<   2006年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

常識を疑ってみる  

以前も書きましたが、私は今、NHK大河ドラマ「功名が辻」にはまってい
ます。(原作は司馬遼太郎)

…いや~、これは非常に面白い!

NHK大河ドラマの中でも出色の出来です。私は毎回欠かさず再放送まで見て
います。 (^_^;)

どこが面白いかというと、そのひとつは、自分の歴史観がひっくり返される
点です。


たとえば、皆さんは「明智光秀」に対してどんなイメージを持っていますか?

たいていの人は、「三日天下」とか「主君殺し」「卑怯者」といった悪い印象
を持っていることでしょう。

でも、このドラマでは、まず織田信長がエキセントリックで残忍な武将として
描かれ、そのような信長に天下を取らせることに危機感を覚えた光秀が、人民
のために身を挺してそれを阻止した…、それが「本能寺の変」だ、という風に
なっているんです!

…これは目からウロコでしたね。

実際いろいろ調べてみると、光秀の人となりは次のようだったらしいです。

--------------------------------------------------------------

 「勤勉で、学問好きで、まじめに生きようとした。」

 「歌人であり、ものの哀れを知っていた。」

 「内政手腕に優れ、領民を愛して善政を布いた。」

--------------------------------------------------------------

とすると、自分が犠牲になって信長の暴走を止めたとする、司馬遼太郎の解釈
は俄然、正当性を帯びてきます。

TVの中でも、板東三津五郎さんが非常に紳士的な光秀像を演じていました。

もちろん、明智光秀が本当はどんな人だったかについては、誰も判りません。
TVと同じかもしれないし、そうではないかもしれない。

でも私は、今まで単純に「逆臣の卑怯者」と考えていたことが見事にひっくり
返されたことに、凄く新鮮な驚きを覚えたんです。


思えば、私たちは小さい頃から様々な知識をinputし、それらは「常識」として
私たちに染み付いています。

…でも、それが絶対に本当かどうかは判りませんよね。

ですから、ここで「常識を疑ってみる」ということが必要なんじゃないかと私は
強く思いました。そうすることで、常識がひっくり返るかもしれません。

(「返り読み」の件もありますし (^_^;)

…というわけで、皆さんもぜひ一度「功名が辻」をご覧ください。
[PR]
by danueno | 2006-06-28 16:49 | 編集後記

SIM方式の英文法 その8

~ 形容詞句を覚える ~


「SIMの英文法」シリーズ、今日から新しいテーマが始まります。

それは、「形容詞句を覚える」です。



さて英語では様々な形容詞句の表現がありますが、皆さんはそれらをどのよう
にして覚えていますか?

一般には、「とにかく覚える、そのまま丸ごと暗記する」という記憶法が中心
だと思います。

しかし、私はここで、「英語の思考法」による形容詞句の記憶法というものを
提案したいんです。



この方法で覚えると、従来の方法の数十倍も楽に記憶でき、しかも忘れにくい
という利点があります。

それどころか、もし忘れても容易に思い出すことができます。

なぜなら、そこに理論があるからです。

これが、「基本をマスターして、どんどん応用していく」という確かな方法論
に基づいた記憶法なんです。

「英語の思考法」で記憶するとは、言い換えれば、「英語の語順」で覚えると
いうことです。


 
 …たとえば、これです。


---------------------------------------------------

the Statue of Liberty 「自由の女神」

----------------------------------------------------




この語句を覚える際に、「自由の女神」という風に、「日本語の思考法」で
inputしてはいけません。

これを効率よく「英語の思考法」で記憶するには、まず真っ先に「像」
the Statue だけを頭にinput しなければなりません。

そうして、その後の of Liberty は、「像」the Statue というものが
いったい何の像なのか、そのことを説明するための語句だ、というような
とらえ方ですね。

