「SIMの英文法」その2

 
            翻訳の問題   


「SIMうんちく」では、前回から「SIMの英文法」という

 新しいシリーズが始まっています。


 第一回にあたる前回は、「英文法は不要?」というテーマで

 お話をしました。 

 …ちょっと復習しておきましょう。



 日本人は文法の勉強が好きで、学校英語でも文法の授業には、

 かなりの程度、力を入れている反面、

 実用英語を教える人の中には「英文法は不要だ」と言う人もいる、

 というお話をしました。


その言い分は、「文法など知らなくても会話はできる。

 現に日本語を考えてみても、私たちは文法など気にせずに

 日本語を話しているではないか」ということでした。


 もし、その人たちの言うとおりならば、文法を苦労して勉強するのは、

 確かに馬鹿げたことでしょう。


 なぜなら、それでは「試験のための英文法」「規則のための文法」に

 なってしまうからです。



 このように、英文法の学習については非難されることも多いですが、

 私は一概にそうとばかりは言えない、と思います。


 その理由は、とかく問題視されがちな英文法ですが、

 英文法は使いようで有効利用できるのではないか、と考えるからです。



 ですから、私がこれからお話ししようとする英文法は、

「試験対策としての英文法」ではありません。


 そうではなくて、英語をより早く確実に習得する上で、

「道具として役立てるための英文法」です。


 言ってみれば「英文法を武器にする!」ということです。

 効果的に英語を習得する上で、英文法も使いようによっては、

 不要どころか、またとない武器になりうる、ということですね。



 しかし、話を進めるにあたって、

 前もって注意しておきたいことがあります。

 それは、今までも口を酸っぱくして言ってきましたが、

「翻訳の弊害」という問題です。



 …前回は、ここまででした。

 今日はここからです。


 
 前回ふれました「翻訳の弊害」とは何でしょうか?


 今までの学校英語では、「英語を日本語に訳すこと」、

 つまり「翻訳」が英語を学ぶ第一の目的でもあるかのような

 教授法がなされてきました。


 これについては批判も多く、だいぶ是正されてきていますが、

 しかし、大方は最終的に日本語に翻訳することをゴールと

 しているように見受けられます。


 その翻訳のための道具として、英文法が用いられています。


 いわば、翻訳を上手にするための「うまい訳をするための英文法」

 になっているのです。


 言い換えると、良い日本語にすることばかりに力が注がれ、

 肝心の英語を理解することがないがしろにされている、

 ということですね。


 実は「英語を理解すること」と、「日本語をうまく練り上げること」

 とは、全く別のことです。


 これについては、「名訳の問題」というのがあります。


 皆さんに中にも、「名訳をものにしたい」という野望(?)

 を持っておられる方がいらっしゃると思いますが、

 これについて私は、「名訳もほどほどに」と言いたいのです。


 それはなぜかというと…?







    …この続きはまた来週!


             …お楽しみに!
[PR]
by danueno | 2009-07-29 16:04 | SIMうんちく


<< “信じる勇気”を応援します! No.302 オリジナル英文 >>