アグレッシブ・リスニング その4

日本人に最適の英語学習法 (14)

        アグレッシブ・リスニング その4


「SIMうんちく」は、このところ「アグレッシブ・リスニング」
 というテーマでお話しています。


 ちょっと前回の復習をしましょう。


 アグレッシブ・リスニングとは、
 英語を聞く時の態度として、ただ漫然と聞き流すような聞き方
ではなく、積極的にいわば「攻撃的に」英語と向かい合う姿勢、
でしたね。
 

 例文を見てみましょう。


 ------------------------------------------------------
 
   I want to go to see a movie next week.

------------------------------------------------------


 I want to go … という英語を聴いたら、すかさず
「いったいどこに行きたいんだろう?」と
 積極的に期待(Anticipation)することが大切でした。


「期待」があるからこそ、次に来る言葉に意識が集中します。

 そして、次の … to see a movie (映画を見に)を聴くことで
 その期待が満たされます。


 ただし、「期待」ができるためには前提条件がある、
 ということでした。

 それが「保持」(retention リテンション)です。
「保持」がなければ「期待」することはできません。


「保持」とは、I want to go … を聴いたときに、これを頭の中に
 しっかり記憶してから、続く言葉、to see a movie … next week.
 を聴く、ということでしたね。


 さらに、注意すべき点として、
「聴き終わった後、頭の中で日本語の語順に組み替えて
 理解してはいけない」ということがありました。

 それでは事実上「返り読み」になってしまう、
 ということでしたね。


 あくまで「私は行きたい → 映画を見に → 来週」という風に、
 その都度、センスグループごとに英語の語順で保持し、
 そのまま一方通行で input するのが秘訣でした。



 …前回はここまででした。
 今日は、この続きです。


 今日から、アグレッシブ・リスニングについて、さらに深く
 突っ込んだお話を展開していきます。


 今回は、「翻訳の問題」についてご説明しましょう。
「翻訳」こそ英語上達の妨げだ、ということです。


 まず例文をご覧ください。

 ----------------------------------------------------------
 
      One in three U.S. children born in 2000 will
   become diabetic unless many more people start eating
   less and exercising more, a scientist with the Centers
   for Disease Control and Prevention warns.

 ----------------------------------------------------------


 これを日本の学校英語で習う「返り読み」式に翻訳すると、
 次のような訳になるでしょう。 


「より多くの人々が食べる量を減らし始めないかぎり、そして、
 より多くの運動をし始めないかぎり、2000年に生れたアメリカの
 子供の3人にひとりが糖尿病になります、と疾病対策予防センター
 のある科学者は警告します。」


 この英文はワンセンテンスでありながら、日本語だと
 3つか4つの文章に分けられるような複雑な内容です。

 それが一文にまとめられているという英語特有の凝った表現に
 なっています。

 ですから、このような複雑な英文を瞬時に訳すことは、
 なかなか難しいと思います。


 通常は文頭から文末まで行ったり来たりしながら、
 時間をかけて日本語に翻訳していくでしょう。

「返り読み」式の翻訳の問題点は、まさにここにあります。

「英語の語順」を、いったん「日本語の語順」に組み直して
 理解するわけですから、その分だけ無駄な時間がかかって
 しまいます。


 日本人は、速く正確に英文を読むのが大変苦手ですが、
 それはこのような翻訳に象徴される「返り読み」式の
 英語理解が原因なのですね。


 …いかがでしょうか?

 私達、日本人が普段何気なくしている「翻訳」こそ、
 英語上達を妨げる元凶だったんですね。



   …この続きは、また来週。

 
        …お楽しみに!   
[PR]
by danueno | 2011-10-05 16:04 | SIMうんちく


<< “めまい”からの生還 「耳石器」の不思議な働き >>