これが「英語の思考法」に基づく記憶法です。

つまり、「像」+「自由の」という英語の語順でinputする、ということです。

決して「自由の女神」と日本語の語順に翻訳して覚えないように注意しましょう。



ところが、日本の多くの先生は、このような語句は丸ごと暗記しなさいと言い
ます。

しかし、これを「像」「自由の」と分析しないで丸暗記すると、自力で思考する
力、つまり応用力がつきません。

丸暗記というものは、「原理原則を知ってそれを応用する」大人の勉強法では
ないからです。

暗記本位の勉強法はせいぜい中学校までで、それ以後は「考え方を学ぶ」勉強法
に切り替えなければなりません。

覚えなければならないことが多いからといって、暗記する事だけに気を取られて
いると、頭が固くなってしまいます。

SIM同時通訳方式は、応用力の根源である「英語の思考法」を学ぶのですから、
大人にふさわしい勉強法だと言えるのですね。(^o^)


次回から、この要領で具体的にいろいろな形容詞句を覚えていきます。

この練習で、「英語の思考法」に基づいた記憶法を、徹底的に頭に刻み込んで
ください。


   …この続きはまた来週…

                    …お楽しみに! (^o^)/
[PR]
by danueno | 2006-06-28 16:48 | SIMうんちく

No.150 オリジナル英文

Bill Gates to Scale Back Duties at Microsoft    
----------------------------------------

At age 50, he's already revolutionized the computer industry, and now Bill Gates says he wants to change the world again -- in a different way.

"The change we're now seeing today is not a retirement, it's a re-ordering of my priorities."

Speaking at Microsoft headquarters in Seattle, Gates said he was relinquishing his day-to-day management role at Microsoft in order to commit himself full-time to more charitable pursuits.

"Smart, committed people with the right support and vision can have a huge impact; it's about using technology, not just for the privileged few but for everyone."

Microsoft CEO Steve Ballmer said it was time for the 50-year-old billionaire to leave the company he founded to become, in his words, "the greatest philanthropist of all time."

Over the last decade, Gates has worked to improve health conditions in Third World countries.

Eleven years ago, Gates and his wife Melinda created the Melinda and Bill Gates Foundation to eradicate killer diseases such as HIV/AIDS and malaria.

"If you take just some of the basic medicines we have here, the vaccinations that we have, we so take for granted for our children, measles, hepatitis B, and you take those advances to Africa, you can change a child's life."

Some analysts believe Gates' departure from daily operations will have little impact on Microsoft's overall business strategy.

Matthew Fordahl, the Technology Editor at the Associated Press says, regardless of what happens, Gates' legacy as founder of the world's most popular computer operating system is already assured.

"The fact that he is staying with the company as chairman, means that people will continue to associate his face with Microsoft.

As far as the business community goes, Bill Gates has been a polarizing figure, some people dislike his tactics, but everyone agrees that he has been successful.

And Fred Vogelstein, senior writer at Wired Magazine says he has no doubt the world's richest man, now worth an estimated $50 billion, has the resources to achieve his goals.

"He will be engaged.

He has the money to make things happen and he has the brain power to make sure that things get done the way he wants them done."

With assets of more than $29 billion -- more than the gross domestic product of some third world countries -- the Gates' foundation is the world's largest philanthropic organization -- donating more than $10 billion since 1995.

Mil Arcega, VOA News.
[PR]
by danueno | 2006-06-28 10:59 | オリジナル英文

No.150 SIM音読用英文

------------------------------------
Bill Gates to Scale Back Duties at Microsoft
ビル・ゲイツ、MS社の第一線から引退へ
------------------------------------

At age 50, he's already revolutionized the computer industry,

and now Bill Gates says he wants to change the world again

-- in a different way.

"The change we're now seeing today is not a retirement,

it's a re-ordering of my priorities."

Speaking at Microsoft headquarters in Seattle,

Gates said he was relinquishing his day-to-day management role at Microsoft

in order to commit himself full-time

to more charitable pursuits.
         
"Smart, committed people with the right support and vision can have a huge impact;

it's about using technology,

not just for the privileged few but for everyone."

Microsoft CEO Steve Ballmer said

it was time for the 50-year-old billionaire

to leave the company he founded

to become, in his words, "the greatest philanthropist of all time."

