------------------------------------------------
 
    I have a card in my pocket.

        ↓ ↓ ↓    

    私はカードを持っています/私のポケットの中に。

------------------------------------------------------------


文章の前半が「私はカードを持っています」なので、「ポケットの中に」と
訳が確定します。つまり副詞句になります。

この場合のin my pocket がどうして「ポケットの中の」という形容詞句に
ならないのかというと、それは前文の意味からしてそうなるのです。


では、これと逆の場合を見てみましょう。

------------------------------------------------------------
 
    It is a card in my pocket.

        ↓ ↓ ↓    

    それはカードです/私のポケットの中の。

------------------------------------------------------------


この場合も、「ポケットの中の」と訳される形容詞句になる理由は、前文が
「それはカードです」なので、当然、形容詞句としての訳が導き出されるわけ
なのです。



つまり、外見上、全く同じ形をしている前置詞句が、はたして副詞句なのか
形容詞句なのか判断ができるのは、その前の語句の意味がわかっているからだ、
ということです。

ということは、英文を文頭から訳さなければ、その前置詞句が、副詞句か
形容詞句かはわからないということですね。

ですから、学校で教わる「返り読み」のように、文の後部にある前置詞句から
先に正しい訳をする事はまず不可能ということなんです。

ここまでは前回お話ししました。



では今日は、この点を少し突っ込んでお話ししましょう。

実は、英文にはこのような前置詞句が沢山使われますが、この前置詞句をうまく
処理できなければ英文は読めない、といっても言い過ぎではないんです。

そして前置詞句をうまく処理するためには、「返り読み」などせず、英語を
「英語の語順」で頭から訳していくことがどうしても必要なんです。


たとえば、次の英文を見てください。

---------------------------------------------------------------

 This is my first assignment to the LA office.

---------------------------------------------------------------

まず、英語の語順で頭から訳してみてください。

いかがですか?

前文は「これは私の最初の赴任だ…」ですね。

すると、どうなりますか?

はい、ごく自然に「LA事務所への」という「赴任」を修飾する形容詞句という
ことになりますね。


では、次の例文はどうですか?

-------------------------------------------------------------------

Mr.Thompson has sent a very important document to the LA office.

-------------------------------------------------------------------

「トンプソン氏は、私に非常に重要な書類を送った」ですね。

すると to the LA office の意味は、おのずから「送った」を修飾する副詞句
として「LA事務所に」になります。

間違っても「LA事務所の」にはなりません。



このように前置詞句であることは目で見てはっきりわかりますが、この前置詞句
が形容詞句か、副詞句かという文法上の最終判断は、訳をしなければわからない
んです。

これを私は、訳してみなければわからないという意味で、「見えない英文法」と
名付けたいと思います。

ところが、この「見えない英文法」を全く無視するのが、先に少し触れましたが
いわゆる学校英語の英文法なんです。

この点が全くおかしいので、生徒は非常に混乱してしまい。結局、英語は難しい
ということになってしまったんです。

どこがどうおかしいかというと…


         …それはまた次回ということで。

  
                   …お楽しみに! (^o^)/
[PR]
by danueno | 2006-08-16 15:52 | SIMうんちく