SIM方式の英文法 その36

● SIM同時通訳方式によるリスニング学習 ●


今日は「SIM同時通訳方式によるリスニング学習」、その3回目です。


さて、父ダン上野が開発した「SIM同時通訳方式」によるリスニング教材の

スーパーエルマーには、数多くの「TOEICリスニング満点」「スコア激伸」が

続出しています。


前回から、その開発秘話である父、ダン上野の手記をご紹介しています。

今日はその続きです。


今回は、「父がとった思い切った手段」が、明らかにされます。


 …では、お読みください。(↓)


----------------------------------------------------------------------


日本人が英語を聞いて、未知の単語がひとつもないということはない。

必ず知らない単語が出てくる。しかし、リスニングでは、わからない単語が

あるからといって辞書をひく時間はない。そんなことをしていては、話につい

ていくことができない。



単語の意味がわかって聞かなければ内容理解ができないのに、瞬間的に

意味がわかる方法がないのはジレンマである。

これでは結局、リスニングの上達は永久にあきらめなければならない。

事実、日本人でリスニングまで身につけた人は極めて少ない。


そこで私は、このジレンマを解決するには、思い切った手段を取るしかない、

という結論に至った。



その思い切った手段とは、「英語音声に同時通訳を付ける」というものだ。
        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

具体的に言うと、英語音声そのままでは日本人には理解できないので、その

英語音声を同時通訳してしまおう、ということだ。

この「同時通訳付き英語音声」を教材にして学習すれば、たちどころに

ジレンマは解決するのである。



最近はよくTVなどで同時通訳が流れるが、あのように英語音声に同時通訳を

付ければ、日本人にも即座に意味が判る。

もちろん、辞書をひく必要もない。


しかし私は、さらにある工夫を凝らした。

一般の同時通訳では英語音声が途切れずにそのまま流れてしまうので、英語

教材としては使いづらい。


そこで、英語音声をセンスグループ(最小限の意味のまとまり)で句切り、

その直後に日本語の同時通訳を挿入したのだ。


これが、素晴らしい効果を発揮した。

                             (続く)
----------------------------------------------------------------------


…いかがですか? 父、ダン上野の手記。

今日の内容は、「Hopの誕生」ですね。

さて、この続きは、また次回のお楽しみ … (^o^)/
[PR]
by danueno | 2007-01-25 10:36 | SIMうんちく


<< 見えるもの、見えないもの No.178 オリジナル英文 >>