Over the last decade, Gates has worked

to improve health conditions in Third World countries.

Eleven years ago, Gates and his wife Melinda created

the Melinda and Bill Gates Foundation

to eradicate killer diseases

such as HIV/AIDS and malaria.

"If you take just some of the basic medicines we have here,

the vaccinations that we have,

we so take for granted for our children, measles, hepatitis B,

and you take those advances to Africa,

you can change a child's life."

Some analysts believe Gates' departure from daily operations will have little impact

on Microsoft's overall business strategy.

Matthew Fordahl, the Technology Editor at the Associated Press says,

regardless of what happens,

Gates' legacy as founder of the world's most popular computer operating system

is already assured.

"The fact that he is staying with the company as chairman, means that

people will continue to associate his face with Microsoft.
      
As far as the business community goes,

Bill Gates has been a polarizing figure,

some people dislike his tactics,

but everyone agrees that he has been successful.

And Fred Vogelstein, senior writer at Wired Magazine says he has no doubt

the world's richest man, now worth an estimated $50 billion,

has the resources to achieve his goals.
   
"He will be engaged.

He has the money to make things happen

and he has the brain power to make sure

that things get done the way he wants them done."

With assets of more than $29 billion

-- more than the gross domestic product of some third world countries --

the Gates' foundation is the world's largest philanthropic organization

-- donating more than $10 billion since 1995.


Mil Arcega, VOA News.
[PR]
by danueno | 2006-06-28 10:58 | SIM音読用英文

「僕、ホストになりたい!」     

会社のスタッフに中学生の息子がいて、その子が「将来ホストになりたい」と
言ったそうです。

まあ、本人も実態を良く知らないままTVの影響から気軽に言ったようですが、
親であるスタッフとしては、「とんでもない!」と叱ったそうです。 (^_^;)



「職業に貴賤はない」と言いますが、本当の所どうなのでしょうか…。

きれい事は置いといて、職業には「人間を生かすもの」と「人間をダメにする
もの」の2種類があるような気がします。



最近テレビで「詐欺師」のドラマをやっています。

ドラマの趣旨はともかく、私は最近、大人にも子供にも「楽をしてお金を稼ぎ
たい」という風潮が充ち満ちているような気がしてなりません。

そのような気風が、ちょっと前までは白い目で見られていた職業さえ、表舞台
に押し上げてしまっているのではないでしょうか。

実際に今年3月、インターネットのフィシング詐欺で名古屋の中学生が書類送
検されるという事件があって、私はゾッとしました。

…本当に恐ろしい時代になりつつあります。



インターネットといえば、この世界には「虚業」が充ち満ちています。

「寝ているうちにミリオネア」とか「情報起業で年商3億円」とか、まあ普通
に考えたら眉唾ものと誰でも思うのですが、そんな奇跡みたいなことが現実に
起こってしまうところがネットの恐ろしさ…

でも、そんなことで万一、成功でもしたら私は不幸だと思います。

なぜなら、人間の魂はそこから腐っていくと思うのです。


“私は日の下に、痛ましいことがあるのを見た。所有者に守られている富が、
  その人に害を加えることだ。”     聖書 伝道者の書 5章13節


“貧しくても誠実に歩む者は、富んでいても曲がった道を歩む者にまさる。”
                     聖書 箴言 28章6節
[PR]
by danueno | 2006-06-22 10:24 | 編集後記

SIM方式の英文法 その7

~ 日を表す表現(最終回) ~


「SIMの英文法」シリーズ、今日はその7回目。「日を表す表現」の
最終回です。



…それでは、前回の復習をしましょう。


皆さん、「おととい」と英語で言ってみてください。



   はい、どうぞ…  (^o^)








…いかがですか?

まず“the day”がサッと出てきましたか?


<答>
---------------------------------------------------------------------

  おととい

    = the day(その日)+ before yesterday(昨日の前の)

    =  the day before yesterday

---------------------------------------------------------------------





次は、「あさって」です。


  では、どうぞ…







<答>
---------------------------------------------------------------------

  あさって

    = the day(その日)+ after tomorrow(明日の後の)

    =  the day after tomorrow

---------------------------------------------------------------------



…いかがでしたか?



