SIMの英会話習得法

        「日本人に最適の英語学習法」
  
     

 今日から新シリーズが始まります。
 タイトルは、「日本人に最適の英語学習法」です。


 では、さっそく始めましょう。
 さて、今日のタイトルですが、これは「日本人に…」という所が
 ミソです。

「日本人にとって」最適な英語学習法は何だろう?ということです。

 日本人が最も得意な言語は、言うまでもなく日本語ですね。

 最近は、日本語さえあやしい、という人が増えているようですが、
 まあそれでも日本人ならばたいていの場合、英語やドイツ語より
 日本語の方が得意でしょう。


 ならば、その日本語を英語学習に使えないか?
 ということです。

 せっかく、私たちは日本人に生まれたのですから、
 日本人である特性をフルに発揮できないでしょうか、
 ということです。



 英文とSIM訳は、下記の通りです。

 ------------------------------------------------------------
 
   They say good things come to those
   人は、よい事は人々にやってくると言います

   who wait,
   待つ(人々に)

   but the patient singer
   しかし忍耐強い歌手は

   you’re about to meet
   あなたが今、会おうとしている(歌手は)

   never imagined
   思いもしませんでした

   how one night would change her life forever.
   一晩が彼女の人生をこんなに変えるとは、永遠に。

 ------------------------------------------------------------


 いかがですか?

 これが、スーパーエルマーに採用されている学習理論、
 Hop,Skip&Jump(ホップ、スキップ&ジャンプ) の中の
 Hopです。


 Hopではこのように、英文がセンスグループ、
 つまり意味のまとまりごとに句切られ、その直後に
 日本語の同時通訳がついています。

 これは、みなさんおなじみの「SIM同時通訳方式」が
 実際の音声になったものです。

 つまり「英語/日本語」の部分を、
 ネイティブの英語と、日本人のSIM訳の読みが、
 交互に録音されています。

 
 実はこのHopが、リスニング学習に非常な効果を発揮します。

 なぜなら、この Hopで訓練すると、
 英文を最後まで聞き終えてから意味を考えるという、
 日本人特有の悪いクセが無くなり、「英語の語順」で
 内容が理解できるようになるからです。


 ところが、このHop音声に対して、こんなことを言う人がいます。

「ブツ切れの英語に日本語が混じって違和感がある」

 さらには、「英語は英語だけで理解すべきじゃないの?」
と言う人もおられます。


 いかがでしょうか?
 皆さんは、どう思われますか。


 実は、これらの意見は、
 大きな誤解なのです。


 それは、どういうことでしょう。


 …続きは、また来週。


            … お楽しみに!
[PR]
by danueno | 2011-06-29 16:12 | SIMうんちく


<< 中国の「母乳の出る牛」?! 蝶とさなぎ >>