「SIMの英会話習得法」の10回目です。

今日は、新シリーズ「SIMの英会話習得法」の10回目です。
 
 「一を知って十を知る」学習法の「会話編」です。(^o^)



 前回は、「彼は12歳でハーバードに入った天才児だった」と言うのに、
 たいていの日本人は3段階を要するので非常に効率が悪い、というお話
 でした。

 以下のような感じですね…

-------------------------------------------------------------------

 1.必要な単語をざっと思い浮かべる
 
  → He 、at the age of 12 、entered Harvard 、a child prodigy

 2.それを頭の中で組み替える(+関係代名詞 whoを補ったりする)

  → He was a child prodigy who entered Harvard at the age of 12.

 3.組み替え終わってから初めて話し出す。

--------------------------------------------------------------------
 
 このように複雑に考えてしまう原因は、とにかく英語と日本語の「語順の
 違い」にありました。

 「語順が違う」ので、それを組み替えなければならないからです。

 そうなると当然時間がかかります。

 また、そもそも長い文章だと、頭の中で英作文することさえ無理になって
 きます。  

 また、この例文は短文ですが、関係代名詞が入ってくるので、まずそれだ
 けで「難しい!」と感じる人もいるでしょう。

 結局、「語順の組み替え」なんて面倒なことをやっているうちは、絶対に
 うまくいかない、ということなんです。

 では、どうすれば良いのでしょう?



 …答は、「語順を組み替えないで話す」ということです。

 エーッ!そんなことできるの?とお思いのあなた。

 それを可能にするのが、「SIM同時通訳方式」なんです。(^o^)
 


 SIM同時通訳方式は、いろんな切り口から説明できますが、英会話におい
 ては、まず、何が何でも「主語S+述語動詞V」を言う、ということです。
                  
 これはだいぶ前にも一度言いましたが、ちょっと復習してみましょう。
 
 まず、SとVが文章の根幹であることはすでに言いました。

 そのSとVが英語と日本語では正反対なので、まず、この部分から取り組む
 ということです。

 「彼は12歳でハーバードに入った天才児だった」という文章では、主語は
 もちろん He なので、述語動詞が何なのかを瞬間的に判断してください。

 すると、He was(彼は~だった)ですね。

 ただしこの場合 be動詞ですので、その次のC(補語)までまとめた方が判り
 やすいです。

 すると、He was a child prodigy(彼は天才児だった)となります。

 …まずはとにかく、何があってもここまでを言ってしまうんです。

 そして、そう言ってしまった後で、それが「どんな天才児だったのか」の
 説明を順次付け加えていくんですね。

 その天才児は「ハーバードに入った」「12歳で」と、次々に追加していく
 んです。

 つまり、who entered Harvard … at the age of 12.  ですね。

 そうすると、見てください。最後のフレーズを言い終わると同時に文章が
 完成しているんです。


  He was a child prodigy… (彼は天才児だった)


         who entered Harvard… (彼はハーバードに入った) 
     

                   at the age of 12. (12歳で。)


 この方法だと、語順を組み替える必要がありません。

 これで、英語を「英語の語順」でネイティブのように発想し、発話することが
 できます。
 
 …これが「SIM同時通訳方式」です。
[PR]
by danueno | 2005-09-30 14:17 | SIMうんちく


<< ディズニー・マジック accessible luxury >>