まず the day を言っておいて、それから、その日を形容詞句で説明する。

これが「論理的思考」ということでしたね。

つまり、日を表す表現を、「the day+形容詞句」という基本形で捉えて、
後は応用で考えるということです。



さて前回は、ここにも「英語の思考法」が生きている、ということを言い
ました。

つまり、“おととい”を「日本語の思考法」で捉えると、「昨日の前の日」
ですが、これを「英語の思考法」で捉えると、「その日+昨日の前の」に
なります。



“あさって”も同じです。

「日本語の思考法」では「明日の後の日」ですが、「英語の思考法」では
「その日+明日の後の」ですね。

このように、皆さんご承知の「英語の思考法」は、文章単位で意識すると
同時に、もっと短い単位の中でも意識しなければなりません。




…では、日を現す表現の最終回として、ここで皆さんに問題を出しましょう。

これがスラスラとできたら免許皆伝ですよ!(^o^)/



さて、先週は“ last week”ですね。

では、「先々週」は英語で何と言いますか?

この先にある答を見ないで、「英語の思考法」で考えてみてください。








…いかがですか?

はい、まず、その週 “the week”が真っ先に出たでしょうか。

その後で、その週がどんな週なのか、ということで「先週の前の」である
“before last”を言います。

答は、“the week before last”です。

 ※ここでは、before last week の week は省略されています。




続いての問題、「再来週」は英語で何と言いますか?

来週は “next week”ですね…

では、どうぞ…。 (先の答は見ないでね) (^o^)







答は…

“the week after next” ですね。



このように、文章より短い単位でも「英語の思考法」を意識することが、英語
上達の秘訣なんです。



   …この続きはまた来週…


                    …お楽しみに! (^o^)/
[PR]
by danueno | 2006-06-21 10:40 | SIMうんちく

No.149 オリジナル英文

----------------------------------------
Latest Shot Fired in Battle Between Japan Inc., Disgraced Reformers
----------------------------------------
Bank of Japan Governor Toshihiko Fukui admitted in parliament Tuesday that he invested in a fund started by Yoshiaki Murakami. The maverick fund manager was arrested last week for breaking stock trading laws.

Prime Minister Junichiro Koizumi told reporters he does not see the investment, made in 1999 before Fukui joined the bank, as an ethical lapse.

Murakami and another young entrepreneur, Takafumi Horie, tried to jostle Japan's business world by engaging in hostile takeovers and demanding greater returns for shareholders.

Horie also faces criminal charges stemming from his investment activities as head of the Livedoor conglomerate, for allegedly conspiring with Murakami to take over a broadcast company.

Chief Cabinet Secretary Shinzo Abe says the arrests should be a warning to overly aggressive Japanese capitalists.

Abe says managers should not only seek profits but also consider morals and ethics.

The arrests have unnerved some investors and have contributed to a stock market slowdown.The main Nikkei stock index has sunk almost 20 percent since hitting a six-year high a few months ago.

Ira Hata is an affiliate partner in Tokyo at the Swiss-Taiwanese investment firm Eurasco Capital.He says Horie, who dreamed out loud of rocketing into space and becoming prime minister, was the proverbial nail sticking up ready to be hammered - a Japanese saying about those who break from traditional social rules.

"His big problem was he wanted to be in the limelight, which is a big no-no by Japanese culture.Had he kept his head low and quietly made his millions or billions, then I'm sure he wouldn't have been made an example of. When it comes to Murakami, he definitely broke the law and manipulated the market. I think his big mistake was becoming greedy."

Hata says there are many others who desire to emulate Murakami.

"Putting Murakami's head on a stick sends a signal to all those wannabes to re-assess their approach to the market.In that sense I believe it does have a chilling effect.On the other hand I think it's very beneficial for the real financial institutions to re-assess their approach in Japan.I mean you'll have to do business the proper way here."

