期待 anticipation その2

日本人に最適の英語学習法 (20) ●

        期待 anticipation その2  


「SIMうんちく」は、アグレッシブ・リスニングについて、
 さらに深く突っ込んだお話を展開していますが、
 前回から、「期待」anticipation についてお話ししています。


 ちょっと復習しましょう。
 まず例文です。


 -------------------------------------------------------------

    Henry and Anna Polivoda were active retirees until
  they were hit while out for a walk in their Los Angeles
  neighborhood by a car fleeing police because of missing
  license plates.

 -------------------------------------------------------------


 この英文をセンスグループで句切り、SIM訳を付けて
 読むとこんな感じでしたね。

 まず冒頭のセンスグループです。


 ------------------------------------------------------------

  Henry and Anna Polivoda were active retirees …
  ヘンリーとアナ・ポリヴォダは活動的に引退生活を
  送っていました

 ------------------------------------------------------------


 このセンスグループを読んだだけでは、
 現役を引退した幸福な老夫婦がどうなったかがわかりません。

 次のセンスグループを見ると…。


 -----------------------------------------------------------

   until they were hit …
   彼らがはねられるまでは

 -----------------------------------------------------------


 ここで 「エッ!はねられたの?」とびっくりします。

「エーッどうして?」と、
 読者はつい先を読みたくなります。

 先を読むと、こんな感じでした。


 ----------------------------------------------------------

   while out for a walk in their Los Angeles
                 neighborhood …
   彼らのロサンゼルスの家の近辺を散歩中に

 ----------------------------------------------------------


「散歩中にはねられたのかー。しかし一体何でまた?」
 と読者の疑問はふくらみます。

 この先のセンスグループで、大体の話の流れが見えてきます。


 ----------------------------------------------------------

   by a car fleeing police …
   警察から逃げていた車に

 ----------------------------------------------------------


 ここで読者は「逃走車だな!…でも、その車はどうして逃げて
 いたんだろう?」と、さらに話の続きがどうなるか
「期待」して待ちます。


 ----------------------------------------------------------

   because of missing license plates.
   ナンバープレートが無いために(逃げていた)。

 ----------------------------------------------------------


「あー、なるほど…!」と、ここではじめて、読み手は
 話の全貌がわかる、ということでした。

 ここで最も大切なことは、英語とはフレーズごとに
「次はどうなるんだろう!」と、先を「期待」しながら順次、
 理解していく言語であるということです。


 つまり、「英語とは、『期待』がカギを握る言語である」、
 ということでしたね。



 …ここまでが前回のお話でした。

 今回は、ここからです。



 前回の例文のように、「期待」が次々と後に続くフレーズに
 よって「充足」されていくということ、これぞ英語の醍醐味
 なんです。


 今まで言ったことを、ちょっと図にまとめてみましょう。


 ――――――――――――――――――――――――――――――
       期 待           充 足
 ――――――――――――――――――――――――――――――

   いつはねられたの?  →  散歩中に

   何にはねられたの?  →  逃走中の車に

   何で逃げていたの?  →  ナンバープレートがなかった
                 から

 ――――――――――――――――――――――――――――――


 いかがでしょうか?

 このように、英語というものは、「期待→充足」という関係の中で、
 はじめてセンスグループ同士が相互につながり、読者の理解が
 成り立っていく言語である、ということです。

 上記の英文の「思考の流れ」を、さらに詳しく下の図に
 まとめてみました。

「期待」が括弧の中で現わされています。



 ―――――――――――――――――――――――――――――――――


   ヘンリーとアナ・ポリヴォダは活動的に引退生活を送ってい
    ました

        ↓


    彼らがはねられるまでは

    (いつはねられたの?)

           ↓


   彼らのロサンゼルスの家の近辺を散歩中に

           (何にはねられたの?)

   ↓


      警察から逃げていた車に

              (何で逃げていたの?)

                  ↓


   ナンバープレートが無いために。


―――――――――――――――――――――――――――――――――



 いかがでしょうか?

 このように「期待」があるから、センスグループは次々に
 有機的につながって行きます。

 つまり「期待とはセンスグループの接着剤」なんですね。


 これで、英語を読むときに「期待」(anticipation)が
 いかに重要であるか、おわかりいただけたことと思います。


        …この続きはまた来週!


                 …お楽しみに!
[PR]
by danueno | 2011-11-16 15:48 | SIMうんちく


<< 【音声付】[特効薬!No.41... 神も仏もあるものか >>