SIM方式の英文法 その28

【今日のテーマ】 


 <特集>        

    「リーディング強化版スーパーエルマーとは?」 ~ その1


冒頭に書きましたとおり、今日から数回のシリーズで、「リーディング強化版
スーパーエルマーとは?」というレクチャーを掲載します。



リーディング強化版スーパーエルマーと聞いて、あなたは「エーッ!スーパー
エルマーって、リスニング教材じゃなかったの?」と、おっしゃるかもしれま
せん。

そうです、もちろん、スーパーエルマーはリスニング教材です。

そのスーパーエルマーが、リスニング力UP効果はそのままにリーディング力
まで身につけることのできる教材に進化したのです。



今回、スーパーエルマーが、なぜリーディング強化版になったのでしょうか。

その理由は、ずばり、TOEICテストがリニューアルされて、難しくなったことに
あります。

リニューアルされて、ある程度の時間が経過した今、新TOEICについての評価は、
ほぼ定まった感があります。

それは、「全体的な傾向として難しくなった!」ということです。

どこが難しくなったかと言いますと、まず「新しい発音の採用」、それに
「リスニング・セクションの長文化」、そして「リーディングセクションの
長文化」の3つが、あげられます。

そして、その中でも最も難しくなったと言われているのが、3つめの
「リーディング・セクションの長文化」なのです。



当研究所は、この問題に対して緊急に対応すべきであると考え、リスニング教材
「スーパーエルマー」に、強力なリーディング対策を施しました。

それが、この「リーディング強化版スーパーエルマー」なのです。

これで、リニューアル後のTOEIC対策は、いっそう万全のものになります。

この「リーディング強化版スーパーエルマー」で学習すると、TOEICリスニング・
セクションを楽々制覇することができるばかりでなく、難しくなったと言われる
リーディング・セクションにも、万全の態勢で臨むことができるようになります。

では、さっそく、リーディング強化版スーパーエルマーの特長と、リニューアル
されたTOEICの改訂ポイントについて順を追って説明しましょう。

まず、はじめに、リニューアルされたTOEICテストの3つの改訂ポイントから
説明します。



リニューアルの第1のポイントは、「新しい発音の採用」です。

「新しい発音」というのはもちろん、皆さんご承知のとおり、アメリカ英語以外の
英語の発音、つまりイギリス英語、オーストラリア英語、ニュージーランド英語、
カナダ英語のアクセントが取り入れられたことです。

新しい発音が採用されたことの目的は、TOEICテストの内容を、実際の国際的な
職場環境に近づけるためのものでした。

ですからテストの内容はより現実に即した難しいものになり、実際にテストを
受けられた方は、リスニングセクションの問題に、時々耳慣れない発音が混じる
ので、ドキリとした経験がおありになると思います。



 …こういった感じで、ダン上野Jr.のレクチャー「リーディング強化版スーパー
  エルマー」は続いて行きますよ。

  ここには新TOEIC攻略の大きな秘密が隠されていますので、楽しみにしていて
  くださいね…
                    (^o^)/

TOEIC 講座
[PR]
by danueno | 2006-11-15 17:10 | SIMうんちく


<< 小さな巨人 No.170 オリジナル英文 >>