The arrests of Horie and Murakami may signal that Japan is getting serious about cracking down on illegal trading by company executives. But many business people say that Japan, despite touting reform and desiring greater foreign direct investment, will not tolerate those who want to push market rules and demand that Japanese companies become more friendly to shareholders.

Steve Herman, VOA News, Tokyo.
[PR]
by danueno | 2006-06-21 10:38 | オリジナル英文

No.149 SIM音読用英文

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Latest Shot Fired in Battle Between Japan Inc., Disgraced Reformers
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Bank of Japan Governor Toshihiko Fukui admitted in parliament Tuesday

that he invested in a fund started by Yoshiaki Murakami.

The maverick fund manager was arrested last week

for breaking stock trading laws.

Prime Minister Junichiro Koizumi told reporters

he does not see the investment, made in 1999 before Fukui joined
the bank,

as an ethical lapse.

Murakami and another young entrepreneur, Takafumi Horie, tried to
jostle Japan's business world

by engaging in hostile takeovers and demanding greater returns for
shareholders.

Horie also faces criminal charges

stemming from his investment activities

as head of the Livedoor conglomerate,

for allegedly conspiring with Murakami

to take over a broadcast company.

Chief Cabinet Secretary Shinzo Abe says

the arrests should be a warning

to overly aggressive Japanese capitalists.

Abe says managers should not only seek profits

but also consider morals and ethics.

The arrests have unnerved some investors

and have contributed to a stock market slowdown.

The main Nikkei stock index has sunk almost 20 percent

since hitting a six-year high a few months ago.

Ira Hata is an affiliate partner in Tokyo

at the Swiss-Taiwanese investment firm Eurasco Capital.

He says

Horie, who dreamed out loud of rocketing into space and becoming
prime minister,

was the proverbial nail sticking up ready to be hammered
                               
- a Japanese saying about those who break from traditional social rules.

"His big problem was he wanted to be in the limelight,

which is a big no-no by Japanese culture.

Had he kept his head low and quietly made his millions or billions,

then I'm sure he wouldn't have been made an example of.

When it comes to Murakami,

he definitely broke the law

and manipulated the market.

I think his big mistake was becoming greedy."

Hata says there are many others who desire to emulate Murakami.

"Putting Murakami's head on a stick sends a signal

to all those wannabes to re-assess their approach to the market.

In that sense I believe it does have a chilling effect.

On the other hand I think it's very beneficial

for the real financial institutions to re-assess their approach
in Japan.

I mean you'll have to do business the proper way here."

The arrests of Horie and Murakami may signal

that Japan is getting serious about cracking down

on illegal trading by company executives.

But many business people say

that Japan, despite touting reform and desiring greater foreign direct
investment,

will not tolerate those

who want to push market rules

and demand that Japanese companies become more friendly to shareholders.

Steve Herman, VOA News, Tokyo.
(Material is provided courtesy of voanews.com.)
[PR]
by danueno | 2006-06-21 10:36 | SIM音読用英文

Never give up!  

巻頭言にも書きましたが、先日の対オーストラリア戦は本当に残念でした。

もちろん、実力的には最初からオーストラリアの方に分がありました。

でも、のっけからラッキーな1点が入り「ひょっとしたら、このまま逃げ切
れるかもしれない!」と思えるような展開になり…、それが、最後のたった
9分間でまさかの大逆転! …まるで悪夢のような出来事でした。



敗因は、まず監督の経験の差だと思います。それに、そもそも日本選手の実
力は世界レベルに比べるとまだまだ、ということもあります。

しかし、勢いに乗っていたゲーム展開を振り返ったとき、あれは1対1の引
き分けにすべきだった…、やりようによっては、それが可能だったと私は思
います。

何より、オーストラリアが同点に追いついてから後が問題でした。

あれで日本チームの「集中力」がプツンと途切れてしまい、嘘のように2点
もの追加点を許してしまった!

「集中力が途切れると恐い!」という話を、私は最近、TOEICがらみでさか
んにしていますが、ここでも同じでした。

そして最後は、「勝ちへの執念の差」で勝敗が決まったような気がします。
これは日本人のメンタリティーの問題でもあるのですが、これに関してはま
たいつかお話ししましょう。



…でも、まだまだ勝負はわかりません!

