サバイバル英語術

   「ニュース英語」が学習素材として最適な理由  



「SIMうんちく」では、「サバイバル英語術」シリーズが

 始まっています。 今日はその4回目です。


 ちょっと復習をしましょう。

 前回は、「ニュース英語」を突破口として英語を攻略するのが

 一番の近道だ、というお話でした。



 一見、難しそうなニュース英語ですが、いったん、取り組んでみると、

「ニュース英語」は、大人にとって最も取り組みやすい英語なんです。


「英語ニュース」が聴ければ、居ながらにして世界の最新ニュースや

 話題を知ることができ、タイムリーな世界情勢を直接キャッチし、

 貴重な日々の情報源として生活にもビジネスにも大いに役立てる

 ことができますよ。


 ここに焦点を絞り、世界中で通じる「正しい英語」から学習を始める

 のが、最も安心かつ短時間で成功する秘訣だ、ということでした。



 通常、大人は年齢と共に「記憶力」は衰えてきます。

 ですから、ビジネスシーンの例文集など、レッスン用にセットされた

 サンプル・トークを丸暗記するような勉強は、あまり有効とは言え

 ません。


 ところが逆に、経験に裏打ちされた「理解力」は年齢とともに増して

 いきます。


 この「理解力」を有効に活用できる学習素材こそ、「ニュース英語」

 なんです。


 大人には、豊富な経験や知識と、優れた理解力がありますので、

 この「ニュース英語」を素材とする学習が非常に有利になってくる、

 ということでした。



 …前回は、このようなお話でしたね。

  さて、今日はここからです。



「ニュース英語」が学習素材として最適な理由を、ここで具体的に

 列挙してみましょう。


 まず、以下の3つが当然あげられるでしょう。



---------------------------------------------------------------


 1.「発音」が正しくクリアである。

「ニュース英語」は高い公共性を目指していますので、発音が正しく

 クリアです。


 このことから、「ニュース英語はリスニング学習に最適だ」という

 ことができます。



 2.癖や訛りのない「標準語」である。

 これも1.に通じますが、「ニュース英語」はまた、癖や訛りのない

 標準語によって制作されています。


 ですから、「安心して学習でき、自信を持ってしゃべることができる」

 ようになります。



 3.「文法」がしっかりしている。

 これもニュースの公共性という観点から、正しくしっかりした「文法」

 が使用されます。変に崩れていない、ということですね。


 そのおかげで、「意味や内容を正確に把握することができる」のです。


-------------------------------------------------------------------


 いかがでしょうか?


「ニュース英語」の利点はまだまだありますよ。


 …この続きは来週、お話ししましょう。


            …お楽しみに!
[PR]
by danueno | 2008-12-03 14:35 | SIMうんちく


<< “めまい”からの生還 No.270 オリジナル英文 >>