SIMの発音習得法 その3


          ~ 音節リズムの法則 ~
       

 新シリーズ「SIMの発音習得法」、今日はその3回目です。

 例によって、ちょっと前回の復習をしましょう。



 英語の発音には基本的な原理原則がある、ということでした。

 それが、「音節リズムの法則」でしたね。



「音節リズムの法則」とは何かというと、

「音節の数で拍子をとって発音する」ということ。



 たとえば handsome は、母音が2つ、つまり2音節の単語なので

「ハン・サム」と2拍で発音します。

 
 MacDonald は、母音が3つですね。つまり3音節です。

 ですから「マク・ドー・ノー」と、3拍で発音します。



 前回はここまで…

 今日は、この続きです。




 では、milkはどうでしょうか?

 これは、一見通じそうで実は通じにくい単語のひとつです。


 日本人が普通に言うように「ミルク」言っても、英語圏では

 通じません。


 なぜなら、本来、miklは見ての通り、母音が1つで1音節の

 単語です。ですから1拍で発音しなければなりません。


 それを「ミルク」(mi-lu-ku)と言っていては、余計な母音が

 2つもくっついていて、3音節になっていますので、

 絶対に通じないわけです。


 ですから、(カタカナで表記するのは難しいですが)、

「ミゥク」といった感じで1拍にまとめてください。

 そうすれば通じる発音になります。

 とにかく、milkは拍数を1拍にまとめること、これが鉄則です。


 では、これが文章の場合どうでしょうか。

 たとえば、Look at this. です。


 この文章の母音の数を数えてください。

 すると、3つですね。(重母音はひとつに数えます)


 ですから全体を3拍で、発音すれば良いんです。

「ルッ・カッ・ディス」といった感じですね。



 以上、いかがですか?

 このように英語は、「1音節は1拍」で、「2音節は2拍」で、

「3音節は3拍」でという具合に、「音節の数でリズムを取って」

 発音するという規則があります。


 これを「音節リズムの法則」と呼びます。


 英単語を個々に何百、何千と覚えるよりも、

 このような原理原則にのっとって記憶するようにすると、

 学習効率が飛躍的にUPします。

 
 「エート、この単語の発音、何だっけなー?」と記憶が定かでない時も、

 音節の数がわかれば発音の大体の輪郭が推測できますので、

 かなり楽に発音できるようになるのです。

 
 これが、帰納法でない、演繹法による発音学習、というわけです。

 


      …この続きはまた次回。



                … お楽しみに!
[PR]
by danueno | 2008-01-17 10:22 | SIMうんちく


<< No.226 SIM音読用英文 No.225 オリジナル英文 >>