思い返せば、昨年のコンフェデ杯でも、日本は初戦でメキシコに1-2と逆
転負けしましたが、その後、欧州王者ギリシャに1-0で勝ち、王者ブラジ
ルを土俵際まで追い詰めて、ドローにした実績があるではありませんか!

私はこのように信じています。

「チャンスは、最後まで諦めない人に巡ってくる!」と…。

頑張れ、ジーコジャパン! (^o^)/~~
[PR]
by danueno | 2006-06-15 15:50 | 編集後記

SIM方式の英文法 その6

~ 日を表す表現  ~


ちょっと中断しましたが、「SIMの英文法」シリーズを再開します。

今日はその4回目。「日を表す表現」の続きです。



それでは、ちょっと前回の復習をしましょうね。(^o^)

前回は、「大人には大人の学習法がある」ということでした。

大人には子供にない大きな長所があり、それは、物事を論理的に考えることが
できる、ということです。

この論理的な思考のために非常に有効なのが「英文法」です。



たとえば、「おととい」の表現ですね。

まず“the day”をサッと出しましょう。

そして、それを説明するために、“before yesterday”を付け加えます。

---------------------------------------------------------------------

  おととい

    = the day(その日)+ before yesterday(昨日の前の)

    =  the day before yesterday

---------------------------------------------------------------------


「あさって」は、どうでしたか?覚えていますか。

「あさって」は、「その日」+「明日の後の」ですね。

すると、こうなります。

---------------------------------------------------------------------

  あさって

    = the day(その日)+ after tomorrow(明日の後の)

    =  the day after tomorrow

---------------------------------------------------------------------


…いかがですか?

これが「論理的思考」ということでした。

論理的思考というのは、いくらでも応用が利くと言うことです。

基本形をしっかり押さえた後は、ある法則に基づいて、どんどん応用していけ
る、ということです。

つまり、日を表す表現を、「the day+形容詞句」という基本形で捉えて、
後は応用で考えるということです。

これが、大人の学習法なんですね。




さて、今日はこの続きです。

今まで説明したことを、別の角度から少し詳しくお話ししましょう。

事の本質は、「英語の思考法」vs「日本語の思考法」なんです。



「おととい」と英語で言うには、まずthe dayをサッと言っておいて、
「その日」がどんな日かを説明するために、before yesterdayと言うのだと
話しましたが、この発想はなかなか日本人にはできませんね。

なぜなら、日本人は「日本語の思考法」をするので、「おととい」を日本語に
翻訳して「昨日の前の日」と日本語の順序にして捉えるからです。

日本語では、「昨日の前の日」ですが、英語では「その日」+「昨日の前の」
です。つまり、説明される語句と、説明する語句が日本語と英語とでは逆に
なっています。

これは、今まで何度も言っていることですが、「思考順序が逆」なんです。

日本人にとって、英語が難しく感じられる原因がここにあります。
つまり、「おととい」を「昨日の前の日」と「日本語の思考法」で捉えてしま
うこと、ここにすべての原因があるのです。



結局、「日本語の思考法」とは、日本語の語順で考えてしまうというクセなん
ですね。

日本人は英語をinputするときも「日本語の思考法」に従って、一旦英語の語順
を崩して、日本語の語順に置き換えて理解しようとします。

…これが諸悪の根元なんです。

まあ、このことは当メルマガ読者の皆さんなら、全員ご承知のことと思います。

ところが、今回私が強調しておきたいのは、文章単位の長い英語表現だけではな
く、非常に短い英語表現の中にも「英語の思考法」が必要だということです。

つまり、「語順の置き換えを止めましょう」という当研究所の主張は、長い
「文章」のレベルにとどまるのではなく、もっと短い「句」や「節」にもあては
まるのだ、ということですね。


   …この続きはまた来週…


                    …お楽しみに! (^o^)/
[PR]
by danueno | 2006-06-14 11:47 | SIMうんちく