「SIM同時通訳方式」の素晴らしい世界

          単語さえ覚えれば英語がわかる?



「SIMうんちく」では、「SIM同時通訳方式の素晴らしい世界」

 というシリーズが始まっています。

 今日はその4回目です。


 前回は、「翻訳では時間がかかる」というお話をしました。

 ちょっと、復習しましょうね。



 普通、学校の教育現場では、「英語の語順」をひっくり返して、

 きれいな日本語に「翻訳する」ことばかり勉強しています。


 しかし、本来「英文の内容がわかる」ことと「翻訳する」ことは、

 実は全く別のことです。


 翻訳とは本来、高度な知的作業であり、誰でもできるわけでは

 ありません。


 それなのに、日本の英語教育では、この「翻訳」で、

 つまり「語順をひっくり返して内容を理解する」という

 英語の理解法を教えているんです。


 ところが、この「翻訳」には大きな問題があり、

 それは「時間がかかりすぎる」、ということでした。


「翻訳」すなわち「返り読み」では、英文を文頭から文末まで

 行ったり来たりしながら訳すことになるので、

 恐ろしく時間がかかってしまいます。
 

 ですから、この教授法は、英語を素早く理解する上では、

 全く適さないものと言わざるを得ません。


 このような英語教育を受けた結果、生徒の側も、

 英語を日本語に翻訳してしまえばもう安心してしまいます。


 その後は試験の前に単語を覚えます。

 これでは、「本物の英語力」が身に付くわけはないですね。



 …前回は、このようなお話をしました。

  今日はこの続きです。



 さて、「単語さえ覚えれば英語がわかる」という考え方が

 あります。


 日本において、英語の勉強とは、文法をやって単語を覚える、

 というものが中心でした。


 もちろん、文法力も語彙力も英語学習において大切なものです。

 でも、それらは英語学習の基礎であり、

 そこで学習が終わってしまったら英語はモノになりません。


 それだけでは、英語を速読し、話したり書いたりする力は

 ほとんど養成されない、と言っても過言ではないのです。


 ひとつ例をあげましょう。

 皆さんの周りに、よく日本語の会話の中に英単語をひんぱんに

 交える人がいませんか?


 これは、いわば、日本語の思考の中にモザイクのように

 英単語をはめ込んでいる状態であり、英語を上手く話せることとは、

 あまり関係がないんです。


 つまり、いくら英単語をたくさん覚えていても、

「英語の思考法」に基づいて input と output がなされなければ、

実は何の意味もない、ということなんです。


「英語の思考法」とは何でしょう。


 …それは、ズバリ、「英語の語順」です。
 
「英語の語順」で input と output がなされる、

 ということです。


 ですから、 「日本語の語順」で英単語がいくら出てきたとしても、

それだけでは、ちゃんとした英語の文章にはならないのです。




   …この続きはまた来週!




           …お楽しみに!
[PR]
by danueno | 2009-01-28 14:05 | SIMうんちく


<< FOOTPRINTS(足あと) No.277 オリジナル英文 >>